マチンを引き抜かれたジローナ、レアル・ソシエダを率いていたエウセビオ監督を招へい2018.06.08 05:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジローナは7日、エウセビオ・サクリスタン・メナ監督(54)を招へいしたことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年間となっている。▽ジローナではクラブを1部昇格に導き、2017-18シーズンは見事1部に残留させていたパブロ・マチン監督がセビージャに引き抜かれていた。

▽エウセビオ監督はバルセロナBやセルタでの監督を経て、2015年11月にレアル・ソシエダの監督に就任。2016-17シーズンは6位に導き、ヨーロッパリーグ出場権を獲得していたが、2017-18シーズンは成績不振に陥り、3月に解任されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

トディボ&ムサ・ワゲの2選手デビューのバルサが連覇逃す…ジローナが初出場で初優勝!《スーペル・コパ・カタルーニャ》

スーペル・コパ・カタルーニャ2019のバルセロナvsジローナが6日に行われ、1-0で勝利したジローナが初出場で大会初優勝を飾った。 カタルーニャサッカー連盟が2014年に創設したカタルーニャ王者を決める今大会。リーガエスパニョーラのプリメーラ所属の上位2チームが出場するレギュレーション上過去3大会はバルセロナとエスパニョールのカードとなっていたが、今回の大会では昨季のプリメーラ順位でエスパニョールを上回ったジローナが初出場を果たした。 大会連覇を目指すバルセロナはGKにシレッセン、最終ラインに右からムサ・ワゲ、ムリージョ、ユムティティ、ミランダを起用。中盤は今冬トゥールーズから加入のトディボがアンカーに入り、インサイドにリキ・プッチとアレーニャ。3トップはマウコム、ボアテング、コジャードが起用された。 対して初出場で初優勝を目指すジローナはGKイライソス、古巣対戦のムニエサ、グラネル、ポンス、ポッロ、かつてJリーグでもプレーしたドゥンビアなど準主力クラスを起用してきた。 ムサ・ワゲとトディボをトップチームデビューさせたバルセロナだが、序盤からジローナの縦に速い攻撃に苦戦。ドゥンビアやアレイクス・ガルシアに幾度もフィニッシュの場面を作られる。 それでも、相手のフィニッシュの精度にも助けられて均衡を保っていくと、時間の経過と共にボールを保持して反撃に転じる。最前線のボアテングになかなかボールが収まらないものの、マウコムのドリブル突破やアレーニャ、リキ・プッチの繰り出すスペースへのスルーパスで攻撃の形を作り出す。39分にはボアテングのキープからリキ・プッチのスルーパスに反応したマウコムがボックス左から強烈なシュートを枠に飛ばすが、これは相手GKイライソスにはじき出される。さらに、こぼれ球にボアテングが詰めるも体勢を立て直したイライソスに再びかき出された。 ゴールレスで迎えた後半、ユムティティに代えてオリオル・ブスケッツをハーフタイム明けに投入したバルセロナは、この交代でトディボを最終ライン、O・ブスケッツをアンカーで起用。立ち上がりから70パーセントを超えるボールポゼッションで相手を押し込み、リキ・プッチ、マウコムと惜しいシーンを作り出す。64分には中央突破したアレーニャがペナルティアーク付近でミドルシュートもここは大きくふかしてしまう。 その後互いに交代カードを切っていく中、ジローナがゴールをこじ開ける。69分、ボックス内で仕掛けたヴァレリをコジャードが倒してしまい、ジローナがPKを獲得。これを直前に投入されていたストゥアーニが冷静に流し込んだ。 先制を許したバルセロナはコジャードに代えてアベル・ルイスを投入し、攻勢を強めていく。79分には右サイドのマウコムからの絶妙なクロスに反応したアレーニャに絶好機もヘディングシュートをクロスバーに当ててしまう。さらに、試合終盤にかけては猛攻を仕掛けるが、セットプレーの流れからボックス内でムリージョが放ったボレーシュートはミートし切れず、試合はこのままタイムアップ。 ストゥアーニのPK弾に沈んだバルセロナは大会2連覇を逃した。一方、ジローナは大会初出場で初優勝を果たした。 バルセロナ 0-1 ジローナ 【ジローナ】 ストゥアーニ(69[PK]) 2019.03.07 04:44 Thu
twitterfacebook
thumb

ジローナと契約延長のストゥアーニ、今冬の移籍市場でバルサから関心があったことを告白

ジローナに所属するウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(32)が、今冬の移籍市場でバルセロナから関心を寄せられていたことを明かしている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ストゥアーニは2017年夏にミドルズブラからジローナに加入。すると、加入初年度にリーガエスパニョーラで33試合21ゴールを記録してブレイク。今シーズンもここまで21ゴールを記録している。 そんなストゥアーニは今冬の移籍市場で、同国代表FWルイス・スアレスのバックアッパーを探すバルセロナから関心。自身も「僕からは何も言うことはできない」と否定していなかったことで移籍は実現するかに思われた。ところが、最後までバルセロナ移籍が発表されることなく、ストゥアーニは移籍市場閉幕後、ジローナと2020年まで契約を更新した。 そのストゥアーニは、今冬の移籍市場でバルセロナから関心を寄せられていたことが事実であったことを告白。これに関して喜びを示すも、ジローナとの契約を更新したことに悔いはないようだ。 「うん。バルセロナからの関心はあったよ」 「バルセロナのようなビッグクラブから関心を寄せられたことはとても名誉なことだよ。でも、ジローナとの契約を更新したことに満足しているんだ」 2019.02.26 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ジローナ戦を敗戦を悔やむクルトワ「何が起こったか分からない。勝たなければならなかった」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのジローナ戦を1&minus;2で落とした。GKティボー・クルトワは試合後、リーガ優勝争いから遠のく手痛い敗戦との感想を述べている。<br><br>前半にMFカゼミロのゴールで先制したレアル・マドリーだが、後半に2点を決められてジローナに逆転負け。ここ8試合を7勝1分け(引き分けはクラシコ)で終えていたレアル・マドリーにとってはじつに9試合ぶりの敗戦で、アトレティコ・マドリーに2位の座を奪い返され、首位バルセロナには勝ち点9差をつけられた。<br><br>試合後、『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューに応じたクルトワは、次のように述べた。<br><br>「何が起きたか? 分からない。前半の僕たちは良いプレーを見せた。おそらく、アトレティコやアヤックス戦のようなリズムではなかったが、それでも良かったよ。彼らが迎えた2回のチャンスは、僕が止めたしね。後半は彼らのプレーが良くなり、もっと危険な場面をつくられた。僕は何度かシュートを止めたが、その後にPKが生まれてしまった。PKの場面は確認していないが、ラモスが手で触ってしまったならば悲しいことだ。それで1-1とされてしまい、そこからはボールを保持できなった。ポルトゥの最初のシュートは僕がうまく止めたけど、2本目は止める余裕がなかった」<br><br>「大事な勝ち点3だったし、今日は勝たなければならなかった」<br><br>また最近の好調により、慢心があったとの指摘に対してはこう返した。<br><br>「そうは思わない。今季は過剰な自信を持てない。僕たちにはそうした理解がある。そういったことはないよ」<br><br>「すべきことは1カ月前と同じ。勝ち続けなければならない。次節レバンテ戦でリアクションを見せないと。その後には2回のクラシコが控えているし、戦い続ける必要がある。リーガはまだ長いんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ジローナにホームで逆転負け…リーグ11戦ぶり白星献上でバルサとの勝ち点差9《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは17日、リーガエスパニョーラ第24節でジローナをサンティアゴ・ベルナベウに迎え、1-2で逆転負けを喫した。 リーグ5連勝中の暫定3位マドリー(勝ち点45)が、リーグ4連敗中で10試合勝ちの無い暫定17位ジローナ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。マドリーは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのアヤックス戦からスタメンを6名変更し、カルバハル、ナチョ、レギロン、モドリッチ、ベイル、ヴィニシウスに代えて、オドリオソラ、ヴァラン、マルセロ、セバージョス、L・バスケス、アセンシオを起用した。 大幅にメンバーを入れ替えて久々の昼間試合に臨むマドリーは、開始早々の2分にストゥアーニにボックス右に抜け出されシュートを放たれるが、GKクルトワが身体を張って顔面でストップ。やや遅れ気味にオフサイドの笛も吹かれ、ヒヤリとさせられるシーンを切り抜けた。 その後も積極的な攻撃を見せるジローナに対し、マドリーはやや受け身に回りつつも徐々にアセンシオとマルセロの左サイドからギアを上げていく。しかし、あまり前がかりになることもなく、なかなかシュートまで繋げることが出来ないまま時計の針が進む。17分にはボックス中央でボールを持ったL・バスケスが一対一を迎えたが、GKボノに阻まれる。 21分、左サイドでアセンシオがボールを持つとDFセルヒオ・ラモスがボックス内までオーバーラップ。アセンシオは自ら切り込んで打ちに行くが右足で右下隅を狙ったシュートはGKボノにキャッチされる。 前半半ばに差し掛かりギアを上げてきたマドリーは25分に右CKを獲得。蹴り込まれたクロスをGKボノがパンチングでクリアするとこぼれ球を右サイドで拾ったクロースが再びボックス内に蹴り込む。DFファンぺの前に入り込んでいたカゼミロがヘディングを流し込み、欲しい時間帯に得点を奪い切った。 試合は1-0でマドリーがリードしたまま折り返し。ジローナは幾度か訪れたチャンスをモノにすることが出来なかったが、追加失点を凌ぎ勝ち点獲得の希望を残す形で前半を終えた。 後半は早々にマルセロがボックス手前左から強烈なミドルシュートを放ち、直後にも右サイドで得たFKの流れからボックス内のベンゼマが積極的に狙う。どちらも得点とはならなかったが、ジローナに反撃を許さない。 更に勢いを上げて点差を広げたいマドリーは、58分にL・バスケスに代えてヴィニシウスを投入する。しかし、直後にジローナが反撃。59分、右サイドからのクロスに飛び上がった途中出場のロサーノがDFオドリオソラに競り勝ってヘディングシュートを放つと、GKクルトワが前方に弾く。すると、反応した途中出場のA・ガルシアがボックス内で左足を振り抜くがシュートは枠を捉えず。最大のチャンスを逃すこととなった。 それでもジローナはここから攻勢に転じ、65分にも右サイドからクロスが上がる。再び競り勝ったロサーノのヘディングシュートが左ポストに直撃すると、今度はドウグラス・ルイスがこぼれ球を蹴り込む。これがDFセルヒオ・ラモスのハンドを誘発し、PKのキッカーを務めたストゥアーニが落ち着いてスコアを振り出しに戻した。 追い付かれたマドリーは66分にアセンシオに代えてベイルを投入。しかし、ジローナの勢いを削ぐには至らず、直後にもポルトゥが右足を振り抜き右ポストを叩く。マルセロが担当するサイドが立て続けに破られ、マドリーはペースを取り戻すことが出来ない。 そして74分、マドリーがセバージョスに代えてマリア―ノを投入して大きく攻撃に比重を傾けると、この采配が裏目に。中盤でカゼミロがボールを奪われると、左サイドでボールを持ったロサーノが再三のシュート。またしてもGKクルトワが前方に弾くと、ボックス右でマルセロを振り切ったポルトゥが頭で押し込んだ。 そして、試合終了間際にはジローナのボックス内でオーバーヘッドシュートを狙ったセルヒオ・ラモスが、2枚目のイエローカードを提示されて退場。結局、マドリーが巻き返すことはできないまま試合が終了した。 この結果、ジローナはリーグ11試合ぶりに勝利。対するマドリーは、6試合ぶりの黒星を喫し、3位に転落。首位バルセロナ(勝ち点54)との勝ち点差は「9」に広げられた。 2019.02.17 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のジローナ点取り屋、新契約にサイン!

ジローナは1日、ウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(32)との契約更新合意を発表した。新たな契約は2022年までとなる。 ストゥアーニは2017-18シーズンからジローナの点取り屋としてブレイクを遂げたベテランストライカー。初年度に自身初となるリーガエスパニューラ20発クリアの21得点(33試合)を記録した。 そして、今シーズンもここまで得点ランキング3位の12得点(18試合)をマーク。そうした活躍もあり、今冬のバルセロナ行きが取り沙汰された。 2019.02.02 11:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース