【超WS的! ロシアW杯出場国ガイド】vol.10/オーストラリア代表: 指揮官交代は吉と出るか凶と出るか2018.06.12 23:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘がより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。10カ国目は、オーストラリア代表を紹介する。

◆オーストラリア代表
監督:ベルト・ファン・マルバイク
主将:ミル・ジェディナク
予選成績:6勝/5分け/1敗
W杯出場数:4大会連続5回目
W杯最高位:ベスト16
FIFAランク:40位

◆センターラインを固定できるか
(C)CWS Brains,LTD.
▽4大会連続5度目のW杯に挑むアジア屈指のタレントを誇るサッカルーズだが、予選終了後の監督交代の影響が気がかりだ。この変化をプラスに変えて2006年大会以来のベスト16進出を目指す。

▽2013年から指揮を執るポステコグルー前監督(現横浜FM)の下で熟成路線の道を選んだオーストラリアだが、今大会では日本とサウジアラビアと同居した3次予選グループBを3位で終え、グループA3位シリアとの4次予選行きを強いられると、2戦合計2-2となった中、延長戦を英雄ケイヒルのゴールで勝ち切り、大陸間プレーオフに進出。そして、北中米カリブ海予選突破のホンジュラスとの本大会行きを懸けた大一番を制して辛くもW杯進出を果たした。ただ、予選終了後の昨年11月に協会との確執からポステコグルー前監督が辞任し、後任にはサウジアラビアをW杯進出に導きながらこちらも協会との確執から予選後に辞任したファン・マルバイク監督を招へいするドタバタ劇を演じた。

▽ポステコグルー体制では3バックを採用していたものの、ファン・マルバイク監督就任以降は[4-2-3-1]と[4-3-3]を基本布陣としている。ただ、オランダ人指揮官は前体制の後方からショートパスを繋いでいくスタイルに手を加えておらず、大幅なモデルチェンジではなくあくまでマイナーチェンジとなっている。

▽守備陣ではアジア屈指の守護神ライアン、左右のサイドバックを担うリズドン、ベヒッチの3選手に関してはレギュラーの立ち位置だが、センターバックに関してはミリガン、デゲネク、セインズベリー、ジャーマンと複数の選手が試されており、本大会までに最適な組み合わせを模索する見込みだ。

▽中盤ではキャプテンのジェディナクとムーイのセントラルMFコンビにルオンゴが絡み、2列目では右ウイングのレッキーとトップ下のロギッチが当確。1トップを含めてそれ以外のポジションをユリッチ、ナバウト、クルーズ、ケイヒルといった特長の異なるアタッカーが争っている。

◆超WS的注目プレーヤー
MFアーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)
Getty Images
▽Jリーグ経験者のミリガン、デゲネク、ナバウト、ヴコビッチ、英雄ケイヒルと馴染み深い選手を推したいところだが、チーム屈指のタレントである司令塔のムーイを注目プレーヤーに挙げたい。

▽母国メルボルン・シティの活躍をキッカケにマンチェスター・シティ移籍を勝ち取ったムーイは、世界屈指のシティで出場機会を与えられることはなかったものの、昨季レンタルで加入したハダースフィールドでプレミア昇格に貢献を果たすと、今季は自身初のプレミアリーグで36試合4ゴール3アシストと堂々たる活躍を披露。卓越したパスセンスと戦術眼、ボールスキルを武器にアンカーやセントラルMFで繋ぎと崩しの起点を担う司令塔のパフォーマンスが今大会におけるサッカルーズ浮沈のカギを握る。

◆登録メンバー
GK
1.マシュー・ライアン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)
12.ブラッドリー・ジョーンズ(フェイエノールト/オランダ)
18.ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー)

DF
2.ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス/日本)
3.ジェームズ・メレディス(ミルウォール/イングランド)
5.マーク・ミリガン(アル・アハリ/サウジアラビア)
6.マシュー・ジャーマン(水原三星ブルーウィングス/韓国)
16.アジズ・ベヒッチ(ブルサシュポル/トルコ)
19.ジョシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー)
20.トレント・セインズベリー(グラスホッパー/スイス)

MF
22.ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ/イングランド)
15.ミル・ジェディナク(アストン・ビラ/イングランド)
10.ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
8.マッシモ・ルオンゴ(QPR/イングランド)
13.アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)
23.トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)

FW
4.ティム・ケイヒル(ミルウォール/イングランド)
7.マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
9.トミ・ユリッチ(FCルツェルン/スイス)
11.アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ/日本)
14.ジェイミー・マクラーレン(ダルムシュタット/ドイツ)
17.ダニエル・アルザニ(メルボルン・シティ)
21.ディミトリ・ペトラトス(ニューカッスル・ジェッツ)

◆グループステージ日程
▽6/14
《19:00》
vsフランス代表
@カザン・アリーナ

▽6/21
《21:00》
vsデンマーク代表
@サマーラ・アリーナ

▽6/26
《23:00》
vsペルー代表
@フィシュト・スタジアム

★いそっぺFCロシアW杯篇~オーストラリア代表~

コメント

関連ニュース

thumb

“強力なグループ“で負けなしの日本を独誌も称賛「アウトサイダーと見られていたが…」

日本代表は現地時間24日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループHでセネガル代表と対戦し、2-2で引き分けた。ドイツ誌『キッカー』は日本の戦いぶりを高く評価している。<br><br>日本はセネガル戦では早い段階で先制されるも、34分にはMF乾貴士がW杯初ゴールをマークし、1-1の同点で後半へ。71分には再びリードを奪われたが、途中出場のMF本田圭佑が乾のアシストからネットを揺らし、試合はドローで決着を見た。この結果、日本はグループリーグ突破に向けて大きく前進している。<br><br>『キッカー』はそんな日本について「W杯のポジティブなサプライズの1つ。強力なチームが立ち向かうこのグループで、極東のチームは大会前こそアウトサイダー的な存在と見られていたが、2戦を消化した時点で、少なくとも互角であることを示した」と前評判を覆したとの見解を示した。<br><br>選手採点では、1ゴール1アシストの乾に「2.5」と両チーム単独最高点を与え、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出。寸評では「タカシ・イヌイは2ゴールに直接絡んだ上、一対一の局面でも力強く、高いパス成功率を維持。クロスバーに当てたシュートは惜しかった」と、決定的な存在だったことを強調している。<br><br>同誌はまたDF吉田麻也、MF長谷部誠のパフォーマンスを「3」とし、DF酒井宏樹にも「3.5」と及第点。単独ワーストの「5」と酷評されたGK川島永嗣を除き、ほかの評価対象となった選手たちは全員「4」とやや低めの採点だった。セネガル側ではFWサディオ・マネが「3」で単独トップ、GKカディム・エンディアエが「4.5」と単独ワーストとなっている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.25 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

サッカルーズの化身現る! 逆転突破目指すオーストラリア代表も追加招集検討?

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループCで逆転突破を目指すオーストラリア代表に吉兆があったようだ。 ▽現在、グループCで1敗1分けの3位に甘んじるオーストラリアは最終節のペルー代表戦での勝利且つ、同時刻開催の試合で2位デンマーク代表がフランス代表に敗れると、得失点差や総得点次第で逆転突破が決まるという微妙な立場にいる。 ▽自力での突破が絶望的な状況に多くのオーストラリア国民はやや諦めムードも漂っているが、そのサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)に吉兆があったようだ。 ▽オーストラリア『BarTVsports』は公式ツイッター『@BarTVsports』で、同国のセミプロリーグのキャンベラFCvsベルコナン・ユナイテッドでサッカルーズの化身が現れたことを伝えた。 ▽『BarTVsports』の短い動画には前述の2チームの試合でピッチ上にサッカルーズのイメージキャラクターである、カンガルーがピッチ内に侵入した様子が映っていた。 ▽始めは観客席付近を跳び回っていたカンガルーだが、ふてぶてしい様子でペナルティエリア内に寝そべると、運営スタッフがサッカーボールで追い払おうと蹴ったボールを巧みな体捌きや尻尾捌きでコントロール。その後、一度はピッチ外に出たものの再びピッチに侵入し、ピッチ中央を驚異的なスプリントで駆け抜けてスタンドを大きく沸かせた。 ▽なお、『@BarTVsports』では「このディフェンダーをサッカルーズに登録すれば、クリスティアーノ・ロナウドもネイマールでも打ち負かせない」とのコメントを載せていた。 ▽ロシアW杯でオーストラリア代表が窮地の状況で突然現れたサッカルーズの化身は、オーストラリア代表にとって吉兆をもたらす存在となるか。 ◆非常に有能なDFです https://twitter.com/BarTVsports/status/1010795096009142272 2018.06.25 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】自信を覗かせるチーム力で勝ち点を積み上げた日本

▽初戦でコロンビア代表相手に予想を超える勝利を挙げた日本代表。勢いそのままにセネガル代表相手に勝利を目指したが、2-2の引き分けに終わった。 ▽2度のリードを許しながらも、しっかりと追いつき勝ち点1を獲得した日本。これまで見せてきた勝負弱さはそこにはなく、強者の風格すら感じさせる戦いぶりを見せていた。 <span style="font-weight:700;">◆落ち着いた試合の入り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽コロンビア戦での勝利の影響か、日本は落ち着いて試合をスタートさせた。セネガルは、初戦のポーランド戦に比べて積極的に前からプレスを掛け、ボールを奪いにいくサッカーを展開。しかし、日本はその迫力に押し込まれることなく、ボールを回して行った。 ▽セネガルの出鼻を挫きたい日本だったが、ミスから先制を許す。11分、右サイドからのクロスを原口元気がクリア。しかし、これが相手の足元に収まると、ボックス内右からシュート。サバリのシュートはGK川島永嗣の正面に飛び、問題ないかと思われたが、川島がパンチングをミス。目の前にいたサディオ・マネの足に当たり、ボールはネットを揺らした。 ▽西野朗監督が率いてからというもの、川島の精彩を欠いたプレーは全ての試合で起こっている。しっかりとセネガルの攻撃を跳ね返していた矢先の失点だけに、メンタル面でのダメージが心配されたが、日本は落ち着いて対応した。 <span style="font-weight:700;">◆冷静な判断を見せた柴崎</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セネガルの1点リードで迎えた34分、日本は一本のパスから決定機を迎える。長谷部誠が最終ラインに入り、3バックの形を作った日本。中盤で柴崎岳がボールを持つと、狙いすましたロングフィード。これを長友佑都がトラップすると、ボックス内で乾貴士とスイッチ。乾は、コースを狙い済ましてネットを揺らした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽コロンビア戦では、乾は同様の形で2度シュートを外しており、悔しい思いをしていた。シュートを打った角度はこのゴールもほぼ同じ。3度目の正直といったところか、日本の貴重な同点ゴールを生んだ。 ▽乾の落ち着いたシュートも去ることながら、起点となった柴崎にも注目だ。自陣から、走り込んだ長友を狙ったロングフィード。正確無比なパスが通った柴崎は、この試合を通じて攻守に渡り圧巻のパフォーマンスを見せた。当然、これをチャンスにつなげた長友も素晴らしい。チームとして奪えた1点は、日本の成長ぶりを示した。 <span style="font-weight:700;">◆ペースを乱されない守備陣</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、守備陣もユニットでしっかりと守ることに成功。マネをはじめ、FWエンバイェ・ニアン、MFイスマイラ・サール、MFパパ・アリウヌ・エンディアイエとセネガルの攻撃陣を押さえ込んだ。 ▽特に、酒井宏樹は一対一で負けることはほとんどなく、ロングボールは吉田麻也がクリア。昌子源も対人の強さを見せながら、後半には自ら持ち出す攻撃参加まで見せた。チームとして、セネガルの攻撃陣を押さえ込めたことは大きいだろう。2失点を喫した部分は反省が必要だが、精度は上がっていると言える。 ▽失点シーンに関しては、日本の右サイドが突破されたもの。それ以前の攻撃でもクロスボールがファーサイドに流れた際、対応ができていなかった。最終的には、右サイドバックのDFムサ・ワゲに詰められてゴールを許したが、同じ形を何度か作られていただけに、しっかりと修正してもらいたい。 <span style="font-weight:700;">◆選手起用によるメッセージ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽追加点を奪われた直後、西野朗監督は交代の準備をしていたFW岡崎慎司ではなく、MF本田圭佑を投入。その後、岡崎も投入すると、同点ゴールが生まれた。この試合、残りの1枚はFW宇佐美貴史を起用した西野監督。メッセージとしては、勝ち点3を目指すということが選手に伝わったはずだ。引き分け狙いではなく、勝ちに行くという姿勢を見せたことは、最終戦のポーランド戦に向けても大きいだろう。 ▽同点ゴールのシーンは、個々の特徴が全面に出たゴールだった。ボックス手前中央でパスを受けた大迫勇也は、自身のストロングポイントであるボールコントロールで収め、持ち出すことに成功。ボックス手前からの大迫のクロスに対しては、岡崎が身体を投げ出して飛び込むと、GKがパンチングをミスし、ボールが流れた。このボールに反応した乾は、ラインギリギリからダイレクトで折り返し、このボールに倒れていた岡崎はそのまま身体を投げ出した。結果的に、GKをブロックする様な形となり、最後は良いポジションをとっていた本田が蹴り込んだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽途中出場の本田、岡崎が絡み、最終的には本田が3大会連続のゴールを記録。2試合続けて本田が決勝点に絡んだところを見ても、チームとしての流れが良い方向に向いているのがわかる。そして、各選手が自身の特長をしっかりと出すことで、チームに勝ち点をもたらせたことは大きい。 <span style="font-weight:700;">◆ノルマとなったベスト16</span> ▽大会前の期待値からは大きくかけ離れ、1勝1分けで2試合を終えた日本。この状況を踏まえれば、勝手な話ではあるがグループステージ敗退は許されない状況だ。国民の期待も大いに高まっており、ここまでの流れを不意にしてもらいたくはない。 ▽大方の予想が敗戦だったコロンビア戦で勝ち点3、厳しいと見られたセネガル戦も2度追いついての勝ち点1。自らチャンスを手繰り寄せているだけに、ポーランド戦で結果を残し、3度目のベスト16に進出するかどうかが、この先の日本サッカーの命運を左右すると言っても過言ではない。 ▽チーム力、団結力で結果を残せた2試合。勝負弱さを払拭するには、3戦目のポーランド戦の結果が最重要だ。奇しくもポーランドは既に敗退が決定。失うものは何もなく、開き直って本来のパフォーマンスを見せる可能性は高い。実力国を相手に、ワールドカップの舞台で結果を残せせるのか。次のラウンドに進めば、ベルギー代表かイングランド代表と対戦する。そのステージに立つため、残り僅かな時間でよりチーム力を高めてもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.25 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2連敗のポーランドを侮るな! 日本にとっては不吉な記録が…

▽日本代表は、3度目のベスト16を懸けて28日にロシア・ワールドカップ グループH最終戦でポーランド代表と対戦する。 ▽既に2敗を喫し、グループステージ敗退が決定しているポーランド。引き分け以上でグループステージ突破を決められる状況の日本だが、ポーランドの底力を侮ると痛い目に遭いそうだ。 ▽ポーランドは、1986年のメキシコ・ワールドカップに出場しベスト16に輝いたが、その後は3大会予選敗退。久々に出場した2002年の日韓ワールドカップ、続く2006年のドイツ・ワールドカップではグループステージ敗退となっている。 ▽2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2014年のブラジル・ワールドカップでは、再び欧州予選で敗退。3大会ぶりに出場した今大会も、2連敗で大会を後にすることが決定した。 ▽出場した3大会連続でグループステージ敗退となったポーランド。この3大会のポーランドは、同じ流れをたどっている。これは、日本にとってはあまり良い流れではない。 ◆2002年 日韓大会 ▽久々のワールドカップ出場となったポーランドは、開催国の韓国、そしてポルトガル、アメリカとグループで同居した。しかし、初戦の韓国戦は2-0で敗戦。続くポルトガル戦は、4-0で大敗。2連敗で迎えた最終戦のアメリカ戦は、3-1で勝利したものの、グループ最下位で大会を去った。 ◆2006年 ドイツ大会 ▽2大会連続の出場となったポーランドは、ドイツ、エクアドル、コスタリカと同居。しかし、初戦のエクアドル戦を0-2で落とすと、続くドイツ戦も1-0で敗戦。2連敗で大会を去ることが決定。しかし、最終戦のコスタリカ戦は1-2で勝利し、グループ3位で終えることとなった。 ▽お気づきの方も居るだろう。ポーランドは、過去2大会、2連敗でグループステージ敗退が決定。しかし、3戦目はどちらも勝利している。そして今大会。 ▽初戦のセネガル戦で2-1と敗れると、2戦目のコロンビア戦は3-0で完敗。グループステージ敗退が決定した。そして、3戦目は日本…。 ▽これまでの流れをくむと、3戦目のポーランドは必ず勝利を収めており、敗退が決定しても侮れない相手だ。果たして日本は開き直ったポーランドを抑え、自力でベスト16を決めることができるのか。日本は敗れた場合でもベスト16の可能性は残されるが、気持よく終わりたいところ。試合は28日(木)の23時にキックオフを迎える。 2018.06.25 21:47 Mon
twitterfacebook
thumb

炎上サンパオリ、運命の最終戦でアグエロ外しか

▽アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督は、運命の一戦で数点の変更を施すかもしれない。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で苦戦を強いられるアルゼンチン。依然として決勝トーナメント進出の可能性こそ残すものの、ここまでグループステージ1分け1敗の最下位に沈み、2002年大会以来の一次予選敗退危機に瀕している。 ▽そのアルゼンチンが対峙する最終戦の相手は、勝ち点3で2位につけるナイジェリア代表。批判が集中するサンパオリ監督は、ナイジェリア戦において、FWセルヒオ・アグエロを外し、FWゴンザロ・イグアインを抜擢する模様だ。 ▽また、先のクロアチア代表戦でミスから失点を招いたGKウィルフレッド・カバジェロも先発外の様相。代わって、GKフランコ・アルマーニがスタートから起用される見込みだという。 ▽なお、アルゼンチンの突破は、ナイジェリアに勝利した上で、アイスランドが引き分け以下。そして、アイスランドが勝利した場合、ナイジェリア戦勝利+得失点差で上回ることが条件となる。 2018.06.25 21:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース