パラグアイ戦で期待感高まった…トルシエ氏、日本代表のGS突破確率は「60%」2018.06.14 16:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽14日に開幕を迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)を盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」が同日に東京・お台場ウェストプロムナードにオープン。それを記念して『ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 オープニングセレモニー』が開催された。

▽同セレモニーではアディダス ジャパン株式会社副社長 トーマス・サイラー氏、駐日コロンビア共和国特命全権大使 ガブリエル・ドゥケ 閣下、駐日セネガル共和国特命全権大使 シェール・ニャング 閣下が挨拶した後、元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏によるトークショーが開催。進行役の方からの質問に応対しながら、日本代表の印象、ロシアW杯での展望について語った。トークショーの最後にはユニフォームに「UNITE as One(ひとつになって)」のメッセージを書き記し、「みんなが一つになって頑張ろう」とエールを送っている。
(C)CWS Brains,LTD.
──これからW杯が開幕する今の率直なお気持ちは
「まずこうして日本に来れたことを嬉しく思う。アディダスさんのW杯イベントに参加できることにはうれしい思いがあり、W杯に向けては共に感動を経験できるものだとワクワクしている」

──4年に1度のワールドカップではサッカーのトレンドが変わってくるが、今大会で注目していることは
「サッカーというものは常に変化している。グローバーライゼーションの結果でこれまでも変化してきた。つまり、今までの優勝国やサッカー大国とこれまでそれほど強くなかった国とのギャップが小さくなっている。そういう意味で今回のW杯でも様々な変化があると思っている。例えば、今回で言えばイタリアがW杯に出場しない。サッカーが変化するということはとても素晴らしいこと。それにつれてW杯も進化していく。そうなれば、より良い試合を目にすることができる。これほど楽しみなことはありません」

──ご自身が日本代表を率いた1998年から2002年。そこから16年が経ったが日本代表はどのように変わっていった印象があるか
「代表チームの中身が変わった。今やメンバーの80パーセントがヨーロッパのリーグで戦える選手になっている。そんなことが2002年にはなかった。そういった意味で日本は成熟をしており、経験を積んでいる。そして才能豊かな選手たちが溢れている。そして、そのような選手たちが自分たちのパフォーマンスを存分に発揮して良いところを出していることが日本代表の支えになっている。ロシアW杯でも良い結果が期待できると思う」

──日本代表は2カ月前に監督交代があった。監督の立場において、W杯直前で監督に就任するということはどういうことか
「私を例に出すと、私はW杯に向けては物凄く冷静だった。4年間じっくりと準備をしてW杯を迎えるという状況にあり、集中することができた。やはりW杯に出るチームというのはすでにやるべきことはやってきたんだということで集中して、これからのことは自分の足が決めてくれるんだということを信じながらやっていけば良いと思う」

──ご自身もW杯直前で監督に就任したことがあったが(1998年フランスW杯の南アフリカ代表監督)
「スペインの(フレン・)ロペテギ監督が13日に解任されたが、だからと言ってスペインのクオリティに影響があるかといえばそんなことないと思う。監督というのは指揮者のような存在かもしれない。しかし、監督ができることは10%、15%くらいしかない。選手たちが持っている力というのをしっかりと発揮する。一体感を持って連係・コミュニケーションをとってやっていくこと、そして各自が100パーセントの力を出し切ること、共にプレーすることへの喜びを持つことが大事になる。そのため監督ももちろん大事だが、なんといっても選手の方が大事だ。それが試合の結果に出る」

──それを踏まえて今の日本代表はどう見えるか
「信頼をしっかりと置く必要がある。今回日本代表監督が交代したという特殊な状況ではあるが、西野(朗)監督にしてみれば、W杯に向けての調整に3週間、4週間しかなかった。しかし、先日のパラグアイ代表戦でも分かったように自分たちの自信につながる小さな火花というものがどんどん出てきている。そうしたものを糧に選手たちがしっかりと自分たちの責任を果たしていく、ミッションを果たしていくという大事になってくると思う。みんなが一体感を持って連係・コミュニケーションをとりながらやっていく、そうして選手たちに私たち監督が信頼を置きたい。1998年に優勝したフランスが大会前に冷静だったかと言えばそんなことはなかった。2010年の南アフリカ大会でも日本代表は良い状況ではなかった。しかし、本戦になれば選手たちはしっかりと才能を発揮した」
(C)CWS Brains,LTD.
──一致団結は日本のストロングポイントであると感じているが、これまで「縦に速いサッカー」を日本は体現できていなかった。日本はどのように自分たちの力を出していけば良いか
「日本は世界中のどのチームと戦ってもそれを打ち負かすだけの力・能力は確かにある。選手たちの資質を考えてもそのような快挙を起こせるようなチームである。となれば、あと必要なのは自信を持つこと。そうした状況が後押ししてくれるような良い状況であってほしいと思っているが、現在は少し混乱しているかもしれない。それでも私は全然心配していない。グループHの相手はどれも手強いチームばかり。しかし、みんなが一体となってやっていけば勝てると考えている」

──コロンビア・セネガル・ポーランドが属するグループHについての印象は
「まずポーランドには勝てると思う。今日はポーランドだけ大使が来ていないからね(笑) コロンビアは南米のチームであり、セネガルはアフリカのチーム。この2チームはチームプレーが必要ないチームだ。1人1人の個性でしっかりと試合運びができるチームで、パワーと経験豊富な力を発揮できるというのがコロンビアとセネガルだからだ。日本のサッカースタイルとは違う。コロンビアとセネガルはあくまでも個人技にかかっている。そのような違ったサッカーにどうやって対処していくのかということをしっかりと考えていく必要があり、1人1人の個人の力をうまく対抗していかなくてはいけない。それに対して日本のサッカーは、チームプレーが光るサッカー。2種類の違うサッカーで、それぞれが違った可能性を持っている。そして、メリットとデメリットがある」

──ご自身にはアフリカでの指導経験があるが、セネガルの攻略法は
「まず初戦のコロンビア戦でどうなるかによって物事は変わる。コロンビア戦が日本にとって良い結果に終われば、セネガル戦での戦略もより変わったものになる。もし、コロンビア戦を落とせば、日本からすればなんとしてもセネガルに勝って、決勝トーナメントに上がるためのレースに戻らなくてはいけなくなり、自分たちが仕掛けなくてはいけなくなる。そこが変わってくる。なんといってもコロンビア戦がいろんな状況を決めていくうえで大事になってくる。日本とコロンビアの初戦だけでなく、ポーランドとセネガルの初戦も大事。それによってその後の戦略が変わってくる。戦いに行くのか、それとも待つのか、そういった細かい部分で西野監督の手腕にかかっている」

──ズバリ日本代表がグループリーグを突破できる可能性は
「4チーム全てが決勝トーナメントに上がるんだというモチベーションが高い。しかし、それでも上がれるのは2チームだけ。上がれなかったからと言ってその2チームが他チームより悪いという訳ではないが、サッカーはサッカー。ディティールがものを言う。私は日本のサポーター。日本が決勝トーナメントに上がれる可能性は『60パーセント』と言いましょう」

──60パーセント。その確率を高めるためには何が必要か
「ゴールを決めること。そして勝ち点をとること。そして少しの運に恵まれること。まず100パーセントの力を出し切らなくてはいけない。後悔しないように最大限自分の力を出すこと。それができても相手の方が勝っていればそれは認めるしかない」
(C)CWS Brains,LTD.
──最後にメッセージを
「今日本代表は難しい状況にいるかもしれない。そういう大変な雰囲気の中かもしれないが、だからこそこれが大きなチャンスであり、大きな運を呼ぶものになると考えている。こういう状況だからこそ自分たちの力を発揮できる。日本の持っている価値観は一体感。一緒にやるということにある。それを発揮してほしい」

「チームも選手も監督も周りを取り囲む雰囲気が気になる。2002年にこの地で私は監督して戦ったが、毎日毎日感じ取っていたものがある。それは大きな青い波が打ち寄せてくるというような気持ちだった。そういった温かいメッセージがいかに力をくれるか。今ロシアの地で日本代表は1つのチームとして周りに何もない状況のなかにいる。是非皆さんの方から『こんなに応援しているんだ』という心、気持ちを届けていってほしい。そしてそのメッセージを伝えてほしい。良い時も悪い時も日本代表チームと共にあるということをしっかりと伝えましょう」

▽「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」では4年に1度の世界の祭典に関連したFIFAパートナーによるロシアW杯に関連するブースを展開する「FIFA AREA」、日本代表を応援するサポーティングカンパニーによるブース展開やオフィシャルライセンスグッズの販売が行われる「FOOTBALL FAN AREA」、出場国に関連したフードやドリンクを用意する「WORLD FOOD & BEER GARDEN」の3つのエリアに分かれて様々なコンテンツが展開される。

▽同イベントは今月28日(木)まで開催され、19日(火)には日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングイベント「2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VEIWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE」がアクアシティお台場(屋上特設会場)にて開催される。

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジル代表チッチ監督、スイス戦に続く苦戦も「これがワールドカップ」

▽ブラジル代表を率いるチッチ監督が、コスタリカ戦を振り返った。FIFA公式サイトが伝えている。 ▽ブラジルは22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でコスタリカ代表と対戦。初戦のスイス戦を引き分けたブラジルはなんとしても勝利が欲しい一戦だったが、相手のタイトな守備やGKナバスの好守に阻まれ、なかなかゴールを奪うことができない。それでも後半アディショナルタイムにコウチーニョのゴールで待望の先制点を奪うと、試合終了間際にも1点を追加して2-0で勝利。今大会初白星を手にした。 ▽試合後、チッチ監督はこれまでの2試合で苦戦していることに対して「これがW杯だから」とコメントし、勝利を飾れたことに満足感を示した。 「我々がこれまでの2試合で苦しんだのは、単にこれがワールドカップだからだ。このような大会で許されるミスはとても少ない」 「今日我々は勝利のためにプレーして正しい結果を得ることができた。我々はセルビアに対しても同じように戦う。勝利のために良いパフォーマンスを求めていく」 2018.06.23 02:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ナインゴランがいないと退屈? 「大いに満足」とベルギー監督

▽23日に行われるロシア・ワールドカップでチュニジア代表と対戦するベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、MFラジャ・ナインゴランを口撃した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが、前日会見の模様を伝えている。 ▽この会見では、記者から「ラジャがいなくなってからここはすごく退屈だ」という声が出たという。 ▽これに対してマルティネス監督は「退屈になることができて大いに満足している。我々はサッカーのチームであり、ピッチのことだけ考えれば良い。我々はワールドカップを戦っているんだ」と答えた。 ▽パフォーマンスだけを考えればベルギー代表でも主力を張れるレベルにあると目されるナインゴランだが、過去に規律面の問題があり、マルティネス監督との関係は良くない。ワールドカップのメンバーから外れたあと、ナインゴランは代表引退を発表している。 2018.06.23 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナイジェリア 2-0 アイスランド《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節、ナイジェリア代表vsアイスランド代表が22日にヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-0でナイジェリアが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナイジェリア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180623_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 ウソホ 6.0 シュートへの反応、クロスボールへの対応が良かった DF 6 バログン 6.0 好インターセプトが目立ち、攻撃時のセットプレーでも脅威に 5 トルースト=エコング 6.0 3バックの中央で守備をまとめる 22 オメルオ 5.5 アバウトなフィードが多かったが、ムサの2点目を演出 MF 11 モーゼス 6.0 右サイドから仕掛けて先制点アシスト 10 ミケル 6.0 ボールを受けてゲームを組み立てた 4 エンディディ 6.0 アンカーの位置で守備を締める 8 エテボ 6.0 攻守によく顔を出した (→イウォビ -) 2 イドウ 5.0 左サイドで目立った働きはなし (→エブエイ 5.0) 後半から出場。チームに勢いを与えたがPK献上 FW 14 イヘアナチョ 5.5 下がってボールを受けゲームメーク (→イガロ -) 7 ムサ 6.5 難度の高いトラップからボレーを決め、スピードを生かして2点目を挙げた 監督 ロール 6.0 後半に流れを変えた。組織的な守備でアイスランドをシャットアウト ▽アイスランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180623_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハルドルソン 5.5 2失点もロングシュートを1本好守で凌いだ DF 2 サエバルソン 5.5 精度の高いクロスで好機を幾つか演出 14 アルナソン 5.0 ムサにスピードでぶち抜かれた 6 R・シグルドソン 5.0 頭部の負傷の影響もあって後半半ばに交代。失点に関与 (→インガソン 5.0) アルナソンとコンビがイマイチだった 18 マグヌソン 5.0 守備に追われた MF 19 ギスラソン 5.5 運動量を駆使して奮闘 17 グンナルソン 5.0 ロングスローは通用しなかった (→スクラソン -) 10 シグルドソン 5.0 序盤にゴールに近づいたが、その後は流れの中で好機生めず。そしてPK失敗 8 B・ビャルナソン 5.5 前半は攻守によく動いてボールに絡んでいた FW 11 フィンボガソン 5.5 PK獲得。前線でまずまずターゲットに 22 ボドバルソン 5.0 前半はフィンボガソンと共に前線でターゲットとなったが、後半は消えた (→シグルダルソン 5.0) 特に目立ったプレーはなし 監督 ハルグリムソン 5.5 前半は持ち味が出ていたが、後半は打開策がなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ムサ(ナイジェリア) ▽文句なしで2ゴールのムサを選出。個人技でチームを勝利に導いた。 ナイジェリア 2-0 アイスランド 【ナイジェリア】 ムサ(後4) ムサ(後30) 2018.06.23 02:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ムサの2発でナイジェリアが初勝利! 2位浮上でアルゼンチンと対戦へ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節、ナイジェリア代表vsアイスランド代表が22日にヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-0でナイジェリアが勝利した。 ▽前日の試合でアルゼンチンがクロアチアに敗れたグループD。2連勝でグループステージ突破を決めたクロアチアに次ぐもう一つの枠を巡る両国の一戦。初戦のクロアチア代表戦を0-2と敗れたナイジェリアは、連敗すれば敗退となる中、クロアチア戦のスタメンから3選手を変更。イウォビ、イガロ、シェフに代えてイヘアナチョ、ムサ、オメルオを起用し、3バックに変更した。 ▽一方、アルゼンチンに1-1と引き分けて番狂わせを演じたアイスランドは、アルゼンチン戦のスタメンから2選手を変更。ハルフレドソンとJ・グズムンドソンに代えてボドバルソンとギスラソンを起用した。 ▽フラットな[4-4-2]の3ラインを形成し、カウンターを狙うアイスランドが序盤はチャンスを生み出す。まずは3分、シグルドソンが直接FKでGKを強襲すれば、6分にもシグルドソンがコントロールシュートでオンターゲットを記録した。 ▽その後はナイジェリアがトップの位置から降りてくるイヘアナチョや中盤のミケルを中心にボールを動かし、ポゼッションを高めていく展開に。しかし、アイスランドの守備を攻略するには至らずこう着状態が続く。 ▽そんな中、前半終了間際の45分、右サイドからのシグルドソンのFKをゴール前のフィンボガソンがボレーで合わせるも、シュートはわずかに枠の左に外れ、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半開始早々、エテボが枠内シュートを浴びせたナイジェリアが開始4分に先制する。ロングカウンターに転じ、右サイドを上がったモーゼスのクロスを絶妙なトラップで処理したムサが豪快にボレーシュートを叩き込んだ。 ▽今大会初ゴールで勢い付くナイジェリアは続く57分、エンディディのロングシュートがGKを強襲すると、重心を上げてきたアイスランドをうまくいなしていく。 ▽そして、アイスランドが前線のボドバルソンに代えてシグルダルソンを投入してきたのに対し、ナイジェリアは72分に右CKからバログンがヘディングシュートを浴びせれば、74分にもムサのコントロールされたミドルシュートがバーを直撃した。 ▽それでも1分後、ムサが個人技で追加点を奪い切る。ロングボールを受けた左サイドのムサがスピードに乗ったドリブルでDFを交わすと、飛び出してきたGKも交わしてゴールに蹴り込んだ。 ▽しかし80分、アイスランドはボックス右でフィンボガソンがエブエイに倒されると、VARの末にPKを獲得。ところが、キッカーのシグルドソンが蹴ったシュートは枠の上に外れ、1点差に詰め寄ることはできない。 ▽そのままナイジェリアが6分の追加タイムまで集中した守りで凌ぎ2-0と勝利。今大会初勝利を挙げて2位に浮上し、最終節ではグループステージ突破を懸けてアルゼンチンと対戦する。一方、敗れたアイスランドは突破の決まっているクロアチアと対戦する。 2018.06.23 02:00 Sat
twitterfacebook
thumb

若き“スーパーイーグルス”ナイジェリア代表のドキュメンタリームービーが公開

▽斬新なデザインのユニフォームが世界中で話題となっているナイジェリア代表。ナイキは22日、そのナイジェリア代表のフットボール文化を追ったドキュメンタリームービーをを公開した。 ▽ナイジェリアのフットボールに対する自由かつ楽観的で自信にあふれる姿勢を、2006年に”The African Game”を出版したフィルムメーカーのアンドリュー・ドスンムが撮影した。 ▽500以上の民族からなる多様な国であるナイジェリア、どこを旅行しても、フットボールが共通言語・結合組織のように国を一つに繋げ、国民の心、想いや情熱を熱くすることが伝わるムービーとなっている。 ▽ムービーには、日本代表の岡崎慎司のチームメイトであるウィルフレッド・エンディディ(レスター・シティ)をはじめ、オディオン・イガロ(長春亜泰)、オジェニ・オナジ(トラブゾンシュポル)、ウィリアム・エコング(ブルサシュポル)といった現役代表選手も登場する。 ▽熱気にあふれ混沌としたラゴスから灌木の茂るアベオクタのサバンナに至るまで、フットボールはストリート、クラブ、マーケットやピッチなど、あらゆる場所の日々の生活のリズムを生み出し、セグン・オデバミ(1980年ナイジェリアで行われたアフリカネイションズカップのスター選手の一人)や、現役代表のインタビューも盛り込まれ、スーパーイーグルズ(ナイジェリア代表の愛称)が“ナイジャ”を世界的存在にする使命を実現するみちのりが表現されている。 <div id="cws_ad">◆This is Naija: A Nigerian Football Story</div> <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/ixMZZicONDs" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> 2018.06.23 01:35 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース