メッシ、自身の脱税騒動が“あの場所”からの攻撃だったと主張2018.06.10 18:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、自身に向けられた脱税容疑の追求を他者からの攻撃だと捉えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽メッシには以前から410万ユーロ(現在のレートで約5億2800万円)の脱税容疑がかけられており、昨年夏にスペイン最高裁判所への上訴が棄却されたため21カ月の懲役刑と130万ユーロ(現在のレートで約1億6800万円)の罰金が科された。しかし、スペインの法律では2年以下の懲役刑は執行猶予がついているため、収監は免れている。

▽上記のことに関して、メッシは“特定の場所”からの企みがあったことを仄めかした。

「マドリッドから僕に対する攻撃があった。僕を打ち負かして、すぐさま弱みを有効利用するんだ」

「それをやり過ごして生きるのはとても辛かった」

▽メッシの指す“マドリッド”がバルセロナの宿敵レアル・マドリーを連想させるワードであることは間違いないが、単に都市名を挙げただけなのか否か、本人の意図は不明だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ジョルディ・アルバ、メッシに同情 「批判は全然理解できない」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに同情した。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽所属先のバルセロナが数々の栄誉を手にしてきたメッシ。だが、アルゼンチン代表としては依然としてノータイトルが続いており、ロシア・ワールドカップでも苦戦を強いられている。 ▽バルセロナでメッシと同僚のジョルディ・アルバ。代表で風当たりが強まるメッシについて、次のように擁護した。 「イメージできないよ。彼が批判されているなんて。全然理解できない」 「アルゼンチン代表は、すぐにでもメッシの存在に感謝すべきだ」 「不幸なことに、彼は代表で何も手にできていない」 「でも、彼が代表のために尽くしてきてくれたことを称えないと」 2018.06.24 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月24日は、母国を救え! 史上最高プレーヤー確立目指す“メシア”のバースデー

◆リオネル・メッシ 【Profile】 国籍:アルゼンチン 所属チーム:バルセロナ 誕生日:1987年6月24日 ポジション:FW 身長:170㎝ 体重:72㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月24日は、ロシア・ワールドカップに参加しているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。 ▽クラブレベルでのこの男の軌跡については説明の必要はないだろう。“歴代最高の選手”として誰もが名前を挙げる選手であり、間違いなくブラジルのペレ氏やアルゼンチンのディエゴ・マラドーナ氏らレジェンドと肩を並べるプレーヤーだ。 ▽しかし、現役選手として唯一得点数やタイトル数を競っているレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、母国の伝説的人物であるマラドーナ氏との比較の中では“誰が上か”という議論に終わりが見えておらず、その要因は主に代表チームでのパフォーマンスにある。 ▽メッシはこれまで代表でタイトルを獲得できておらず、反対にC・ロナウドはユーロ2016で優勝、マラドーナ氏は1986年にW杯で母国を優勝に導いている。自身がNo.1だと証明するためには集大成と位置付けているロシアW杯で優勝する必要があり、第2節終了時点ではかなり厳しいものとなっているが、この男が爆発すれば何1つとして不可能なことはないだろう。 ※誕生日が同じ主な著名人 フアン・ロマン・リケルメ(元サッカー選手) ダビド・アラバ(サッカー選手/バイエルン) ジエゴ・アウベス(サッカー選手/フラメンゴ) マイカ・リチャーズ(サッカー選手/アストン・ヴィラ) 中村俊輔(サッカー選手/ジュビロ磐田) 武岡優斗(サッカー選手/川崎フロンターレ) 八田直樹(サッカー選手/ジュビロ磐田) イ・ジョンヒョプ(サッカー選手/イ・ジョンヒョプ) エリソン・オニヅカ(宇宙飛行士) ピエール・フルニエ(音楽家) ジェフ・ベック(ギタリスト) 六角精児(俳優) 野々村真(タレント) 北原里英(アイドル/NGT48) 2018.06.24 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ピャニッチはやはりバルセロナ移籍か? バルセロナ滞在で直接交渉行った可能性…

▽今夏、バルセロナとレアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・シティらで争奪戦が繰り広げられるユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)だが、やはり本命はバルセロナのようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 ▽メス、リヨンを経て2011年に加入したローマで攻撃的なセントラルMFとしてブレイクを果たしたピャニッチ。その後、2016年に加入したユベントスではより後方にポジションを移しレジスタとしての新境地を開くと、ここまで公式戦91試合で15ゴール28アシストの記録。同クラブの2シーズン連続での国内2冠に大きく貢献している。 ▽そして、キャリア最盛期に突入する世界屈指のレジスタには今夏、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、MFルカ・モドリッチの後継を探すスペインの2強が強い関心を示している模様。さらに、中盤の補強を目指すシティ、チェルシーに関しても動向を注視している模様だ。 ▽『スポルト』の伝えるところによれば、今夏のメルカートにおける注目選手の1人であるピャニッチは22日にバルセロナのエル・プラットに家族と共にいる姿が記念撮影を行った一般人のSNSの投稿によって確認されていたという。同選手はその後家族と共にイビサ島に旅立ったが、バルセロナには少なくとも一日滞在しており、この間にバルセロナの幹部と移籍に向けた交渉を行った可能性があるようだ。 ▽先日にはバルセロナからの関心について「光栄なこと」とコメントしていたピャニッチの新天地はやはりカンプ・ノウになるのか。 2018.06.23 16:18 Sat
twitterfacebook
thumb

元バルサ守護神V・バルデスが指導者キャリアをスタート! スペイン5部クラブのユースチーム監督に

▽バルセロナで活躍した元スペイン代表GKのビクトル・バルデス氏(36)が指導者としてのキャリアをスタートする。マドリードの地域リーグに所属するEDモラタラスは22日、同氏がフベニールA(U-19チーム)の監督に就任することを発表した。 ▽バルセロナ下部組織出身のバルデスは、2003-04シーズンから正守護神の座を掴むと、以降10シーズンに渡ってカタルーニャの名門のゴールマウスを守り続けた。そして、2014年に愛するバルセロナを去ったバルデスは、マンチェスター・ユナイテッド、スタンダール・リエージュ、ミドルズブラを経て2017年8月に現役引退を発表した。 ▽現在は2人のパートナーと共同で設立したテレビ製作会社『Crazy4fun』の共同経営者を務める一方、ラウール・ゴンサレス氏やチャビ・エルナンデス氏やシャビ・アロンソ氏などかつての同僚と共にスペイン・サッカー連盟が元代表選手やトップリーグで10年以上活躍した人物のために用意しているエリートコースに進み、コーチングライセンス取得に向けた講習の真っ最中だ。 ▽なお、バルデス氏がユースチームの監督に就任するEDモラタラスは、2006年に設立されたマドリード自治州に本拠地を置く地域リーグ(スペイン5部)のクラブだ。 2018.06.23 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ジョルディ・アルバ、残留宣言! 「ずっとバルサにいたい」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)が残留を宣言した。 ▽バルセロナの左サイドバックとして、長らく不動の地位を築くジョルディ・アルバ。2020年まで契約を残しているが、依然として延長に至っていない背景もあり、移籍の噂が賑わいを見せている。 ▽だが、ジョルディ・アルバ自身に移籍という選択肢はない。スペイン『ムンド・デポルティボ』に対して、次のようにコメントしたという。 「僕はバルセロナですごく幸せ。僕次第なら、ここにずっと残りたい」 「でも、それは僕のパフォーマンス次第だろう。昨シーズンはチームにとっても、とても良かった」 「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」 2018.06.23 09:55 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース