ブライトンの主力サイドMFマーチが2022年まで契約延長2018.07.21 03:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブライトンは20日、イングランド人MFソロモン・マーチ(24)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。▽両サイドMFとしてプレー可能なマーチは、2011年1月にブライトンへ移籍。ブライトンではこれまで公式戦125試合に出場して9ゴール12アシストを記録している。2017-18シーズンはプレミアリーグ36試合に出場して1ゴール3アシストと、残留に貢献していた。イングランド代表としてはこれまでU-21まで選出されてきた経歴を持っている。

▽そのマーチはブライトンとの契約延長について次のように語っている。

「24歳の誕生日にこれほど嬉しいプレゼントはないよ。ここで4年過ごしたけど、まだ居られることを嬉しく思う。クラブのことは知り尽くしているから、サッカーだけに集中できる。地元のクラブでプレーするのは楽しいし特別だよ。新シーズンの目標もプレミアリーグに残留することだね」
コメント
関連ニュース
thumb

キエーボ、ブライトンから元イタリア代表DFスケロットをレンタル移籍で獲得

キエーボは28日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから元イタリア代表DFエセキエル・スケロット(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アルゼンチンリーグに属するバンフィールドの下部組織出身であるスケロットは、2008年夏にチェゼーナに移籍。翌年4月に欧州のリーグでのデビューを飾った。以来、イタリア国内での移籍を繰り返したスケロットは、アタランタ、カターニャ、インテル、サッスオーロ、パルマ、キエーボと、実に6クラブを渡り歩きセリエAで151試合、セリエB(イタリア2部)で40試合に出場。欧州トップリーグでの豊富な経験を持っている。 2015年8月には無所属となったが、同年11月にスポルディング・リスボンに入団すると、約1シーズン半で公式戦43試合に出場し、10アシストを記録。2017年9月に加入したブライトンでは、約1シーズン半で公式戦23試合に出場していた。 2019.01.29 00:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ&ラッシュフォード弾でユナイテッドが公式戦7連勝! スールシャールがクラブ新記録の就任からリーグ6連勝を達成《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第23節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦し、2-1で勝利した。 スールシャール新体制移行後、公式戦6連勝と絶好調の6位ユナイテッドが、ホームに13位ブライトンを迎えた一戦。前節のトッテナム戦を守護神デ・ヘアの活躍で1-0と勝利したユナイテッドは、その試合から先発を1人変更。試合前に体調不良を訴えたショーに代えてジオゴ・ダロトを先発で起用した。 立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むユナイテッドだったが、集中した相手の守備を前にボールを持たされている感が目立ち、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。 それでもユナイテッドは、25分に決定機。マティッチからのサイドチェンジを右サイドで受けたポグバがワントラップでボックス内に侵入すると、ボックス右で後ろからボングに倒されてPKを獲得。このPKをポグバがゴール右に沈め、ホームチームが先制した。 先制したユナイテッドだが、35分にピンチ。右サイドでボールを受けたマーチのワンタッチパスからゴールエリア右横まで侵攻したマーレイがシュートを狙ったが、これはミートせず難を逃れた。 ユナイテッドは42分、ジオゴ・ダロトのパスをボックス左で受けたラッシュフォードがゴールエリア左横まで持ち込むと、相手DFを切り返しでかわしゴール右隅にシュートを突き刺した。 後半もゲームの主導権を握るユナイテッドは53分、左サイドでボールをキープしたマルシャルの高速クロスをゴール右に抜け出したラッシュフォードが右足で合わせたが、これは枠の右。さらに56分には、ボックス手前でボールを受けたマルシャルがミドルシュートでゴールを狙ったが、シュートはわずかに枠の左に逸れた。 2点を追うブライトンは、60分にマーレイとマーチを下げてアンドネとノッカールを投入する2枚替えを敢行。すると72分、ボックス左角手前でボールをキープしたプレパーのクロスをゴール前のグロスが胸トラップから右足でゴールネット揺らした。 1点を返されたユナイテッドは、75分にリンガードを下げてマタ、83分にマルシャルを下げてルカクを投入。すると89分、ユナイテッドはジオゴ・ダロトのロングパスを受けたポグバがボックス手前からミドルシュートでゴールに迫ったが、わずかにゴール左に逸れた。 結局、試合はそのまま逃げ切ったユナイテッドが2-1で勝利。この勝利でスールシャール監督は、これまでサー・マット・バスビー氏が保持していた就任後のリーグ連勝記録をクラブ新記録となる6連勝に更新した。 2019.01.20 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、ブライトンから元オーストリア代表DFズットナー獲得

フォルトゥナ・デュッセルドルフは17日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから元オーストリア代表DFマルクス・ズットナー(31)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 オーストリア・ウィーンでキャリアをスタートさせたズットナーは、2015年にインゴルシュタットに移籍。その後、2017年夏にプレミアリーグに昇格したブライトンに3年契約で加入。移籍初年度はリーグ戦14試合に出場も昨季終盤からクリス・ヒュートン監督の構想外となり、今季はリーグ戦の出場はなかった。 そして、オーストリア代表通算20キャップを誇る左サイドバックは出場機会を求めて1年半ぶりのドイツ復帰を果たすことになった。 2019.01.18 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

サラーのしたたかなPK弾でリバプールが辛勝! 公式戦連敗ストップで2019年初白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsリバプールが12日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが1-0で勝利した。 2019年初戦となったマンチェスター・シティとの大一番を1-2で落とし今季リーグ戦初黒星を喫した首位のリバプール。さらに、主力を温存したFAカップではウォルバーハンプトンに敗れて今季初めての公式戦連敗となった。 バウンスバックが求められる13位のブライトンとのアウェイゲームに向けてはシティ戦から先発2人を変更。負傷のロブレンに代わってサイドバックの経験はあるものの、センターバックでのプレー経験は直近のウルブス戦が初めてだったファビーニョ、ミルナーに代わってシャキリが起用された。なお、負傷者続出のセンターバックではマティプがベンチに復帰した。 立ち上がりからボールを保持するリバプールだったが、マーレイを前線に残して9人が自陣で堅固な守備ブロックを構築する相手を前になかなか効果的な攻めを見いだせない。9分には左サイドの高い位置に侵入したロバートソンのグラウンダーの高速クロスにマネ、フィルミノと飛び込むが、わずかに合わない。 その後も中盤の低い位置やサイドを起点に相手守備攻略を目指すリバプールだが、中央をきっちり締める相手の守備をなかなかこじ開けられない。27分には右サイドへの流麗な展開からアーノルドが左足で精度の高いインスウィングのクロスを入れるが、シャキリのヘディングシュートはわずかに枠の左へ外れた。 その後も攻めあぐねる状況が続いたリバプールは結局ゴールレスで試合を折り返す。それでも、後半立ち上がりの47分にはマネのスルーパスに抜け出したサラーがボックス左から際どいシュートを放ちいきなり決定機を創出。すると、直後の50分にはボックス左から内に切り込んだサラーが後ろからグロスに手をかけられると、ここでややあっさりと倒れてPKを獲得。これを自らゴール右隅に突き刺して待望の先制点を奪った。 粘り強く守りながらもサラーの“巧さ”にしてやられたホームチームはここからリスクを冒して前に出る。サイドを起点に前線のマーレイにボールを集める中、58分には右サイド深くに侵攻したモントーヤのグラウンダークロスを中央のグロスがシュートするが、これはDFファビーニョのシュートブロックに遭う。さらに右サイドのモントーヤを起点に攻勢を強めていくが、前半同様に最後の場面で精度を欠く。 その後、ノッカール、アンドネを同時投入して前がかるブライトンに対して、リバプールはシャキリを下げてミルナーを送り込み試合を締めにかかる。そのリバプールはカウンターからフィルミノやサラー、マネらに幾度か決定的な場面が訪れるが、この日は対戦相手同様にフィニッシュの精度を欠く。それでも、試合終盤の相手のパワープレーを守備陣が身体を張った守りで凌ぎ切った。 サラーのしたたかなPKで辛勝のリバプールが公式戦の連敗をストップすると共に2019年初白星を手にした。 2019.01.13 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

FAがエメリ監督を処分! ブライトン戦で蹴った給水ボトルが観客に直撃

▽イングランドサッカー協会(FA)は27日、26日に行われたブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で不適切な振る舞いを働いたアーセナルのウナイ・エメリ監督に処分を科すことを発表した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽アーセナルは26日に行われたプレミアリーグ第19節のブライトン戦を1-1のドローで終えた。そして、同試合では試合中にフラストレーションを溜めていたエメリ監督がピッチサイドの給水用のプラスチック製ボトルを蹴り上げた際、ホームのブライトンサポーターに直撃するアクシデントが発生。 ▽同試合後、エメリ監督は当該サポーターの元へ謝罪に出向き握手で和解を果たしていたが、FAは給水ボトルを蹴り上げたこと自体を不適切な行為と判断し、今回の処分発表に至った。 ▽なお、エメリ監督は2019年1月2日夕方まで異議申し立てを行うことができる。 ▽今回の事件に関してエメリ監督は27日に行われた次節リバプール戦に向けた公式会見の場で以下のように説明していた。 「フラストレーションを溜めた結果、ボトルを蹴り上げてしまった。しかし、サポーターに向けて蹴ったわけではなく、何の意図もなかった。それにすでに謝罪も行った。これでこの話が終わることを望んでいる」 ▽なお、マンチェスター・ユナイテッドの前指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督は2016年のウェストハム戦でピッチサイドの給水ボトルを蹴り上げた際に1試合のベンチ入り禁止処分を科されており、エメリ監督にも同様の処分が科される見込みだ。 2018.12.28 03:15 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース