アウグスブルク、オーストリア代表DFヒンテレッガーの左足首手術実施を発表2018.06.15 01:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アウグスブルクは14日、オーストリア代表DFマルティン・ヒンテレッガーが手術を受けたことを発表した。

▽クラブの発表によると、ヒンテレッガーは以前から左足首の違和感に苦しんでいた模様。今回の手術では、左足首の関節にあるねずみ(遊離軟骨)の除去手術を実施したようだ。離脱期間は明かされていないが、新シーズンには間に合う見込みだという。

▽手術を受けたヒンテレッガーは、公式サイトで「医師によれば手術は上手くいったみたいだ。オフの間にトレーニングに復帰して、みんなとの新シーズンが迎えられると思っているよ」とコメント。

▽ザルツブルクの下部組織出身のヒンテレッガーは、卓越した戦術眼と高精度の左足のキックを兼ね備えたモダンなセンターバック。2016年の冬にザルツブルクからボルシアMGへレンタルで加入すると、同年8月にアウグスブルクへ完全移籍。

▽アウグスブルクでは在籍2シーズンで公式戦63試合に出場し3ゴールをマーク。また、2013年11月にデビューしたオーストリア代表では、これまで29キャップを数え、2ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

原口元気を逃したフォルトゥナ、宇佐美貴史の獲得に全力注入「可能な限りすべてをトライ」

フォルトゥナ・デュッセルドルフは、日本代表FW宇佐美貴史の完全移籍での獲得を諦めない。ドイツ紙『ビルト』が、同クラブのロベルト・シェーファーCEO(最高経営責任者)によるコメントを伝えた。<br><br>12日に、日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンからハノーファーへの移籍が正式に発表された。それにより、フォルトゥナはレンタルプレーヤーとして1部昇格に貢献した&ldquo;日本人両翼&rdquo;を新シーズンに向けて完全移籍で獲得する可能性が消滅。だがクラブは宇佐美に関しては依然として獲得を狙い続けているようだ。<br><br>シェーファーCEOは『ビルト』に対し、「タカシはデュッセルドルフをとても居心地良いと思っており、以前にも我々の下に残る希望だと語ってくれた」と言及。「アウクスブルクとの意見交換はずっと続けてきているし、タカシが新シーズンもフォルトゥナでプレーするにあたって、可能な限りすべてをトライしているよ」と所属元クラブと話し合いに入っていることを明かしている。<br><br>一方、これまでの報道によると、アウクスブルク側はロシア・ワールドカップに出場することで宇佐美の市場価値が向上することに期待している模様。大舞台で好パフォーマンスを見せれば、フォルトゥナにとって手が届かない存在になる可能性もあり、シェーファーCEOの心境は複雑かもしれない。<br><br> ▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう <br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた <br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介 <br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは? <br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ <br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.13 23:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ゲッツェ弟がバイエルンを退団! アウグスブルクが4年契約で獲得

▽アウグスブルクは6日、バイエルンからU-19ドイツ代表DFフェリックス・ゲッツェ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽2014年からバイエルンの下部組織へ所属したフェリックス・ゲッツェは、ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの弟。兄とは違いDFだが、バイエルンのU-17、U-19と順調にステップアップし、2016-17シーズンはU-19のカテゴリーでドイツ国内リーグ準優勝に貢献した。 ▽この活躍が認められ、2017年5月にバイエルンとプロ契約を締結。今シーズンはレギオナルリーガ・バイエルン(ドイツ4部相当)に所属するリザーブチームでリーグ戦19試合に出場し3ゴール1アシストをマークしていた。 ▽アウグスブルクへの移籍が決まったフェリックス・ゲッツェは、公式サイト上でコメントし、意気込みを語った。 「僕はアウグスブルクのことを常にチェックしていた。アウグスブルクは若手選手に信頼をおいて起用してくれるクラブだ。だから、今回の移籍は、僕が成長をするための正しいステップだと思っているよ」 2018.06.07 04:52 Thu
twitterfacebook
thumb

降格HSVのFWハーンが古巣アウグスブルクへ移籍

▽アウグスブルクは30日、ブンデス2部に降格したハンブルガーSVの元ドイツ代表FWアンドレ・ハーン(27)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽HSVでプロデビューを飾ったハーンは、スピードに優れるアタッカーで右ウイングやストライカーとしてプレー。2012年夏に移籍したアウグスブルクで公式戦51試合に出場して12ゴール14アシストを記録して頭角を現し、2017年夏にボルシアMGからHSVへ移籍。しかし、2017-18シーズンはブンデスリーガ23試合に出場して3ゴールに留まり、チームをクラブ史上初の降格から救うことはできなかった。 2018.05.30 23:50 Wed
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、ヘルタ・ベルリンからFWシーバーを完全移籍で獲得

▽アウグスブルクは22日、ヘルタ・ベルリンからFWジュリアン・シーバー(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となる。 ▽シュツットガルトの下部組織で育ったシーバーは2008年にコットブス戦でプロデビューを果たすと、2012年の夏にドルトムントへ移籍。しかし、ドルトムントではポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(現バイエルン所属)とのポジション争いに敗れ、出場機会に恵まれず、2014年の夏にヘルタ・ベルリンへ移籍。 ▽ヘルタ・ベルリンでは、加入初年度からレギュラーで活躍するも度重なるケガに泣かされ、在籍4シーズンで公式戦51試合に出場に留まった。今季は2度のケガに見舞われながらもブンデスリーガ16試合で7ゴールを記録していた。 ▽新シーズンからアウグスブルクでプレーすることが決定したシーバーは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「アウグスブルクが今後の目標達成のために僕を信頼し、3年契約を提示してくれたことがとても嬉しいね。僕はこれからもアウグスブルクがブンデスリーガで成功を続ける助けになりたいと思っているよ」 ▽なお、シーバーとヘルタ・ベルリンは、今シーズン限りで契約が満了を迎えるため、フリーでの移籍となる。 2018.05.23 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケが4季ぶりにCL出場権獲得《ブンデスリーガ》

▽シャルケは5日、ブンデスリーガ第33節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。この結果、最終節を前に4位以上を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。 ▽4位までに与えられるCL出場権獲得まであと1ポイントとしている2位シャルケ(勝ち点57)が、前節残留を決めた11位アウグスブルク(勝ち点41)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽アウグスブルクにボールを持たせる入りをしたシャルケは4分にピンチ。ケフラーが軽い対応でフィンボガソンにボックス右でボールを奪われシュートを打たれたが、左ポストに直撃して助かった。 ▽その後も慎重に試合を進めていたシャルケだったが、23分に先制する。FKの流れからボックス左のブルクシュタラーがボレーで狙ったボールがゴール前のケフラーのもとへ。ケフラーは意表を突くヒールシュートでゴール右に流し込んだ。 ▽しかし27分、クイックリスタートでマックスにボックス左のスペースを使われてシュートを決められ、試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽それでも34分、左CKからニアのケフラーが頭で合わせると、シュートがDFに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半もアウグスブルクにボールを持たせながら試合を進めるシャルケは、62分にカウンターからコノプリャンカがGKを強襲するシュートを浴びせて牽制。 ▽終盤にかけても危なげなく試合を運び、2-1で勝利。4シーズンぶりにCL出場権を獲得している。 2018.05.06 03:14 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース