今夏の去就が注目されたグリーズマンがアトレティコ残留を明言! 「僕はアトレティコに留まることを決めた」2018.06.15 05:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)は14日、スペインの放送局『Cero』のミニドキュメンタリー『Movistar+』にて、来季もアトレティコ・マドリーに残留することを明言した。

▽2022年までアトレティコ・マドリーとの契約を残しているグリーズマン。だが、事前の報道でマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰される中で、今夏のバルセロナ移籍が有力的な情勢として、去就に注目が集まっていた。

▽以前からロシア・ワールドカップを目途に去就を決定すると明かしていたグリーズマンは、14日に自身のツイッターで「14日の21時15分(日本時間:15日4時15分)に自身の去就について語るビデオが公開される」と発表していた。

▽今回公開されたビデオでグリーズマンは、「僕はアトレティコに留まることを決めた。もう我慢することはない。僕はアトレティコに残留すると多くの人に伝えたいね」と、残留を明言した。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング: レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー《UEFAスーパーカップ》

▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが15日にエストニアで行われ、延長戦の末に2-4でアトレティコが勝利している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 5.0 防ぎようはなかったが、4失点 DF 2 カルバハル 5.0 さほど攻撃に出られず、4失点目に関与 5 ヴァラン 5.0 概ね安定していたが、痛恨のボールロストで決勝点献上 4 セルヒオ・ラモス 5.5 開始早々ジエゴ・コスタに出し抜かれたが、PKで一時同点弾を決めた 12 マルセロ 5.0 1つ好機演出も2失点目の対応は軽かった MF 14 カゼミロ 5.5 グリーズマンにプレースペースを与えなかった。後半終盤に負傷交代 (→ダニ・セバージョス 5.0) 中盤をコントロールできず 22 イスコ 5.5 トップ下でプレー。幅広く動いてボールによく関与も違いを生むには至らず (→L・バスケス 5.0) ボールに触れなかった 8 クロース 5.5 正確なパスでゲームメーク。CKがPKを誘った (→マジョラル -) FW 11 ベイル 6.0 好調を維持。スピードを生かして同点弾をアシスト 9 ベンゼマ 6.5 同点弾を決め、PK奪取にも関与 20 アセンシオ 5.5 個人技でシュートに持ち込む場面もあったが、ボールに絡む回数が少なかった (モドリッチ 5.5) 投入直後はよくボールに絡んだが、徐々に消える 監督 ロペテギ 5.5 内容は悪くなかっただけに2-1で逃げ切りたかった ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 13 オブラク 6.0 2失点も17分のアセンシオのヒールシュートを好守で防ぐ DF 20 フアンフラン 5.5 不用意なPK献上も2点目を演出 15 サビッチ 5.5 ベンゼマのマークを外して失点に関与もそれ以外は安定 2 ゴディン 6.0 鉄壁の守備を見せる 21 リュカ 5.5 ベイルにぶち抜かれて失点に関与。ただ、後半以降は持ち直した MF 11 レマル 6.0 コケとサイドを入れ替えながらドリブルでアクセントを付ける (→トーマス 6.0) ボール奪取からのショートカウンターが利いていた 14 ロドリゴ・エルナンデス 5.5 シンプルなボール捌きでリズムを作る (→ビトロ 6.0) 4点目をアシスト。攻め手に 8 サウール 6.5 クロースの監視役。守備に重点を置いていたが、決勝点をゲット 6 コケ 6.0 サイドでは守備に追われて良さが出なかったが、センターに移ってからはリズムを生みダメ押しゴール FW 19 ジエゴ・コスタ 7.0 開始50秒でのゴールなど全得点に絡む。戦う姿勢を全面に押し出して2ゴールの活躍 (→ホセ・ヒメネス -) 7 グリーズマン 5.0 まだまだ調整段階。守備に追われ、プレー機会が少なかった (→コレア 6.0) 持ち味の仕掛けを随所に見せ、アシストを決める 監督代行 ブルゴス 6.5 勝負強さを見せてレアル・マドリー撃破 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー) ▽2ゴールを決めて延長戦に持ち込み、3、4点目を演出。セルヒオ・ラモスとのスペイン代表マッチアップも激しかった。 レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(前27) セルヒオ・ラモス(後18[PK]) 【アトレティコ・マドリー】 ジエゴ・コスタ(前1) ジエゴ・コスタ(後34) サウール(延前8) コケ(延前14) 2018.08.16 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ躍動のアトレティコがレアル・マドリーとの延長戦を制して3度目の戴冠《UEFAスーパーカップ》

▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが15日にエストニアで行われ、延長戦の末に2-4でアトレティコが勝利している。 ▽チャンピオンズリーグ3連覇中のレアル・マドリーとヨーロッパリーグ王者のアトレティコによる一戦。 ▽週末にリーガエスパニョーラ開幕を控える中、ロペテギ新監督率いるレアル・マドリーはモドリッチがベンチスタート、GKクルトワがベンチ外となった以外は、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方のアトレティコはグリーズマンやジエゴ・コスタら主力がスタメンに名を連ね、新戦力のレマルとロドリゴ・エルナンデスが先発となった。 ▽試合は開始1分に動きを見せる。ゴディンのロングボールに反応したジエゴ・コスタがセルヒオ・ラモスとヴァランに競り勝ってボックス右に侵入。角度の厳しい位置から右足を振り抜き左サイドネットに突き刺した。 ▽出鼻を挫かれたレアル・マドリーが失点後、ボールを動かして押し込む流れが続くと17分、マルセロの左クロスからアセンシオのヒールシュートが枠に向かったが、GKオブラクのファインセーブに阻まれる。 ▽その後も [4-4-2]のフラットな3ラインを形成して構えるアトレティコに対し、レアル・マドリーが仕掛けていく展開で推移。すると27分、試合を振り出しに戻す。右サイドをベイルがスピードで抜け出して右足でクロスを送ると、ファーサイドに流れたベンゼマがヘッドで流し込んだ。 ▽さらに29分、ドリブルでボックス左まで持ち上がったアセンシオが右足シュートで逆転ゴールに迫ると、34分にはカウンターから好機を演出。ハーフタイムにかけてもレアル・マドリーが敵陣でポゼッションする展開が続いたが、チャンスは生めずに前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半、アトレティコが前がかる入りをした中、レアル・マドリーは57分にアセンシオに代えてモドリッチを投入。対するアトレティコはグリーズマンに代えてコレアを投入した。 ▽イスコを左ウイングに配す[4-3-3]としたレアル・マドリーは62分にPKを獲得する。クロースの右CKからファーサイドのベンゼマがボレーで合わせにかかったところで、フアンフランのハンドを誘った。このPKをセルヒオ・ラモスが決めてレアル・マドリーが逆転に成功した。 ▽失点を受けてアトレティコはロドリゴ・エルナンデスに代えてビトロを投入。攻撃色を強めると79分、アトレティコが同点に持ち込む。フアンフランがマルセロからボールを奪ってコレアへパス。ボックス右で仕掛けたコレアはゴールライン際から折り返し、最後はジエゴ・コスタが押し込んだ。 ▽後半終盤にかけてはこう着状態が続き、2-2のまま90分が終了。延長戦にもつれ込んだ。その延長戦はレアル・マドリーが押し込む展開が続いたが、同前半8分にアトレティコが勝ち越す。トーマスがヴァランからボールを奪ってボックス左に侵入すると、折り返したクロスをサウールがボレーで蹴り込んだ。 ▽勝ち越されたレアル・マドリーはクロースに代えてマジョラルを投入。しかし同14分、アトレティコが勝負を決定付ける。ジエゴ・コスタがカルバハルとの競り合いを制してボックス左に侵入。タメを作ってパスを送ると、ビトロがダイレクトで叩く。このパスをボックス中央に走り込んだコケがボレーで流し込んだ。 ▽延長後半、ジエゴ・コスタに代えてホセ・ヒメネスを投入したアトレティコがレアル・マドリーの攻撃を凌いで4-2のまま勝利。6年ぶり3度目のUEFAスーパーカップ戴冠となっている。 2018.08.16 06:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ゴディン、残留意向も契約延長報道を否定「どこからその話が出たのか…」

▽アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)が、契約延長報道を否定している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2010年のアトレティコ・マドリー加入以降、7個のタイトル獲得に貢献するゴディン。2011年から指揮を執るディエゴ・シメオネ監督の下で、欠かせない選手として絶対的な地位を築いているが、現行契約が残り1年となっており今夏の去就が取り沙汰されていた。 ▽そんな中、スペイン『マルカ』は先日、2021年までの契約延長が決定的になったと報道。噂されていたマンチェスター・ユナイテッド行きを断ったとも伝えられており、その後も新シーズンからキャプテンに昇格することが伝えられるなど、一転してクラブへの忠誠を示すような情報が多く飛び交うようになった。 ▽しかしながら、ゴディン本人は現時点で新契約を締結しているとの報道を以下のように否定している。 「オファーが来ているけど、個人的な理由で残留することに決めたよ。ファイナル(UEFAスーパーカップ)のことだけを考えている」 「だけど、契約は更新していない。ニュースを目にしたけど、どこからその話が出たのかは知らないよ」 ▽サインこそ交わしていないものの、残留は決心していると語ったゴディン。しかし、閉幕まで何が起こるか分からないのが移籍市場だ。クラブからの公式発表が引き続き待たれている。 2018.08.15 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマンにバロンドールを! シメオネが推す

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、クラブのエースが世界最高の栄誉に相応しいと賞賛している。スペイン『アス』が伝えた。 ▽昨シーズンも公式戦49試合29ゴール15アシストを記録し、アトレティコをけん引したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。6月中旬から7月中旬まで開催されたロシア・ワールドカップ(W杯)でも、全7試合4ゴール3アシストと輝かしい成績を収め、母国を優勝に導いた。 ▽8月15日に行われるUEFAスーパーカップ、レアル・マドリー戦前の記者会見に出席したシメオネ監督は、グリーズマンをバロンドールに推すとを語っている。 「バロンドールは、形作られなけらばならないと分かっている者によって決定される」 「だが、グリーズマンが有力な位置に居ることは明らかだ」 「フットボールは、誰も真実を手にしていないから素晴らしい。様々な方法で勝つことができる。ワールドカップで、私たちはまたしてもフランスの優勝を目にした。アトレティコに似た特徴を持っていたね」 「(スーパー杯に向け)重要なことは興奮と感情を持ってプレーすることだ。それで試合を決められる」 ▽アトレティコとフランス代表が似ていると語ったシメオネ監督。どちらもグリーズマンが中心的な役割を果たしていることは間違いなく、新シーズンの活躍にも目が離せない。 2018.08.15 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーの本命はケパじゃなかった⁉︎ 巨額オファーを拒否したGKとは

▽今夏にスペイン代表GKケパ・アリザバラガを獲得したチェルシーだが、どうやら本命は別にいたようだ。スペイン『マルカ』が『サンデー・タイムズ』の記事をもとに伝えている。 ▽レアル・マドリーに移籍したGKティボー・クルトワの後釜として、ビルバオから契約解除金8000万ユーロ(約1億円)を支払いケパを引き抜いたチェルシー。デビュー戦となった11日のプレミア開幕戦でスタメンに名を連ね、クリーンシートで勝利に貢献した新守護神だったが、どうやらクラブの本命はケパではなかったようだ。 ▽伝えられるところによると、チェルシーのトップターゲットはアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクだった模様。昨季公式戦49試合で34試合の無失点試合を達成した同選手を高く評価していたようで、チェルシー側もケパよりも高額なオブラクの契約解除金1億ユーロ(約130億円)を支払う意思を見せていたという。 ▽ところが、オブラク自信がこのオファーを拒否。2014年からプレーするアトレティコへの忠誠心を見せた。 ▽なお、オブラクに関しては、アトレティコが契約延長に動いているとの報道もあり、契約解除金は2億5000万ユーロ(約321億5000万円)にまで引き上げられることになりそうだ。 2018.08.15 13:54 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース