デンベレのゴラッソに守護神テア・シュテーゲンの土壇場PKストップ! バルサがセビージャ下して2年ぶりの戴冠《スーペル・コパ》2018.08.13 07:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スーペル・コパ2018、バルセロナvsセビージャが12日にモロッコで行われ、2-1で勝利したバルセロナが2年ぶりの優勝を果たした。

▽昨季、リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイ2冠を達成したバルセロナと昨季コパ・デル・レイ準優勝のセビージャの2チームで争われるスーペル・コパ。例年、ホーム&アウェイ形式で行われてきたが、今季はワールドカップ開催による選手たちの疲労を考慮し中立地モロッコでの一発勝負という形となった。

▽昨季限りでイニエスタ、パウリーニョという主力クラスが退団したバルセロナは今夏ラングレ、アルトゥール、ビダル、マウコムの4選手を獲得。今回のスーペル・コパではラングレとアルトゥールがメッシやルイス・スアレス、テア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバら主力と共に先発に入った。

▽一方、前ジローナのマチン監督を新指揮官に迎えたセビージャは前述のラングレやコレア、セルヒオ・リコが退団し、代わってバシリクやアレイシ・ビダル、ニャニョン、アンドレ・シウバらが加入。すでにヨーロッパリーグ(EL)予備予選でシーズンをスタートしたチームは新守護神バシリクとセルジ・ゴメスの新戦力を除きバネガやケアー、ムリエル、ヘスス・ナバスなど昨季からの主力を起用。ただ、マチン監督お馴染みの[3-4-3]の新布陣で臨んだ。

▽立ち上がりからバルセロナがボールを保持する展開が続くが先制点は早い時間帯にセビージャに生まれる。9分、最終ラインのメルカドから前線に長い縦パスが出ると、相手DFに当たってコースが変わったボールがボックス手前中央のムリエルに渡る。ここでDFを引き付けたムリエルからボックス右でフリーのサラビアに短いパスが通り、最後は左足のシュートがゴール左隅に決まった。この場面で副審はオフサイドの旗を上げたもののビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められた。

▽一瞬の隙を突かれて先制を許したバルセロナはすぐさま反撃を開始。右ウイングに入ったメッシがアルバへの対角線上のスルーパスを使いながら左サイドを崩し、そこからグラウンダーのクロスを中央のスアレスらに供給していく。さらに15分には左CKのショートコーナーからドリブルでゴール左に持ち込んだメッシがシュートも相手GKの好守に遭う。

▽その後もメッシやラフィーニャを起点に内と外を織り交ぜた攻撃でゴールを目指すバルセロナだが、右サイドバックのセメドや左ウイングのデンベレが効果的に攻撃に絡めず、厚みのある仕掛けを見せられない。37分にはボックス右に抜け出したスアレスに絶好機もここはシュートを枠の左に外してしまう。

▽それでも攻勢を続けるバルセロナは42分、アルトゥールがボックス手前の好位置で倒されてFKを獲得。キッカーのメッシの右隅を狙ったシュートはGKバシリクに触られて右ポストを叩くも、このこぼれ球に反応したピケが左足で流し込み、同点に追いつく。その後、サラビアとメッシに2点目のチャンスが訪れるも前半は1-1で終了した。

▽迎えた後半、ハーフタイム明けにラフィーニャを下げてラキティッチ、53分にアルトゥールを下げてコウチーニョを投入したバルセロナ。後半は被カウンター時の修正が施された結果、完全に試合をコントロールしていく。だが、60分のメッシの直接FKが再び相手GKの好守に遭うと、62分には逆にバネガの左CKをフランコ・バスケスに頭で合わせられバー直撃の決定機を許す。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、セビージャはミランから加入したばかりのアンドレ・シウバ、古巣初対戦のA・ビダルをピッチに送り出し攻勢を強める。対してバルセロナは78分にボックス内でスアレス、メッシと立て続けに決定的なシュートを放つが、GKバシリクの驚異的なセーブに阻まれる。しかし、直後の78分にはメッシの素早いリスタートからボックス手前右でパスを受けたデンベレが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上隅に突き刺さり、ついにバシリクの牙城を破った。

▽この勝ち越しゴールを守り切りたいバルセロナは86分に殊勲のデンベレを下げて新戦力ビダルをピッチに送り出す。だが、試合終了直前の90分にはボックス内での守備陣の連係ミスからA・ビダルをGKテア・シュテーゲンが倒してしまい、土壇場で痛恨のPK献上。それでも、百戦錬磨のドイツ代表GKはキッカーのイェデルの右を狙ったシュートを完璧に読み切ってストップし、自身が与えたPKを見事に阻止した。そして、セビージャとの激闘を制したバルセロナが2年ぶりとなるスーペル・コパ優勝を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ戦に向けたインテルの招集メンバー発表、ナインゴラン欠場もペリシッチとブロゾビッチがメンバー入り《CL》

▽インテルは23日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節バルセロナとのアウェイ戦に臨む招集メンバー19名を発表した。 ▽前日にインテルが発表していた通り、直近のミラノ・ダービーで負傷したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが招集外となった一方、同じくダービーで軽傷を負っていたクロアチア代表MFイバン・ペリシッチと同国代表MFマルセロ・ブロゾビッチの両選手はメンバー入りした。 ▽インテルはCL2試合を終えてPSV、トッテナムに連勝し、好スタートを切っている。インテルの招集メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆インテル招集メンバー GK サミル・ハンダノビッチ ダニエレ・パデッリ トンマーゾ・ベルニ DF シメ・ヴルサリコ ステファン・デ・フライ アンドレア・ラノッキア クワドゥオ・アサモア ミランダ ダニーロ・ダンブロージオ ミラン・シュクリニアル MF マルセロ・ブロゾビッチ マティアス・ヴェシーノ ボルハ・バレロ イバン・ペリシッチ アントニオ・カンドレーバ FW マウロ・イカルディ ラウタロ・マルティネス ケイタ・バルデ・ディアオ マッテオ・ポリターノ</span> 2018.10.23 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

あなたの忘れられないクラシコは? 超WSが劇的マッチをピックアップ!

▽リーガエスパニョーラ第10節バルセロナvsレアル・マドリー、今シーズン初めての伝統の一戦“エル・クラシコ”が、10月28日(日)の24時15分にカンプ・ノウでキックオフを迎える。 ▽シーズンの成績に関係なく、両チームのファン・メディア・関係者を熱くする“クラシコ”に備え、本稿では過去のクラシコから両クラブにとって思い出深い一戦をそれぞれピックアップ。当時の状況を整理しつつ、脈々と続く因縁の一端を垣間見ていく。 ◆スペインの盟主はバルセロナ! 衝撃のマニータ 試合日:2010年11月29日 2010-11シーズン リーガエスパニョーラ第13節 会場:カンプ・ノウ バルセロナ 5-0 レアル・マドリー 【バルセロナ】 シャビ(前10) ペドロ(前18) ビジャ(後10) ビジャ(後13) ジェフレン(後46)※下記文中には、87分という表記となっております。 ◆バルセロナ出場メンバー[4-3-3] 監督:グアルディオラ GK:バルデス DF:ダニエウ・アウベス、ピケ、プジョル、アビダル MF:シャビ(後42分/セイドゥ・ケイタ)、ブスケッツ、イニエスタ FW:ペドロ(後42分/ジェフレン)、メッシ、ビジャ(後31分/ボージャン) ◆レアル・マドリー出場メンバー[4-2-3-1] 監督:モウリーニョ GK:カシージャス DF:セルヒオ・ラモス、ペペ、カルバリョ、マルセロ(後15分/アルベロア) MF:クリスティアーノ・ロナウド、ケディラ、エジル(後0分/ラッサナ・ディアラ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア FW:ベンゼマ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://www.wowow.co.jp/sports/liga/bestofclasico_vote/&c=wowow_app_20181019_2" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">ベスト・オブ・クラシコは!?<br />記憶に残る“クラシコ”を投票しよう!</span></br></a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第12節を消化した時点で1位レアル・マドリー(勝ち点32)、2位バルセロナ(勝ち点31)の順位で並び、両者の勝ち点差は「1」。前シーズンにリーガ制覇を成し遂げたバルセロナから王座を奪還すべく、ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に招へいしたマドリーが勇んで敵地に乗り込んだ。なお、名将モウリーニョにとっては、初の“エル・クラシコ”となる。 ▽雨の中で始まった試合、バルセロナはパスサッカーで序盤からマドリーを圧倒。イニエスタのスルーパスを受けたシャビが屈辱を与えるチップキックでカシージャスの頭上を抜いて易々と先制すると、完全に主導権を握る。18分にペドロが追加点を決めスコアが2点差に広がる中、マドリーは全く反撃の形を見出せずに前半を終えた。 ▽劣勢で迎えた後半、マドリーはエジルとの交代でより守備的なL・ディアラを投入し、まずはバルセロナの攻撃を鎮静化させにいく。しかし、相手の策を全く意に介さないホームチームはその後も悠々とパスを回し続け、55分にメッシのスルーパスに反応したビジャが3点目を奪取。ビジャは、直後の58分にもメッシのロングスルーパスからこの試合2得点目を記録した。 ▽4点差を付けられた後のマドリーはフラストレーションを溜め、イエローカードを4枚提示されるほどの荒々しいプレーに終始。試合終了間際の91分には、ペドロに代わって投入された若手FWジェフレンが、出場からわずか4分でダメ押しの5点目を記録。加えて、92分には激しくコンタクトしたS・ラモスが一発退場と散々な結末に。バルセロナが「マニータ(1試合5得点を奪うこと)」のスコア以上に内容でも完全勝利を飾った。 ▽このクラシコ完勝でさらに勢いを増したバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)、スーペル・コパのタイトルに加え、リーガエスパニョーラ3連覇を達成。タイトルがコパ・デル・レイのみに留まった白い巨人を置き去り、スペインの盟主として名を轟かせた。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6A92YCES%26ai=a5bc8416a02665&c=wowow_app_20181019_1" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">気になるマドリー編は!?<br />続きはこちらでチェック!</span></a><hr></div> 2018.10.23 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

監督業開始間近のチャビ、「モウリーニョのようにはならない」と所信表明

▽アル・サッドに所属する元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、監督業のスタートが近付いていると語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バルセロナ退団後、2015年夏にアル・サッドに入団したチャビ。選手としてプレーしながら指導者としての勉強も進めており、今年5月には監督ライセンス取得に向けマドリッドでの『UEFAプロコース』に参加したことが報じられていた。 ▽本格的な監督転身が期待される中、チャビ当人が今シーズンを現役最終シーズンと位置づけていると明かしている。 「39歳になる今シーズンが僕の最後の年になると99%確信している。疲労を感じて変化を探すのは普通のことだ」 「僕は今、コーチになってからのことを考えている。アナウンスしたりさよならを言う時ではないが、明らかにこれから何をするかに意識が向かっている」 「(ジョゼ・モウリーニョは)非常に守備的な監督であり、彼のインテルとの試合は簡単じゃなかった。あれが彼のスタイルで、チェルシーとレアル・マドリーでもそのやり方だったね。全ての小さなディテールに関して、全くスペースを与えることがない」 「僕は違うスタイルのフットボールを好む。批判しているわけじゃないんだ。でも、あんなプレーはしたくない。僕のチームは決してあんな振る舞いはしないよ」 ▽バルセロナでは、ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタらとともに史上最高とも称される中盤を形成したチャビ。その戦術眼の高さは多くの関係者やファンから絶賛されており、指揮官としての手腕にも期待が集まっている。 2018.10.23 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「メッシなしでも競争力はある」バルセロナ会長がCL、クラシコを控えるチームを鼓舞

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、チームはリオネル・メッシなしでも戦えることを強調している。<br><br>バルセロナは首位攻防戦となったセビージャ戦を4-2で制したものの、メッシが右腕を負傷。3週間ほどの離脱となり、エル・クラシコやチャンピオンズリーグで戦うインテルとの2試合を欠場することが決定的となった。バルトメウ会長は「メッシが必要とされるときにいなくなるわけだが」と話しつつ、このようにも続けている。<br><br>「レオなしでも我々は競争力を維持できる。最も重要なのは前に進むことだ。勝たなければならないし、もちろんそのための準備をする。選手たちもそれを念頭に置いている」<br><br>メッシの代役にも注目が集まる中、10番不在で最初に迎える試合は24日のインテル戦。どのような戦いを見せるのか多くの視線が注がれる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

バルベルデ政権は来季も続く? バルサ会長が発言

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ(54)政権は来シーズンも続くようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨シーズンからバルセロナの指揮を執るバルベルデ監督は、初年度からリーガエスパニョーラとコパ・デル・レイの2冠を達成。とりわけ、リーガエスパニョーラでは無敗優勝まであとわずかまで迫ったことが話題を呼んだ。 ▽2年目の今シーズン、一時はリーガ4試合勝ち無しという不調に陥りながらも、20日に行われた第9節でセビージャに4-2で勝利。首位攻防戦を制し、リーグテーブルのトップに立っている。 ▽不調時には、伝統的な[4-3-3]のフォーメーションを崩し[4-4-2]を採用している点やポゼッションを重視しない試合内容から、クラブの哲学を崩しているとの批判もあり、解任論も噴出。同監督が今シーズン限りの退任を考慮しているとも囁かれていた。 ▽しかし、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が22日にカタルーニャのラジオで「バルベルデは今シーズンと来シーズンの契約を結んでいる」と発言。クラブ側が来夏の時点で一定額で解任できるオプションを設定しているものの、依然として契約は2019-20シーズン終了まで結ばれている。 2018.10.23 10:40 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース