パラグアイ戦で期待感高まった…トルシエ氏、日本代表のGS突破確率は「60%」2018.06.14 16:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽14日に開幕を迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)を盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」が同日に東京・お台場ウェストプロムナードにオープン。それを記念して『ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 オープニングセレモニー』が開催された。

▽同セレモニーではアディダス ジャパン株式会社副社長 トーマス・サイラー氏、駐日コロンビア共和国特命全権大使 ガブリエル・ドゥケ 閣下、駐日セネガル共和国特命全権大使 シェール・ニャング 閣下が挨拶した後、元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏によるトークショーが開催。進行役の方からの質問に応対しながら、日本代表の印象、ロシアW杯での展望について語った。トークショーの最後にはユニフォームに「UNITE as One(ひとつになって)」のメッセージを書き記し、「みんなが一つになって頑張ろう」とエールを送っている。
(C)CWS Brains,LTD.
──これからW杯が開幕する今の率直なお気持ちは
「まずこうして日本に来れたことを嬉しく思う。アディダスさんのW杯イベントに参加できることにはうれしい思いがあり、W杯に向けては共に感動を経験できるものだとワクワクしている」

──4年に1度のワールドカップではサッカーのトレンドが変わってくるが、今大会で注目していることは
「サッカーというものは常に変化している。グローバーライゼーションの結果でこれまでも変化してきた。つまり、今までの優勝国やサッカー大国とこれまでそれほど強くなかった国とのギャップが小さくなっている。そういう意味で今回のW杯でも様々な変化があると思っている。例えば、今回で言えばイタリアがW杯に出場しない。サッカーが変化するということはとても素晴らしいこと。それにつれてW杯も進化していく。そうなれば、より良い試合を目にすることができる。これほど楽しみなことはありません」

──ご自身が日本代表を率いた1998年から2002年。そこから16年が経ったが日本代表はどのように変わっていった印象があるか
「代表チームの中身が変わった。今やメンバーの80パーセントがヨーロッパのリーグで戦える選手になっている。そんなことが2002年にはなかった。そういった意味で日本は成熟をしており、経験を積んでいる。そして才能豊かな選手たちが溢れている。そして、そのような選手たちが自分たちのパフォーマンスを存分に発揮して良いところを出していることが日本代表の支えになっている。ロシアW杯でも良い結果が期待できると思う」

──日本代表は2カ月前に監督交代があった。監督の立場において、W杯直前で監督に就任するということはどういうことか
「私を例に出すと、私はW杯に向けては物凄く冷静だった。4年間じっくりと準備をしてW杯を迎えるという状況にあり、集中することができた。やはりW杯に出るチームというのはすでにやるべきことはやってきたんだということで集中して、これからのことは自分の足が決めてくれるんだということを信じながらやっていけば良いと思う」

──ご自身もW杯直前で監督に就任したことがあったが(1998年フランスW杯の南アフリカ代表監督)
「スペインの(フレン・)ロペテギ監督が13日に解任されたが、だからと言ってスペインのクオリティに影響があるかといえばそんなことないと思う。監督というのは指揮者のような存在かもしれない。しかし、監督ができることは10%、15%くらいしかない。選手たちが持っている力というのをしっかりと発揮する。一体感を持って連係・コミュニケーションをとってやっていくこと、そして各自が100パーセントの力を出し切ること、共にプレーすることへの喜びを持つことが大事になる。そのため監督ももちろん大事だが、なんといっても選手の方が大事だ。それが試合の結果に出る」

──それを踏まえて今の日本代表はどう見えるか
「信頼をしっかりと置く必要がある。今回日本代表監督が交代したという特殊な状況ではあるが、西野(朗)監督にしてみれば、W杯に向けての調整に3週間、4週間しかなかった。しかし、先日のパラグアイ代表戦でも分かったように自分たちの自信につながる小さな火花というものがどんどん出てきている。そうしたものを糧に選手たちがしっかりと自分たちの責任を果たしていく、ミッションを果たしていくという大事になってくると思う。みんなが一体感を持って連係・コミュニケーションをとりながらやっていく、そうして選手たちに私たち監督が信頼を置きたい。1998年に優勝したフランスが大会前に冷静だったかと言えばそんなことはなかった。2010年の南アフリカ大会でも日本代表は良い状況ではなかった。しかし、本戦になれば選手たちはしっかりと才能を発揮した」
(C)CWS Brains,LTD.
──一致団結は日本のストロングポイントであると感じているが、これまで「縦に速いサッカー」を日本は体現できていなかった。日本はどのように自分たちの力を出していけば良いか
「日本は世界中のどのチームと戦ってもそれを打ち負かすだけの力・能力は確かにある。選手たちの資質を考えてもそのような快挙を起こせるようなチームである。となれば、あと必要なのは自信を持つこと。そうした状況が後押ししてくれるような良い状況であってほしいと思っているが、現在は少し混乱しているかもしれない。それでも私は全然心配していない。グループHの相手はどれも手強いチームばかり。しかし、みんなが一体となってやっていけば勝てると考えている」

──コロンビア・セネガル・ポーランドが属するグループHについての印象は
「まずポーランドには勝てると思う。今日はポーランドだけ大使が来ていないからね(笑) コロンビアは南米のチームであり、セネガルはアフリカのチーム。この2チームはチームプレーが必要ないチームだ。1人1人の個性でしっかりと試合運びができるチームで、パワーと経験豊富な力を発揮できるというのがコロンビアとセネガルだからだ。日本のサッカースタイルとは違う。コロンビアとセネガルはあくまでも個人技にかかっている。そのような違ったサッカーにどうやって対処していくのかということをしっかりと考えていく必要があり、1人1人の個人の力をうまく対抗していかなくてはいけない。それに対して日本のサッカーは、チームプレーが光るサッカー。2種類の違うサッカーで、それぞれが違った可能性を持っている。そして、メリットとデメリットがある」

──ご自身にはアフリカでの指導経験があるが、セネガルの攻略法は
「まず初戦のコロンビア戦でどうなるかによって物事は変わる。コロンビア戦が日本にとって良い結果に終われば、セネガル戦での戦略もより変わったものになる。もし、コロンビア戦を落とせば、日本からすればなんとしてもセネガルに勝って、決勝トーナメントに上がるためのレースに戻らなくてはいけなくなり、自分たちが仕掛けなくてはいけなくなる。そこが変わってくる。なんといってもコロンビア戦がいろんな状況を決めていくうえで大事になってくる。日本とコロンビアの初戦だけでなく、ポーランドとセネガルの初戦も大事。それによってその後の戦略が変わってくる。戦いに行くのか、それとも待つのか、そういった細かい部分で西野監督の手腕にかかっている」

──ズバリ日本代表がグループリーグを突破できる可能性は
「4チーム全てが決勝トーナメントに上がるんだというモチベーションが高い。しかし、それでも上がれるのは2チームだけ。上がれなかったからと言ってその2チームが他チームより悪いという訳ではないが、サッカーはサッカー。ディティールがものを言う。私は日本のサポーター。日本が決勝トーナメントに上がれる可能性は『60パーセント』と言いましょう」

──60パーセント。その確率を高めるためには何が必要か
「ゴールを決めること。そして勝ち点をとること。そして少しの運に恵まれること。まず100パーセントの力を出し切らなくてはいけない。後悔しないように最大限自分の力を出すこと。それができても相手の方が勝っていればそれは認めるしかない」
(C)CWS Brains,LTD.
──最後にメッセージを
「今日本代表は難しい状況にいるかもしれない。そういう大変な雰囲気の中かもしれないが、だからこそこれが大きなチャンスであり、大きな運を呼ぶものになると考えている。こういう状況だからこそ自分たちの力を発揮できる。日本の持っている価値観は一体感。一緒にやるということにある。それを発揮してほしい」

「チームも選手も監督も周りを取り囲む雰囲気が気になる。2002年にこの地で私は監督して戦ったが、毎日毎日感じ取っていたものがある。それは大きな青い波が打ち寄せてくるというような気持ちだった。そういった温かいメッセージがいかに力をくれるか。今ロシアの地で日本代表は1つのチームとして周りに何もない状況のなかにいる。是非皆さんの方から『こんなに応援しているんだ』という心、気持ちを届けていってほしい。そしてそのメッセージを伝えてほしい。良い時も悪い時も日本代表チームと共にあるということをしっかりと伝えましょう」

▽「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」では4年に1度の世界の祭典に関連したFIFAパートナーによるロシアW杯に関連するブースを展開する「FIFA AREA」、日本代表を応援するサポーティングカンパニーによるブース展開やオフィシャルライセンスグッズの販売が行われる「FOOTBALL FAN AREA」、出場国に関連したフードやドリンクを用意する「WORLD FOOD & BEER GARDEN」の3つのエリアに分かれて様々なコンテンツが展開される。

▽同イベントは今月28日(木)まで開催され、19日(火)には日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングイベント「2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VEIWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE」がアクアシティお台場(屋上特設会場)にて開催される。

コメント

関連ニュース

thumb

ベルギーの前線3枚が負傷…イングランド戦出場微妙か

▽ベルギー代表に暗雲だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ベルギー代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループGを開幕2連勝。28日に行われる最終節は同グループ最大のライバルであるイングランド代表と激突する。 ▽だが、ベルギー代表の主砲FWロメル・ルカクが23日に行われた第2戦のチュニジア代表戦で負傷。「前半に下がることもできたけど、プレーし続けたかった。明日の検査を持つ」と試合後に語ったルカクは、左足のじん靭を痛めた恐れがあるという。 ▽また、ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督はチュニジア戦後会見でMFエデン・アザールのふくらはぎ負傷と、FWドリエス・メルテンスの足首痛も明かした模様。3選手は、それぞれ2日以内に検査結果が出るとみられている。 2018.06.24 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【ロシアW杯企画/●●の●●に注目!】6月24日/日本に“半端ない”結果をもたらした大迫勇也に注目!

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で開幕した。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が試合当日に登場するであろう人物やチーム等々にフォーカス。“●●の●●に注目!”とし、紹介する。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>大迫勇也(28)</b></div>【所属】日本代表/ブレーメン(ドイツ) 【ポジション】FW 【身長/体重】182cm/73kg 【代表出場歴】30試合/8得点 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>半端ない万能型FW</b></div>▽相手の前半5分の退場による数的アドバンテージがあったものの、“半端ない”抜け出しからPK奪取に貢献し、“半端ない”ヘディングから決勝点を決め、圧倒的劣勢が予想されたコロンビア戦でヒーローになった大迫に、セネガル代表戦でも大きな期待を寄せたい。 ▽フィジカルや足元の上手さを生かした前線でのポストプレーだけでなく、幾度も動き直しをして裏に抜ける動きを身に着けた万能型FWは、高い身体能力に組織力を兼ね備えるセネガルを相手にしてこそ不可欠な存在だ。身体のぶつかり合いを避けるにしても、フィジカリーなやり合いはある程度必要となってくる。コロンビア戦をベースとして考えるならば、そういった役割を担うのはFW原口元気、そして大迫だ。大迫がトップパフォーマンスを披露し、セネガルの守備陣を混乱させることができれば、再び日本に“半端ない”結果をもたらしてくれるだろう。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>登場予定試合</b></div><center>ロシアW杯グループH第2節 ▽6/24(日) 《24:00》 日本代表 vs セネガル代表 @エカテリンブルク・アリーナ</center> 2018.06.24 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【W杯グループH第2節プレビュー】黒星スタートのポーランドとコロンビアによるサバイバルマッチ

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節が24日に行われる。24:00から白星スタートの日本とセネガルが対戦し、27:00から黒星スタートのポーランドとコロンビアが対戦する。本稿ではポーランドとコロンビアのプレビューをお届けする。 ◆チーム情報:生き残るのは? ▽初戦のセネガル戦を終始相手に押し込まれる苦しい展開で、低調な1-2の敗戦に終わったポーランド。今大会屈指のストライカーであるレヴァンドフスキもボールに触れず、存在感を示せなかった。実力の片鱗も見せられなかった中、後がないチームは守備の要であるグリクが戦列に復帰することが確実となっている。 ▽対するコロンビアも日本にまさかの敗戦を喫した。開始早々にC・サンチェスが退場した上にPKを決められた中、一時はキンテーロのFKで同点としたものの、セットプレーから勝ち越された。途中出場のハメス・ロドリゲスもコンディション不良が顕著で起爆剤にはならなかった。ポーランド同様、低調な試合を演じた中、生き残りを懸けた一戦に臨む。 ◆注目選手:ストライカーを生かす両チャンスメーカーに注目 ▽共に勝利が必要なため、攻撃陣に注目したい。引き続きレヴァンドフスキがゴールを奪えるかが鍵を握るポーランドだが、セネガル戦ではそもそも彼にボールが入らない状況を強いられた。そこで彼に好機を演出する役割を担うジエリンスキに注目したい。初戦ではセントラルMFの位置で起用されたジエリンスキは、ポーランドにおいて最も創造性に長けた選手。持ち味のドリブルやパスで局面を打開し、エースストライカーを生かせるかに注目したい。 ▽対するコロンビアの注目選手にはキンテーロを挙げたい。日本戦ではハメス・ロドリゲスが途中出場となった中、10人のコロンビアを牽引する働きを見せた。正確なキックを誇る左足を駆使し、セットプレーや流れの中でゴール前の殺し屋であるファルカオを生かせるか。 ◆ポーランド予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupH2_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆コロンビア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupH2_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆第2節 ▽6/24 《24:00》 日本 vs セネガル 《27:00》 ポーランド vs コロンビア 2018.06.24 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】組織力で上回り2連勝を目指す

▽24日、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2戦でセネガル代表と対戦する。 ▽初戦勝ち点3を取った両者の一戦。勝てばグループステージ突破が決定する可能性もある。互いに第3戦で優位に立つためにも、勝ち点3を目指して戦うことになる。 <span style="font-weight:700;">◆過去対戦は勝利なし</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2戦の相手はセネガル。初戦でポーランド代表を2-1で下し、勝ち点3で並ぶ相手だ。ダークホース最右翼と予想したセネガルは、やはり強敵。アフリカ特有のフィジカルの強さ、スピード、懐の深さはもちろんのこと、アリウ・シッセ監督の下で整理された守備は、ポーランドをも苦しめた。 ▽ナポリで活躍するDFカリドゥ・クリバリ、来季はシャルケでのプレーが決まっているDFサリフ・サネのセンターバックコンビは強固であり、中盤のMFイドリサ・グイエ(エバートン)やMFアルフレッド・エンディアイエ(ウォルバーハンプトン)ら守備的な選手の動きは整理されている。 ▽過去の対戦は3試合あり、1分け2敗。ワールドカップでアフリカ勢との対戦成績は悪くない日本だが、ひと味もふた味も違うセネガルには、最大の警戒が必要となる。 <span style="font-weight:700;">◆2連勝でグループ突破をたぐり寄せるか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽初戦のコロンビア戦、立ち上がりのPK獲得、相手選手の退場というエクスキューズもあったが、同点に追いつかれた後も攻撃の姿勢を続け、CKから大迫勇也のヘディングで勝ち越し。2-1で逃げ切ることに成功した。 ▽初戦で敗れた大会は全てグループステージ敗退、逆に初戦で負けなかった大会はベスト16に進んでいる日本。この上ない結果を初戦で掴むことに成功した。 ▽試合巧者というわけでもなく、10人のコロンビア相手に苦しむ時間帯も長かったが、結果として勝利したことは短期決戦では最高の結果だ。チームとしての戦い方をより整理することができれば、セネガル相手にも善戦できるだろう。コロンビアに勝利したことを自信に繋げ、チームとしての戦い方をピッチ上で体現することが何よりも重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆初戦と同じメンバーで</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽西野朗監督はセネガル戦の前日会見でメンバーについて「基本的にスタートメンバーはコロンビア戦(と同じ)と現時点では考えています」とコメント。スタメン11人は同じとなりそうだ。 ▽セネガルがどの様に出てくるかは分からないが、ポーランド戦を見る限り単調な攻撃は通用しない。大迫のポストプレーや高さを使うにも、セネガルが上手く対応する可能性は高く、ロベルト・レヴァンドフスキですら手をこまねいた守備を崩す策は準備する必要があるだろう。 ▽ポイントは、サイド攻撃。ポーランドもサイドを崩せてはいたが、中央でレヴァンドフスキが潰されていた。日本が高さ勝負ではなく、サイドを使ったスピード勝負に出れば、チャンスはあるだろう。 ▽一方で、セネガルの攻撃陣をどう抑えるかも重要となる。この一戦は負けないことが重要。引き分けを狙いに行くことはしないほうが良いが、集中した守備がベースにあれば、勝ち点の計算は立つ。しかし、FWサディオ・マネ(リバプール)、FWエムバイェ・ニアン(トリノ)とスピードに長けた選手が善戦に揃っている。チームとしてどう守るのか。攻守に渡る組織的なプレーに注目したい。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション[4-2-3-1]</span> ◆日本代表<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:川島永嗣 DF:酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都 MF:柴崎岳、長谷部誠 MF:原口元気、香川真司、乾貴士 FW:大迫勇也<hr>▽西野監督の言葉を信じれば初戦と同じメンバーがスタートのピッチに立つことになるだろう。懸念材料は2つ。守護神とボランチの人選だ。 ▽コロンビア戦は相手が数的不利となったこともあり、決定的なピンチは少なかった。しかし、攻撃面に目を移すと、GKからの組み立ては皆無。ボールを持てる時間があることを考えると、GK川島永嗣には不安がある。特に、スピードのある相手の前線のプレスがかかった場合に、蹴り出すシーンが増えるだろう。セカンドボールへの対応を含めて、ポイントとなるだろう。 ▽その点では、中盤のMF長谷部誠も気になるところだ。しっかりと中央を固めるという意識を持つには、MF山口蛍の起用を薦めたい。長谷部の特徴であるコーチングという点でも、コロンビア戦での出来には物足りなさを感じる。ボールを奪う力がある山口を置くことで、チームとしての守備が整理される可能性は高く、個で上回るセネガル相手には迷いをなくしたいところだ。 ▽それでも、「我々のチーム力に自信は持って臨みたい」と西野監督が語った通り、チーム力で上回りたい日本。コロンビア戦の経験を、セネガル戦でもしっかりと披露してもらいたい。 ◆セネガル代表[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:K・エンディアイエ DF:サバリ、S・サネ、クリバリ、ムサ・ワゲ MF:サール、グイエ、A・エンディアイエ、マネ FW:M・ディウフ、ニアン<hr> <span style="font-weight:700;">◆連勝でグループ突破へ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽勝ち点3同士で並ぶ両者が目指すものは勝利だろう。セネガルはコロンビア、日本はポーランドとの試合を残す。同日に行われる試合の結果にもよるが、この対決で勝利した国にはグループステージ突破の可能性がある。 ▽セネガルは、前回出場した2002年の日韓ワールドカップで初出場ながらベスト8に進出。今大会は再現を狙うことは間違いないだろう。当時、ベスト8を経験したシッセ監督が、選手たちに強く語っているはず。日本にも勝利し、早々にグループステージ突破を決めたいはずだ。 ▽対する日本も、3度目のグループステージ突破を掴みたいところ。下馬評の低さを結果で跳ね返してもらいたい。コロンビア戦の勝利により、日本国内はもちろん、世界各国にも衝撃を与えたSAMURAI BLUE。この勢いを継続させるためにも、しっかりとした試合にしてもらいたい。 ▽グループステージ突破に向けた運命の一戦。セネガル戦は、24日(日)の24時にエカテリンブルクでキックオフを迎える。 2018.06.24 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セスク、CR7にいちゃもん 「彼の得点はPKやFK、CK、デ・ヘアのミス」

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスがレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにいちゃもんをつけた。『ESPN』が伝えた。 ▽C・ロナウドは現在、ポルトガル代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に参戦中。スペイン代表との初戦でハットトリック、次戦のモロッコ代表戦でも得点を挙げ、大会4ゴールで得点ランキングトップタイに立つ。 ▽だが、セスクは、イギリス『BBC』に寄稿するコラムの中で、C・ロナウドの得点について、次のように持論を展開。難癖をつけた。 「クリスティアーノ・ロナウドはポルトガルでとても異なった役割を担っている。彼は前線にどっしり構えて、あまり走り回らない。彼は今回のW杯でも注目を集める選手の1人。ここまで4得点を挙げ、力強いスタートを切った」 「彼は良いプレーを見せている。でも、PKやFK、CK、(スペイン代表GKダビド・)デ・ヘアのミスからゴールが生まれていて、ポルトガルとしても素晴らしいコンビネーションや、ティキ・タカを見せているわけじゃない」 2018.06.24 15:15 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース