琉球MF富樫佑太が4得点大爆発! 相模原に逆転勝利で2位浮上《J3》2018.06.10 18:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J3リーグ第13節の6試合が、10日に各地で行われた。▽6位・FC琉球(勝ち点18)が13位・SC相模原(勝ち点12)のホームに乗り込んだ一戦では、5-2で琉球が勝利した。

▽試合開始早々の12分、PKを獲得した相模原は、キッカーのジョン・ガブリエルが落ち着いて流し込んで先制に成功。しかし21分、左サイドからのクロスに飛び込んだ和田がヘディングシュートを決めて琉球がスコアを同点とする。

▽するとその後、31分、40分、63分に富樫が得点を決めプロ入り後初のハットトリックを達成し琉球が一気に形成を逆転。83分にも右足でネットを揺らした富樫が1試合4得点を記録した後、90分に梅井のゴールで意地を見せた相模原だったが、これ以上の追い上げは叶わず。試合は5-2の大差で琉球の勝利に終わった。

▽この結果、相模原はホームで手痛い3連敗。琉球は連勝を飾り、2位に浮上した。

▽また、3位のアスルクラロ沼津(勝ち点20)が首位の鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点23)をホームに迎えた上位対決は、0-0のドローに終わった。

▽ゴールレスで迎えた後半、拮抗した展開が続く試合はなかなか動きをみせない。84分には、鹿児島陣内中央付近でFKを得た沼津が、ボックス内にボールを放り込む。しかし、その流れからこぼれ球に反応した青木が放った左足でのダイレクトシュートは、枠を左に外れていく。

▽結局、どちらのチームも最後までネットを揺らすことができず、試合は0-0のスコアで終了となった。この結果、沼津は3戦連続で無得点に。対する鹿児島はリーグ9試合ぶりに無得点で試合を終えたが、首位を保つことに成功した。

◆明治安田生命J3リーグ第13節
▽6/10(日)
アスルクラロ沼津 0-0 鹿児島ユナイテッドFC
AC長野パルセイロ 0-1 ガイナーレ鳥取
グルージャ盛岡 2-0 ギラヴァンツ北九州
SC相模原 2-5 FC琉球
ブラウブリッツ秋田 0-0 FC東京U-23
ガンバ大阪U-23 1-1 福島ユナイテッドFC

▽6/9(土)
カターレ富山 2-2 Y.S.C.C.横浜
ザスパクサツ群馬 1-0 セレッソ大阪U-23
コメント
関連ニュース
thumb

YS横浜がユースでプレー経験もあるドイツ人指揮官・シュタルフ悠紀リヒャルト氏を新監督に招へい

Y.S.C.C.横浜は17日、ドイツ人指揮官のシュタルフ悠紀リヒャルト氏(34)が新監督に就任することを発表した。 ドイツ・ボーフム出身のシュタルフ悠紀リヒャルト監督は、YS横浜のユースでプレー。その後は、チューリヒなどヨーロッパを中心に11カ国でプレー。ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブスなどでもプレー経験がある。 YS横浜は、2016年に就任した樋口靖洋監督が2018シーズンで退任していた。 クラブはシュタルフ悠紀リヒャルト監督の指導歴について「14歳で地元のサッカースクールでコーチのアルバイトを始めたことをきっかけに、その後各所属先でアカデミーを見るなど主に育成年代で20年間指導。現役を引退後は、東京ヴェルディの普及部に所属しスクールでの指導に加え中央高等学院の「biomサッカーコース」で監督を務め、その後は自身の会社が運営するレコスリーグの選抜チームであるレコスユナイテッドや、請け負っている日独フットボールアカデミーで指導しながら、ベルギーのダブルパス社と提携し、日本チームのチームリーダーとしてJクラブの監査とコンサルティング業務に携わってきた」と発表している。 シュタルフ悠紀リヒャルト監督は、クラブを通じてコメントしている。 「このたび監督に就任することになりましたシュタルフ悠紀です。今から約17年前にY.S.C.C.のユースチームにお世話になっていました。以来、世界11カ国で選手・指導者として経験を積んでまいりました。34歳の私に監督としてのキャリアをスタートさせる機会を与えてくれたクラブ関係者の皆さまに心から感謝いたします。かつて自分がプレーしたクラブに再び戻ってくることが叶い、とても嬉しく思います。それと同時に、皆さまの期待に応えられるよう、大きな責任も感じています」 「これまでに私の前任者たちが積み上げてきたサッカーに、世界各国で培った私の経験と、ドイツのエッセンスをうまくブレンドして、選手やスタッフと一丸となり全員で協力して、Y.S.C.C.サポーターの皆さまに今まで以上に愛され親しまれる、皆さまの誇りとなるチームへと、より成長していけるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いします」 2019.01.17 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

長野が大体大GK立川小太郎の加入内定を発表

AC長野パルセイロは15日、大阪体育大学のGK立川小太郎(22)の加入内定を発表した。 立川は、和歌山県出身で初芝橋本高校から大阪体育大学へと進学。188cm、72kgと上背のある守護神だ。立川はクラブを通じてコメントしている。 「大阪体育大学からAC長野パルセイロに加入する事になった立川小太郎です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になる事ができましたが、ここからが新たなスタートだと思っています」 「今まで支えてくださった方々や応援していただいている方々の想いに応えられるよう、感謝の気持ちを忘れず、全力でプレーし、長野の勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2019.01.15 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥取GK北野貴之が右ヒザ内側半月板損傷、右ヒザ関節軟骨損傷で全治約3カ月

ガイナーレ鳥取は14日、GK北野貴之の負傷を発表した。 クラブの発表によると、北野は昨シーズン中に負傷。右ヒザ内側半月板損傷、右ヒザ関節軟骨損傷と診断され、12月に手術を終えていたとのことだ。なお、全治は約3カ月とのことだ。 北野は、アルビレックス新潟や大宮アルディージャ、セレッソ大阪、横浜FCでプレーし、2018シーズンから鳥取に加入。明治安田生命J3リーグで18試合に出場していた。 2019.01.14 16:08 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥取がブラジル人FWヴィトール・ガブリエルと契約更新

ガイナーレ鳥取は14日、FWヴィートル・ガブリエル(21)との契約更新を発表した。 ヴィトール・ガブリエルは、2018年にサントスFCから鳥取に加入。明治安田生命J3リーグで25試合に出場し7得点を記録していた。 2019.01.14 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

富山、背番号10のMF新井瑞希と契約更新「一緒に戦いましょう! 」

カターレ富山は13日、MF新井瑞希(21)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 浦和レッズユース出身の新井は、2016年にオーストリアのSVホルンでプロキャリアをスタート。2017年途中からSC相模原に加入した後、富山には2018年から加わり10番を背負っている。昨シーズンは、明治安田生命J3リーグ27試合2ゴール、天皇杯1試合1ゴールを決めた。 新井は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF新井瑞希 「カターレ富山サポーターのみなさん明けましておめでとうございます! 更新リリースお待たせしてすみません。2019シーズンもカターレでプレーさせて頂きます! 昨シーズンはチーム、個人としても納得がいかなかったシーズンでした。今シーズンはもう一度優勝という目標に向かって頑張るので一緒に戦いましょう! 」 2019.01.13 13:17 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース