超ワールドサッカー

クロアチア代表への愛が詰まったマンジュキッチからのレター「可能なら死ぬまでプレーする」2018.08.14 23:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するFWマリオ・マンジュキッチ(32)が、クロアチア代表からの引退を発表。クロアチアサッカー協会(HNS)は、公式サイトでマンジュキッチからの手紙を公開した。

▽マンジュキッチは、2018年に行われたロシア・ワールドカップでは、6試合に出場し3ゴールを記録。チームの決勝進出に貢献すると共に、過去最高となる準優勝に貢献していた。

▽HNSの公式サイトでは、マンジュキッチのクロアチア代表への愛が綴られた手紙を公開。祖国を愛する気持ちや、ワールドカップについて、そしてサポーターや関わる人々への感謝を綴り、クロアチア代表への想いが詰まったものとなっている。

「親愛なるファンへ。僕はいつも外ではなく、ピッチの上で話したかった。だから、これらの言葉は、相手にタックルすること、またはスプリントを120分間続けることよりも少し難しいものとなる」

「より難しいのは、国際試合の全ての試合、そして勝利が、僕を喜ばせるからだ」

「キックオフの前に国歌を聴くことよりも感情的なことは何もないと知っているので、より難しい」

「クロアチアのユニフォームを着て、僕の国を代表することは、どれだけの名誉なのかを分かっているので、より難しい」

「僕はこれが最終決断であり、戻ることはできないと認識しているので、より難しい」

「僕はクロアチア代表から引退する」

「ワールドカップの準優勝は、僕に新しいエネルギーを与えれくれたけど、信じられないほど難しい決断を少しだけ楽にしてくれた」

「僕たちは夢を実現し、歴史的な成功を収め、信じられないほどのファンのサポートを経験した。ザグレブ、スラボンスキ・ブロド、そしてクロアチア全土で歓迎を受けたその月の経験は、僕のキャリアにおいて最も重要な記憶として残る」

「これは最も美しい代表チームの旅であり、最も僕が好きな母国への帰還だった」

「僕は幸せで、満たされており、痛み、努力、仕事、失望、そして困難な瞬間を通して、長年にわたって作り出されたこの準優勝をとても誇りに思う」

「引退する理想的な瞬間はない。可能であれば、僕たちは誇りを感じていない時から、死ぬまでクロアチア代表でプレーするだろう。でも、僕はこの瞬間が来たと感じた。それが今だ」

「僕はクロアチアのためにベストを尽くした。僕はクロアチアのサッカーで最も大きい成功の要因となった」

「14年前、若いカテゴリーで、僕は初めてこの神聖なユニフォームを着た。その後、僕は多くの優秀な選手、監督、コーチ、そしてその他の代表チームのスタッフと出会い、プレーしていた」

「クロアチアの成功のために全てを与えるという同じ目標を持っている。僕のキャリアに関わった全ての人に感謝する。その道のりで、僕と共にいた家族と親しい友人、彼らの全てのサポートに感謝する」

「最後にファンに感謝したい」

「誰も完璧ではない。僕はチャンスを逃し、ボールを失い、パスをミスした」

「しかしながら、僕はいつも自分の心を尽くし、ベストを尽くしてきた。それらを認めてくれ、そしてクロアチア代表のそばに立っていてくれてありがとう」

「今日で、僕の居場所は君たちと一緒だ。最も忠誠を尽くす、クロアチア代表のファンだ」

▽マンジュキッチは、世代別のクロアチア代表を経験すると、2007年にA代表デビュー。ユーロは2012年、2016年の2大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場。クロアチア代表としては通算89試合に出場し33ゴールを記録し、ダボル・シュケル氏に次いで2番目に多いゴールを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

敗者に追い打ち…ロブレン「僕のヒジでセルヒオ・ラモスを殺してやった」

▽リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスを筆頭としたスペイン代表への敵対心を露わにしている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽クロアチア代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4第5節でスペイン代表に3-2で勝利。第2節での0-6の大敗の借りを、直接対決で返した。 ▽勝利に歓喜するロブレンは、試合後に自身インスタグラムを通じて動画を投稿。以下のように敗北者に更なる“口撃”を浴びせかけた。 「ハッピーだ。僕はヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった、殺してやったんだ」 「セルヒオ・ラモスは僕よりもミスが多いし、(ラファエル・)ヴァランの方が良い。でも、レアル・マドリーでプレーしているからミスしても5-1か5-2で勝つし、誰も気にしないんだ」 「僕らは奴らよりもボールを支配したことを見せ付けた」 「勝利した相手にはフェアプレー精神を持ち祝福しなければならないけど、スペインは気前が悪くてその逆だ」 「僕らが0-6で負けた時は奴らに挨拶をした。礼節や能力を持つチームであることを示したんだ」 「僕らを祝ってくれたのは(アルバロ・)モラタだけだ。残りの奴らは全くそういったことをしなかった」 ▽ロブレンが所属するリバプールは昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でマドリーと対戦して敗北。その試合ではセルヒオ・ラモスと交錯したエースFWサラーが負傷交代に追いやられた。また、GKカリウスもセルヒオ・ラモスと衝突しており、脳震盪を起こしていたことが試合後の検査で発覚。この件がロブレンのセルヒオ・ラモス憎しという感情に繋がっているのではないかと、『マルカ』は推測している。 2018.11.17 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

クロアチア、イングランドとの大一番を前にラキティッチが離脱《UEFAネーションズリーグ》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は16日、バルセロナのMFイバン・ラキティッチがクロアチア代表を離脱したことを発表した。 ▽ラキティッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表戦に先発し、67分に交代していた。フランス『レキップ』によればでん部を痛めたとのことだが、軽症と報じている。クロアチアは18日にイングランド代表とUNL準決勝進出を懸けた大一番を迎える。 ▽なお、バルセロナは代表ウィーク明け、リーガエスパニョーラでアトレティコ・マドリーとの首位攻防戦を控えるが、ラキティッチは直近のベティス戦で退場しているため、出場停止となる。 2018.11.17 02:31 Sat
twitterfacebook
thumb

伏兵イェドバイの2発などでクロアチアがスペインに劇的勝利! 準決勝進出の望みをつなぐ《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4、クロアチア代表vsスペイン代表が15日に行われ、3-2でクロアチアが勝利した。 ▽先月行われたUNL2戦目のイングランド代表戦を0-0と引き分けた最下位クロアチア(勝ち点1)は、リーグBへの降格が迫る中、モドリッチやラキティッチ、ブロゾビッチといった主力を先発で起用した。 ▽一方、先月行われたUNL3戦目のイングランド代表戦を2-3と敗れた首位スペイン(勝ち点6)は、この試合を勝利すれば準決勝進出となる中、セルヒオ・ラモスやブスケッツ、ルイス・エンリケ体制初招集となったジョルディ・アルバらが先発となった。 ▽[4-3-3]を採用したクロアチアはGKにロヴレン・カリニッチ、4バックに右からヴルサリコ、ロブレン、ヴィダ、イェドバイ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにモドリッチとラキティッチ、3トップに右からクラマリッチ、レビッチ、ペリシッチと並べた。 ▽一方のスペインも[4-3-3]を採用。GKにデ・ヘア、4バックに右からセルジ・ロベルト、セルヒオ・ラモス、イニゴ・マルティネス、ジョルディ・アルバ、中盤アンカーにブスケッツ、インサイドにサウールとダニ・セバージョス、3トップに右からロドリゴ、アスパス、イスコと並べた。 ▽スペインがボールを持つ展開となった一戦は6分、まずはクロアチアがゴールに迫る。ロングフィードに抜け出したペリシッチがボックス左から左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 ▽その後は自陣に引くクロアチアに対し、スペインがポゼッションする展開となるも、互いにシュートシーンは生み出せず、時間だけが経過していく。そんな中、前半終盤の45分、モドリッチのミスパスをカットしたイスコがボックス手前中央からミドルシュート。強烈だったが、GKカリニッチにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、54分にクロアチアが先制する。セルジ・ロベルトのミスパスをペリシッチがカットすると、ボックス左でルーズボールを拾ったクラマリッチがGKとの一対一を制した。 ▽しかし56分、スペインがすかさず追いつく。アスパスのスルーパスをボックス左で受けたイスコの折り返しをダニ・セバージョスが押し込んだ。 ▽61分にロドリゴに代えてアセンシオを投入したスペインはその直後、右クロスのルーズボールをゴールエリア右のアスパスがプッシュ。しかしバーを掠めて枠を外れた。 ▽劣勢のクロアチアはラキティッチに代えてヴラシッチを投入。すると直後の左CKから勝ち越した。69分、ショートコーナーを使ってモドリッチが右足で上げたクロスをファーサイドのイェドバイが頭で押し込んだ。 ▽さらに72分、レビッチがディフェンスライン裏を取って独走。3点目のチャンスだったが、GKとの一対一をデ・ヘアのビッグセーブに阻まれてしまう。 ▽1点を追うスペインはサウールに代えてスソを投入。75分にはそのスソのスルーパスを受けたセルジ・ロベルトのシュートがGKカリニッチを強襲。ルーズボールをゴールエリア左のモラタがヘッドで押し込みにかかるも、ゴールライン前のDFにブロックされた。 ▽それでも直後、ジョルディ・アルバのクロスがボックス内のヴルサリコのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをセルヒオ・ラモスがゴール左に決めて再び試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけてもオープンな展開が続く中、追加タイム3分にドラマが待っていた。ボックス左からブレカロの放ったシュートがGKデ・ヘアを強襲すると、ルーズボールをボックス右のイェドバイが詰めた。伏兵イェドバイの2ゴールでクロアチアが劇的勝利を飾り、初白星としてリーグA首位に望みを繋いだ。 ▽一方、2連敗となったスペインは、最終戦でイングランドvsクロアチアが引き分けに終わらなければ準決勝進出は果たせない状況となった。 2018.11.16 06:48 Fri
twitterfacebook
thumb

スペイン&イングランド戦に臨むクロアチア代表がメンバー発表《UEFAネーションズリーグ》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は2日、UEFAネーションズリーグ2018-19に向けたクロアチア代表メンバー25名を発表した。 ▽ここまで1分け1敗でリーグA・グループ4の最下位に位置するクロアチアは、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)など主力を順当に招集。 ▽また、MFニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ)が2017年10月以来の代表復帰。そして、ヴォルフスブルクの20歳FWヨシップ・ブレカロが初招集としている。 ▽なお、クロアチアは15日にスペイン代表とホーム戦を行い、18日にイングランド代表とアウェイ戦を戦う。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">カルロ・レティツァ</span>(クラブ・ブルージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アントニオ・ミリッチ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">マテイ・ミトロビッチ</span>(クラブ・ブルージュ/ベルギー)</span> <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ピバリッチ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">マルコ・ピアツァ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) 2018.11.03 02:50 Sat
twitterfacebook
thumb

決め手を欠いたロシアW杯準決勝再現カードはゴールレスドロー《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグA・グループ4のクロアチア代表vsイングランド代表が12日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽先月行われたUNL初戦のスペイン代表戦を0-6と惨敗したクロアチアは、モドリッチやラキティッチ、ペリシッチにロブレンといった主力がスタメンとなった。 ▽一方、同じくUNL初戦となったスペイン戦を1-2と競り負けたイングランドは、ケインやスターリング、ラッシュフォードにストーンズら主力がスタメンとなった。 ▽ロシア・ワールドカップ準決勝再現カードとなった一戦。クロアチアは[4-3-3]のシステムを採用し、3トップに右からクラマリッチ、レビッチ、ペリシッチ、トップ下にモドリッチ、中盤2センターにラキティッチとコバチッチを配した。 ▽対するイングランドも[4-3-3]を採用。3トップに右からスターリング、ケイン、ラッシュフォード、中盤アンカーにダイアー、インサイドにヘンダーソンとバークリーを配した。 ▽コバチッチとラキティッチのボランチを起点にクロアチアがポゼッションする展開で推移した。互いになかなかゴールに迫れない中、クロアチアは19分にペリシッチが枠内シュートを浴びせるも、GKピックフォードの正面を突く。 ▽その後も膠着状態が続いた中、クロアチアが37分に決定機。左サイドを上がったピバリッチのクロスをボックス中央のモドリッチがダイレクトでボレー。しかし、枠の右を捉えたシュートはGKピックフォードにセーブされた。 ▽対するイングランドは44分にビッグチャンス。右CKからニアサイドのダイアーがヘッドで合わせたシュートが左ポストを直撃した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、クロアチアは49分にボックス手前左からペリシッチのミドルシュートがGKピックフォードを強襲。対するイングランドは51分、右サイド低い位置のFKからケインのヘディングシュートがバーを直撃した。 ▽後半半ばを過ぎてペリシッチに代えてピアツァを投入したクロアチアは、70分に決定機。ボックス手前左からのレビッチのコントロールシュートがわずかに枠の右上に外れた。 ▽やや劣勢のイングランドは78分に代表デビューとなるサンチョをスターリングに代えて右ウイングに投入。しかし、終盤にかけては互いにチャンスを作り出せずに0-0で終了。勝ち点1を分け合っている。 ▽クロアチアは15日にヨルダン代表との国際親善試合を戦い、イングランドは15日にUNL3戦目となるスペイン代表とのアウェイ戦を戦う。 2018.10.13 05:57 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース