フィオレンティーナがU-21スロバキア代表DFを獲得!2018.06.14 21:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フィオレンティーナは14日、スロバキアのジリナからU-21スロバキア代表DFダビド・ハンコ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。同選手は数日以内にメディカルチェックを受診後、2023年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。

▽ジリナの下部組織出身のハンコは2016年にトップチームデビュー。188cmの恵まれたサイズと高精度の左足を武器に攻守両面で貢献できるモダンなセンターバックは、今季の公式戦32試合に出場し4ゴール4アシストの数字を残していた。

▽なお、ジリナからセリエAへの移籍ではスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルがジリナからサンプドリアに移籍し、そこからインテルにステップアップを果たしており、ハンコも3歳上の同胞と同じキャリアを歩むことが期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

ピョンテクのミラン行き迫るジェノア、サナブリア&ピアツァ獲得へ

ポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)のミラン移籍が濃厚と報じられるジェノアは、その後釜として2人のアタッカー獲得に動いているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 現在、ジェノアでは今季からの加入でチームトップの13ゴールを挙げているピョンテクが、チェルシー行き迫るアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)の後釜としてミランに移籍金3500万ユーロ(約44億円)で加入することが決定的となっている。 そして、チームの重要な得点源を埋めるためすでにクラブは2人のアタッカーの獲得に動いているようだ。 『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、ジェノアはベティスのパラグアイ代表FWアントニオ・サナブリア(22)の獲得に迫っているという。 今季の公式戦22試合に出場し5ゴールを挙げているサナブリアに関しては25日にメディカルチェックを受診する予定だという。また、移籍形態に関しては2020年6月までの1年半のレンタル移籍となり、レンタル期間終了後に2000万ユーロ(約25億円)での買い取りオプションが付くようだ。 また、ジェノアはサナブリアのオペレーションと並行してユベントスからフィオレンティーナにレンタル移籍中のクロアチア代表FWマルコ・ピアツァ(23)の獲得交渉も行っているようだ。 今季、出場機会を求めてフィオレンティーナに加入したピアツァは背番号10を与えられているものの、ここまでリーグ戦16試合でわずかに1ゴールとフィレンツェの地で苦闘している。 2019.01.23 15:39 Wed
twitterfacebook
thumb

エンポリ、ヴィオラからU-21ポーランド代表GKをレンタルで獲得!

エンポリは22日、フィオレンティーナからU-21ポーランド代表GKバルトロミエ・ドラゴウスキ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のヤギエロニア・ビャウィストクで2014年にトップチームデビューを飾ったドラゴウスキは、2シーズンに渡って正GKを務めた後に2016年にフィオレンティーナに5年契約で加入。 フィオレンティーナでは第2GKとしてここまで通算9試合に出場。今季はセリエA3試合に出場していたが、出場機会を求めてエンポリに武者修行に出ることになった。 2019.01.23 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがエンポリからU-20コートジボワール代表MFを獲得…今季はレンタルでエンポリでのプレーを継続

フィオレンティーナは15日、エンポリからU-20コートジボワール代表MFハメド・トラオレ(18)を完全移籍で獲得した。 契約期間は2023年6月30日までとなるが、今シーズンはレンタル移籍でエンポリに残りプレーを続ける。 2015年にエンポリのプリマヴェーラに入団したハメド・トラオレは、2017年10月にトップチームデビューを飾ると、昨シーズンはセリエBで10試合に出場。今季もここまでセリエAで16試合に出場していた。 2019.01.16 01:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のミレンコビッチにシティも興味…"マンチェスター・ダービー"勃発か

マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えた。 ミレンコビッチは、身長195cmの長身ながらスピードやボール扱いにも定評のあるセンターバック。2017年に加入したフィオレンティーナでは今シーズンからポジションを獲得し、本職はセンターバックながら右サイドバックのレギュラーとしてここまでセリエA 18試合に出場している。 そんなミレンコビッチに関しては、ユナイテッドが獲得に興味を示していると以前から各紙が報道。今回の『フットボール・イタリア』は、シティもミレンコビッチに注目していることを伝えており、“マンチェスター・ダービー”が勃発する可能性が浮上している。また、両チーム共に5000万ユーロ(約63億円)付近の移籍金を準備しているという。 また、ミレンコビッチを巡っては、アトレティコ・マドリーも今夏の獲得に向けて4000万ユーロ(約49億円)のオファーを画策しているという噂が、これまでも囁かれていた。 2019.01.05 22:21 Sat
twitterfacebook
thumb

リュカ放出危機のアトレティコ、大型DFのミレンコビッチに関心か

アトレティコ・マドリーが、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)に関心を寄せているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 報道によれば、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(22)のバイエルンに移籍が囁かれているアトレティコ。『ムンド・デポルティボ』が今回伝えるところでは、放出が濃厚と考えられるリュカの後釜として、ミレンコビッチへの関心を強めているようだ。 ミレンコビッチを巡ってはユベントスやマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムらも獲得に興味を示している模様。フィオレンティーナは2022年まで契約を残すミレンコビッチの移籍金を5000万ユーロ(約62億円)に設定し抗戦する構えのようだ。 ミレンコビッチは、身長195cmの長身ながらスピードやボール扱いにも定評のあるセンターバック。2017年に加入したフィオレンティーナでは今シーズンからポジションを獲得。本職はセンターバックながら今季は右サイドバックのレギュラーを務めておりここまでセリエA 18試合に出場している。 2019.01.02 20:17 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース