“クロアチアサッカー界のガン”マミッチがボスニアで逮捕!2018.06.14 22:09 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽“クロアチアサッカー界のフィクサー”といわれた前ディナモ・ザグレブ会長のズドラフコ・マミッチ容疑者(58)が14日にボスニア・ヘルツェゴヴィナの警察によって逮捕された。フランス『レキップ』が伝えている。

▽クロアチアとボスニア・ヘルツェゴヴィナの二重国籍を持つマミッチは、代理人業を通じてクロアチアサッカー界に入り込むと、2003年にディナモ・ザグレブの会長に就任。ディナモ・ザグレブではクラブ経営に取り組む傍ら代理人業を継いだ息子を操り、多くの若手に違法な条件での契約を結ばせたこと。自身の息がかかった選手の移籍金を釣り上げるため、クロアチア代表の監督選考や選手選考にまで介入するなど、クロアチアサッカー界を牛耳った。

▽その後、2015年にはDFデヤン・ロブレン(現リバプール)のリヨン移籍、MFルカ・モドリッチ(現レアル・マドリー)移籍の際に「売却時の50パーセントの移籍金を選手側に分割する」との契約条項を盛り込ませ、選手側にはその受け取りを自身に譲渡するように脅しをかけた横領事件によって逮捕された。また、アーセナルやシャフタールで活躍したFWエドゥアルドに対して、生涯年俸の20パーセントを自身に手数料として支払うとの違法契約まで結ばせ、この一件でも逮捕されていた。

▽今月6日には前述のロブレンとモドリッチが絡んだ横領、脱税事件の裁判がクロアチアで行われ、マミッチには懲役6年半の判決が下されていたものの、マミッチは同裁判に出席しておらず、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに逃げていた。

▽だが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ警察はクロアチアからの要請に応える形でマミッチの身柄を確保し、クロアチアの検察に引き渡すようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

鎌田大地&関根貴大が先発のシント=トロイデン、ゲンクとのダービーで逆転負け《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは18日、ジュピラー・プロ・リーグ第22節でゲンクとホームで対戦し、2-3で敗れた。 2019年のリーグ戦初戦となったゲンク戦。日本代表としてアジアカップに出場しているDF冨安健洋、MF遠藤航が欠場した一方で、MF鎌田大地、MF関根貴大が先発出場。また、DF小池裕太が加入後初のベンチ入りを果たした。 シント=トロイデンは4-2-3-1のシステムで、鎌田はトップ下に、関根は左サイドに入りプレー。ゲンクとのダービーに臨んだ。 試合はゲンクサポーターの発煙筒が焚かれる中スタート。立ち上がり、鎌田が相手最終ラインにプレスをかけると、バックパスをGKが手でキャッチ。これで間接FKを得ると2分、味方が出したボールを鎌田がシュート。これが相手選手に当たると、ボタカがこぼれ球を詰めて、シント=トロイデンが先制する。 4分には鎌田のパスを受けた関根が右サイドからクロス。これをボリがシュートするも、相手DFにブロックされてしまう。 迎えた29分、鎌田がドリブルを仕掛けると相手が中盤でカット。そこからのスルーパスが通ると、抜け出したサマッタがGKもかわして冷静に流し込み、ゲンクが同点に追いつく。 1-1で前半を終了し迎えた後半、ゲンクが攻め込む展開が続くもGKステッペの活躍でシント=トロイデンはなんとか失点を免れる。すると69分、前線でボールをキープしたボリが倒され、ボックス手前でFKを獲得。これをボリが壁の下を抜くグラウンダーのシュートを沈め、シント=トロイデンが勝ち越しに成功する。 ホームでダービーの勝利を収めたいシント=トロイデンだったが、75分にカウンターから最後はスルーパスに抜け出したトロサードにボックス内左から決められ同点に。81分にもスルーパスがトロサードに通ると、中央への折り返しをムドンガラが押し込んでゲンクが逆転。 シント=トロイデンはその後に反撃することができず、試合が終了。2-3で逆転負けを喫してしまった。なお、鎌田はフル出場、関根は84分までプレー。小池は出場機会がなかった。 シント=トロイデンは、26日の28時から、アウェイでセルクル・ブルージュと対戦。2018年夏に鹿島アントラーズから加入したDF植田直通との対決も注目が集まる。 シント=トロイデン 2-3 ゲンク 【シント=トロイデン】 ボタカ(前2) ボリ(後26) 【ゲンク】 サマッタ(前29) トロサード(後30) ムドンガラ(後36) 2019.01.19 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「スタメンをとって、試合に出て、点を獲りたい」シント=トロイデン6人目の日本人選手となったFW木下康介が意気込み

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンは17日、スウェーデンのハルムスタッズBKからFW木下康介(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 横浜FCユース出身の木下は、2013年にフライブルクのU-19チームへ入団。その後、ドイツのホンブルクを経て、2016年にハルムスタッズへと移籍。55試合で16ゴールを記録していた。 シント=トロイデンに移籍加入した木下は「チームのみんなが明るく、ウェルカムで初日から迎えてくれました。日本人選手もいてやりやすい部分もあると思いますし、すぐに溶け込めるかなと思っています」とコメント。また、ベルギーリーグについても「最近ベルギーリーグは日本人選手の活躍も話題ですし、ベルギー代表も強く、いい選手が揃っているという印象です。まずはスタメンをとって、試合に出て、点を獲りたいと思っています。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。 また、チームの立石敬之CEOは「全日本ユース選手権では2年連続得点王を獲った将来を嘱望された選手です。横浜FCユースからJリーグを経ずに海外に挑戦した経歴を持つ、アグレッシブなマインドの持ち主でもあります」と木下についてコメント。「ケガに悩まされた時期もありますが、持ち前の能力、タフネスを生かしてほしいと願っています。いよいよリーグ後半戦が再開します。PO1進出を目指して、新しく入ったメンバーとともにさらに挑戦し続けますので、応援よろしくお願いします」と、後半戦でのチームの飛躍に期待を語った。 シント=トロイデンは日本代表としてアジアカップに参加しているDF冨安健洋やMF遠藤航の他、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF小池裕太が所属。木下は6人目の日本人選手となった。 リーグ再開となる第22節のゲンク戦は、1月18日(土)の28時30分にキックオフを迎える。 2019.01.18 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ガラタサライの長友佑都、航空会社『ターキッシュ エアラインズ』とスポンサー契約!

航空会社『ターキッシュ エアラインズ(Turkish Airlines)』は17日、ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都と1年間のスポンサー契約を2018年12月1日に締結したことを発表した。 長友は今後、2018年4月にスポンサー契約を結んだプロゴルファーの谷原秀人選手と共に、ターキッシュ エアラインズのアンバサダーとして活動していく。 1933年にトルコのフラッグキャリアとして設立されたターキッシュ エアラインズ。現在330機(乗客用と貨物用)を所有しており、世界124ヶ国306都市、国際線258路線、国内線51路線の広範囲なネットワークで世界一の就航国数を誇っている。 ターキッシュ エアラインズはこれまでにも、国際的なトーナメントやワールドクラスのチームのスポンサーとして支援をしてきた。サッカーでは、2010年にバルセロナ、マンチェスターユナイテッド、2016年にはヨーロッパリーグのスポンサーを務めた過去がある。 アンバサダーを務めることが決定した長友は、就任にあたって以下のようにコメントしている。 「このたびターキッシュ エアラインズ専属アンバサダーのお話をいただき大変嬉しく思っております。世界を転戦するときには移動が大切になりますが、世界一の就航国数および海外就航都市数を誇るターキッシュ エアラインズのサポートをいただけることを大変心強く思います」 また、ターキッシュ エアラインズ上席副社長のセダ・カリヨンジュ氏(コーポレートコミュニーケーション担当)は、以下のようにコメントしている。 「ターキッシュ エアラインズは、言語や文化の壁を越え、スポーツ、アートそしてエンターテインメントを通じて世界中の人々と交流を図っていきたいという思いから、さまざまな活動をスポンサーとして支援してまいりました。今年、プロゴルファーの谷原秀人選手に続き、サッカーのスター選手である長友選手を支援できることを大変喜ばしく思います。2019年は、ターキッシュ エアラインズが日本に就航を開始して30周年と節目の年でもあり、日本のお客様とさらなる関係を築きあげていきたいと思います」 2019.01.17 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

元U-19日本代表FW木下康介、シント=トロイデン入り目前か 横浜FCユース時代にはシティからオファー

シント=トロイデンが元U-19日本代表FW木下康介(24)の獲得に迫っているようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えている。 木下は横浜FC下部組織出身。同クラブ在籍時には、自ら入団テストを打診したマンチェスター・シティからオファーを受けたが、2013年にフライブルクU-19への移籍を決断した。その後、トップに上がることはできなかったが、ドイツ4部リーグのホンブルクを経て、2017年にスウェーデン1部のハムスタッズBKに入団。同年にチームは2部に降格したが、木下は昨シーズン公式戦34試合15ゴール3アシストを記録した。 今回伝えられるところによると、ベルギーのシント=トロイデンが木下の獲得が決定的になっている模様。15日に現地に到着し、16日にメディカルチェックを受けるようだ。 日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するシント=トロイデンには現在、DF遠藤航、DF冨安健洋、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍。木下が加入することになれば、6人目の日本人選手となる。 2019.01.16 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

MLSに27番目の新クラブ誕生! オースティンFC、2021年から参入

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)は15日、オースティンFCが設立され、2021シーズンから27番目のクラブとして参入することを発表した。 オースティンFCの本拠地はテキサス州のオースティン。同州にはすでにFCダラスとヒューストン・ダイナモがあり、オースティンFCは3つ目のクラブとなるが、オースティンでは主要プロスポーツリーグで初のプロチームになる。 クラブは今年から新スタジアムの建設を開始。予算は2億2500万ドル(約243億円)で、2万人収容のスタジアムになるという。 2019.01.16 11:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース