フィオレンティーナがU-21スロバキア代表DFを獲得!2018.06.14 21:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フィオレンティーナは14日、スロバキアのジリナからU-21スロバキア代表DFダビド・ハンコ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。同選手は数日以内にメディカルチェックを受診後、2023年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。

▽ジリナの下部組織出身のハンコは2016年にトップチームデビュー。188cmの恵まれたサイズと高精度の左足を武器に攻守両面で貢献できるモダンなセンターバックは、今季の公式戦32試合に出場し4ゴール4アシストの数字を残していた。

▽なお、ジリナからセリエAへの移籍ではスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルがジリナからサンプドリアに移籍し、そこからインテルにステップアップを果たしており、ハンコも3歳上の同胞と同じキャリアを歩むことが期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

インモービレ弾もラツィオ、逃げ切れずフィオレンティーナにドロー《セリエA》

ラツィオは10日、セリエA第27節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節ローマとのダービーを快勝してチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに留まった6位ラツィオ(勝ち点41)は、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、L・アルベルトら現状のベストメンバーが並んだ。 10位フィオレンティーナ(勝ち点36)に対し、受けに回る入りとなったラツィオは、21分に決定機。ミリンコビッチ=サビッチのダイレクトパスを受けたボックス中央のインモービレがシュート。しかし、GKテラッチアーノにセーブされたボールは右ポストに直撃した。 それでも23分、ラツィオが先制する。コレアとのパス交換からボックス手前左のインモービレがゴール右にミドルシュートを流し込んだ。 その後もカウンターで揺さぶるラツィオは30分、ミリンコビッチ=サビッチのミドルシュートでGKを強襲。36分に足を負傷したキエーザがプレー続行不可能となってシメオネを投入したフィオレンティーナに対し、39分にコレアがGKを強襲するシュートを浴びせたラツィオが主導権を渡さない。 続く44分にもインモービレがGKを強襲するシュートを放ったラツィオが1点のリードで迎えた後半、引き続き守備ブロックを形成しながらカウンターを狙っていく。 しかし61分、後半から投入されていたミララスに右サイドを突破されると、ニアサイドのムリエルに合わせられ、ネットを揺らされた。 続く64分にもシメオネの左クロスからミララスが決定的なシュートを浴びせたフィオレンティーナは、72分にはドリブルでボックス内に侵入したシメオネが倒されるも、ノーファウルの判定となった。 ひやりとしたラツィオは、77分にもシメオネに際どいヘディングシュートを浴びると、終盤にかけてもチャンスを生み出せずに1-1のドロー。後半に失速して引き分け止まりとなったラツィオは、4位インテルとは5ポイント差に広がった。 2019.03.11 06:25 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナとのコッパ・イタリアの再戦を制したアタランタが6位浮上《セリエA》

セリエA第26節、アタランタvsフィオレンティーナが3日に行われ、3-1でアタランタが快勝した。 4日前に行われ、3-3と打ち合ったコッパ・イタリア準決勝1stレグと同カードとなった8位アタランタ(勝ち点38)と9位フィオレンティーナ(勝ち点36)の一戦。 試合は3分に動く。デ・ルーンのミスパスをカットしたムリエルがボックス左に侵入して左足でゴール右隅にシュートを蹴り込み、フィオレンティーナが先制した。 13分には昨年急逝した元イタリア代表DFアストーリを悼む拍手が1分間行われた中、アタランタが押し込む時間が続くと、20分にA・ゴメスがGKラフォンを強襲するシュートを浴びせた。 そして28分、アタランタが同点に追いつく。クイックリスタートからボックス右にドリブルで侵入したイリチッチが右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれた。 追い付かれたフィオレンティーナは31分に決定機。ボックス左深くまで侵入したシメオネのクロスをファーサイドのローリーニがシュート。だが、GKにセーブされた。 すると34分、アタランタが逆転に成功する。自陣ハーフラインでパスを受けたA・ゴメスがターンしてドリブルを開始。ペナルティアーク中央まで持ち運んでミドルシュートを叩き込んだ。ハーフタイムにかけてもアタランタが攻勢に出た中、コッパ・イタリア同様に打ち合いの様相となった前半は2-1で終えた。 迎えた後半、フィオレンティーナが前がかる展開となった中、アタランタは58分にイリチッチが直接FKで牽制。すると59分、3点目が生まれる。イリチッチのヒールパスをボックス右深くで受けたカスターニュのクロスをファーサイドのゴセンズがヘッドで押し込んだ。 2点を追う展開となったフィオレンティーナは66分、キエーザのミドルシュートがバーを直撃。運にも見放されると、終盤にかけては自陣に引いたアタランタが余裕を持って時間を消化。 3-1でコッパ・イタリアの再戦を制したアタランタがラツィオに勝ち点で並び、6位に浮上している。 2019.03.04 03:54 Mon
twitterfacebook
thumb

アストーリの死去から1年…セリエA今節全試合で追悼 リーグ公式が発表

セリエAは2月28日、3月1日から3日にかけて行われる同リーグ第26節で今週末に一周忌を迎えるフィオレンティーナの元イタリア代表DFダビデ・アストーリ(享年31歳)に追悼の意を表することを発表した。リーグ公式サイトで伝えている。 かつてフィオレンティーナの主将を務めていたアストーリ。しかし、昨年3月4日、ウディネーゼとのアウェイゲームに向けて遠征メンバーに帯同した中、宿泊先のホテルで突発性の病気にかかり、亡くなった。当時、当日に開催予定だったセリエAの全試合が延期になるなど、フットボール界に衝撃を与えた。 アストーリの死去からまもなく1年。セリエAの発表によると、今節の全試合でアストーリが着用していた背番号「13」にちなみ、13分に全試合会場のスクリーンに同選手の写真が13秒間映し出し、拍手を送るという。 なお、9位・フィオレンティーナ(勝ち点36)は、3日に8位・アタランタ(勝ち点38)とアウェイで対戦する。 2019.03.01 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、ヴィオラの逸材FWに88億円を用意か

レアル・マドリーが、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(21)獲得に向けオファーを準備しているようだ。スペイン方面の情報をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 フィオレンティーナ下部組織出身のキエーザは、爆発的なスピードに加え、足下の技術にも優れている右ウイングを主戦場とするドリブラーだ。2016-17シーズン開幕前にトップチーム昇格を果たすと、開幕戦からいきなりスタメンを奪取。以降、チームの攻撃を牽引し、今シーズンは公式戦ここまで27試合で5ゴール7アシストを記録している。 イタリア代表としても活躍する逸材に対しては、レアル・マドリーを始め、ナポリやインテル、ユベントス、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティなどのビッククラブが挙って興味を示している。 今回伝えられるところによると、若手獲得にプライオリティーを置くことを明言しているレアル・マドリーのフロンティーノ・ペレス会長は、キエーザ獲得に向け移籍金7000万ユーロ(約88億円)を提示する準備が出来ているという。 2019.02.27 17:19 Wed
twitterfacebook
thumb

ジュゼッペ・ロッシ、LAギャラクシー加入へ

元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(32)が、ロサンゼルス・ギャラクシー移籍に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事をもとに伝えている。 ビジャレアルやフィオレンティーナで活躍したストライカーのロッシは、度重なる大ケガを乗り越え、2017年12月にジェノアにフリーで加入。昨季はセリエAで9試合に出場し1ゴールを記録したが、シーズン終了後にジェノアを退団。その後は無所属の状態が続いている。 そんなロッシに手を差し伸べたのが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチも所属するLAギャラクシーだ。伝えられるところによると、すでに両者は話し合いを進めており、正式契約一歩手前まで迫っているという。 元イタリア代表のロッシだが、ルーツはアメリカにある。ニュージャージー州で生まれ育ち、4歳の頃、父の影響でサッカーを始めたのもアメリカだった。 先月には、古巣マンチェスター・ユナイテッドのトレーニング参加が話題となった同選手だが、生まれ故郷のアメリカで再起を図ろうとしている。 2019.02.27 15:38 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース