ユベントス、ルガーニ放出ならゴディン引き抜きか2018.07.20 01:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスが、アトレティコ・マドリーDFディエゴ・ゴディンの獲得を検討しているようだ。イタリア『プレミアム・スポルト』が伝えた。

▽ユベントスは現在、DFダニエレ・ルガーニにチェルシー移籍の可能性が浮上している。ロマン・アブラモビッチオーナーがミラノを訪れ、ユベントスとの交渉に入った模様だ。

▽この取引が実現した場合に備えて、ユベントスはセンターバックの補強を考えている。その候補に挙がったのがウルグアイ代表のゴディンだ。

▽ゴディンとアトレティコ・マドリーの契約は2019年まで。今夏の放出を逃せば、フリーでトランスファーになる可能性もある。ルガーニ放出となれば、ユベントスは契約解除金の2000万ユーロ(約26億円)を全て支払ってでも引き抜く構えだという。

▽チェルシーはルガーニのほか、FWゴンサロ・イグアインの獲得にも動いているようだが、こちらも代役候補のリストアップは進んでいるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ピルロのCL展望は? 「ユーベはバルサより上」「シティは…」

ユベントスOBで元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロ氏が、古巣を高く評価している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で語った。 チャンピオンズリーグ(CL)において、マンチェスター・ユナイテッドやバレンシアと同居したグループHを首位で突破したユベントスは、ベスト16でアトレティコ・マドリーと対戦。すると、1stレグを0-2で落としたものの、エースFWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックにより2ndレグに3-0で勝利し、逆転での準々決勝進出を決めた。 そして、劇的な形で勝ち上がったユベントスは、準々決勝では王者レアル・マドリーを下したアヤックスと対戦。4月10日に1stレグが、4月16日に2ndレグが行われる予定だ。 CL決勝トーナメントの展望を問われたピルロ氏は、古巣が優勝候補の一角であるバルセロナを上回っているとコメント。しかし、ベストチームは準決勝でユベントスと対戦する可能性のあるマンチェスター・シティだと主張した。 「チャンピオンズリーグではいつも気分が高ぶる。今年が自分たち年になるかどうかは関係ない」 「ユベントスの直近のアトレティコ(・マドリー)戦での凄まじい逆転劇が、その最たる例だ」 「私の見立てでは、ユベントスはバルセロナよりも優れている。そして、大会を勝ち残っているチームの中ではマンチェスター・シティがベストだと思う」 「準々決勝でアヤックスを引き当てたのは(ユベントスにとって)良い結果だ。彼らは(レアル・)マドリーに対して非常に上手くプレーしたが、そのマドリーは組織的にとても貧弱だったんだ」 2019.03.26 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバがユナイテッド退団を決心? 新天地候補はマドリー&ユーベ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)が、退団を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。 中心選手の1人として、今シーズンもユナイテッドを牽引しているポグバ。しかし、ジョゼ・モウリーニョ前監督との軋轢から今冬にはバルセロナ移籍が噂されており、モウリーニョ前監督が去った現在でも退団の可能性は潰えていないという。『アス』によれば、2021年6月まで残している現行契約の延長オファーを既に断ったとも伝えられている。 さらに、ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が既に新天地探しを始めているとのこと。選手当人が移籍を決断したとも報じられており、ユナイテッドが引き留めるためには、現在の週給29万8000ユーロ(約3700万円)を超えるかなりの好条件が必要となるかもしれない。 そして、オールド・トラッフォードが緊張に包まれているのを尻目に、移籍先の候補に挙げられているのが、レアル・マドリーとユベントスだ。マドリーに関しては、先日にポグバが「マドリーでプレーすることは誰にとっても夢」と発言したことで報道が過熱している。 また、古巣であるユベントスに関しては、ライオラ代理人が同クラブと好関係を結んでいることがアドバンテージになる可能性があるとのこと。ライオラ代理人は、2016年夏にポグバをユベントスからユナイテッドに移籍させた際に、4,800万ユーロ(現在のレートで約60億円)の手数料を受け取っていたことが、『フットボールリークス』に暴露されている。さらに、クラブ上層部も既に獲得資金の捻出に向けて動き出しているようだ。 2019.03.26 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷交代C・ロナウド、CLまでに復活へ? 「2週間以内に復調」

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身の負傷状態を語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ポルトガル代表は3月25日、ユーロ2020予選グループB第2節のセルビア代表戦に臨み、1-1で引き分けた。開始早々に失点を喫し、前半終了間際に追いついたものの、逆転することは出来ず。先日の第1節ウクライナ代表戦に続き、2試合連続でのドローとなった。 また、29分にはアクシデントも発生。スペースにランニングしていたC・ロナウドが右足を痛め、自ら交代を要請することに。結局、ピッツィとの交代でピッチを退くこととなった。 試合後、C・ロナウドは自身の状態について「心配していない」とコメント。「自分の身体のことは分かるし、2週間以内に復調するよ」と、ユベントスサポーターの杞憂を振り払っている。 ユベントスは今後、4月6日にセリエA第31節でミランと対戦し、4月10日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、4月16日に2ndレグでアヤックスと激突。過密日程に差し掛かるまでの、エースの復活が待たれている。 2019.03.26 08:25 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ氏がCL決勝を予想「経験と才能を持ち合わせた選手がおり、チームは最高の状態」

ジョゼ・モウリーニョ氏が、今季のチャンピオンズリーグ(CL)決勝の対戦カードを予想した。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。 13日にラウンド16の全日程が終了し、ベスト8が出揃ったCL。モウリーニョ氏は『AFP通信』のインタビューで、2018-19シーズンのCL決勝はユベントスvsバルセロナになると予想している。 「ユベントスとバルセロナは今大会の優勝候補で、決勝に進出するだろう」 「皆は(クリスティアーノ・)ロナウドと(リオネル・)メッシについて話したがるが、私はユベントスとバルセロナというチームについて話すことが好きだ。私は常にフットボールのコーチであり、フットボールはチームスポーツであると考えている」 「ユベントスとバルセロナにはそれぞれ経験と才能を持ち合わせた特別な選手がおり、チームは最高の状態となっている」 なお、ユベントスは準々決勝で王者レアル・マドリーをラウンド16で下したアヤックスと、バルセロナはモウリーニョ氏が昨年12月に退任したマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。 2019.03.26 01:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マドリー退団希望報道のヴァランに興味か

ユベントスが、レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2011年にランスからマドリー入りしたヴァラン。25歳にしてここまで4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のリーガエスパニョーラ優勝などを成し遂げた。また、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では全試合に出場し、ディフェンスリーダーとしてフランス代表の5大会ぶり2度目の優勝に貢献した。 しかし先日、ヴァランが環境を変えて新たな挑戦をするため、今夏のマドリー退団を検討していることがフランスメディアによって報じられた。その後、本人は去就に関する話題を避けているが、マドリーで親しい人々に退団希望を通達していることが伝えられるなど、退団報道が加熱している。 そんなヴァランに対しては、マンチェスター・ユナイテッドを筆頭にパリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンなどがすでに獲得に向けて興味を抱いている模様。そんな中、センターバックの獲得を目指すユベントスも今夏獲得に向けて準備に動くようだ。 ヴァランには5億ユーロ(約620億円)という現実離れした契約解除金が設定されている。しかし、『アス』は同選手がマドリー退団を固く決心している場合、他クラブと減額に向けて交渉するしかないと見解を示している。 2019.03.25 10:50 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース