デンベレのゴラッソに守護神テア・シュテーゲンの土壇場PKストップ! バルサがセビージャ下して2年ぶりの戴冠《スーペル・コパ》2018.08.13 07:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スーペル・コパ2018、バルセロナvsセビージャが12日にモロッコで行われ、2-1で勝利したバルセロナが2年ぶりの優勝を果たした。▽昨季、リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイ2冠を達成したバルセロナと昨季コパ・デル・レイ準優勝のセビージャの2チームで争われるスーペル・コパ。例年、ホーム&アウェイ形式で行われてきたが、今季はワールドカップ開催による選手たちの疲労を考慮し中立地モロッコでの一発勝負という形となった。

▽昨季限りでイニエスタ、パウリーニョという主力クラスが退団したバルセロナは今夏ラングレ、アルトゥール、ビダル、マウコムの4選手を獲得。今回のスーペル・コパではラングレとアルトゥールがメッシやルイス・スアレス、テア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバら主力と共に先発に入った。

▽一方、前ジローナのマチン監督を新指揮官に迎えたセビージャは前述のラングレやコレア、セルヒオ・リコが退団し、代わってバシリクやアレイシ・ビダル、ニャニョン、アンドレ・シウバらが加入。すでにヨーロッパリーグ(EL)予備予選でシーズンをスタートしたチームは新守護神バシリクとセルジ・ゴメスの新戦力を除きバネガやケアー、ムリエル、ヘスス・ナバスなど昨季からの主力を起用。ただ、マチン監督お馴染みの[3-4-3]の新布陣で臨んだ。

▽立ち上がりからバルセロナがボールを保持する展開が続くが先制点は早い時間帯にセビージャに生まれる。9分、最終ラインのメルカドから前線に長い縦パスが出ると、相手DFに当たってコースが変わったボールがボックス手前中央のムリエルに渡る。ここでDFを引き付けたムリエルからボックス右でフリーのサラビアに短いパスが通り、最後は左足のシュートがゴール左隅に決まった。この場面で副審はオフサイドの旗を上げたもののビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められた。

▽一瞬の隙を突かれて先制を許したバルセロナはすぐさま反撃を開始。右ウイングに入ったメッシがアルバへの対角線上のスルーパスを使いながら左サイドを崩し、そこからグラウンダーのクロスを中央のスアレスらに供給していく。さらに15分には左CKのショートコーナーからドリブルでゴール左に持ち込んだメッシがシュートも相手GKの好守に遭う。

▽その後もメッシやラフィーニャを起点に内と外を織り交ぜた攻撃でゴールを目指すバルセロナだが、右サイドバックのセメドや左ウイングのデンベレが効果的に攻撃に絡めず、厚みのある仕掛けを見せられない。37分にはボックス右に抜け出したスアレスに絶好機もここはシュートを枠の左に外してしまう。

▽それでも攻勢を続けるバルセロナは42分、アルトゥールがボックス手前の好位置で倒されてFKを獲得。キッカーのメッシの右隅を狙ったシュートはGKバシリクに触られて右ポストを叩くも、このこぼれ球に反応したピケが左足で流し込み、同点に追いつく。その後、サラビアとメッシに2点目のチャンスが訪れるも前半は1-1で終了した。

▽迎えた後半、ハーフタイム明けにラフィーニャを下げてラキティッチ、53分にアルトゥールを下げてコウチーニョを投入したバルセロナ。後半は被カウンター時の修正が施された結果、完全に試合をコントロールしていく。だが、60分のメッシの直接FKが再び相手GKの好守に遭うと、62分には逆にバネガの左CKをフランコ・バスケスに頭で合わせられバー直撃の決定機を許す。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、セビージャはミランから加入したばかりのアンドレ・シウバ、古巣初対戦のA・ビダルをピッチに送り出し攻勢を強める。対してバルセロナは78分にボックス内でスアレス、メッシと立て続けに決定的なシュートを放つが、GKバシリクの驚異的なセーブに阻まれる。しかし、直後の78分にはメッシの素早いリスタートからボックス手前右でパスを受けたデンベレが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上隅に突き刺さり、ついにバシリクの牙城を破った。

▽この勝ち越しゴールを守り切りたいバルセロナは86分に殊勲のデンベレを下げて新戦力ビダルをピッチに送り出す。だが、試合終了直前の90分にはボックス内での守備陣の連係ミスからA・ビダルをGKテア・シュテーゲンが倒してしまい、土壇場で痛恨のPK献上。それでも、百戦錬磨のドイツ代表GKはキッカーのイェデルの右を狙ったシュートを完璧に読み切ってストップし、自身が与えたPKを見事に阻止した。そして、セビージャとの激闘を制したバルセロナが2年ぶりとなるスーペル・コパ優勝を果たした。
コメント
関連ニュース
thumb

【リーガエスパニョーラ第20節プレビュー】後半戦スタート! レアル・マドリーvsセビージャの上位対決!

前半戦最終戦となった第19節では首位のバルセロナ、2位のアトレティコ・マドリーが揃って勝利を収めた一方、3位のセビージャはアスレティック・ビルバオ相手に痛恨の敗戦となった。また、ベティスとレアル・マドリーの上位対決はレアル・マドリーに軍配が上がっている。 後半戦に突入する第20節では勝ち点33で並ぶ4位のレアル・マドリーと、3位のセビージャによる直接対決に注目だ。 前節、MFダニ・セバージョスの劇的な恩返しゴールでベティスとの接戦を制したレアル・マドリーだが、相変わらずの負傷者の多さに加えて直近のコパ・デル・レイではベスト8進出こそ果たしたもののレガネスに敵地で敗れ、今季の公式戦10敗目を喫することになった。その敗戦からバウンスバックが求められる今節は前回対戦で0-3の惨敗を喫したセビージャとのリベンジマッチだ。ここ最近、システム変更や選手の配置変更など、現状のチームでの最適解を見出そうと腐心するソラーリ監督は今回の上位対決でいかなる策を講じるか。 一方、ビルバオとの3連戦を1勝2敗で負け越したセビージャは1stレグでのアドバンテージを生かしてコパで8強進出を手繰り寄せたものの、2試合連続無得点での連敗は頂けない。この3連戦を通じてチームのやりたい形は出ていたものの、MFサラビアや前線のアタッカー陣が決め切れない場面が目立つ。そのため、難所ベルナベウに乗り込む今回の試合では前回対戦で2ゴールを決めたFWアンドレ・シウバを中心に効率の良さを取り戻したい。 前節、エイバルを一蹴して前半戦を6連勝フィニッシュで締めくくったバルセロナはミッドウィークにホームで行われたコパのレバンテ戦をきっちり勝利して逆転での8強進出を決めた。後半戦に弾みをつけた前半戦王者は14位のレガネス(勝ち点22)と対戦。直近のコパでレアル・マドリーを破るなど上位キラーとして知られるレガネスに対して、バルセロナは前半戦で今季リーガ初黒星を喫しており、決して油断することはできない。コパで温存したFWルイス・スアレスら主力のパフォーマンスが重要になりそうだ。 そのバルセロナを勝ち点5差で追う2位のアトレティコ(勝ち点38)はリーガでは16戦無敗と好調を維持。だが、ミッドウィークのコパではホームでジローナ相手にまさかの3失点を喫する3-3のドローゲームを演じ、アウェイゴール数の差で下回り、5回戦敗退となった。0-4で大敗したチャンピオンズリーグ(CL)、ドルトムント戦以来の大量失点はチームに与える影響も大きく短い準備期間の中でどこまで修正できるか。幸い、対戦相手のウエスカは最下位に低迷しており、今回の試合では大量得点且つクリーンシートを達成し、リバウンドメンタリティを示したい。 その他のカードではヨーロッパリーグ(EL)出場をメインにあわよくばCL出場権獲得を狙うセカンドグループの直接対決に注目。前々節にバルセロナに敗れたものの持ち味の堅守を武器に勝ち点を積み上げる6位のヘタフェ(勝ち点28)は、直近2勝2分けと好調を維持する5位のアラベス(勝ち点32)と対戦する。 また、レアル・マドリー相手の惜敗で3戦未勝利と足踏みが続く7位のベティス(勝ち点26)は、コパでアトレティコ相手に金星を飾った9位のジローナ(勝ち点24)と対戦。後半戦初戦にして重要な直接対決を制するのはどちらのクラブとなるか。 《リーガエスパニョーラ第20節》 ▽1/18金) 《29:00》 ヘタフェ vs アラベス ▽1/19(土) 《24:15》 レアル・マドリー vs セビージャ 《26:30》 ウエスカ vs アトレティコ・マドリー 《28:45》 セルタ vs バレンシア ▽1/20(日) 《20:00》 ベティス vs ジローナ 《24:15》 ビジャレアル vs ビルバオ 《26:30》 レバンテ vs バジャドリー ラージョ vs レアル・ソシエダ 《28:45》 バルセロナ vs レガネス ▽1/21(月) 《29:00》 エイバル vs エスパニョール 2019.01.18 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コパ失格の可能性が浮上!

バルセロナが、コパ・デル・レイを失格になる可能性があるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 バルセロナは17日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでレバンテを本拠地カンプ・ノウに迎え、3-0で勝利。2戦合計スコアを4-2とし、ベスト8進出を決めた。しかし、レバンテが2-1で勝利した1stレグで、レギュレーションに違反した疑いがバルセロナかけられている。 10日に行われた1stレグでは、バルセロナは大幅にメンバーを落としBチームの選手を数人起用した。今回問題とされているのは、その中の1人であるチュミが出場停止を受けていたにもかかわらず起用されたのではないかという点だ。 バルセロナBでプレーするチュミは、6日のセグンダB(スペイン3部)第19節カステジョン戦で終了間際にイエローカードを提示され、累積警告による出場停止に。その後、10日のレバンテ戦に出場している。 バルセロナは、昨年11月にルールが変更になりリーグ戦での累積警告はコパ・デル・レイに適用されなくなったと主張。しかし、依然として失格になる可能性が『BBC』に伝えられており、その運営の判断が待たれている。 なお、2015年にはレアル・マドリーが出場停止になっていたMFデニス・チェリシェフ(現バレンシア)を起用し、コパ・デル・レイを失格になっていた。 2019.01.18 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

デンベレ&メッシ躍動のバルセロナ、逆転でベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

バルセロナは17日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでレバンテをホームに迎え、3-0で快勝した。この結果、2戦合計スコアを4-2としたバルセロナがベスト8へ進出している。 1週間前に行われた敵地での1stレグを1-2と先勝を許したバルセロナは、4日前に行われ3-0で快勝したエイバル戦のスタメンから5選手を変更。スアレスやブスケッツ、ピケらに代えてデンベレやビダル、ムリージョらを起用した。 [4-3-3]を採用したバルセロナはGKにシレッセン、4バックに右からN・セメド、ムリージョ、ラングレ、ジョルディ・アルバ、中盤アンカーにラキティッチ、インサイドにビダルとアルトゥール、3トップに右からデンベレ、メッシ、コウチーニョと並べた。 そのバルセロナがボールを動かす展開で立ち上がっていく中、15分にメッシが直接FKでGKを強襲した。その後もバルセロナが敵陣でボールを持つと、25分に決定機。アルトゥールの縦パスを受けたボックス左のメッシが鋭いシュート。だが、アイトールの股間に当たったシュートはわずかに枠の右に外れた。 そして30分、バルセロナが2戦合計スコアで追いつき、アウェイゴール差で上回る。メッシが敵陣高い位置でボールを奪ってラストパス。これを受けたデンベレがボックス中央に侵入し、カバコのクリアにかかったボールがシュートに持ち込もうとしたデンベレの足に当たってゴールに吸い込まれた。 さらに1分後、メッシのスルーパスをボックス中央で受けたデンベレがGKをかわして無人のゴールへ流し込み、一気にリードを広げたバルセロナがハーフタイムにかけても3点目に迫りつつ前半を2-0で終えた。 迎えた後半もバルセロナが攻勢に出ると、54分に突き放した。デンベレのスルーパスで右サイドを突破したN・セメドの折り返しをメッシが受け、GKとの一対一を制した。 余裕の展開としたバルセロナはコウチーニョに代えてスアレスを、ジョルディ・アルバに代えてセルジ・ロベルトを、デンベレに代えてデニス・スアレスを投入し、今後の戦いを見据えていく。 結局、終盤にかけても危なげなく試合を運んだバルセロナが3-0で快勝。2戦合計スコアを4-2とし、逆転でベスト8進出を決めている。 2019.01.18 07:26 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、カルロス・ベラに関心か

バルセロナが、ロサンゼルスFCに所属するメキシコ代表FWカルロス・ベラ(29)を補強候補としているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 FWルイス・スアレスのバックアッパーを探すバルセロナが今冬の戦力補強に向けた動きを強めている。先日にFWムニル・エル・ハダディをセビージャに放出したブラウグラナは、少なくとも今季いっぱいまで選手層を厚くできる人材を探している。 今回『マルカ』が報じるベラは昨年1月からメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCでプレーしており、昨季はリーグ戦28試合で14ゴール10アシストを記録。前線のどのポジションでもプレーできるうえ、リーガエスパニョーラでの経験も豊富にあることから、エルネスト・バルベルデ監督の御眼鏡に適う選手だと、同メディアは述べている。 これまでに、チェルシーのFWアルバロ・モラタやジローナのFWクリスティアン・ストゥアーニへの関心が伝えられてきたが、前者は最新の報道ではアトレティコ・マドリー行きの可能性が高いとされており、その去就に注目が集まっている。 2019.01.17 18:33 Thu
twitterfacebook
thumb

チャビ、キミッヒ絶賛でバルサに推薦!?

アル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、バイエルンに所属するドイツ代表DFヨシュア・キミッヒを絶賛している。イギリス『Four Four Two』がドイツ『ビルド』を引用して伝えている。 2015年にライプツィヒからバイエルンに加入したキミッヒ。頭脳的なプレーに加えて、右サイドバックやセントラルMFを高いレベルでこなすことができることから「元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏の後継者」とも評されている。今シーズンはブンデスリーガ前半戦を全試合スタメン出場し、公式戦26試合1ゴール10アシストを記録するなど、不調に陥ったチームの復調に貢献。すでにバイエルンやドイツ代表で欠かせない選手だ。 そんなキミッヒを元バルセロナのチャビが注目。クラブ・代表チームの中心選手と語り、「バルセロナにとって完璧な選手になる」と断言した。 「僕はバルセロナ前監督のグアルディオラとキミッヒについて話したことがある」 「それまで彼のことを聞いたことはなかったけど、それ以来僕は彼のキャリアを追っているんだ。ジョシュアは、バイエルンとドイツ代表の中心選手で、将来を担っていく選手だね」 「どんなポジションでもプレーすることが可能。バルセロナにとって完璧な選手になるよ」 「僕はキャリアの中で、バルセロナに適した選手を探し、見続けていたんだ。フィリップ・ラームがまさにそうだよ。ヨシュア・キミッヒもバルセロナで問題なくプレー出来るし、上手くフィットするだろうね」 2019.01.17 14:35 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース