ナポリ、伊代表FWヴェルディと5年契約…推定移籍金32億円2018.06.12 08:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは11日、ボローニャに所属するイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ(25)の加入を発表した。契約期間は5年。『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は2500万ユーロ(約32億4000万円)程度とみられる。

▽ミラン下部組織出身のヴェルディは、これまでトリノやユーベ・スタビア、エイバル、カルピでプレー。2015-16シーズンにミラン復帰を果たしたが、アピールならず、2016年夏からボローニャに活躍の場を求めた。

▽すると、そのボローニャでブレイク。今シーズンは昨年11月4日に行われたセリエA第12節のクロトーネ戦で両足からFKをゴールを決める離れ業を披露するなど、リーグ戦34試合10得点10アシストをマークした。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、ラッサナ・ディアッラとの契約を解除

パリ・サンジェルマンは19日、元フランス代表MFラッサナ・ディアッラ(33)との契約を解除したことを発表した。 ル・アブールの下部組織出身のL・ディアッラは、2004年にプロデビュー。その後、チェルシーやアーセナル、レアル・マドリーなどビッグクラブを渡り歩くと、2012年9月にアンジ・マハチカラ、翌年からはロコモティフ・モスクワでプレー。 2014年8月にロコモティフ・モスクワを退団しフリーになると、2015年7月にマルセイユへ加入。その後、2017年2月に退団し再びフリーとなると、7月にアル・ジャジーラへ加入。2017年12月に退団後、昨年1月に2019年6月30日までの1年半契約でPSGに加入していた。 そのPSGでは公式戦19試合に出場。しかし、今季はリーグ・アン3試合の出場に留まっていた。 2019.02.20 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、大型FWチェッリのカリアリへの完全移籍を発表

ユベントスは19日、イタリア人FWアルベルト・チェッリ(22)がカリアリに完全移籍したことを発表した。移籍金は900万ユーロ(約11億3000万円)とのことだ。 194cmの大型ストライカーであるチェッリは、2015年夏にパルマからユベントスに移籍。しかし、ユベントスでの出場記録はなく、これまでカリアリやSPAL、ペスカーラ、ペルージャにレンタル移籍し、今季カリアリへ買い取り義務付きのレンタルで加入していた。 今季はセリエAで8試合に出場してノーゴール、コッパ・イタリアで2試合に出場して1ゴールを決めている。 2019.02.20 02:19 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、先月に正指揮官昇格のラージェ監督と2023年まで契約延長

ベンフィカは19日、ブルーノ・ラージェ監督(42)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ベンフィカは今年1月に成績不振を理由にルイ・ヴィトーリア前監督の解任を発表。その後任候補としてルイス・フィリペ・ヴィエイラ会長は今季途中にマンチェスター・ユナイテッドを解任された元指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏(55)の招へいを画策。 しかし、モウリーニョ氏が復帰を完全否定したこともあり、ベンフィカBから暫定的に昇格させたラージェ監督を1月14日に今シーズン終了までの契約で正指揮官に指名。 そして、ラージェ監督の下で復活を遂げたベンフィカは直近の公式戦8試合に全勝。とりわけ、今月10日のCDナシオナル戦では10-0の圧巻の大勝を飾り、敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)のガラタサライ戦も2-1の勝利を収めていた。 なお、現在ベンフィカは首位のポルトと勝ち点1差の2位に位置しており、ラージェ監督の下で2年ぶりのリーグ制覇に向けて好調を維持している。 2019.02.19 23:12 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダの元逸材FWジヴコビッチが中国2部の長春亜泰に完全移籍

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオーステンデは18日、中国甲級リーグ(2部)の長春亜泰に元U-21オランダ代表FWリハイロ・ジヴコビッチ(22)が完全移籍することを発表した。 キュラソーとセルビアにルーツを持つジヴコビッチは、フローニンヘンの下部組織出身で、2013年7月にトップチームへ昇格。2014年7月にアヤックスへと完全移籍すると、ヴィレムⅡやユトレヒトへとレンタル移籍を経験。2017年7月にオーステンデに完全移籍した。 フローニンヘンでは、16歳と88日でクラブ最年少デビューを果たすと、アリエン・ロッベン(バイエルン)が持つクラブ最年少ゴール記録も更新。また、世代別のオランダ代表でも活躍し、若くして、バルセロナやレアル・マドリーなどのビッグクラブがその才能に注目していた逸材だったが、アヤックスへと活躍の場を移していた。 エールディビジでは通算87試合に出場し21ゴール4アシスト。ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグでは41試合に出場し5ゴール3アシストを記録。今シーズンは、リーグ戦21試合で3ゴール2アシストを記録していた。 2019.02.19 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ハムシクが大連一方に正式加入! カラスコ、ガイタンらと同僚に

中国スーパーリーグの大連一方は19日、ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)の加入を正式発表した。 母国のスロヴァン・ブラチスラバでキャリアをスタートさせたハムシクは、2004年8月にブレシアU-19に入団。2005年3月にトップチームへと昇格した。 昇格直後のキエーボ戦でセリエAデビュー。チームはセリエBに降格したが、ハムシクは翌シーズンにレギュラーとしてプレー。40試合に出場し10ゴールを記録していた。 セリエBでの活躍が認められ、2007年6月にナポリへと移籍。5年契約を結ぶと、中盤のポジションながらゴールを量産。2008年には、イタリア人以外で初となる若手サッカー選手賞を受賞した。 その後もナポリのレギュラーとしてプレーを続けると、チームの象徴的な存在に。モヒカンという奇抜な髪型もさることながら、実績でも注目を集めていた。 ナポリでは通算11シーズン半所属し、公式戦通算520試合に出場し121ゴール111アシストを記録。しかし、今シーズンはカルロ・アンチェロッティ監督の下でベンチに座ることが増え、ここまでセリエ Aで11試合に出場しノーゴール。チャンピオンズリーグでは6試合に出場し1ゴールを記録していた。 スロバキア代表としても世代別の代表を経験し、2007年2月にA代表デビュー。2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場し、チームのベスト16入りに貢献。代表通算110試合に出場し22ゴールを記録していた。 ハムシクの移籍には、ナポリと大連一方の間で契約条項や移籍金の支払いなどで問題が生じていたが、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が自身のツイッター(@ADeLaurentiis)で移籍が決定したと明かしていた。 2019.02.18 19:55 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース