トッテナム、アルデルヴァイレルト退団ならフランス代表の注目株パヴァール獲得か2018.07.15 13:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムがシュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(22)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽トッテナムは現在、センターバックを務めるベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)が契約延長交渉が難航していることやマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナからの関心を寄せられていることが伝えられている。そこでトッテナムはアルデルヴァイレルトの退団に備え、パヴァールをリストアップしたようだ。

▽2016年にリールからシュツットガルトに加入したパヴァールは、フランス代表では右サイドバックをこなしているものの、クラブではセンターバックを主戦場としている。2017-18シーズンでは公式戦36試合1ゴールを記録した。現在開催されているロシア・ワールドカップ(W杯)でもここまで5試合に出場。決勝トーナメントラウンド16のアルゼンチン戦では、難易度の高いダイレクトボレーシュートを叩き込むなど攻守でフランスの決勝進出に貢献している。

▽そんなパヴァールにはバイエルンやユベントス、アーセナルといったビッグクラブからの関心が伝えられている。ロシアW杯で注目を集めていることもあり、今夏の移籍市場では争奪戦が繰り広げられることになりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズがダービー制して開幕連勝! トリッピアー芸術FK弾にケインがキャリア初の8月ゴール!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節、トッテナムvsフルアムのロンドン・ダービーが18日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-1で勝利した。 ▽ニューカッスルとの開幕戦を2-1で制するも勝ち点3以外にプラス材料の少なかったトッテナム。仮本拠地ウェンブリー・スタジアムで迎えるホーム開幕戦ではクリスタル・パレスとの開幕戦を0-2で落とした昇格組フルアムとのダービーに臨んだ。ニューカッスル戦からは先発2人を変更。オーリエとムサ・シソコに代えてトリッピアーとアルデルヴァイレルトが起用され、[3-4-3]の布陣に変更した。 ▽立ち上がりからボールを保持して押し込むトッテナムは6分、右サイド深くでサイドチェンジを受けたトリッピアーのクロスをケイン、デレ・アリと頭でk~いでゴール左のベン・デイビスがすかさずクロス。これをゴール前でフリーのルーカス・モウラが頭で合わすが、これを枠の右に外す。直後には相手の背後に抜け出したルーカスがドリブルでボックス内に抜け出すが、タッチが大きくなってしまい飛び出したGKファブリと交錯。こぼれ球をケインが流し込むが、ファブリへのファウルで認められず。 ▽その後も相手を押し込み続けると、14分にはカウンターからエリクセンのラストパスに抜け出したケインがボックス内に持ち込んでシュートを試みるが、ここはDFフォス=メンサーに足を踏まれて打ち切れなかったうえ、さらに主審はPKを与えず。 ▽前半半ばから終盤にかけても右サイドのトリッピアーとエリクセンを起点に決定機を作り続けるトッテナムだが、28分にカーニー、39分にライアン・セセニョンに決定機を許すが、ここはGKロリスの2つのファインセーブで凌ぐ。すると43分、右サイドでトリッピアーの浮き球パスに反応したエリクセンがゴール右でシュートを放つがブロックに遭う。だが、このこぼれ球をボックス右で拾ったルーカスが見事な左足のダイレクトシュートでゴール左隅に突き刺し、待望のプレミアリーグ初ゴールを記録した。 ▽1点リードで試合を折り返したトッテナムだが、52分に左サイドを攻めあがったブライアンに鋭いクロスを許すと、これをファーのセセニョンにワンタッチで折り返され最後は直前にスリップしていたミトロビッチに泥臭く頭で押し込まれる。 ▽早い時間帯に勝ち越したいホームチームはダビンソン・サンチェスを下げてデンベレ、ダイアーに代えてラメラを後半半ばまでにピッチに送り出し、より攻撃的な[4-2-3-1]の布陣にシフト。71分には右サイドからのアーリークロスに完璧に反応したケインがワンタッチボレーもこれはクロスバーを叩く。 ▽徐々に焦りが見え始めるトッテナムだったが、先のロシアW杯で多くのイングランドファンを魅了したトリッピアーの右足がチームを救う。74分、ボックス手前中央でデレ・アリが倒されて得たFKの場面で名手、エリクセンを差し置いてキッカーを務めたトリッピアーが右足を振り抜くと、壁の上を越えてから急激に落ちた見事なシュートがゴール左隅を射抜いた。さらに77分にはカウンターからラメラのスルーパスに抜け出したケインがボックス左で冷静にDFを外してファーポストに右足の丁寧なコントロールシュートを流し込み、キャリアで初となる8月のゴールを奪った。 ▽その後、シュールレらを投入したフルアムの反撃を冷静に凌ぎ切ったトッテナムがウェンブリーでのホーム開幕戦となったフルアムとのダービーを3-1で快勝し開幕2連勝とした。 2018.08.19 01:13 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズOBが予言 アルデルヴァイレルトは今夏残留なら来年1月ユナイテッドへ

▽元イングランド代表のジャーメイン・ジェナス氏が古巣トッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)のマンチェスター・ユナイテッド移籍を予言した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽今夏のユナイテッド入りが取り沙汰され続けたアルデルヴァイレルト。だが、トッテナムとの交渉に折り合いがつかないまま、今夏のプレミアリーグ移籍市場は閉幕。今夏のユナイテッド移籍は消滅した。 ▽現在、そのアルデルヴァイレルトを巡っては、バイエルンやバルセロナ、パリ・サンジェルマンも関心を示している様子。そのため、まだ国外移籍の可能性は残されており、今後の去就に注目が集まっている。 ▽イギリス『BT Sport』で解説者を務めるジェナス氏は、自身の古巣で去就が不透明なアルデルヴァイレルトの残留を希望。だが、今夏のトッテナム残留が決まっても、来年以降もマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でプレーする姿が想像できないと自身の見解を示した。 「スパーズにとって、トビーの存在は100%必要だ。ダビンソン・サンチェスも良いが、まだまだ未完。現時点でトビーの方が優れている」 「トビーとヤン(・ヴェルトンゲン)は、世界でも1、2位を争うセンターバックコンビになる可能性を秘めている」 「人々は、おそらくラファエル・ヴァランとセルヒオ・ラモスのセンターバックコンビと比較して話をしているだろう」 「どうして、このコンビを望まないのか。理解できないね。思うに、彼の年齢や負傷歴がトビーの価値を下げてしまっている」 「ユナイテッドからしてみれば、『何故、来年1月に2500万ポンドで獲得できるのに、わざわざ6000万ポンドを支払うんだ?』って思うはずさ」 「彼がこの夏、どこかに移籍していなければ、来年1月にユナイテッドに行くことになるだろう。それは確実だね」 2018.08.18 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、J・ボアテング退団なら後釜はアルデルヴァイレルト?

▽バイエルンは、現在パリ・サンジェルマン(PSG)から関心を寄せられているドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)の退団に備えて後釜獲得に動こうとしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今夏新たなチャレンジとして移籍を考慮しているとされるJ・ボアテング。これまでPSGのほか、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が囁かれていたが、9日にプレミアリーグの移籍市場がクローズした。これにより、最近ではJ・ボアテングがPSG行きを決意したことが報じられ、移籍実現の可能性が高まっている。 ▽そんな中、バイエルンはJ・ボアテングの退団に備えてトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)を後釜としてリストアップしているようだ。 ▽アルデルヴァイレルトは、2015年にアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入。昨シーズンはケガにも悩まされて公式戦21試合の出場にとどまった。それでも7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)では、6試合に出場。ベルギー代表史上初の3位入賞に貢献した。 2018.08.16 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがエリクセン強襲か 141億円準備

▽イギリス『エクスプレス』は、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性があると報じた。 ▽2013年夏にトッテナム入りして以降、絶対的な司令塔に君臨するエリクセン。2020年まで現行契約を残す中、新たに延長オファーを提示してきたクラブと会談を行っているとみられるが、まだ合意に至っていない模様だ。 ▽その中、レアル・マドリーの関心を集めるエリクセンに対して長く熱視線を注ぐPSGは、リーグ・アンの今夏移籍市場閉幕(31日)までの獲得を画策。投資額として1億ポンド(約141億3000万円)を準備しているという。 ▽だが、トッテナムの会長であるダニエル・レヴィ氏に現時点でエリクセン売却の意思はなく、マウリシオ・ポチェッティーノ監督との関係も良好の様子。PSGが獲得に動くとなれば、一筋縄ではいかなそうだ。 2018.08.14 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏に「補強ゼロ」も…開幕戦に勝利のポチェッティーノがケインらの献身性を称賛

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、全選手の献身性を称賛した。<br><br>11日に行われたプレミアリーグ開幕戦でトッテナムはニューカッスルと対戦。8分にヤン・フェルトンゲンが先制点をマークすると、一時は追いつかれるものの、18分にデレ・アリが勝ち越しゴールを奪う。これが決勝点となり、トッテナムが2-1で開幕戦を制した。<br><br>今夏の移籍市場でプレミアリーグ史上初の「補強ゼロ」に終わり、多くの主力がワールドカップの影響で合流が遅れたが、白星でシーズンのスタートを切ったポチェッティーノ監督は『スカイスポーツ』で「とても満足している。全ての場面でのパフォーマンスがファンタスティックだった」と喜びをあらわにした。<br><br>「ニューカッスルは非常に良い相手だった。チャンスを作り、もっと点を取られる可能性だってあった。フットボールには努力はもちろんだが、幸運も必要だ。月曜日(6日)からトレーニングを開始したばかりの選手もいたが、我々は良い準備ができ、素晴らしい成果を挙げた。今後はもっと良いプレーと一貫性を保つことを必要としている。そして、数日後に再びこのような戦いができるように準備をする必要がある」<br><br>また、無得点に終わったハリー・ケインについて「得点に関係なく彼がベストの状態と私は解釈している。それに関しては疑いの余地がない。彼はチームのために多くの働きを見せ、すぐにゴールを奪ってくれるはずだ」と合流が遅れたものの、調子自体は問題ないと話して信頼を強調した。<br><br>開幕戦で勝利を手にしたトッテナムは、18日の第2節でフラムと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.08.12 10:45 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース