ロシアW杯を盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」がお台場にオープン!2018.06.14 16:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽14日に開幕を迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)を盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」が同日に東京・お台場ウェストプロムナードにオープンした。

▽「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」では4年に1度の世界の祭典に関連したFIFAパートナーによるロシアW杯に関連するブースを展開する「FIFA AREA」、日本代表を応援するサポーティングカンパニーによるブース展開やオフィシャルライセンスグッズの販売が行われる「FOOTBALL FAN AREA」、出場国に関連したフードやドリンクを用意する「WORLD FOOD & BEER GARDEN」の3つのエリアに分かれて様々なコンテンツが展開される。同イベントは今月28日(木)まで開催される。

▽また、19日(火)には日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングイベント「2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VEIWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE」がアクアシティお台場(屋上特設会場)にて開催。元日本代表の中田浩二氏などロシアW杯を盛り上げるスペシャルゲストも登壇し、日本代表に関するトークショーや対戦国のコロンビアにまつわる事前コンテンツの実施が用意されている。両イベントの詳細については以下の通り。

【ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018】
・場所:お台場ウェストプロムナード(〒135-0091 東京都港区台場1丁目8-1)
・開催期間:2018年6月14日(木)~6月28日(木)までの15日間
・運営時間:11:00~21:00予定
・主催:ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 実行委員会
※構成:アディダス ジャパン㈱ / アクアシティお台場(三菱地所リテールマネジメント㈱)
・共催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会
・後援:東京都港湾局
・協賛:アディダス ジャパン㈱、ハイセンスジャパン㈱、ビザ・ワールドワイド、赤城乳業㈱、大東建託㈱、日本航空㈱
・協力:FIFA(国際サッカー連盟)、公益財団法人 日本サッカー協会、駐日コロンビア大使館、PROCOLOMBIA、ポーランド広報文化センター、セネガル大使館

【2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE】
・日時:2018年6月19日(火)
・スケジュール:
開場 19:00~
イベント開始 20:00~
キックオフ 21:00~
終了時間 23:10~

・場所:アクアシティお台場 屋上特設会場
・内容:コロンビア 対 日本におけるパブリックビューイング、対戦国コロンビアにまつわるコンテンツ、サッカー日本代表にまつわるトークショー、特別抽選会など
・会場規模:約2,000名(予定)
・料金:入場無料

※整理券配布などの入場方法、並びに入場条件等の情報に関しては6月14日(木)以降、下記URLにてご案内いたします。
https://shop.adidas.jp/football/world-cup-2018/
コメント
関連ニュース
thumb

日本を含む10カ国が2023年の女子W杯招致に立候補

2023年に開催される女子ワールドカップ(W杯)に関して、FIFA(国際サッカー連盟)は10カ国が招致に立候補していることを発表した。 女子W杯開催に関して正式に立候補したのは、日本、アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、コロンビア、ニュージーランド、南アフリカの8カ国。さらに、韓国と北朝鮮が共同開催で立候補する可能性があるとしている。 開催の招致に関しては、4月16日までに各サッカー協会が立候補の書類を提出する必要があるとのこと。FIFAは声明を出し「公正かつ透明性のあるプロセスを実行する。これには、明確な評価モデルと持続可能性、人権への具体的な取り組みも含まれる」としている。 2019年に行われる女子W杯はフランスで開催。6月7日から7月7日にかけて行われる。 2019.03.20 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

2022年カタールW杯、48カ国開催へ前進 UAEが協力表明

UAE、クウェート、オマーンが、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)の共催に協力する姿勢を見せている。マレーシア『TheStar』が報じた。 国際サッカー連盟(FIFA)は、アメリカ・メキシコ・カナダの共催が予定されている2026年W杯から出場国枠を48カ国に増加させることを、昨年4月に発表。しかし、同連盟のジャンニ・インファンティーノ会長はその計画を前倒しにする意向を示しており、2022年カタールW杯からの出場国増加が協議されてきた。 差し当たり実現に向けての障害とされてきたのは、カタールと周辺国家の緊張関係だ。単一国家での参加国拡大は困難と目されているが、サウジアラビアやUAEなどアラブ諸外国はイランとの対立の中でカタールとの国交も断絶。多くの空路が閉ざされ、カタールがW杯開催に向けて周辺国に協力を求めるのは困難とされてきた。 しかし、UAEのスポーツ大臣は26日、カタールが協力を求めるのであれば2022年W杯の共催に手を貸す可能性があるとコメント。クウェート、オマーンも中立に近い立場にあり、課題が全て解消されたわけではないが、大きな前進を見せた。 なお、FIFAは来月にカタールW杯を32カ国開催か48カ国拡大開催かの決定を下す見通し。もし48カ国開催となれば、アジアからの出場国枠が4.5枠から8.5枠に増加する可能性が、以前にインファンティーノ会長により示唆されている。 2019.02.27 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

U-20ワールドカップGS組み合わせ決定 日本はメキシコ、イタリア、エクアドルと同居

国際サッカー連盟(FIFA)は24日、5月に開幕するFIFA U-20ワールドカップ2019のグループステージ組み合わせを発表した。 昨年インドネシアで行われたAFC U-19選手権2018を3位で終え、2大会連続10度目の出場を決めた日本代表は、グループB。メキシコ代表、イタリア代表、エクアドル代表と激突する。 ポーランド開催となる今大会は、5月23日~6月15日まで開催。グループステージは24カ国が6組に分かれ、各組上位2カ国と3位の成績上位4カ国が決勝トーナメントに駒を進める。 ◆グループステージ組み合わせ 【グループA】 ポーランド(6大会ぶり5回目)※開催国 コロンビア(2大会ぶり4回目) タヒチ(5大会ぶり2回目) セネガル(3大会連続3回目) 【グループB】 メキシコ(5大会連続16回目) イタリア(2大会連続7回目) <span style="font-weight:700;">日本</span>(2大会連続10回目) エクアドル(2大会連続4回目) 【グループC】 ホンジュラス(3大会連続8回目) ニュージーランド(4大会連続6回目) ウルグアイ(4大会連続15回目) ノルウェー(13大会ぶり3回目) 【グループD】 カタール(2大会ぶり4回目) ナイジェリア(2大会ぶり12回目) ウクライナ(2大会ぶり4回目) アメリカ(4大会連続16回目) 【グループE】 パナマ(2大会ぶり6回目) マリ(2大会ぶり7回目) フランス(2大会連続7回目) サウジアラビア(2大会連続9回目) 【グループF】 ポルトガル(5大会連続12回目) 韓国(2大会連続15回目) アルゼンチン(3大会連続16回目) 南アフリカ(2大会連続4回目) 2019.02.25 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

王様ペレ「1970年のセーブは最高のもの」他界したバンクス氏との友情を明かす

かつてイングランド代表のゴールを守り、1966年にはイングランドにワールドカップ初優勝をもたらした往年の名GKゴードン・バンクス氏が12日に他界した。享年81歳だった。<br><br>バンクス氏の逝去を受け、かつてワールドカップで戦ったブラジルのレジェンドであり、&ldquo;サッカー界の王様&rdquo;ペレ氏が自身のSNSで追悼のコメントを寄せている。<br><br>「多くの人々が記憶しているゴードン・バンクスのワンプレーを挙げたとき、1970年のあのセーブを思い浮かべる人が多いだろう。サッカー史で語り継がれる瞬間になっている所以を、私自身もよく理解している」<br><br>「ブラジルvsイングランドで見せたバンクスのセーブは、私が見た中で最高のものの一つだ。私は思い描いた通りのヘディングでゴールを狙い&ldquo;これは入った&rdquo;と確信して、ゴールセレブレーションをするつもりでいたんだ」<br><br>「だけど、私の目の前に現れた青い幻影は、何事もなかったようにヘディングシュートを弾き出したんだ。そこで何が起こったのか、本当に信じられなかった。彼が私のシュートをどう防いだのか、今見ても信じられない。あっという間にかき出されたんだ」<br><br>「それからいろんな人と会ったけど、あのセーブが何度となく話題に出るんだ。ゴードンがいかに素晴らしいGKであったかを私は誰よりも知っているつもりだし、あのプレーがあったから、私は彼に対して尊敬の念を抱いたんだ。実際に彼は優しくて温かい人物だった。だから私のシュートをセーブしてくれたことが本当に嬉しいんだ。あのワンプレーがあって、何にも代えがたい大切な友情が生まれたからね」<br><br>最後にペレ氏は「家族に追悼の意を捧げます。ご冥福をお祈りします&hellip;&hellip;。あなたは魔法のようなGKだった。そして魅力に溢れた人物だった」と続け、ライバルであり、親友でもあったバンクス氏の他界を惜しんだ。<br><br>1970年のメキシコ・ワールドカップは、ブラジルが3度目の優勝を飾り、イングランドは西ドイツに敗れて準々決勝敗退を喫している。<br><br>だが1970年6月7日のグループリーグ第2戦、ブラジルvsイングランドで見せたバンクス氏の神懸かり的なセーブはペレ氏が賛辞を贈ったように、サッカーファンの間で今後も長く語り継がれるワンプレーとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2019.02.13 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」

昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を退任したジョゼ・モウリーニョは、2022年にFIFAワールドカップが開催されるカタールを訪れ、大会に対する不安が軽減したと語った。『Goal』インド版が報じている。<br><br>モウリーニョはカタール・ワールドカップの本部を大会組織委員会のナセル・アル・ハタル氏と訪れたという。その際のモウリーニョの感想をカタールSCが発表した。<br><br>「非常に感銘を受けた。この国について知ることで、素晴らしいところだというのは予想していたから、非常に驚いたとは言えないがね。だが、各国の代表スタッフたちが疑問に思っていた、大会組織のレベルに関しては素晴らしいと言えるよ」<br><br>「ヨーロッパの選手、指導者、クラブは大会組織について懐疑的だったが、一度ここに来てみればそのような疑問は持たなくなるだろう」<br><br>55歳のポルトガル人指揮官は2022年のカタール・ワールドカップは必ず成功するだろうと強調した。<br><br>「施設は素晴らしいね。練習場の数、スタジアムの美しさと安全性、スタジアム間の距離など細部まで考えられている。チームは長い距離を移動することなく、同じ練習場でトレーニングし、1カ月滞在できるだろう」<br><br>「天候はそれほど悪くはならないだろうね&hellip;だから素晴らしい大会になると思う。この素晴らしい運営に値するフットボールが行われることを願っているよ」<br><br>大会はヨーロッパ各国のシーズン期間中の11月に開催される。モウリーニョは、クラブにとってこの開催期間は望ましいものではないだろうと予想している。<br><br>「私は2022年にはクラブの監督として仕事をしているだろうが、シーズン中に選手たちがワールドカップでクラブを離れるのは、嬉しいことではない。だが、このイベントには素晴らしいものがすべて揃っていると認めざるを得ないだろう」<br><br>さらに、モウリーニョは各試合会場の距離が短いため、大会期間中に国中を移動する必要がない点を非常にポジティブだと強調した。<br><br>「ヨーロッパの短いプレシーズンでさえ、我々は移動を嫌い、拠点を持つことを好む。しかし、興行的な理由から、長距離移動移動をしなければならないんだ。常に移動時間の短縮を試みていて、拠点となる適切な施設を探している」<br><br>「どの代表チームも、滞在地、ホテル、トレーニング施設を選び、大会を敗退するまでもしくは、トロフィーを獲得するまでの間、それがチームの家になる。この素晴らしい環境はクラブレベルでも普通のことではない。ファンタスティックだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.23 15:10 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース