アーセナルがウルグアイ代表MFトレイラ獲得に迫る!2018.06.13 06:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルがサンプドリアのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(22)の獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽2015年にペスカーラでプロデビューを飾ったトレイラは、翌年にサンプドリアへ加入。168cmと小柄ながらも機動力と読みを利かせた抜群の守備に加え、優れた戦術眼と両足から繰り出される正確なパスにも定評があるセントラルMF。今季はリーグ戦36試合に出場し4ゴール1アシストを記録した。

▽また、今年に入ってウルグアイ代表デビューを飾ると、ロシア・ワールドカップのメンバー入りも果たしている。

▽セリエA若手屈指のレジスタと評される逸材MFには、インテルやナポリ、ローマ、ドルトムントが獲得に関心を示していたが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は3000万ユーロ(約39億円)でのアーセナル行きが迫っていると伝えている。

▽また、一部では選手本人との交渉が難航しているとの報道も出ていたが、12日午後に行われたアーセナルとトレイラの代理人の交渉によって個人間での合意にも迫っているという。

▽先日にユベントスからスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーの獲得を決めたアーセナルだが、今夏2人目の新戦力もセリエAからの補強となるのか…。

コメント

関連ニュース

thumb

【プレビュー】新指揮官を迎え好対照のスタートを切った“スモールロンドン・ダービー”《チェルシーvsアーセナル》

▽プレミアリーグ第2節、チェルシーvsアーセナルが日本時間18日25:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。新指揮官を迎え好対照のスタートを切った昨季5位のチェルシーと6位アーセナルによる“スモールロンドン・ダービー”だ。 ▽今季、サッリ新監督を迎えたチェルシー。開幕前のコミュニティー・シールドでは王者マンチェスター・シティに力の差を見せ付けられる敗戦を喫したものの、ハダースフィールドとの敵地での開幕戦はMFカンテ、MFジョルジーニョ、FWペドロの3ゴールによって快勝。ゲームコントロールや守備時の振る舞い、低調な出来に終わったFWモラタと幾つか課題は出たとはいえ良い形でシーズンのスタートを切った。とはいえ、開幕戦では相手のクオリティ不足に救われた面も少なからずあり、ホーム開幕戦となる今回のダービーが今後の戦いに向けた試金石となるはずだ。 ▽一方、エメリ新監督を迎えたアーセナルはシティとのホームでの開幕戦で0-2というスコア以上の完敗を喫して大きな不安を残す船出となった。MFグエンドウジやMFトレイラといった新戦力がポテンシャルの一端を垣間見せた一方、MFエジルやMFムヒタリアンは相変わらずビッグマッチでの存在感の希薄さを露呈。また、プレシーズンに機能していたカウンターもシティの素早い切り替えを前に機能せず。さらに、連動したシティのプレスに対して後方からのビルドアップに固執した点が識者から辛辣な批判を浴びる結果となった。シティ同様にハイプレスを特長とするサッリ監督のチームに対して、エメリ監督がいかに修正を施してくるかに注目したいところだ。 ▽なお、1930年代からビッグロンドン・ダービーと認知されるチェルシーとアーセナルのローカル・ダービーは、アブラモビッチ体制移行後のチェルシーの急速な成長を受けて、2000年代は大きな盛り上がりを見せた。しかし、ここ数年はアーセナルの低迷とトッテナムの台頭により、真のビッグロンドン・ダービーはチェルシーとトッテナムではないかとの声も挙がっている。とりわけ、今季は共にヨーロッパリーグ参戦を強いられるため、“スモールロンドン・ダービー”とも揶揄される。その屈辱を晴らすうえでも今回のダービーではハイレベルの戦いを期待したい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">チェルシーvsアーセナル観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【4-3-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180818_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ケパ DF:アスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ MF:カンテ、ジョルジーニョ、バークリー FW:ペドロ、モラタ、アザール 負傷者:MFセスク 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはヒザを痛めているセスクの欠場が濃厚だ。また、マッチフィットネスの問題で新戦力コバチッチとジルーに関しても欠場あるいはベンチスタートの可能性が高い。 ▽スタメンに関してはハダースフィールド戦と同じメンバーの起用が濃厚だが、そのハダースフィールド戦で途中出場を果たしてコンディションを整えてきたエースのアザールがウィリアンに代わって初先発する模様だ。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【4-1-4-1】</div> ▽アーセナル予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180818_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チェフ DF:ベジェリン、ムスタフィ、パパスタソプーロス、リヒトシュタイナー MF:エジル、ラムジー、トレイラ、グエンドウジ、オーバメヤン FW:ラカゼット 負傷者:DFコシエルニー、コラシナツ、モンレアル、MFナイルズ、FWウェルベック 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては開幕戦を欠場したメンバーに加えて、同試合で負傷したナイルズが欠場する。ただ、練習復帰したモンレアルに関しては復帰の可能性があるようだ。 ▽システムとスタメンに関してはシティ戦の出来を受けて、[4-1-4-1]への変更が想定される。アンカーに移籍後初先発のトレイラが起用され、ラムジー(ジャカ)とグエンドウジと3センターを組み、シティ戦で精彩を欠いた攻撃陣ではムヒタリアンに代わってラカゼットが最前線で起用される見込みだ。 ★注目選手 ◆チェルシー:MFエンゴロ・カンテ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180818_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシーの注目プレーヤーはサッリ新体制で新たな役割を担うカンテだ。コンテ体制では[3-3-2-2]のアンカーや[3-4-3]のセントラルMFと守備的なタスクを担ってきたフランス代表MFだが、サッリ監督の下では[4-3-3]の右インサイドハーフを務めている。ナポリ時代にブラジル人MFアランが主に務めた同ポジションは豊富な運動量で味方にパスコースを作る動き、前線の選手がワンタッチで叩くボールをサイドや後方のMFジョルジーニョら周囲の選手にシンプルに繋ぐマイボール時のプレー、守備時は球際でボールを奪い切る力、素早い切り替えの意識が求められる、カンテにとって最も適した役割だ。 ▽ショートパスの精度やポジショニングの繊細さなど改善点は少なくないが、これまでにない積極的な攻撃参加で開幕戦ゴールを記録するなど、早くも新たなカンテの姿が出てきている。今回のアーセナル戦では素早い攻守の切り替えやカバーリングなど守備面での貢献がより求められる展開になりそうだが、機を見た攻撃参加で決定的な仕事を果たしダービーの主役になりたい。 ◆アーセナル:MFルーカス・トレイラ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180818_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アーセナルの注目プレーヤーは、移籍後初先発が決定的なトレイラだ。サンプドリアでのブレイク、ロシアW杯での印象的なパフォーマンスをキッカケに自身初のビッグクラブであるアーセナル移籍を勝ち取ったウルグアイ代表MFはやや試合の流れが決定付いていたとはいえ、ほぼぶっつけ本番で臨んだ開幕戦でガナーズファンに希望を与えるパフォーマンスを見せた。 ▽168cmと小柄ながらも機動力とボール奪取力、読みを利かせた抜群の守備に加え、優れた戦術眼と両足から繰り出される正確なパスを武器とするレジスタはここ最近のアーセナルに欠けていた重要なピースでもあり、今回のダービーではカンテやジョルジーニョといった一線級のセントラルMFを相手に存在感を示したい。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">チェルシーvsアーセナル観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.18 13:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第2節プレビュー】新指揮官を迎えたブルーズvsアーセナルのダービー! マンチェスター勢&スパーズ連勝なるか

▽先週末に待望の新シーズン開幕を迎えたプレミアリーグでは昨季王者マンチェスター・シティが新生アーセナルに快勝して好発進を見せると、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、チェルシーと前述のアーセナルを除く昨季トップ6が揃って白星発進を飾った。今節ではトップ6を含めた実力チームが連勝、開幕戦で勝利を逃したクラブが初勝利を目指す。 ▽第2節最注目の一戦はチェルシーvsアーセナルの“ビッグロンドン・ダービー”だ。共にトップ4フィニッシュを逃す昨季の失態を受けてチェルシーがサッリ監督、アーセナルがエメリ監督を新指揮官に迎えて臨んだ開幕戦ではチェルシーが格下ハダースフィールド相手に新戦力ジョルジーニョのPK弾などで3-0の快勝を収めた一方、昨季王者シティをホームで迎え撃ったアーセナルは0-2というスコア以上の差を見せつけられる完敗で黒星発進を強いられた。 ▽今季のホーム開幕戦をダービーでスタートするチェルシーはハダースフィールド戦で新司令塔ジョルジーニョ、新たな役割を与えられたMFカンテらが好パフォーマンスを見せた一方、ゲームコントロールや守備の規律に関しては相手の不出来に助けられた面があり、今回のアーセナル戦が試金石となるはずだ。また、直近2つの公式戦で精彩を欠くFWモラタも不安材料の1つだ。一方、シティ相手に後方から繋ぐ戦い方が機能せず、いきなり識者の批判を浴びたエメリ監督は戦術面での修正が急務だ。それでも、新加入ながら上々のプレーを見せたMFグエンドウジやMFトレイラ、DFリヒトシュタイナーが少なからずポジティブな要素を与えており、今回のダービーでは選手選考に注目したい。 ▽前述のアーセナルに敵地で快勝を収めて白星発進のシティは連勝を目指すホーム開幕戦でチェルシーに大敗したハダースフィールドと対戦。後方からのビルドアップ、プレッシング、アタッキングサードでのプレー精度と同じアプローチを試みた新生ガナーズに格の違いを見せつけたシチズンズは、MFシルバやDFコンパニ、DFオタメンディら頼れるベテラン勢が今節からの登場が見込まれる。その一方で、今週の練習中に絶対的司令塔デ・ブライネがヒザを痛めて長期離脱の可能性が伝えられているのは痛恨だ。そのため、ハダースフィールド戦では開幕戦で好パフォーマンスを見せたMFベルナルド・シウバなど代役の活躍に期待したいところだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽今夏の積極補強によってシティの有力な対抗に挙がるリバプールは新生ウェストハムをアンフィールドで完膚なきまでに粉砕する4-0の快勝で最高のスタートを切った。そして、連勝を目指すチームは同じくフルアムとの開幕戦を2-0で快勝したクリスタル・パレスとのアウェイゲームで連勝を目指す。他のビッグクラブに比べてW杯で上位まで勝ち進んだ選手が少なく万全の準備で初戦に臨んだクロップ監督率いるチームはFWフィルミノにゴールがなかったものの、昨季得点王のFWサラー、新10番のFWマネ、捲土重来を図る控えFWスタリッジと前線の選手にいきなりゴールが出たことが朗報だ。さらに新戦力のGKアリソン、MFナビ・ケイタも上々のデビューを飾った。一方、元リバプール指揮官のホジソン監督の下で昨季からの継続路線を採ったパレスも今夏残留を選んだエースFWザハらが好パフォーマンスを見せており、難敵リバプール相手のホーム開幕戦で好勝負を期待したい。 ▽昨季2位からの覇権奪還を目指すマンチェスター・ユナイテッドはレスター・シティとのホームでの開幕戦を2-1で制したものの、終始相手に押し込まれる内容と勝ち点3以外にプラス材料は少ない。そのため、格下ブライトンとの今節では連勝に加えて内容面での説得力が求められる。MFマティッチやDFバレンシアなど引き続き一部主力の起用は難しいが、前節途中出場の主砲ルカクらに先発の可能性もあり、FWサンチェス、MFポグバを含め圧倒的な個の共演で圧倒したい。 ▽前述のユナイテッドと同様にニューカッスルとの開幕戦では勝ち点3以外にプラス材料の少なかったトッテナムは仮本拠地ウェンブリー・スタジアムで迎えるホーム開幕戦で昇格組フルアムとのダービーに挑む。今夏補強ゼロに終わったポチェッティーノ監督率いるチームはニューカッスル戦でW杯出場組の主力を揃って起用。MFデレ・アリやDFヴェルトンゲンが好パフォーマンスを見せた一方、8月を苦手とするエースFWケインらを筆頭にそれ以外のメンバーはコンディションが上がり切っていない印象だ。そのため、フルアム戦ではその主力がこの一週間でどこまでコンディションを上げてきたか注目したい。一方、今夏ウォルバーハンプトンと共に積極補強を敢行したフルアムだが、パレスとの開幕戦ではFWシュールレやMFセリ、DFチャンバースら新戦力がフィットし切っていない状況であり、チームとして形を成すには時間を必要としそうだ。 ▽日本人選手の所属する3クラブではサウサンプトンが引き分けたものの、ニューカッスルとレスターが揃って上位クラブに敗れ黒星スタートに。迎える今節では今季初勝利を目指す。開幕戦で唯一出場機会があったFW武藤嘉紀を擁するニューカッスルは敗戦スタートの昇格組カーディフと対戦。81分から途中出場でデビューの武藤は前線からのプレッシングや縦への仕掛けなどインパクトを残しており、今節では先発もしくはより出場時間の増加が見込まれる。また、コンディションの問題で開幕戦を共にベンチ外となったDF吉田麻也、FW岡崎慎司に関しては今節での初出場と共にチームの勝利に貢献する働きを期待したい。(岡崎は欠場濃厚…)なお、サウサンプトンはエバートン、レスターはウォルバーハンプトンと今夏積極補強を敢行した難敵との対戦だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第2節 ▽8/18(土) 《20:30》 カーディフ vs ニューカッスル 《23:00》 バーンリー vs ワトフォード エバートン vs サウサンプトン レスター・シティ vs ウォルバーハンプトン トッテナム vs フルアム ウェストハム vs ボーンマス 《25:30》 チェルシー vs アーセナル ▽8/19(日) 《21:30》 マンチェスター・シティ vs ハダースフィールド 《24:00》 ブライトン vs マンチェスター・ユナイテッド ▽8/20(月) 《28:00》 クリスタル・パレス vs リバプール 2018.08.18 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリがアーセナルからコロンビア代表GKオスピナを獲得! ラツィオとの開幕戦でいきなりデビューも

▽ナポリがアーセナルからコロンビア代表GKダビド・オスピナ(29)を獲得した。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が17日、自身の公式ツイッターでコロンビア人守護神の加入を明かした。 ▽なお、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、オスピナは買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍となる。 ▽2008年から2014年までニースの守護神を務めたオスピナはブラジル・ワールドカップ(W杯)後にアーセナルに加入。同クラブではGKヴォイチェフ・シュチェスニー(現ユベントス)、GKペトル・チェフのバックアッパーを担い、ここまで公式戦70試合に出場。しかし、今夏クラブがレバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノを獲得したことで、第3GKに序列を落としていた。 ▽そして、以前から退団を希望してきたオスピナにはベシクタシュ行きが盛んに報じられてきたが、2度のW杯に出場し代表90キャップを誇る百戦錬磨の守護神はナポリを新天地に選んだ。 ▽ナポリは今夏、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナがミランに移籍。さらに、新守護神候補のGKアレックス・メレトが負傷離脱しており、トップチームにはGKオレスティス・カルネジスを除き起用できる選手がいなかった。 ▽なお、すでにチームに帯同しているオスピナは書類上の手続きに問題がなく選手登録が可能な場合、18日に行われるセリエA開幕節のラツィオ戦でいきなりデビューを飾る可能性もあるようだ。 2018.08.18 04:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントス、アーセナル下部組織から逸材FW獲得!

▽ユベントスがアーセナルからU-20イングランド代表FWステフィー・マヴィディディ(20)を完全移籍で獲得した。アーセナルが17日、クラブ公式サイトで同選手のユベントス入りを伝えた。 ▽アーセナルの下部組織出身のマヴィディディはトップチームでのプレー機会はなく、チャールトンやプレストンとイングランドの下部カテゴリーへのレンタル移籍を繰り返していた。また、イングランドの世代別代表の常連である同選手は現在、U-20チームでプレーしている。 ▽180cm代前半のサイズながら卓越したスピードとドリブルスキルに長けた逸材は、ユベントスのリザーブチームに加入し、イタリアでの新たなキャリアをスタートすることになる。 2018.08.18 01:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ついに退団…アーセナルFWジョエル・キャンベルがフロジノーネに完全移籍

▽フロジノーネは17日、アーセナルのコスタリカ代表FWジョエル・キャンベル(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽キャンベルは、コスタリカのサプリサから2011年8月にアーセナルに完全移籍。しかし、ロリアンやレアル・ベティス、オリンピアコス、ビジャレアル、スポルティング・リスボンとレンタル移籍を繰り返した。 ▽アーセナルでは在籍期間7年間で公式戦通算40試合に出場し4ゴール6アシストを記録。オリンピアコスやベティスなどレンタル先のクラブでの出場機会の方が多かった。セリエAは初挑戦となる。 ▽また、コスタリカ代表として79試合に出場し15ゴールを記録。ロシア・ワールドカップでも2試合に出場していた。 2018.08.17 21:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース