バルサMFアンドレ・ゴメス、今夏のツアーに帯同せず2018.07.14 14:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)は、今夏のプレシーズンツアーに帯同しないようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。

▽記事によれば、7月24日から予定されているアメリカツアーのメンバーにアンドレ・ゴメスは含まれておらず、今夏の移籍が確実視されている。

▽2016年夏にバレンシアから加入した同選手は2016-17シーズンは途中出場が多いながらもリーグ戦30試合に出場した。だが、17-18シーズンはエルネスト・バルベルデ監督の信頼を得ることが出来ず、リーグ戦出場は16試合にとどまった。

▽バルセロナは放出を容認する構えだが、移籍には2000万ユーロ(約26億円)要求しているようで、以前に獲得を試みた古巣バレンシアやトッテナム、ラツィオやユベントスといったクラブの申し出を拒否した模様だ。

▽また、伝えれるところによると、バルセロナは国外への放出を望んでいるという。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、ベンゼマ獲得を見送っていた! その理由は…

バルセロナが、過去にレアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマの獲得を見送っていたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2009年夏にリヨンからマドリーに移籍したベンゼマ。すると、現在まで不動のセンターフォワードに君臨しチームに欠かせない選手の一人となっている。 しかし、『マルカ』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)が実験を握っていた2008-09シーズンにバルセロナはベンゼマの獲得を画策。サミュエル・エトー氏を構想から外そうとしていた同監督が、新たなフォワードを必要としていたようだ。 しかし、当時バルセロナのテクニカル・ディレクター(TD)を務めていたチキ・ベギリスタイン氏が、ベンゼマの家を訪れて契約を迫った後、交渉を打ち切り。ベギリスタインSDは同選手の交友関係や人との付き合い方を快く思わず。会話中に相手を見ないような態度がクラブでの適応にリスクを生じさせるとして、手を引いたようだ。 そしてその後、2009年夏にバルセロナはFWズラタン・イブラヒモビッチを獲得。さらに、そのイブラヒモビッチから一年遅れてFWダビド・ビジャが到着し、フォワードの補強問題はひと段落を迎えていた。 2019.02.19 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「メッシ、スアレス、コウチーニョ。バルサは格別」リヨン若手FWが19日の大一番に向けて気合い

リヨンのマクスウェル・コルネは、19日のバルセロナ戦に向けて意気込みを語った。<br><br>今シーズンのチャンピオンズリーグで、優勝候補の一角とされるマンチェスター・シティ相手に敵地で勝ち点3を得るなど快進撃を続けるリヨン。グループFを2位で通過した同クラブは、19日にホームで行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでバルセロナと対戦する。この試合を前に、マンチェスター・Cとの2試合で3ゴールを挙げてヒーローとなった22歳のコルネは『Goal』のインタビューで対戦相手について話した。<br><br>「バルサは&hellip;、彼らは別格だ。(リオネル)メッシ、(ルイス)スアレス、それに(フィリペ)コウチーニョがいる。僕たちはD-デイへ向けてしっかりと準備をしなければならない」<br><br>また、バルセロナを止める方法について問われたコルネは「メッシをブロックする!」と冗談交じりに言及し、以下に続けた。「僕たちは良いプレーをする必要がある。まずはディフェンスでのことに多くの時間を割くことになるだろう。そして、試合中は集中力を維持して、来るであろう少ないチャンスを物にすることだ。このような試合ではチャンスを無駄にできないから、僕ら攻撃陣がどれだけ前線で効率良くプレーできるかにかかっている」<br><br>しかし、バルセロナとの大一番にはキャプテンのナビル・フェキルが累積警告により出場停止。リヨンにとって大きな痛手になると語ったコルネだが、守護神のアントニー・ロペスや中盤を中心にチームは踏ん張ることができると強調した。<br><br>「アントニーはヨーロッパの中でベストゴールキーパーの1人だ。経験もあり、チームには欠かせない存在だ。ウサン(アウアル)は技術と才能のある選手で、彼とタンギ(エンドンベレ)が中盤にいれば、試合は簡単になる。ここがこの試合のカギになると思う。僕たちにだって選手が揃っているから、100%フォーカスして火曜日の試合を戦いたい」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

カペッロがメッシを褒めちぎる! 「世界で唯一の天才」

ファビオ・カペッロ氏が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに賛辞を浴びせている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ミランやユベントス、レアル・マドリーで指揮を執り、チャンピオンズリーグ(CL)やセリエA、リーガエスパニョーラのタイトルを獲得してきたカペッロ氏。その超リアリスティックな戦術は確実に勝利をもたらし、“優勝請負人”とも称された。 そんな海千山千のカペッロ氏が、18日にメディア陣の前に姿を現し、CLについての問いに返答。その中でメッシについて話題が及ぶと、以下のように手放しで称賛した。 「レオ・メッシは単なるフットボーラーではない。彼は天才だ。世界で唯一の天才だ」 「アルゼンチン代表ではあまりカップを獲得していないが、彼一人で全てをこなすことは出来ない」 また、カペッロ氏はFWクリスティアーノ・ロナウドに関してもコメント。ユベントスにとって重要な選手であると力説した。 「クリスティアーノ(・ロナウド)はユベントスで多くの選手を目覚めさせた」 「彼がクラブに居ることで多くの選手たちの目覚ましになるし、改善もさせてくれる」 「彼はユベントスにとってとても重要だ。毎日彼と同じくらい懸命にトレーニングを積んで、ロナウドの様に自分をケアするようになるからだ。だらけていたチームには非常に重要だよ」 「彼がユベントスでのチャンピオンズリーグ制覇に死に物狂いなのは明らかだ」 2019.02.19 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】若武者リヨンと優勝候補バルセロナが10年ぶりの再戦!《リヨンvsバルセロナ》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、リヨンvsバルセロナが日本時間13日29:00にパルク・オリンピック・リヨンでキックオフされる。グループFを2位通過したリヨンと、グループBを首位通過したバルセロナによる10年ぶり通算7度目の対戦だ。 マンチェスター・シティ、シャフタール、ホッフェンハイムと同居したグループFを1勝5分けの無敗で2位通過したリヨンは2011-12シーズン以来のベスト16進出を果たした。また、序盤戦不調に陥った国内リーグではライバルの躓きに助けられた感もあるものの、CL出場圏内の3位をキープ。とりわけ、2019年に入ると、前々節のニース戦の敗戦を除き4勝2分けと好調を維持。第23節ではパリ・サンジェルマン(PSG)相手に今季リーグ戦初黒星を与えている。 一方、トッテナム、インテル、PSVと同居した激戦区のグループBを4勝2分けの無敗で首位通過を果たしたバルセロナ。最近の公式戦では3試合連続ドローとややパフォーマンスを落としていたものの、直近のバジャドリー戦ではターンオーバーを採用した中で1-0の辛勝。一先ず勢いを取り戻して今回の一戦を迎えた。ただ、今回の1stレグ後にはセビージャ、レアル・マドリーとの重要な連戦を控えており、極力消耗せずラクな形で勝利を手にしたいところだ。 なお、両チームの通算対戦成績はバルセロナの4勝2分け。2008-09シーズンの決勝トーナメント1回戦の前回対戦ではリヨンホームの1stレグは1-1のドローに終わるも、バルセロナホームの2ndレグはFWアンリ、FWメッシ、FWエトーの3トップ揃い踏みの活躍でバルセロナが5-2で圧勝している。 <div style="text-align:center;">◆リヨン◆ 【4-2-3-1】</div> ▽リヨン予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:アントニー・ロペス DF:デュボワ、デナイヤー、マルセロ、メンディ MF:トゥザール、エンドンベレ MF:トラオレ、アワール、デパイ FW:ムサ・デンベレ 負傷者:DFデナイヤー、MFエンドンベレ 出場停止者:FWフェキル キャプテンのフェキルが累積警告により出場停止となる。負傷者に関しては直近のギャンガン戦で負傷したデナイヤー、エンドンベレの2選手が間に合うか微妙なところだ。 システムに関しては3バックと4バックを併用しており、ここ最近はアタッカー4人を起用する攻撃的な[4-2-3-1]を採用している。ただ、トップ下のフェキル不在に加えて、格上との対戦となるため、より守備的な[3-4-3]への変更も想定される。また、デナイヤー、エンドンベレの起用の可否もシステム選択に影響を与えそうだ。 <div style="text-align:center;">◆バルセロナ◆ 【4-3-3】</div> ▽バルセロナ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:テア・シュテーゲン DF:ネウソン・セメド、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ MF:ラキティッチ、ブスケッツ、ビダル FW:メッシ、スアレス、デンベレ 負傷者:GKシレッセン、MFアルトゥール、ラフィーニャ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはラフィーニャ、シレッセン、アルトゥールが欠場となる。ただ、負傷明けで古巣対戦のユムティティは遠征メンバー入りを果たしている。 スタメンに関しては前述の11人を予想したが、右サイドバックはセルジ・ロベルト、インテリオールはアレーニャ、左ウイングはコウチーニョを起用する形も想定される。 ★注目選手 ◆リヨン:MFフセム・アワール<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>リヨンの注目プレーヤーは“フランスのイニエスタ”とも称されるアワールだ。昨季、ブレイクを果たしたアルジェリア系フランス人は、相手の重心の逆を突く巧みなドリブルや、創造性溢れるパスセンスに加え、球際でも身体を張れる万能型MF。マンチェスター・シティ相手に1勝1分けと奮闘した2試合では圧巻のパフォーマンスを披露し、バルセロナやチェルシーなどからの関心も集めている。 今回の一戦に向けてはセントラルMFあるいはトップ下での起用が見込まれるが、守備時は相手のパスの出どころとなるブスケッツやラキティッチへの徹底監視に、攻撃では守備から攻撃へのスムーズな切り替えからラストパスやフィニッシュの仕事が求められる。 ◆バルセロナ:MFウスマーヌ・デンベレ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>バルセロナの注目プレーヤーは戦列復帰したデンベレだ。加入2年目となった今季はピッチ外での素行不良が目立つ一方、ピッチ内では左右のウイングを主戦場に圧倒的な個人技と改善したコンビネーションプレー、勝負強いフィニッシュワークで存在感を放っている。とりわけ、ポジション争いのライバルであるコウチーニョ、マウコムのブラジル代表コンビが不調の中での戦列復帰はバルベルデ監督にとって頼もしい限りだ。 ドルトムント時代の2016-17シーズンのCLでモナコと対戦したものの、レンヌ時代以来のフランス本国凱旋となるこの一戦に向けてはサイドバックを固定し切れていない相手右サイドの攻略の切り札としての活躍が期待される。 2019.02.19 17:01 Tue
twitterfacebook
thumb

スアレスに不吉なデータ…CLアウェイ戦で1252日間ノーゴール

バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスの不吉なデータが紹介されている。スペイン『アス』が報じた。 1-0で辛勝した16日のリーガエスパニョーラ第24節バジャドリー戦で、キャリア通算700試合目の出場を果たしたスアレス。今シーズンもここまでの公式戦32試合で16ゴールを記録している。 バルセロナは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでリヨンとのアウェイ戦に臨む。最大の宿敵であるレアル・マドリーが3連覇を成し遂げているだけに、何としても奪還しなければならないタイトルだ。当然、最前線で構えるスアレスにも目に見える結果が要求される。 しかし、『アス』によると、スアレスは国際舞台でのアウェイ戦で長らく結果を残せていない。最後の得点は2015年9月16日に行われたCLグループステージ第1節のローマ戦にまで遡る。それ以来、実に3年半に渡り一度も敵地のネットを揺らすことが出来ておらず、日数にすれば1252日間だ。 アウェイ無得点期間中、2015-16シーズンから現在までのCLでの成績は、31試合11ゴール8アシスト。19日に控えるリヨン戦で悪いジンクスを破り、ここからアウェイでの得点数も積み上げていって欲しいところだ。 2019.02.19 16:15 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース