“クロアチアサッカー界のガン”マミッチがボスニアで逮捕!2018.06.14 22:09 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽“クロアチアサッカー界のフィクサー”といわれた前ディナモ・ザグレブ会長のズドラフコ・マミッチ容疑者(58)が14日にボスニア・ヘルツェゴヴィナの警察によって逮捕された。フランス『レキップ』が伝えている。

▽クロアチアとボスニア・ヘルツェゴヴィナの二重国籍を持つマミッチは、代理人業を通じてクロアチアサッカー界に入り込むと、2003年にディナモ・ザグレブの会長に就任。ディナモ・ザグレブではクラブ経営に取り組む傍ら代理人業を継いだ息子を操り、多くの若手に違法な条件での契約を結ばせたこと。自身の息がかかった選手の移籍金を釣り上げるため、クロアチア代表の監督選考や選手選考にまで介入するなど、クロアチアサッカー界を牛耳った。

▽その後、2015年にはDFデヤン・ロブレン(現リバプール)のリヨン移籍、MFルカ・モドリッチ(現レアル・マドリー)移籍の際に「売却時の50パーセントの移籍金を選手側に分割する」との契約条項を盛り込ませ、選手側にはその受け取りを自身に譲渡するように脅しをかけた横領事件によって逮捕された。また、アーセナルやシャフタールで活躍したFWエドゥアルドに対して、生涯年俸の20パーセントを自身に手数料として支払うとの違法契約まで結ばせ、この一件でも逮捕されていた。

▽今月6日には前述のロブレンとモドリッチが絡んだ横領、脱税事件の裁判がクロアチアで行われ、マミッチには懲役6年半の判決が下されていたものの、マミッチは同裁判に出席しておらず、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに逃げていた。

▽だが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ警察はクロアチアからの要請に応える形でマミッチの身柄を確保し、クロアチアの検察に引き渡すようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバの双子の兄の1人マティアスがドイツ3部のトライアル参加! 元ドイツ代表MFグロスクロイツと同僚に?

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバの双子の兄の1人として知られるギニア代表FWマティアス・ポグバ(27)がブンデスリーガ3部のユルディンゲンのトライアルに参加していたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽世界屈指のMFポール・ポグバを弟に持つマティアスは194cmの巨漢FW。双子の兄弟でギニア代表DFのフロランタンと共にセルタの下部組織に在籍したものの、以降はフランス4部のカンペールやイングランドのレクサム、クルー・アレクサンドラ、クローリー・タウン、セリエBのペスカーラといった各国の下部リーグを渡り歩き、直近はオランダのスパルタ・ロッテルダムに在籍も、昨夏にクラブとの契約を解消して以降、1年近くフリーの状況が続きロシア・ワールドカップでは母とフロランタンと共に弟の優勝を見届けていた。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、今回マティアスは新シーズンからドイツ3部に昇格するユルディンゲンのトライアルに参加したという。現時点で合否は不明だが、仮に正式契約にこぎ着けた場合は一足早く加入が決定した、かつてドルトムントで活躍した元ドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツのチームメートになるようだ。 2018.08.15 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

メルボルン・ビクトリーCEO、本田圭佑のカンボジア代表GM就任は問題なし!

▽メルボルン・ビクトリーのCEOは、新加入FW本田圭佑のカンボジア代表ゼネラルマネージャー(GM)就任が問題ないことを明かした。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽6日にメルボルン・ビクトリー加入が正式決定した本田は先日、自身のインスタグラムでカンボジアに滞在中であり、近々ビッグニュースを届けることを予告。そして、12日、カンボジアサッカー連盟(FFC)の幹部と共にプレスカンファレンスに姿を見せ、GM就任を発表した。 ▽これにより、本田は今後、メルボルン・ビクトリーで現役を続け、オーバーエイジ枠で2020年の東京オリンピック出場を狙う傍ら、カンボジアサッカー界の強化にも取り組んでいくこととなった。 ▽メルボルン・ビクトリーのCEOを務めるトレント・ジェイコブス氏は、本田の衝撃の決断にも問題がないと考えているようだ。獲得に向けた交渉の中でもカンボジア代表のGM就任について話をしていたことを明かした上で、以下のようにコメントしている。 「彼は完璧なプロフェッショナルであることは、我々が彼を知るために費やしてきた時間の中で証明されている。そして、最優先事項がメルボルン・ビクトリーの成功に貢献することだと話してくれた。本当に野心的な人間だ」 2018.08.15 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、ロシアW杯終了後現役引退を検討していた?

▽メルボルン・ビクトリーへの加入が決定した日本代表FW本田圭佑は、ロシア・ワールドカップ終了後に現役引退を考えていたようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽昨シーズン限りでパチューカを退団した本田は6日、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリー加入が正式決定。オーストラリアサッカー連盟(FFA)とFOX Sports』のサポートによるリーグ規定の年俸制限がないマーキープレーヤーとして加わり、年俸290万ドル(約3億2000万円)を受給する模様だ。 ▽新天地としてオーストラリアを選択した本田だが、ロシアW杯終了後に現役引退を考えていたことを明言。メルボルン・ビクトリーのオファーがその考えを改めるきっかけになったことを明かした。 「キャリアの中で新しい挑戦ができることをとてもうれしく思う」 「ワールドカップ終了後に引退を考えていた。しかし、メルボルン・ビクトリーからのオファーが僕の考えを変えた。ケビン・マスカットに触発されたよ」 2018.08.15 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

中島フル出場もポルティモネンセ黒星スタート《プリメイラ・リーガ》

▽ポルティモネンセは13日、プリメイラ・リーガ第1節でボアヴィスタとのホーム戦に臨み、0-2で敗れた。ポルティモネンセのMF中島翔哉はフル出場している。 ▽昨季10ゴール12アシストの大活躍を見せた中島はロシア・ワールドカップでまさかの選外となった中、[3-4-3]の左ウイングで開幕スタメンとなった。 ▽互角の攻防で立ち上がった中、28分にボックス左に侵入した中島がシュートを浴びせるも、DFにブロックされる。その後も主導権争いが続いた中、38分に中島が決定機を演出。DF2人を交わして左サイドからクロスを上げ、味方の際どいヘディングシュートをお膳立てした。 ▽しかし後半開始2分、シモンにミドルシュートを叩き込まれて先制を許してしまう。前がかるポルティモネンセは69分、PKを獲得。ところが、キッカーのタバタはシュートを右ポストに当てて失敗してしまう。結局、後半は中島を筆頭にチャンスを作れなかったポルティモネンセは追加タイムにも失点して0-2で敗戦。黒星スタートとなっている。 2018.08.14 06:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェラード・レンジャーズがホームで今季リーグ戦初勝利を飾る!《スコティッシュ・プレミアシップ》

▽レンジャーズは12日、スコティッシュ・プレミアシップ第2節でセント・ミレンと対戦し、2-0で勝利した。 ▽5日に行われたリーグ開幕戦のアバディーン戦を1-1の引き分けに終わったレンジャーズが、昇格組のセント・ミレンを本拠地アイブロックス・スタジアムに迎えた一戦。10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦1stレグのマリボル戦を3-1で完勝したレンジャーズは、その試合からスタメンを3人変更して試合に臨んだ。 ▽試合が動いたのは14分、レンジャーズは敵陣でのボール奪取からロストボールをマーフィーがワンタッチでボックス内に送ると、これに反応したモレロスがボックス右からシュートを流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくレンジャーズは、24分にもバリシッチのFKをゴール前のゴールドソンがヘディングで叩き込み、追加点。その後、34分にレッドカードを受けたモレロスが一発退場となり、数的不利となったレンジャーズだが、試合の主導権は譲らず。 ▽後半に入っても安定したゲーム運びを披露するレンジャーズは、追加点こそ奪えなかったがセント・ミレンの枠内シュートを1本に抑え、リーグ戦のホーム初陣で今季リーグ初勝利を飾った。 2018.08.13 04:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース