ロシアW杯を盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」がお台場にオープン!2018.06.14 16:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽14日に開幕を迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)を盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」が同日に東京・お台場ウェストプロムナードにオープンした。

▽「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」では4年に1度の世界の祭典に関連したFIFAパートナーによるロシアW杯に関連するブースを展開する「FIFA AREA」、日本代表を応援するサポーティングカンパニーによるブース展開やオフィシャルライセンスグッズの販売が行われる「FOOTBALL FAN AREA」、出場国に関連したフードやドリンクを用意する「WORLD FOOD & BEER GARDEN」の3つのエリアに分かれて様々なコンテンツが展開される。同イベントは今月28日(木)まで開催される。

▽また、19日(火)には日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングイベント「2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VEIWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE」がアクアシティお台場(屋上特設会場)にて開催。元日本代表の中田浩二氏などロシアW杯を盛り上げるスペシャルゲストも登壇し、日本代表に関するトークショーや対戦国のコロンビアにまつわる事前コンテンツの実施が用意されている。両イベントの詳細については以下の通り。

【ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018】
・場所:お台場ウェストプロムナード(〒135-0091 東京都港区台場1丁目8-1)
・開催期間:2018年6月14日(木)~6月28日(木)までの15日間
・運営時間:11:00~21:00予定
・主催:ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 実行委員会
※構成:アディダス ジャパン㈱ / アクアシティお台場(三菱地所リテールマネジメント㈱)
・共催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会
・後援:東京都港湾局
・協賛:アディダス ジャパン㈱、ハイセンスジャパン㈱、ビザ・ワールドワイド、赤城乳業㈱、大東建託㈱、日本航空㈱
・協力:FIFA(国際サッカー連盟)、公益財団法人 日本サッカー協会、駐日コロンビア大使館、PROCOLOMBIA、ポーランド広報文化センター、セネガル大使館

【2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE】
・日時:2018年6月19日(火)
・スケジュール:
開場 19:00~
イベント開始 20:00~
キックオフ 21:00~
終了時間 23:10~

・場所:アクアシティお台場 屋上特設会場
・内容:コロンビア 対 日本におけるパブリックビューイング、対戦国コロンビアにまつわるコンテンツ、サッカー日本代表にまつわるトークショー、特別抽選会など
・会場規模:約2,000名(予定)
・料金:入場無料

※整理券配布などの入場方法、並びに入場条件等の情報に関しては6月14日(木)以降、下記URLにてご案内いたします。
https://shop.adidas.jp/football/world-cup-2018/

コメント

関連ニュース

thumb

『Squawka』がW杯の活躍で新天地を手にした11選手を採点…武藤嘉紀は7点と高評価

ロシア・ワールドカップで名を上げて移籍を勝ち取った11選手の現状を『Squawka』が採点した。<br><br>多くのクラブにとって、4年に一度のワールドカップは新戦力を見定める最高の機会。今夏もこの舞台で一定の活躍を残した選手たちがステップアップに成功し、新天地でのチャンスをつかんでいる。そんな中、同メディアはマインツからニューカッスルに移籍した日本代表FW武藤嘉紀をはじめ11選手をピックアップして、10点満点で評価を下した。<br><br>950万ポンド(約14億円)でプレミアリーグに活躍の場を移した武藤について「ヨシノリ・ムトウはワールドカップで躍進した日本チームのメンバーの1人。巧みなパスワークとエネルギッシュなプレーで魅了したサムライブルーで戦ったムトウはプレミアリーグへの挑戦権を手にした」と解説。<br><br>続けて「ムトウにとってまだ十分な時間は経っていないが、今のところ3試合に途中出場した彼はニューカッスル・ユナイテッドにとってポジティブな契約だったように映る」と現状を評価し、10点満点中7点を与えた。<br><br>その他、ドルトムントに移籍したベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが9点、バレンシアにローンで加入したロシア代表FWデニス・チェリシェフが8点。ローマのスウェーデン代表GKロビン・オルセン、リヴァプールのスイス代表FWジェルダン・シャキリ、ブライトン&amp;ホーヴ・アルビオンのイラン代表FWアリレザ・ジャハンバフシュ、インテルのクロアチア代表DFシメ・ヴルサルコ、ローマのフランス代表MFスティーヴン・エンゾンジが7点となっている。<br><br>一方で、モナコに移ったロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンとベルギー代表MFナセル・シャドリ、エバートンのコロンビア代表DFジェリー・ミナは依然としてプレーしていないため、評価されていない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFAアワード、日本がセネガルとともにベストサポーターにノミネート!ロシアW杯でスタンドを清掃

FIFA(国際サッカー連盟)は3日、2018年のザ・ベスト各賞の候補を発表した。ベストサポーター賞の候補には、日本がセネガルとともに選ばれている。<br><br>ベストサポーター候補に選ばれたのは、日本&セネガルのサポーター、ペルーのサポーター、そしてチリ2部プエルト・モントのサポーターであるセバスティアン・カレラ氏。ペルーはロシア・ワールドカップでの熱狂的な応援に選ばれ、また日本とセネガルは同大会で、試合後にスタンドの清掃をするという模範的な行動が評価された。<br><br>その一方でセバスティアン・カレラ氏は、その感動的な応援ぶりによって個人単位で選出されている。プエルト・モントの忠実なサポーターであるカレラ氏は、アウェイ席でたった一人でマフターを掲げ、声を張り上げて応援する姿が映像に映され、世界中で話題となっていた。<br><br>ベストサポーター賞は、9月24日に発表される。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.04 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド代表が発表! ショーやJ・ゴメスらが復帰!《UEFAネイションズリーグ》

▽イングランドサッカー協会(FA)は30日、UEFAネイションズリーグ2018-19に向けたイングランド代表メンバー23名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップで4位入賞を果たしたイングランドは、W杯後最初の公式戦に向けてFWハリー・ケイン(トッテナム)やDFカイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)、MFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)、MFラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)など主力を順当に選出した。 ▽また、W杯後に代表引退を発表したFWジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)、DFギャリー・ケイヒル(チェルシー)の2選手に加え、負傷のGKニック・ポープ(バーンリー)、DFフィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)の2選手、MFアシュリー・ヤング(マンチェスター・ユナイテッド)に代わって、DFルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)、DFジョー・ゴメス(リバプール)、DFジェームズ・タルコウスキ(バーンリー)、GKアレックス・マッカーシー(サウサンプトン)、MFアダム・ララナ(リバプール)が復帰を果たしている。 ▽イングランドは9月8日に行われるUEFAネイションズリーグ・リーグAのグループ4、初戦でスペイン代表と、同11日にスイス代表と国際親善試合を戦う。今回発表されたイングランド代表メンバー23名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆イングランド代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジャック・バトランド</span>(ストーク・シティ) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ピックフォード</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">アレックス・マッカーシー</span>(サウサンプトン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ジョン・ストーンズ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">カイル・ウォーカー</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ジョー・ゴメス</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">トレント・アレキサンダー=アーノルド</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・タルコウスキ</span>(バーンリー) <span style="font-weight:700;">ダニー・ローズ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">キーラン・トリッピアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ハリー・マグワイア</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ルーク・ショー</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">デレ・アリ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">エリック・ダイアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ジェシー・リンガード</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ヘンダーソン</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">アダム・ララナ</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ルベン・ロフタス=チーク</span>(クリスタル・パレス) <span style="font-weight:700;">ラヒーム・スターリング</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ファビアン・デルフ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">マーカス・ラッシュフォード</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">ダニー・ウェルベック</span>(アーセナル) 2018.08.30 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イングランドが2030年W杯立候補へ前向きな姿勢

▽イングランドサッカー協会(FA)は1日、2030年ワールドカップ(W杯)に立候補することを前向きに検討していることを発表した。 ▽2030年W杯にはアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの南米3カ国が共同で、モロッコ、チュニジア、アルジェリアの北アフリカ3カ国が同じく共同で開催したい意向を示している。 ▽1966年大会以来2度目のW杯招致を目指すイングランドのグレッグ・クラークFA会長は次のように述べている。 「先月、FAの理事会は2030年のW杯開催地に立候補することについて、実現可能かを検討することで合意した。今後もこの会議を続けるが、2019年まで決定することはない」 ▽2030年W杯は2026年に行われる北米3カ国によるW杯と同じく48チームが参加し、合計80試合が開催される予定となっている。 2018.08.02 01:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「10年間で何かを変えなければ退屈なスポーツに」グイドリン氏サッカーの将来を危惧

現在、フリーとなっている指揮官フランチェスコ・グイドリン氏が、30日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、現代サッカーの将来を危惧した。<br><br>■代表監督への転身に意欲グイドリン氏は過去に、パレルモやウディネーゼ、モナコ、スウォンジー・シティなど各国リーグで指揮官を歴任してきた。2016年10月以降は無所属となっているが、代表監督への就任を希望している。<br><br>「ここ数カ月、複数のオファーを受け取ったが、断りを入れた。傲慢なつもりはなく、ただ真剣なプロジェクトを望んでいるんだ。例えば、ポーランドサッカーが好きだったので、ポーランドを指揮してみたかった。(最終的にイェジー・ブジェンチェクが新監督に就任)」<br><br>「私は62歳だが、かつてないほど若返ったように感じていて、新たな挑戦をしてみたい。例えば代表監督などね。私が監督業をやめたがっているとの情報を耳にしたが、真実ではない。むしろやりたいよ」<br><br>■ロシアW杯を観戦し、危機感またグイドリン氏は、ロシア・ワールドカップを観戦し、現代サッカーに危機感を感じている。<br><br>「2018年ロシアW杯を見て、ますます確信した。サッカーはこれからの10年間で、何かを変えなければならない。今のままであれば、退屈で受け身なスポーツになってしまうだろう。どのチームも、ピッチ全体を完璧にカバーできるようになったが、失点しないようにという気持ちが強いのか、退屈で活気のない試合を目にした」<br><br>■C・ロナウド派?メッシ派?また近年、バロンドール争いを続けてきたFWクリスティアーノ・ロナウドおよびFWリオネル・メッシについて、自身の見解を示した。<br><br>「C・ロナウド派かメッシ派?私の場合、変わる。クリスティアーノが1番だと思うことがあっても、その後、メッシを見ると、逆転する。チームについても同じかな。私は(ジョゼップ)グアルディオラのマンチェスター・シティも(ユルゲン)クロップのリバプールもどちらとも好きだ。どちらかにつく必要もないよね?」<br><br>■スターのいない伊代表にも希望最後にグイドリン氏は、ロシアW杯出場を逃し、再建中のイタリア代表について語った。<br><br>「私は楽観視している。(ロベルト)マンチーニは素晴らしい指揮官だからね。謙虚に再出発するべきだ。(マッティア)カルダーラ、(ダニエレ)ルガーニ、(ロレンツォ)ペッレグリーニ、(マッテオ)ポリターノなど面白い若手がいる。ただスターがいない。フオリクラッセ(規格外の選手)が出てこないのはなぜだろう。こういう時期なのかな」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.31 19:01 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース