クロアチア代表への愛が詰まったマンジュキッチからのレター「可能なら死ぬまでプレーする」2018.08.14 23:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するFWマリオ・マンジュキッチ(32)が、クロアチア代表からの引退を発表。クロアチアサッカー協会(HNS)は、公式サイトでマンジュキッチからの手紙を公開した。

▽マンジュキッチは、2018年に行われたロシア・ワールドカップでは、6試合に出場し3ゴールを記録。チームの決勝進出に貢献すると共に、過去最高となる準優勝に貢献していた。

▽HNSの公式サイトでは、マンジュキッチのクロアチア代表への愛が綴られた手紙を公開。祖国を愛する気持ちや、ワールドカップについて、そしてサポーターや関わる人々への感謝を綴り、クロアチア代表への想いが詰まったものとなっている。

「親愛なるファンへ。僕はいつも外ではなく、ピッチの上で話したかった。だから、これらの言葉は、相手にタックルすること、またはスプリントを120分間続けることよりも少し難しいものとなる」

「より難しいのは、国際試合の全ての試合、そして勝利が、僕を喜ばせるからだ」

「キックオフの前に国歌を聴くことよりも感情的なことは何もないと知っているので、より難しい」

「クロアチアのユニフォームを着て、僕の国を代表することは、どれだけの名誉なのかを分かっているので、より難しい」

「僕はこれが最終決断であり、戻ることはできないと認識しているので、より難しい」

「僕はクロアチア代表から引退する」

「ワールドカップの準優勝は、僕に新しいエネルギーを与えれくれたけど、信じられないほど難しい決断を少しだけ楽にしてくれた」

「僕たちは夢を実現し、歴史的な成功を収め、信じられないほどのファンのサポートを経験した。ザグレブ、スラボンスキ・ブロド、そしてクロアチア全土で歓迎を受けたその月の経験は、僕のキャリアにおいて最も重要な記憶として残る」

「これは最も美しい代表チームの旅であり、最も僕が好きな母国への帰還だった」

「僕は幸せで、満たされており、痛み、努力、仕事、失望、そして困難な瞬間を通して、長年にわたって作り出されたこの準優勝をとても誇りに思う」

「引退する理想的な瞬間はない。可能であれば、僕たちは誇りを感じていない時から、死ぬまでクロアチア代表でプレーするだろう。でも、僕はこの瞬間が来たと感じた。それが今だ」

「僕はクロアチアのためにベストを尽くした。僕はクロアチアのサッカーで最も大きい成功の要因となった」

「14年前、若いカテゴリーで、僕は初めてこの神聖なユニフォームを着た。その後、僕は多くの優秀な選手、監督、コーチ、そしてその他の代表チームのスタッフと出会い、プレーしていた」

「クロアチアの成功のために全てを与えるという同じ目標を持っている。僕のキャリアに関わった全ての人に感謝する。その道のりで、僕と共にいた家族と親しい友人、彼らの全てのサポートに感謝する」

「最後にファンに感謝したい」

「誰も完璧ではない。僕はチャンスを逃し、ボールを失い、パスをミスした」

「しかしながら、僕はいつも自分の心を尽くし、ベストを尽くしてきた。それらを認めてくれ、そしてクロアチア代表のそばに立っていてくれてありがとう」

「今日で、僕の居場所は君たちと一緒だ。最も忠誠を尽くす、クロアチア代表のファンだ」

▽マンジュキッチは、世代別のクロアチア代表を経験すると、2007年にA代表デビュー。ユーロは2012年、2016年の2大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場。クロアチア代表としては通算89試合に出場し33ゴールを記録し、ダボル・シュケル氏に次いで2番目に多いゴールを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ロブレン、偽証罪で懲役5年か! 本人は無罪を主張

▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが偽証罪で懲役5年の実刑を科される可能性が浮上している。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽ロブレンは先日、ディナモ・ザグレブに在籍した時代に当時同クラブで会長を務め横領事件を起こしたズドラフコ・マミッチ氏の裁判に証言者として出廷。同裁判では、「売却時の50パーセントの移籍金を選手側に分割する」との契約条項を盛り込ませ、選手側にはその受け取りをマミッチ氏に譲渡するように脅しをかけた疑いがあり、リヨン移籍時の当事者であるロブレンにはその一件に関して証言が求められていた。 ▽クラアチア検察はこの証言時にロブレンが虚偽の発言を行った可能性があるとして、同選手を偽証罪の容疑で捜査していた。そして、この捜査で偽証罪が認められた場合、同選手に対しては最低6カ月、最高5年の懲役刑が科される可能性があるようだ。 ▽なお、今回の報道を受けてロブレンは自身の『インスタグラム』で自身の潔白を訴えている。 「僕はこの一件に関して憤慨していると共に、すべての告発を棄却するつもりだ」 「僕と家族の評判を貶めようとしている人たちに対して、その目論見は失敗に終わると言っておきたい」 「僕は犯罪を犯していない。同時に自分の人生や歩んできた道のすべてに誇りを持っている」 2018.09.21 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、新たに1.5億円の罰金…本人は異議

▽スペインの税務当局が、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチに罰金を科すようだ。スペイン『エル・ムンド』の報道を基に、スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽当局は、マドリーに入団した2012年にモドリッチが脱税を行ったと指摘している。その年の9月になるまではトッテナムの選手であり、マドリーの選手としてプレーしたのはわずか4か月間。『マルカ』によると、モドリッチはイギリスには税を納めているが、スペインでも納めるべきだったと理解されているようだ。 ▽この件で科せられる罰金は120万ユーロ(約1億5700万円)。肖像権に関する脱税も追及されているモドリッチには、合計210万ユーロ(約2億7500万円)の罰金が求められているが、当人がその決定に異議を唱えていることも報じられている。 ▽マドリーでは先日、ブラジル代表DFマルセロが75万ユーロ(約9800万円)の罰金に同意。また、今夏にユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにも、1900万ユーロ(約24億8400万円)の罰金が科せられていた。 2018.09.14 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「メッシが獲得できない賞は…」ラキティッチ、今年の個人賞に関して見解

▽バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、今年の個人賞に関して自身の見解を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)ではレアル・マドリーの優勝、今年7月まで開催されていたロシア・ワールドカップ(W杯)ではクロアチア代表の準優勝に貢献したMFルカ・モドリッチ。W杯ではMVPも受賞し、8月にはUEFA年間最優秀選手賞に選ばれた。今月3日に発表された2018年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』男子最優秀選手賞の最終候補者3名にも残っている。 ▽屈指のゲームメーカーであるモドリッチとクラブではライバルとして、代表ではチームメイトとして戦うラキティッチは、これまで常に同僚であるアルゼンチン代表MFリオネル・メッシを世界最高選手として挙げてきた。それは今でも変わらないが、メッシが獲得できない賞はモドリッチが全て獲得すべきと主張している。 「リオネル・メッシが獲得できない個人賞は、今年は全てモドリッチが獲得するべきだろう」 「彼がより多くの票を得て勝つことに驚きはしないよ」 「今年は彼の年だよ。僕はそれが本当に嬉しいよ。メッシがベストでなければ、モドリッチでなくてはならない」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.14 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

スペイン相手に6失点大敗のW杯準優勝クロアチア指揮官「教訓から学び、這い上がる」

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表vsクロアチア代表が11日に行われ、6-0でスペインが圧勝した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)では準優勝の結果を残したクロアチアだが、スペインの前に大敗。力の差を見せつけられる形となってしまった。 ▽試合後、ズラトコ・ダリッチ監督が振り返りコメント。スペイン代表のプレーを褒めつつも、次の試合に向けて改善していくと誓った。 「このことは、私のキャリアの中で最も厳しい瞬間だ。ただ、それが人生であり、我々は何が起きたのかを受け入れなければならない。偉大なゲーム、偉大な勝利を挙げたスペインを祝福する。我々は簡単ではないが、教訓から学び、這い上がる必要がある。我々は座って泣くのではなく、働いていく」 「我々は最初の20分は素晴らしいプレーをした。3度チャンスがあった。ただ、我々はスペインのゴールの後、落ちてしまった。我々は全員が自分自身のためにプレーしはじめた。我々は集中力を失い、スペインは安全になり、力をかけ、我々はが解決困難な状況を作り続けた」 2018.09.12 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表MFラキティッチが通算100試合出場を達成!

▽バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(30)が、代表通算100試合出場を達成した。クロアチアサッカー連盟(HNS)が伝えた。 ▽ラキティッチは、世代別の代表でスイス代表とクロアチア代表を経験。2007年9月8日に行われたユーロ2008予選のエストニア代表戦でA代表デビューを果たしていた。 ▽デビューから11年、11日に行われたスペイン代表とのUEFAネイションズリーグで100試合出場を達成。試合は6-0と大敗を喫し、メモリアルゲームを祝うことはできなかった。 ▽クロアチア代表の最多出場選手は、ダリヨ・スルナで134試合。ちなみに、ルカ・モドリッチは115試合に出場。その他、ダリオ・シミッチ、ベドラン・チョルルカ、イビツァ・オリッチ、ヨシプ・シムニッチ、スティペ・プレティコサも100試合出場を達成しており、ラキティッチは8人目の選手となる。 2018.09.12 12:40 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース