キャバイエがUAEのアル・ナスルへ移籍、契約期間は2年2018.07.04 04:32 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UAEのアル・ナスルは3日、クリスタル・パレスを退団していた元フランス代表MFヨアン・キャバイエ(32)を獲得したことを発表した。契約期間は2年間となっている。

▽リールでプロキャリアをスタートさせたプレーメーカーのキャバイエは、ニューカッスル、パリ・サンジェルマンを経て、2015年夏にクリスタル・パレスへ移籍。クリスタル・パレスでは在籍3年で公式戦109試合に出場して10ゴール6アシストを記録。2017-18シーズンはプレミアリーグで31試合に出場し、チームの残留に貢献していた。

▽フランス代表としては48試合に出場しているが、2016年7月以降招集されていない。

▽なお、アル・ナスルではクリスタル・パレス在籍時同様、背番号7を付けることが決まっている。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ、新スタジアムのこけら落としが4月3日のC・パレス戦に決定!

トッテナムの新スタジアムのこけら落としが4月3日に行われるプレミアリーグ第31節延期分のクリスタル・パレス戦に決定した。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 トッテナムは1899年から使用していたホワイト・ハート・レーンを2016-17シーズンを最後に取り壊し、6万2000人収容の新たなスタジアム建設へ着手。当初の予定では昨年8月に完成し同9月から公式戦を戦う予定になっていた。 しかし、「セキュリティー・システムに重大な欠陥が見つかった」として数回にわたって工期の延期が伝えられてきた。その後、今月8日には新スタジアムの開場時期が4月上旬になる見込みであることを発表していた。 その開催日に関してトッテナムとパレス、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの3者による話し合いが先週行われ、ブライトンがFAカップを勝ち上がった場合、4月3日に行われるプレミアリーグ31節延期分のパレス戦がこけら落としの一戦に。敗れた場合は4月7日に行われる33節のブライトン戦とすることで合意に至っていた。 そして、17日に行われたFAカップでブライトンがPK戦の末にミルウォールを破って準決勝進出を決めたことで、4月3日のパレス戦がこけら落としの一戦となることが決まった。 なお、正式開場に向けて今月24日と30日にテストイベントが開催される予定だ。24日のテストイベントでは、クラブの生え抜きで昨季限りで現役を引退した元イングランド代表MFのライアン・メイソン氏が率いるU-18チームがサウサンプトンのU-18チームと対戦する。 また、30日に行われる最終イベントではスパーズのレジェンドチームがインテルのレジェンドで構成される“インテル・フォーエバー”と対戦する。前者は3万人収容、後者は4万5000人収容の形で開催される。 2019.03.18 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

乾が古巣エイバル相手に恩返し弾! 2戦連続弾もチームは1-1のドロー《リーガエスパニョーラ》

アラベスは9日、リーガエスパニョーラ第27節でエイバルをホームに迎え、1-1で引き分けた。アラベスのMF乾貴士はフル出場している。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ヘタフェを2ポイント差で追う5位アラベスは、前節ビジャレアル戦で移籍後初ゴールを決め、チームの勝利に貢献した乾が5試合連続スタメンとなった。 昨季まで乾が3年間在籍していた10位エイバル(勝ち点34)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだアラベスは乾が右MFで先発となった。 堅守チーム同士らしい手堅い試合展開で立ち上がっていった中、最初の決定機はアラベス。16分、ロングボールを使った流れからボックス右に侵入したボルハ・バストンのクロスをカジェリがシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 さらに22分、CKの流れからボックス右でクロスを受けたカジェリがうまく前を向いてシュート。だが、わずかに枠の左に外れる。 その後もアラベスが押し気味に試合を進めると、39分にはボルハ・バストンがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせたが、ゴールを奪うには至らず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半開始2分、ジョルダンのヘディングシュートでゴールを脅かされたアラベスは、49分に乾がミドルシュートで牽制して流れを渡さずに試合を進めると、58分に乾が古巣相手にゴールを決める。 相手CKの流れからロングカウンターに転じると、ジョニーが持ち上がり右サイド高い位置でボールをキープしてスルーパス。これをボックス右で受けた乾がDFに対応されながらも、角度の厳しい位置からGKドミトロビッチの逆を突いてゴールに流し込んだ。 しかし、失点を受けて前がかってきたエイバルに71分、同点ゴールを奪われる。右サイドからのオレジャーナのクロスをカルドナに合わせられた。 その後も劣勢が続いたアラベスはグイデッティを投入して盛り返しにかかると、82分にピナのコントロールシュートで勝ち越しゴールに迫った。しかし、最終盤にかけてはゴールに迫れず、1-1でタイムアップ。乾が恩返し弾を決めたものの、勝ち点1を積み上げるに留まった。 2019.03.09 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、新進気鋭のワン=ビサカ獲得へ動き出す?

マンチェスター・ユナイテッドが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の獲得を画策しているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ユナイテッドでは現在、右サイドバックを務めるDFアシュリー・ヤングとDFアントニオ・バレンシアが共に33歳と、年齢による衰えを考慮し始めなければならない時期に差し掛かっている。さらに、今シーズンから加入したDFジオゴ・ダロトもインパクトを残す活躍が出来ていない。 そのためユナイテッドは右サイドバックの強化を熱望しており、ワン=ビサカをリストアップしたようだ。しかし、同選手にはアーセナルも獲得に興味を示しており、パレスは4000万ポンド(約60億円)付近の移籍金を要求しているという。 パレス下部組織出身のワン=ビサカは2018年2月に行われたトッテナムとのリーグ戦でトップチームデビュー。183cmの恵まれたサイズと高い身体能力に加え、驚異的なスプリント能力を併せ持つ右サイドバックは、ロイ・ホジソン監督の信頼を勝ち得ると、今シーズンはここまで公式戦28試合に出場するなど主力に定着している。 2019.03.01 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

リーグ戦11試合無敗のスールシャール監督、2得点のルカクを称賛「チャンスを見事に掴んだ」

マンチェスター・ユナイテッドは27日、プレミアリーグ第28節でクリスタル・パレスと対戦し、3-1で勝利した。オーレ・グンナー・スールシャール監督は2得点のベルギー代表FWロメル・ルカクを称賛するコメントを残している。イギリス『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>試合は、33分にルカクが先制点を決めると、52分にもルカクが追加点を記録。その後1点を返されるも、83分にアシュリー・ヤングがダメ押し弾を決めて、3-1でマンチェスター・Uが勝利した。リーグ戦の無敗記録を11に伸ばしたスールシャール監督は、ルカクを称賛した。<br><br>「彼は中央でプレーすることができた。みんなで作ったチャンスをしっかりと決めてくれたね。最前線でプレーするチャンスを得たら、2つの素晴らしいゴールを決めてくれた。彼に満足しているよ。とても高いクオリティを持ったフィニッシャーだ」<br><br>「彼と一緒に仕事ができていつも幸せだ。普段は(マーカス)ラッシュフォードがいるから左右のウイングでプレーすることが多いが、ラッシュフォードのケガで回ってきたチャンスを見事に掴んだね」<br><br>第28節終了時点で5位に位置するマンチェスター・Uは次節、3月2日に17位のサウサンプトンとホームで対戦する<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.01 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカク&ヤング弾でクリスタル・パレス撃破のユナイテッドがリーグ戦11試合負けなし!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは27日、プレミアリーグ第28節でクリスタル・パレスとアウェイで対戦し、3-1で勝利した。 3日前に行われたプレミアリーグ第27節のリバプール戦をゴールレスドローで終えたユナイテッドは、その一戦から先発を3人変更。リバプール戦で負傷したエレーラやマタ、ラッシュフォードに代えてサンチェス、フレッジ、ジオゴ・ダロトを先発で起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先にチャンスを迎えたのはユナイテッド。8分、ショーの左CKからゴール前に走り込んだルカクがボレーシュートを狙ったが、このシュートは枠の上に外れた。 膠着状態が続く中、ユナイテッドは33分に試合を動かす。中盤でボールを受けたショーが左サイドをドリブルで持ち上がると、ボックス左からラストパスを供給。これを受けたルカクはトラップで相手DFをかわし、素早く右足を振り抜くとシュートがゴール右に突き刺さった。 迎えた後半は立ち上がりからユナイテッドが押し込むと52分、ヤングの右CKをスモーリングが頭で折り返すと、これをリンデロフと頭で落とし、最後はゴール左に流れたボールに反応したルカクがジャンピングシュートで流し込んだ。 リードを広げられたクリスタル・パレスは、61分にマッカーサーを下げてマックス・マイヤーを投入。すると66分、敵陣での細かな繋ぎからボックス左深くまで切り込んだシュラップのクロスをファーサイドのウォードがダイビングヘッドで叩き込んだ。 1点を返されたユナイテッドは、77分にサンチェスを下げてラッシュフォードを、78分にジオゴ・ダロトを下げてバイリーを投入。すると83分、ルカクとのパス交換でカットインしたポグバのラストパスをボックス右で受けたヤングがゴールエリア右横まで切り込みシュート。これがゴールネットを揺らし、ユナイテッドが再びリードを広げた。 90分にプレミアデビューとなるガーナーを投入する余裕を見せたユナイテッドは、このまま3-1で試合をクローズ。ユナイテッドがリーグ戦11試合負けなしと好調を維持している。 2019.02.28 07:34 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース