2部降格ストーク、今夏ウルブスが買い取ったFWアフォベを半年間のレンタルで獲得!2018.06.13 04:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからチャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するストーク・シティは12日、ウォルバーハンプトンからDRコンゴ代表FWベニク・アフォベ(25)を買い取り義務付きの半年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽アーセナルのアカデミー出身のアフォベは、いくつかのクラブへのレンタル移籍を経て2015年にチャンピオンシップのウォルバーハンプトンに加入。その後、2016年にはボーンマスに完全移籍で加入したものの、今年1月に買い取りオプション付きのレンタルで再び古巣に復帰し、チャンピオンシップ16試合の出場で6ゴールを挙げる活躍をみせ、クラブのチャンピオンシップ優勝と共にプレミアリーグ昇格に貢献した。

▽そして、今夏にウォルバーハンプトンは買い取りオプションを行使してボーンマスからアフォベを完全移籍で獲得したものの、すぐさま売りに出すことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

イングランドの名守護神・バンクス氏が81歳で死去…イングランドにW杯優勝をもたらす

かつてはイングランド代表の守護神として活躍し、1966年のイングランド・ワールドカップ優勝メンバーでもあるゴードン・バンクス氏が11日に亡くなった。81歳だった。 バンクス氏は、1955年に18歳でチェスターフィールドに加入。1959年にレスター・シティへと移籍すると、1964年にリーグカップ優勝。1966年にストーク・シティへと移籍すると、1972年にもリーグカップを制覇した。 その後は、南アフリカのヘレニックFCやアメリカのフォートローダーデール・ストライカーズ、アイルランドのセント・パトリックスなどでプレー。1978年に現役を引退した。 イングランド代表としても活躍し、73キャップを記録。前述の通り1966年のイングランド・ワールドカップで優勝に貢献。1970年のメキシコ・ワールドカップではベスト8に終わったが、ブラジル代表戦では圧巻のパフォーマンスでペレのゴールをセーブ。後に、ペレから「今までで見た最高のセーブ」と称されていた。なお、個人として1966年から6年連続でFIFA年間最優秀GKに選ばれていた。 引退後はテルフォード・ユナイテッドで監督を務めた後、2000年2月からは古巣のストーク・シティでクラブの会長を務めていた。 ストーク・シティのピーター・コーツ会長はバンクス氏の氏に対し哀悼の意を表した。 「ゴードンは、イングランドサッカーだけでなく、世界中で象徴的な人物であり、彼を失いとても悲しい思いです」 「彼がゴールキーパーとしてどれほど優れているのかを知っているのは、私の世代の人々だけではありません。あらゆる年齢の人々が、ゴードンについて敬意を表して語っていました。彼は傑出しており、ストーク・シティでプレーするのを見ることは名誉でした」 「彼はまた、我々の街の熱心なサポーターでもあり、彼の第二の故郷でした。そして、彼らはフットボールファンではない地元の全ての分野の人々に惜しまれています」 2019.02.12 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

38歳クラウチ、残留争いのバーンリーにレンタルで加入!

バーンリーは1月31日、チャンピオンシップ(イングランド2部の)ストーク・シティから元イングランド代表FWピーター・クラウチ(38)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 2メートルを超える長身FWのクラウチは、これまでリバプールやトッテナム、ストーク・シティで活躍。今季はチャンピオンシップで23試合に出場して1ゴールのみだが、プレミアリーグ通算で106ゴールを挙げている実績十分のストライカーだ。 バーンリーは現在、プレミアリーグで降格圏に位置する18位のカーディフと4ポイント差の17位に位置しているが、クラウチの活躍で残留を果たせるか。 一方、バーンリーはストークにウェールズ代表FWサム・ボークス(29)を完全移籍で放出したことを発表している。9番を背負っていたボークスは今季ここまでプレミアリーグ20試合に出場して3ゴールを挙げていた。 2019.02.01 04:53 Fri
twitterfacebook
thumb

ストーク、ケガに悩まされ続ける元オランダ代表MFアフェライとの契約を解除

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するストーク・シティは28日、元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライ(32)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2004年2月にPSVでトップチームデビューを果たしたアフェライは、2006-07シーズンにヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞した。2011年12月にはバルセロナに完全移籍を果たすも、十分な出場機会を得ることができず、シャルケ(2012-13)、オリンピアコス(2014-15)に期限付き移籍。その後、2015年7月にストークへと加入。 加入1年目となった2015-16シーズンは、リーグ戦31試合に出場し、2得点3アシストを記録したが、その後はヒザのケガに悩まされ、出場機会が激減。昨シーズンはわずか公式戦6試合の出場にとどまると、今シーズンもここまで出場機会がなかった。 2019.01.29 03:02 Tue
twitterfacebook
thumb

チャンピオンシップで“噛み付き”発生! …主審の裁定は?

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)の試合中に、愚行が行われた。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽その出来事があった試合は、11月28日に行われたチャンピオンシップ第19節ストーク・シティvsダービ・カウンティ。前半33分にストークのMFエテボが1発退場になり、両選手がヒートアップする事態に。そして、ウェールズ代表MFでも活躍するストークMFジョー・アレンがダービーMFブラッドリー・ジョンソンと接触したところ、ブラッドリーがジョー・アレンの首筋をガブリ。主審の眼前で噛み付き行為をはたらいた。 ▽しかし、かなり明確だったこの悪質なファールに対して、審判の裁定はイエローカード留まり。また、噛み付かれた側のジョー・アレンにも同じタイミングでイエローカードが提示されている。 ▽“噛み付き”と言えば、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが有名だが、同選手が初めてその行為に及んだアヤックス時代には、7試合の出場停止に。また、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)でも同じ愚行を犯した際には、4か月間のサッカー活動禁止という重い処分が下されていた。 2018.11.30 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

シャキリ、リバプールにリスペクト求める「僕はバイエルンでプレーしていた」

▽リバプールに所属するスイス代表FWジェルダン・シャキリが、バイエルン時代に受けていた愛情をリバプールにも要求している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨シーズンまで所属していたストーク・シティがチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したシャキリは、今シーズンからリバプールに加入。しかし、ここまでの公式戦でのプレー時間は388分間(約4試合相当)と、ポジション確保には至っていない。 ▽インタビューに応じたシャキリは、リバプールでも自身がリスペクトされるべきだと語った。 「ストークが降格したことは、クラブや自分自身にとって非常に悪い経験になった。彼らが(プレミアリーグに)早く戻ってくることを願うよ。でも、あそこであんな目に遭ったとしても、僕はチャンピオンズリーグウィナーだ。リスペクトされるに相応しいと思う」 「僕は、ミュンヘンにある世界最大級のクラブの1つでプレーしていた。そして今、またしてもビッグクラブでプレーしている」 「だから、リバプールのシャツには何らプレッシャーを感じないよ」 「ミュンヘンに戻った時には、あそこのファンからは愛情を感じる。ここ(リバプール)でも同じものが欲しい」 ▽シャキリは、2012年から2015年まで所属していたバイエルンでは、公式戦通算81試合17ゴール19アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)を制した2012-13シーズンには、公式戦39試合8ゴール13アシストの活躍を披露していた。 2018.11.04 21:50 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース