“クロアチアサッカー界のガン”マミッチがボスニアで逮捕!2018.06.14 22:09 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽“クロアチアサッカー界のフィクサー”といわれた前ディナモ・ザグレブ会長のズドラフコ・マミッチ容疑者(58)が14日にボスニア・ヘルツェゴヴィナの警察によって逮捕された。フランス『レキップ』が伝えている。

▽クロアチアとボスニア・ヘルツェゴヴィナの二重国籍を持つマミッチは、代理人業を通じてクロアチアサッカー界に入り込むと、2003年にディナモ・ザグレブの会長に就任。ディナモ・ザグレブではクラブ経営に取り組む傍ら代理人業を継いだ息子を操り、多くの若手に違法な条件での契約を結ばせたこと。自身の息がかかった選手の移籍金を釣り上げるため、クロアチア代表の監督選考や選手選考にまで介入するなど、クロアチアサッカー界を牛耳った。

▽その後、2015年にはDFデヤン・ロブレン(現リバプール)のリヨン移籍、MFルカ・モドリッチ(現レアル・マドリー)移籍の際に「売却時の50パーセントの移籍金を選手側に分割する」との契約条項を盛り込ませ、選手側にはその受け取りを自身に譲渡するように脅しをかけた横領事件によって逮捕された。また、アーセナルやシャフタールで活躍したFWエドゥアルドに対して、生涯年俸の20パーセントを自身に手数料として支払うとの違法契約まで結ばせ、この一件でも逮捕されていた。

▽今月6日には前述のロブレンとモドリッチが絡んだ横領、脱税事件の裁判がクロアチアで行われ、マミッチには懲役6年半の判決が下されていたものの、マミッチは同裁判に出席しておらず、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに逃げていた。

▽だが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ警察はクロアチアからの要請に応える形でマミッチの身柄を確保し、クロアチアの検察に引き渡すようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

暴行にセクハラ、妻に夫殺害指示のトゥランにクラブが多額罰金 今後判決を待つ

▽イスタンブール・バシャクシェヒルが、所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に多額の罰金を科した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけ、喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を銃で撃ち殺すよう促したと報道されている。 ▽これに関して、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴。最大12年半の懲役刑が下される可能性もあると、伝えられていた。 ▽また、公的機関だけでなくこの件を重く受け止めているバシャクシェヒルもトゥランを罰することを決定。37万ユーロ(約4800万円)の罰金を科した。とはいえ、「この問題を正義の場(法廷)に移し、更なる決定と措置は保留する」、「判事が判決を命じるまで、プレーヤーはプロとしての責任を果たす」と声明を出し、裁判の判決を待った後、再び正式に処分するとしている。 2018.10.17 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

タイ洞窟救出の少年たちの前にイブラヒモビッチがサプライズ登場! 「俺より勇敢だ」

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、7月にタイの洞窟から救出された少年たちの下を訪れた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽タイ北部のタムルアン洞窟に18日間も閉じ込められ、奇跡的な救出をされた地元サッカーチーム『ムーパ』の少年たち。絶望的な状況から生還を遂げた勇気が世界中で称えられている。少年たちがサッカーチームに所属していたということもあり、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が『The Best FIFA Football Awards 2018』へ招待するなど、サッカー界も沸いた。 ▽『マルカ』が伝えるところでは、その少年たちが出演するTV番組にイブラヒモビッチがサプライズ登場。スーパースターの突然の来訪に、少年たちは歓喜した。 ▽イブラヒモビッチは、一連の救出劇について以下のように語っている。 「俺自身、勇気があると思ったんだが、この子供たちと(サッカー)チームは俺よりも勇敢だな」 「彼らは集団でチームワークを示し、他者の(差し伸べる)手を信じる忍耐力を有していた」 「たぶんこれが世界最高のチームだ」 2018.10.17 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

セクハラ、銃器不法所持、傷害…トルコ代表アルダ・トゥランに最大12年半の懲役刑の可能性

▽イスタンブール・バシャクシェヒルのトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に、最大12年半の懲役刑が科される可能性があるようだ。トルコ『Hurriyet』が伝えている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけたことから喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を撃ち殺すよう銃を促したと報道されている。 ▽これに関し、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴され、最大12年半の懲役刑が科される可能性があるという。なお、ベルカイ氏側にも、トゥランを侮辱した疑いがかけられており、最大2年間の懲役が科される可能性もあるようだ。 2018.10.16 00:16 Tue
twitterfacebook
thumb

「俺、プロじゃねーし!」 ウサイン・ボルトがドーピング検査要求に驚きと怒り

▽Aリーグのセントラルコースト・マリナーズでトライアルを受けているウサイン・ボルトが、オーストラリアのアンチドーピング機構(ASADA)からドーピング検査の通知を受けたことを明かした。ボルトが自身の公式『インスタグラム(@usainbolt)』で発表した。 ▽2017年に陸上競技短距離選手を引退後、プロフットボーラーへの転身を図るボルトは、現在セントラルコースト・マリナーズでトライアルを受けている。そして、12日に行われたサウスウエスト・ユナイテッドとのフレンドリーマッチでは、待望の初ゴールを含む2ゴールの大活躍でフットボール界にサプライズを提供した。 ▽そのボルトは14日、自身の『インスタグラム』でASADAからドーピング検査の通知を受けたことを通知書類の拡大画像と共に明かし、陸上選手でもなくプロフットボーラーでもない現在の自身が検査を受ける必要があるのかと問題提議している。 「ちょっと、これ(通知書類)を見てほしい。俺は陸上競技から引退して今はフットボーラーを目指している」 「それなのに今日、薬物検査を受ける必要はあるのか? 俺はまだプロフットボーラーでさえないのにね。真剣に困っちゃうぜ」 「だから、俺は係の女性に『まだ、クラブとも契約していない俺がなんで検査を受けないといけないんだ』って聞いたよ。そしたら彼女は俺がエリートアスリートだから検査を受ける必要があるって言ってきたよ」 ▽ボルトの意見はまさに正論と言えるが、ASADA側にも何某かの正当な理由があるのかもしれない。とりあえず、有名人は何かと煩わしいということだけは確かだ。 2018.10.15 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表に追い打ち…J・ボアテングも負傷離脱

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は14日、バイエルンに所属するDFジェローム・ボアテングの負傷離脱を発表した。 ▽J・ボアテングは、13日に行われたUEFAネーションズリーグのオランダ代表戦にフル出場。この試合でふくらはぎを痛めたという。 ▽ドイツ代表はそのオランダ代表戦で0-3の完敗。ロシア・ワールドカップの韓国代表戦を含む直近4試合中3試合で得点がない。 ▽故障離脱者も相次ぎ、苦しい戦いが続くドイツ代表。16日に行われる次戦、UEFAネーションズリーグでフランス代表と対戦する。 2018.10.15 09:25 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース