2026W杯は、アメリカ・メキシコ・カナダによる初の三カ国共同開催!2018.06.13 20:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は13日、2026 FIFAワールドカップ(W杯)が、アメリカ、メキシコ、カナダによる3カ国共同開催となることを決定した。

▽これまで、アメリカ・メキシコ・カナダによる3カ国共催案と、モロッコ開催の一騎打ちとなっていたが、13日の総会での投票の結果、前者が2026年W杯開催地として選ばれた。

▽FIFAによると、200票のうち134票が3カ国、65票がモロッコ、残りの1票はどちらにも投票されず、圧倒的多数で3カ国共同開催が決定したようだ。

▽W杯が共同開催となるのは、2002年の日韓W杯以来史上2度目のこととなる。3カ国共同は初めてのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

頭部激突で流血…フランスFWジルーは6針、アメリカDFミアズガは15針

▽試合中に互いの頭部が激突したフランス代表FWオリヴィエ・ジルーと、アメリカ代表DFマット・ミアズガのケガの程度についてフランス『レキップ』とアメリカ『ESPN』が伝えている。 ▽フランス代表とアメリカ代表は9日に国際親善試合で対戦。フランス代表にとってはロシア・ワールドカップ(W杯)本大会前最後の一戦となった。そんな中、55分過ぎにフランスのセットプレー時にゴール前でジルーとミアズガが競り合いの際に頭部を接触。共に頭部から激しく流血し、両選手は大事を取って直後に味方との交代でピッチを後にした。 ▽フランス『レキップ』によると、ジルーは5センチの裂傷のため、6針を縫ったとのこと。一方、アメリカ『ESPN』はミアズガが15針の縫合を受けたことを伝えている。 2018.06.10 09:43 Sun
twitterfacebook
thumb

トランプ大統領がW杯開催に向け他国を牽制「我々を支持しない国々を…」

▽様々な発言が注目を集めているアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領。自身のツイッター(@realDonaldTrump)でサッカーにも口を出してきた。 ▽アメリカは、2026年のワールドカップ開催でカナダ、メキシコとの3カ国共催で立候補をした。開催地は6月13日にモスクワで国際サッカー連盟(FIFA)により正式発表されるが、モロッコも名乗り上げている。 ▽当初はアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共催が本命だったが、移民政策など政治的な影響もありモロッコにも支持が集まっているとのこと。そのことを受け、トランプ大統領が自身のツイッターで牽制した。 「アメリカは2026年のワールドカップ開催のため、カナダとメキシコとの共催で強力な入札を行った。我々がいつも支援している国がアメリカの立候補に反対したならば、それは残念だ。我々を支持しない国々を支援する必要はあるのだろうか?」 ▽政治不介入とは言われているものの、思い切り口を出したトランプ大統領。1994年以来となる開催となれば、国としても多いなスポーツイベントとなるだけに、口を出さずには居られなかったのだろう。 2018.04.28 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

プリシッチがドノバン超え! 史上最年少でアメリカ年間最優秀選手に選出!

▽アメリカサッカー連盟(USSF)は14日、ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(19)がアメリカ年間最優秀選手に選出されたことを発表した。 ▽この賞は選定された記者、元選手のほか男子代表とユース代表の監督、今年アメリカ代表のキャップ数を得た選手、メジャーリーグ・サッカーの監督らによって投票された。94%の支持を得たプリシッチは、史上最年少記録を更新。これまでの最年少は2003年に当時21歳で受賞していた元アメリカ代表FWランドン・ドノバン氏であった。 ▽年間最優秀選手に輝いたプリシッチは、USSFの公式サイトに以下のように喜びを口にしている。 「とても光栄だよ。僕に投票してくれた全ての人に感謝したい。この賞をもらえるとは思ってもいなかったし、僕を支えてくれた全ての人にお礼が言いたい。将来を楽しみにしているよ」 ▽プリシッチは2016-17シーズンにトップチームデビューを果たし、25試合3ゴール3アシスト、アメリカ代表としては公式戦9試合に出場して6ゴール4アシストをマークしている。また、今シーズンにおいてはドルトムントでここまで公式戦21試合に出場して3ゴール1アシストを記録している。 2017.12.16 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯出場を逃した強豪国が集結!? アメリカサッカー連盟がプレ大会開催を検討

▽アメリカサッカー連盟(USSF)が、来年行われるロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃した国々を集めて大会を開催することを検討しているようだ。『ESPN』が報じた。 ▽間もなく本大会に出場する全32カ国が決定するロシアW杯。今回の予選でも、イタリア代表が1958年大会以来、オランダが2002年大会以来、コパ・アメリカ連覇中の南米王者チリが本大会への出場を逃すなど、いくつもの波乱がすでに起きている。 ▽そんな中、同じく1986年大会以降初めてW杯出場を逃したアメリカ代表のサッカー連盟がロシアW杯の前に大会の開催を検討。同代表を含めたW杯出場を逃したイタリア、オランダ、ガーナ、チリなどの強豪国とアメリカに近い南米・北中米を中心にいくつかの本大会出場国を招待して、大会もしくは親善試合という形で開催することを模索しているとのことだ。 2017.11.15 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アメリカ女子代表の美人GKソロが元FIFA会長からのセクハラを告白「お尻を掴まれた」

▽アメリカ女子サッカーを代表する選手であり、アメリカ女子代表の守護神であるGKホープ・ソロが、国際サッカー連盟(FIFA)の元会長であるゼップ・ブラッター氏のセクハラを訴えた。イギリス『BBC』が報じた。 ▽その美貌にも注目され、雑誌の表紙を飾るなどメディアにも多く登場するソロ。アメリカ女子代表としてもワールドカップの優勝やオリンピックの金メダルなど、プレーヤーとしても数々の実績を残している。 ▽モデルの様な美貌に男性ファンも釘付けになりがちだが、FIFAの元会長も例外ではなかった様。しかし、度を行き過ぎた行為があったとのことで、ソロは2013年のバロンドール授賞式で事件が起こったと告白した。 ▽ソロはポルトガル『エクスプレッソ』のインタビューにて、事件を告白。ブラッター元会長からセクハラがあったことを明かした。 「私はゼップ・ブラッターにお尻を掴まれたの」 「私はプレゼンテーションがあるから緊張していたの。それはバロンドールのプレゼンテーションだったわ」 「そのあと、私は彼に会っていなかったの。それが良くなかったわ。私は彼に直接「私に触らないでください」と伝えられなかったの」 ▽また、ソロは女子サッカー界で同様の問題が横行していると告白した。 「私はキャリアを通してそういったものを見てきた。ハリウッドで起きていることだけではないの」 「過去数年間、女子選手はデートし、監督は明らかにしていないけど、大学の監督と結婚をしているわ。特に若い選手とね」 「監督だけじゃなく、トレーナー、ドクター、報道官というのも見たことがあるし、ロッカールームでも見たことがあるわ。なぜもっと多くの選手が話さないのかがわからないの」 2017.11.11 14:28 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース