ヴォルフスブルク、AZからオランダ代表FWベグホルストを獲得!「僕のステップアップとって正しい決断」2018.06.27 00:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクは26日、AZからオランダ代表FWワウト・ベグホルスト(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。

▽2012年に当時エールステ・ディヴィジ(オランダ2部)に所属していたエメンでプロデビューを飾ったベグホルストは、ヘラクレス・アルメロでのプレーを経て、2016年の夏にAZへ加入。

▽AZでは加入初年度からレギュラーとしてリーグ戦29試合に出場し、13ゴール4アシストをマークすると、シーズン途中に主将に就任した今季もリーグ戦31試合で18ゴール6アシストを記録した。

▽また、2018年3月に行われたイングランド代表との国際親善試合でオランダ代表デビューすると、ここまで3試合に出場している。

▽ベグホルストは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「AZでの時間はとても素晴らしいものでした。だけど、僕は次のステップへ踏み出した位と思ったんだ。いまは新たな挑戦が楽しみだよ」

「ブンデスリーガへの挑戦は、僕のステップアップとって正しい決断だと確信している。新たなチームメイトと新たな環境を学ぶことを今から楽しみにしているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

小林祐希にライバル出現? ヘーレンフェーンがAZからMFリエンストラを獲得…昨季はリーグ戦10ゴール

▽MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは15日、AZからオランダ人MFベン・リエンストラ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとのことだ。 ▽リエンストラは、アヤックスやAZの下部組織出身で、ヘラクレスやズヴォレ、ヴィレムⅡなどでプレーしていた。エールディビジでは221試合に出場し19ゴール14アシストを記録。2017-18シーズンはエールディビジで30試合に出場し10ゴール2アシストを記録していた。 ▽中盤のセンターを主戦場としており、ヴィレムⅡではゲームキャプテンも務めており、小林にとってはライバル出現となった。 2018.08.16 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

AZがPSVからアイスランド代表FWグズムンドソンを獲得

▽AZは14日、PSVからアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ▽グズムンドソンは、ヘーレンフェーンやPSVの下部組織で育ち、2017年7月にトップチームへ昇格。2017-18シーズンのエールディビジでは、9試合に出場し3アシストを記録していた。 ▽世代別のアイスランド代表を経験しているグズムンドソンは、2017年1月にA代表デビュー。ロシア・ワールドカップのメンバーにも選ばれ、グループステージ第3戦のクロアチア代表戦に途中出場していた。 2018.08.15 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季エールディビジ得点王のイラン代表FWヤハンバクフシュが推定移籍金25億円でブライトンへ移籍

▽ブライトンは25日、AZのイラン代表FWアリレザ・ヤハンバクフシュ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によると1700万ポンド(約24億8000万円)でクラブ記録とのことだ。 ▽2015年8月にNECからAZに移籍した右ウイングを主戦場とするアタッカーのヤハンバクフシュは、AZで公式戦111試合に出場して37ゴール31アシストを記録。2017-18シーズンはエールディビジで33試合に出場して21ゴール12アシストと大活躍し、得点王に輝いていた。 ▽また、イラン代表としては41試合に出場。ロシア・ワールドカップでは全3試合に出場していた。 ▽ヤハンバクフシュの獲得についてブライトンを率いるクリス・ヒュートン監督は次のようにコメントしている。 「アリは数年前から目を付けていたプレーヤーだった。複数のポジションでプレーできることは、チームにバリエーションをもたらすだろう。ワイドの他、中盤の中央でもプレーできる。彼と働けることを楽しみにしているよ」 2018.07.26 03:16 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安が1G1Aの活躍もフローニンヘンがAT被弾で痛恨の敗戦…《エールディビジ》

▽MF堂安律が所属するフローニンヘンは18日、エールディビジ第28節でAZと対戦し、2-3で敗戦した。堂安はフル出場し、83分に今季7点目を記録した。 ▽前節のズウォレ戦でリーグ9試合ぶりに白星を飾ったフローニンヘンが、連勝を目指した一戦。試合はゴールレスで迎えた53分にヨナス・スベンソンのゴールでAZが先制に成功すると、66分にフース・ティルが追加点を奪う。 ▽2点を追うフローニンヘンは70分、バイタルエリア右でボールを受けた堂安がダイアゴナルなドリブルで切り込むと、ゴール前へラストパス。これに反応したトム・ファン・ヴェールトがワンタッチで流し込み、反撃の狼煙を上げる。 ▽1点を返し勢いづくフローニンヘンは、83分に敵陣でハイプレスをかけボールを奪うと、リュドヴィート・レイスのパスを受けた堂安がペナルティアーク手前で相手マークを振り切ると、左足のコントロールショットでゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。 ▽終盤に差し掛かりこのまま試合終了かと思われたが、92分にフローニンヘンはセットプレーから一瞬の隙を突かれる。ウサマ・イドリッシの左CKをアリレザ・ジャハンバクシュにヘディングシュートを叩き込まれ、万事休す。堂安の1ゴール1アシストの活躍で一度は追いついたフローニンヘンだが、アディショナルタイム被弾でリーグ戦連勝はならなかった。 2018.03.18 23:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、来冬にAZのイラン代表アタッカーを補強か

▽ナポリが、AZアルクマールに所属するイラン代表FWアリレザ・ヤハンバクフシュ(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽現在セリエAで首位に立つナポリはここまで10勝2分けで無敗をキープ。1989-90シーズン以来のセリエA制覇に向けて絶好のスタートを切ったナポリは、1月の移籍市場で戦力拡大を画策しているようだ。そこでマウリツィオ・サッリ監督はFWホセ・カジェホンのバックアッパーとしてオランダのAZで輝きを放つヤハンバクフシュに注目したようだ。 ▽2015年にAZに加入したヤハンバクフシュは加入後すぐにレギュラーに定着すると、右ウイングを主戦場に、スピードとキレのあるドリブルで攻撃をけん引。今季もここまでエールディビジ10試合に出場し3ゴール6アシストを記録している。また、20歳でデビューしたイラン代表ではここまで30試合に出場している。 2017.11.08 04:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース