セルタがリールからパラグアイ代表DFを獲得!2018.08.15 13:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルタは14日、リールからパラグアイ代表DFフニオール・アロンソ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽母国のセロ・ポルテーニョでプロキャリアをスタートしたアロンソはセンターバックと左サイドバックを主戦場とする左利きのDF。2017年1月に加入したリールでは昨シーズンのリーグ戦34試合に出場し2ゴールを挙げていた。また、2013年にデビューしたパラグアイ代表ではここまで18試合に出場し1ゴールを記録している。

▽なお、アロンソは今夏セビージャに旅立ったスペイン人DFセルジ・ゴメスの後釜を担うことになる。
コメント
関連ニュース
thumb

セルタ、吉田同僚の蘭代表DFホードを買い取りOP付きレンタルで獲得!

セルタは22日、サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴェスレイ・ホード(24)を、今シーズン終了時に発動する買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍して在籍2シーズンで成長を遂げ、2017年にサウサンプトンに加入。すると、初シーズンからプレミアリーグ28試合に出場したが、今シーズンは開幕からのプレミア13試合連続で出場した後、一切の出場機会を与えられず。日本代表DF吉田麻也が第12節から出場機会を増やし始めており、押し出されるような形となった。 セルタは、ホードを「優れたテクニックとプレービジョンを有する左利きのディフェンダー」と絶賛し、「ショートパスとロングパスの両方で完璧な制度のボールを供給」、「セットプレー時に強になる」と攻撃面の魅力を紹介。また、ディフェンス面についても「彼のサイズとスピードは相手FWを一対一で打ち負かす」と評価している。 2019.01.22 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカ・ジュニアーズ、パラグアイ代表DFを獲得! 今季途中まではリールからセルタにレンタル

ボカ・ジュニアーズは7日、リールからパラグアイ代表DFフニオール・アロンソ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの1年半となる。 母国のセロ・ポルテーニョでプロキャリアをスタートしたアロンソはセンターバックと左サイドバックを主戦場とする左利きのDF。2017年1月に加入したリールでは昨シーズンのリーグ戦34試合に出場し2ゴールを挙げていた。また、2013年にデビューしたパラグアイ代表ではここまで18試合に出場し1ゴールを記録している。 昨夏にはセビージャに旅立ったスペイン人DFセルジ・ゴメスの後釜としてセルタに1年間のレンタル移籍で加入し、シーズン序盤はリーグ戦9試合に出場。しかし、監督交代をキッカケに昨年10月半ば以降、出場機会はなかった。そして、リールとセルタは双方合意の下でレンタル契約を解消していた。 2019.01.08 14:03 Tue
twitterfacebook
thumb

セルタに痛手、チーム得点王のアスパスが約1カ月の離脱へ

▽セルタは23日、スペイン代表FWイアゴ・アスパスが右足ふくらはぎのケガで4週間の離脱を強いられる見込みであることを発表した。 ▽アスパスは22日に行われたリーガエスパニョーラ第17節のバルセロナ戦で先発出場を果たしたが、後半立ち上がりに右足を痛めて負傷交代を強いられていた。 ▽そして、試合後に精密検査を受けた結果、右足ふくらはぎの筋肉の一部に損傷があることが判明した。 ▽アスパスは今季ここまでのリーグ戦全試合に出場し、チームトップの10ゴールを記録していた。なお、現在リーガエスパニョーラはウィンターブレークに入っており、来年1月4日から再開する。そのため、アスパスの欠場は3試合程度となる模様だ。 2018.12.24 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

デンベレ&メッシ弾に4戦連続無失点! セルタに快勝のバルサが年内最終戦を白星フィニッシュ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第17節、バルセロナvsセルタが22日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-0で勝利した。 ▽前半戦王者にまい進する首位のバルセロナ(勝ち点34)はミゲル・カルドソ新監督の下で直近2勝1分けと復調を見せる9位のセルタ(勝ち点21)との年内最終戦に臨んだ。前節、昨季無敗優勝を阻止されたレバンテ相手にエースFWメッシの3ゴール2アシストの圧巻の活躍できっちりリベンジを果たしたチームはその試合から先発2人を変更。負傷のヴェルメーレンに代えてネウソン・セメドを起用し、[3-5-2]から本来の[4-3-3]に戻した。 ▽立ち上がりにブファル、アラウホと続けてフィニッシュに持ち込まれる受け身の入りとなったバルセロナだったが、前半最初の決定機をゴールに結びつける。10分、ボックス左に抜け出したジョルディ・アルバからのマイナスの折り返しをペナルティアーク付近のメッシが左足ダイレクトシュート。これをGKルベン・ブランコが前にこぼすと、デンベレが左足のシュートで流し込んだ。 ▽早い時間帯にリードを奪ったバルセロナは前に出て攻撃に出る相手を引っくり返す攻めからアルバ、デンベレとゴール前に抜け出しかける決定機を創出。24分には右サイドのウーゴ・マージョの横パスをボックス内のマキシ・ゴメスにニアを狙って蹴り込まれるが、これはGKテア・シュテーゲンの好守で凌ぐ。 ▽その後もカウンターからスアレスやメッシが決定的なシーンを作り出すバルセロナは前半終了間際の45分にエースが魅せる。自陣からのロングカウンターで左サイドのアルバにボールが繋がると、アルバはニアに走り込んでDFを引っ張ったデンベレをオトリにして中央にフリーで走り込むメッシに斜めのパスを通す。最後はメッシが左足のミドルシュートをゴール右隅へ突き刺し、リーグ戦3試合連続となる今季15点目を奪った。 ▽迎えた後半、2点のビハインドを追うセルタはハーフタイム明けにヨクシュルを下げてロボツカ、52分には足を痛めたアスパスを下げてフラン・ベルトランを続けて投入。56分にはカウンターからボックス付近まで運んだブライス・メンデスが左足を振り抜くが、これは枠の左に外れた。 ▽後半も危なげない試合運びを見せるバルセロナはビダル、デンベレを下げてアルトゥール、コウチーニョのブラジル代表コンビを投入。自陣に引いて相手の攻撃を受けつつメッシ、スアレスを起点に鋭いカウンターを仕掛けていく。守備の局面では幾度かゴール前でピンチを迎えたものの、GKテア・シュテーゲン、セメドの身体を張った守備で凌ぐ。 ▽試合終了間際にはボックス手前の好位置で得たFKでメッシの2点目に期待が集まったものの、このシュートは枠を捉えきることができず。それでも、セルタの反撃を無失点で凌いだバルセロナは4戦連続クリーンシートの4連勝で年内最終戦を首位で終えることになった。 2018.12.23 04:49 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、セルタで躍動のマキシ・ゴメス獲得を検討!

▽アトレティコ・マドリーが、セルタに所属するウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコでは、ジエゴ・コスタが2日のリーガエスパニョーラ第14節ジローナ戦後にブラジルへ帰郷。左足に感じていた慢性的な痛みを解消するため、専門医の下で手術を受けることや、離脱期間が10週間から2ヵ月程になることが伝えられている。 ▽『マルカ』によると、アトレティコはしばらく戦線から離れるジエゴ・コスタの代役の獲得を画策。今シーズンから加入しているクロアチア代表FW二コラ・カリニッチは、5日のコパ・デル・レイ4回戦サン・アンドレウ戦でようやく初ゴールを決めたところであり、今冬の補強なしでは心許ない陣容となっている。 ▽そこで、候補として挙がっているのがマキシ・ゴメスだ。同選手は、2017年7月にウルグアイのデフェンソールからセルタに加入し、初年度から公式戦39試合18ゴール5アシストを記録。また、今シーズンもここまでの公式戦13試合7ゴール4アシストと、実力の高さを証明し続けている。 ▽マキシ・ゴメスには、5000万ユーロ(約64億円)の契約解除金が設定されているが、アトレティコは半額程度でのオファーを計画。しかし、過去に中国やイングランドのクラブからの関心を跳ねのけたセルタにとっては、あまり魅力的な入札とはならなさそうだ。 ▽また、もしアトレティコがマキシ・ゴメスを獲得した場合、給与制限をクリアするために、カリニッチもしくはポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスを放出する可能性もあると、記事は伝えている。 2018.12.07 15:20 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース