メッシ、自身の脱税騒動が“あの場所”からの攻撃だったと主張2018.06.10 18:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、自身に向けられた脱税容疑の追求を他者からの攻撃だと捉えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。▽メッシには以前から410万ユーロ(現在のレートで約5億2800万円)の脱税容疑がかけられており、昨年夏にスペイン最高裁判所への上訴が棄却されたため21カ月の懲役刑と130万ユーロ(現在のレートで約1億6800万円)の罰金が科された。しかし、スペインの法律では2年以下の懲役刑は執行猶予がついているため、収監は免れている。

▽上記のことに関して、メッシは“特定の場所”からの企みがあったことを仄めかした。

「マドリッドから僕に対する攻撃があった。僕を打ち負かして、すぐさま弱みを有効利用するんだ」

「それをやり過ごして生きるのはとても辛かった」

▽メッシの指す“マドリッド”がバルセロナの宿敵レアル・マドリーを連想させるワードであることは間違いないが、単に都市名を挙げただけなのか否か、本人の意図は不明だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜にマルセロorジョルディ・アルバ?

▽ユベントスが、レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)か、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『Tuttosport』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ユベントスは左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロとの契約延長が難航している。そのA・サンドロに代わる選手としてリストアップされているのが、スペインの二大巨頭に籍を置くマルセロとJ・アルバだという。 ▽トップターゲットと見られている前者は、今夏ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドを追ってビアンコネロ入りするのではないかとの憶測が出ている。しかし以前、マルセロは「多くの馬鹿げた話を耳にした。僕は引退するまでここにいる」として、マドリーに忠誠を誓っていた。 ▽一方、後者はバルセロナとの契約が2020年夏までとなっているものの、未だ契約延長の話は出ていない。本人は「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」とコメントしていたが、なかなか新契約を提示してこないクラブに少なからず不満を感じているようだ。 2018.10.18 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

CB不足のバルサ、U-21仏代表ウパメカーノにも獲得興味か

▽バルセロナが、ライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFデヨール・ウパメカーノ(19)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Catalunya Radio』が伝えた。 ▽ヒザを痛めて離脱中のフランス代表DFサミュエル・ユムティティに続き、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンまでもが故障者リスト入りしたバルセロナ。そのため、今冬の移籍市場で手薄なセンターバックの補充が急務な状況にある。 ▽その筆頭候補として、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)や、トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)らが挙がるバルセロナだが、ウパメカーノの獲得にも興味を示しているという。 ▽ウパメカーノはヴァランシエンヌの下部組織出身のセンターバック。2015年にザルツブルクへ移籍し、昨シーズン途中から姉妹クラブのライプツィヒにステップアップを果たした。今シーズンもここまで公式戦8試合に出場している。ギニア出身の同選手は185cmという強靭な体格に加え、鋭い読みやボール捌きにも優れたDFだ。 ▽なお、ウパメカーノの推定市場価格は3000万ユーロ(約39億円)以上と言われている。 2018.10.18 18:19 Thu
twitterfacebook
thumb

代表引退も関係ない?ピケの直近2カ月の移動距離が話題に…バルサ選手最長を記録

バルセロナDFジェラール・ピケの直近2カ月の移動距離が話題になっている。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>選手としてだけではなく、数多くのスポンサーイベントなどにも出席する現代のサッカー選手たち。1年間を通して様々な国を渡り歩き、企業の広告塔としても忙しく働き続けている。<br><br>そんな中、ピケの直近2カ月の移動距離が話題になっている。今年8月にスペイン代表引退を発表したバルセロナDFだが、イベント出席などによる総移動距離は46,772kmにも及ぶようだ。これは地球一周を超える距離だという。<br><br>まずは8月、形式が大幅に見直されたテニスの国際大会、デビスカップの大使として、アメリカのオーランド州とフロリダ州に移動。15,000kmを飛び、スピーチを行ったという。そして9月、今度はテニスの四代大会の1つである全米オープンの決勝戦観戦のため、ニューヨークへ12,324km移動。続けて上海へと20,000km移動し、ATPのスター選手であるノバク・ジョコビッチらとイベント行ったようだ。<br><br>なお、これは直近2カ月のバルセロナ所属のどの選手よりも長い距離だという。続くのは先日チリ代表として来日したアルトゥーロ・ビダルで、39,000km。代表招集ではないものの、およそ7,000km以上長く移動しているようだ。さらに、11月にはロンドンでイベントに出席する予定だという。<br><br>スペイン代表から引退し、インターナショナルブレイク中は選手としての遠征がないピケ。しかし、その間どの選手よりも忙しく世界を飛び回っているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.18 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ビダル、昨年の暴行事件で1億円の罰金

▽バルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルに、ミュンヘン裁判所から80万ユーロ(約1億円)の罰金が科せられた。スペイン『El Observador』が伝えている。 ▽事件は昨年9月、当時バイエルンに所属していたビダルはクラウンズクラブというナイトクラブで兄弟のサンドリノと義父も巻き込んだ乱闘を起こし、ビダルはウォッカ瓶で相手の頭を殴った容疑がかけられていた。 ▽今年5月に暴行罪で告訴されていたビダル。今回伝えられるところによると、同選手はミュンヘン裁判所から80万ユーロ(約1億円)の罰金が科せられたようだ。サンドリノと義父にもそれぞれ1万7000ユーロ(約220万円)、3万5000ユーロ(約450万円)の罰金が科せられるという。 ▽元々、ビダル一家には10年間の禁固刑が求刑されていたが、最終的に多額の賠償金を支払うに至ったようだ。 2018.10.18 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコで監督キャリアをスタートさせるアンリ「手本はペップ」

▽古巣モナコで監督キャリアをスタートさせるティエリ・アンリ監督が、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督について語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナ移籍2年目の2008-09シーズン、グアルディオラ監督にとって初の監督挑戦となったシーズンでアンリはアーセナル時代の輝きを取り戻して活躍。バルセロナの3冠に貢献していた。 ▽アンリはグアルディオラ監督について次のように語っている。 「ペップは私にとっての手本だよ。私はバルセロナで試合をプレーする方法を学んだ。ペップは試合について語ることができ、寝る間すら惜しんでいた。こっちが眠っていてもまだ話していたね(笑)。彼は幾つかの戦術を生み出した。そして試合で起こることを予見できていたんだ」 ▽また、8シーズンを過ごし、自身の能力を開花させたアーセン・ヴェンゲル監督については次のように述べている。 「アーセンはプロとはいかなるものかを理解させてくれた監督だった。そして何を実行するべきかを教えてくれた。内面を大きく変えてくれたよ。監督一人一人から学ぶことがあったんだ」 ▽アンリ監督の初陣は20日に行われるリーグ・アン第10節ストラスブール戦となる。 2018.10.18 03:12 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース