ロシアW杯を盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」がお台場にオープン!2018.06.14 16:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽14日に開幕を迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)を盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」が同日に東京・お台場ウェストプロムナードにオープンした。

▽「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」では4年に1度の世界の祭典に関連したFIFAパートナーによるロシアW杯に関連するブースを展開する「FIFA AREA」、日本代表を応援するサポーティングカンパニーによるブース展開やオフィシャルライセンスグッズの販売が行われる「FOOTBALL FAN AREA」、出場国に関連したフードやドリンクを用意する「WORLD FOOD & BEER GARDEN」の3つのエリアに分かれて様々なコンテンツが展開される。同イベントは今月28日(木)まで開催される。

▽また、19日(火)には日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングイベント「2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VEIWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE」がアクアシティお台場(屋上特設会場)にて開催。元日本代表の中田浩二氏などロシアW杯を盛り上げるスペシャルゲストも登壇し、日本代表に関するトークショーや対戦国のコロンビアにまつわる事前コンテンツの実施が用意されている。両イベントの詳細については以下の通り。

【ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018】
・場所:お台場ウェストプロムナード(〒135-0091 東京都港区台場1丁目8-1)
・開催期間:2018年6月14日(木)~6月28日(木)までの15日間
・運営時間:11:00~21:00予定
・主催:ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 実行委員会
※構成:アディダス ジャパン㈱ / アクアシティお台場(三菱地所リテールマネジメント㈱)
・共催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会
・後援:東京都港湾局
・協賛:アディダス ジャパン㈱、ハイセンスジャパン㈱、ビザ・ワールドワイド、赤城乳業㈱、大東建託㈱、日本航空㈱
・協力:FIFA(国際サッカー連盟)、公益財団法人 日本サッカー協会、駐日コロンビア大使館、PROCOLOMBIA、ポーランド広報文化センター、セネガル大使館

【2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE】
・日時:2018年6月19日(火)
・スケジュール:
開場 19:00~
イベント開始 20:00~
キックオフ 21:00~
終了時間 23:10~

・場所:アクアシティお台場 屋上特設会場
・内容:コロンビア 対 日本におけるパブリックビューイング、対戦国コロンビアにまつわるコンテンツ、サッカー日本代表にまつわるトークショー、特別抽選会など
・会場規模:約2,000名(予定)
・料金:入場無料

※整理券配布などの入場方法、並びに入場条件等の情報に関しては6月14日(木)以降、下記URLにてご案内いたします。
https://shop.adidas.jp/football/world-cup-2018/
コメント
関連ニュース
thumb

ヴァラン、W杯時からモドリッチのバロン受賞に太鼓判

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、同僚のフランス代表DFラファエル・ヴァランとの会話を回想している。フランス『テレフット』のインタビューを、スペイン『マルカ』が抜粋して伝えている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)3連覇の立役者となり、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも獅子奮迅の活躍で母国をファイナルに導いたモドリッチ。タイトルではW杯を制したフランス代表不動のディフェンダーを務めるヴァランに及ばないものの、印象的なパフォーマンスで今年度のバロンドールを獲得した。 ▽『テレフット』の取材に応じたモドリッチは、バロンドール投票を7位で終えたヴァランから、W杯で太鼓判を押されていたことを明かした。 「彼(ラファエル・ヴァラン)は世界最高の選手の1人でありながら、僕のバロンドール受賞を祝福してくれたよ」 「彼自身が勝ち取れなかったことを悲しんではいなかった」 「ワールドカップのあの日(ファイナル)に彼が僕に言ったことを最近思い出したよ。ワールドカップで優勝できなくても、少しの運があれば僕がバロンドールを受賞するだろうってね」 ▽また、モドリッチがトッテナムからマドリーに移籍した2012年夏には、パリ・サンジェルマン(PSG)も獲得を画策。同選手は、その当時を以下のように振り返っている。 「レアル・マドリーからの関心を聞いて、他の全てが重要ではなかった」 「PSGやその他のクラブを攻撃するわけじゃないけど、レアル・マドリーが僕を欲してくれた時はそれが唯一の選択肢だった」 2018.12.11 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ペレ「メッシよりマラドーナのほうが偉大」持論を展開も、歴代ナンバーワンは…

サッカー界のレジェンド、ペレがディエゴ・マラドーナ、そしてリオネル・メッシについてどちらが優れた選手か、自身の見解を示している。<br><br>これまで&ldquo;史上最高のサッカー選手は&rdquo;というテーマが論じられる度、ペレかマラドーナのどちらか、という議論になっていた。ブラジルとアルゼンチンの英雄という図式でもあるため、ペレはマラドーナとの確執もうわさされていた。<br><br>ペレはブラジルメディア『Folha de Sao Paulo』に対し次のように述べ、マラドーナとメッシを比較している。<br><br>「マラドーナは最高の選手だった」と語り、&ldquo;メッシよりも?&rdquo;と問われると「ああ、そうさ。(フランツ)ベッケンバウアーも、(ヨハン)クライフも優れた素晴らしい選手だった」と即答している。<br><br>その一方、あくまで自身がナンバーワンであるという持論は変わらないようだ。<br><br>「やはりペレと比較するなら、右足でも左足でも、そしてヘディングでもしっかりとゴールを決められるような、完成度の高い選手でなければいけないね」<br><br>提供:goal.com 2018.12.07 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

フランスで赤ん坊に「グリーズマン・ムバッペ」と命名?! 政府が禁止を検討

▽フランス政府が、赤ん坊への「グリーズマン・ムバッペ」という命名の禁止に動いているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に大きく貢献したアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ。今では、フランス国民の英雄となっている。 ▽しかし、英雄視しすぎるあまり、フランス南部のブリーブという街に住むある夫妻が、ロシアW杯後に生まれた息子に「グリーズマン・ムバッペ」と命名。これが論争を呼び、「子供の利益を害する」としてフランス政府が同様の命名を禁止する可能性が検討されているという。 ▽なお、当該の夫妻は、裁判所に命じられて名前の変更を選択することとなりそうだ。 ▽また、フランスではヘーゼルナッツが流行っていた2015年にも、ヘーゼルナッツ風味のチョコレート菓子の商品名『ヌテラ(Nutella)』をある夫妻が子供に命名。その際には、裁判所から『エラ(Ella)』に変更するようにとの命令が下されていた。 2018.12.01 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

世論に違和感? デル・ボスケ「メッシ不在ならバロンドールは価値を失う」

▽元スペイン代表指揮官のビセンテ・デル・ボスケ氏が、バロンドールについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽『フランスフットボール』主催のサッカー界最高の個人賞であるバロンドール。過去10年間は、バルセロナFWリオネル・メッシとユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドが5度ずつ受賞するという、独占状態が続いていた。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)が行われた今年は、フランス代表を優勝に導いたアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンやパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ、レアル・マドリーDFラファエル・ヴァラン、クロアチア代表をファイナルまで引っ張り上げたMFルカ・モドリッチが有力とされている。 ▽サッカー界が転換期を迎えることを歓迎する声も大きいが、デル・ボスケ氏は違った意見を持っているようだ。 「(リオネル・)メッシが不在なら非常に驚く」 「世界最高の選手を選出するのでなければ、あの賞は全ての価値を失うと思う」 「ほんの少しだけ、それはおかしい」 ▽なお、今年度の受賞者は、12月3日の表彰式で発表される。 2018.11.30 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、ロシアW杯を苦々しく回想「受け入れられなかった」

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、ロシア・ワールドカップ(W杯)の思い出を苦いものとして回想している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽スペイン代表として131キャップを刻み、2008年のユーロ、2010年のW杯、2012年のユーロを連続で制したイニエスタ。正真正銘の“無敵艦隊”となったスペインはティキ・タカで各国を圧倒しており、イニエスタはアル・サッドMFチャビ・エルナンデスやバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツらと共に心臓部を担っていた。 ▽しかしながら、イニエスタにとって最後のW杯となった今年のロシア大会で、スペインはベスト16で敗退。同大会で指揮を執っていたフェルナンド・イエロ氏は、決勝トーナメントの1回戦ロシア代表戦でイニエスタをベンチに置き、PK戦の末に敗れ去ることとなった。 ▽ロシアW杯を回想するイニエスタは、以下のように悔しさをにじませている。 「ロシアでのワールドカップに良い記憶はない」 「僕をベンチに置く決断や(フェルナンド・)イエロがそうする理由が分からなかった」 「動揺したよ。彼が言ったことが受け入れられなかった」 2018.11.24 13:35 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース