マチンを引き抜かれたジローナ、レアル・ソシエダを率いていたエウセビオ監督を招へい2018.06.08 05:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジローナは7日、エウセビオ・サクリスタン・メナ監督(54)を招へいしたことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年間となっている。▽ジローナではクラブを1部昇格に導き、2017-18シーズンは見事1部に残留させていたパブロ・マチン監督がセビージャに引き抜かれていた。

▽エウセビオ監督はバルセロナBやセルタでの監督を経て、2015年11月にレアル・ソシエダの監督に就任。2016-17シーズンは6位に導き、ヨーロッパリーグ出場権を獲得していたが、2017-18シーズンは成績不振に陥り、3月に解任されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ戦のアメリカ開催取り止めへ! ラ・リーガが声明

▽ラ・リーガが、ジローナvsバルセロナのアメリカ開催を断念するという声明を発表した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽2018-19シーズンの開幕前、ラ・リーガは今年8月16日に多国籍メディアグループ『RELEVENT』と共にアメリカとカナダでのサッカーを推進する「La Liga North America」という新組織を立ち上げ、アメリカでの国外マッチを計画していると発表。また、その対象試合が来年1月27日のリーガエスパニョーラ第21節ジローナ戦であることも伝えられていた。 ▽さらに、今年9月上旬に、ラ・リーガがバルセロナとジローナと共にスペインサッカー連盟(RFEF)にアメリカでの試合開催の承認を要求したことも発表。賛否が巻き起こる中で、着々と開催への準備が進められていた。 ▽しかし、現地時間今月10日の午後にバルセロナが「アメリカ開催の希望を撤回する」と発表。これを受け、ラ・リーガは以下のように応じている。 「私たちは、開拓者になろうとしたバルセロナとジローナを祝福したい」 「(募っていた)参加は自発的なものであって、バルセロナが参加したくないという意向を表明したのであれば、マイアミで計画されていたこの試合をその日に開催するのは不可能だ」 「残念ながら、もちろんアメリカのファンを失望させてしまうかもしれない」 「彼らには、ラ・リーガがオフィシャルマッチを可能な限り早くアメリカで早く行う、と伝えたい」 2018.12.11 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、好調ジローナ相手にOGでドロー…《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは2日、リーガエスパニョーラ第14節でジローナと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節のモナコ戦を勝利し決勝トーナメント進出を決めたアトレティコは、その試合から先発を2人変更。コレアとフィリペ・ルイスに代えてジエゴ・コスタとサウールを先発で起用した。 ▽最終ラインに負傷者が続出中のアトレティコは、サウールを左サイドバックで起用した[4-4-2]で試合に臨んだ。そのアトレティコは、6分にトーマスの左CKからグリーズマンが頭で合わせるが、これは枠の上に外れる。 ▽一進一退が続く中、アトレティコは33分にビッグチャンス。ジエゴ・コスタのマイナスの折り返しをボックス手前で受けたサウールが、ボックス内のグリーズマンとのワンツーでゴール前まで侵攻。しかし、わずかに浮いてしまったシュートはクロスバーを直撃した。 ▽一方、リーグ戦5試合負けなしと好調のジローナは45分にチャンス。相手のパスミスを奪ったP・ロバーツが素早くスルーパスを供給すると、反応したストゥアーニが飛び出したGKオブラクにボックスライン付近で倒されと、VARの末にPKが認められた。このPKをストゥアーニがゴール左に決め、ジローナが先制に成功した。 ▽1点のビハインドで後半を迎えたアトレティコは、53分にピンチ。P・ロバーツのスルーパスで飛び出したグラネルにボックス左深くからシュートを許したが、これはGKオブラクのセーブで難を逃れた。 ▽1点が遠いアトレティコは、64分にロドリゴ・エルナンデスを下げてコレアを投入。74分にもS・アリアスを下げてジェウソン・マルティンスをピッチに送り出した。 ▽すると83分、コレアが自陣でボールを奪うと、最前線のジエゴ・コスタへロングボールを供給。ジエゴ・コスタがボックス手前でトラップし浮いたボールを守備に戻ったラマーロのクリアミスを誘ってオウンゴールとなった。 ▽同点に追いついたアトレティコは、後半アディショナルタイムにもジェウソン・マルティンスが決定機を迎えたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれ、1-1のドローで試合終了。リーグ戦で負けなしを続ける好調同士の一戦は勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 2018.12.03 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

サウールのDF起用も? 負傷者続出に頭を悩ますシメオネ

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、守備陣の負傷者続出に頭を悩ませている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今シーズン、負傷離脱が相次いでいるアトレティコの守備陣。数名が復帰したことでバックラインの崩壊は回避できているが、未だホセ・ヒメネス、ディエゴ・ゴディン、フアンフランの回復は伝えられておらず、厳しい状態が続いている。 ▽さらに、『マルカ』によると、12月2日のリーガエスパニョーラ第14節ジローナ戦を前にして、フィリペ・ルイスが欠場を危惧される状態に。現状の打開策を問われたシメオネ監督は、MFサウール・ニゲスをディフェンスラインで起用する可能性について語っている。 「私が望むのは、誰もが出場可能でそれが競争力に繋がることだ」 「サウール(・ニゲス)を内側(センターバック)でプレーさせて、リュカ(・エルナンデス)をサイドバックで使うというオプションもある。リュカが中だったり、サウールがサイドという可能性もある。複数の選択肢があるんだ」 「試合のためにサウールがより適していると私が考える場所に、落とし込むつもりだ」 ▽なお、11月30日のトレーニングで、サウールは左サイドバックのポジションで試されていたようだ。 2018.12.02 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

アメリカ開催求む署名をラ・リーガがねつ造?

▽リーガエスパニョーラのアメリカ開催を巡り、ラ・リーガのねつ造が疑われている。スペイン『アス』が報じた。 ▽アメリカ開催が推し進められている、来年1月26日のリーガ第21節ジローナvsバルセロナ。反対する各方面を説得したいラ・リーガは、開催予定地であるマイアミの地元紙『ヘラルド』に「一緒にやろう。試合のために、ファンのために、マイアミのために」という文言の広告を掲載し、支援を呼び掛けている。 ▽また、この広告ではアメリカ開催を希望する人々に署名を求めており、専用のURLも記載している。そして、ラ・リーガはこの広告の影響で署名が3万件集まったとして、国際サッカー連盟(FIFA)とスペインサッカー協会(RFEF)に開催許可を要求。どちらにも拒否されているが、アメリカ開催が世界的な利益になると主張し続けている。 ▽しかし、ツイッター上での分析に長けたユーザーが、署名を呼び掛けるアカウント(@BringUSTheGame)のフォロワーが急激に増加したことを指摘。79%のユーザーが偽アカウントであると示す分析結果を提示し、3万件集めた署名にも疑惑の目を向けている。 ▽なお、フォロワーの購入や署名ねつ造疑惑について、ラ・リーガは一貫して否定している。 2018.11.17 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、ジローナvsバルサのアメリカ開催反対を表明「競争の公平性を欠く」

▽レアル・マドリーが、リーガエスパニョーラのアメリカ開催について反対の立場を明確に表明した。スペイン『アス』が報じている。 ▽ラ・リーガのハビエル・テバス会長が主導して推し進めている、リーガエスパニョーラのアメリカ開催。カードの候補となっているバルセロナとジローナが肯定的な動きを見せている一方で、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長はテバス会長を批判している。 ▽記事によると、未だ実施されるか否かが確定していない中、スペインサッカー界で最も影響力を持つクラブであるマドリーが、反対意見を投じた。マドリーからRFEFに送付した書簡の内容が、スペインのラジオ『カデナ・セル』により以下のように明らかにされている。 「私たちが実際的に参加するものおいて、レアル・マドリーはそのリーグ戦の1つについて賛同できない。中立地でプレーされるということに関しても同意できない」 ▽『アス』は、マドリーが「競争の誠実さと公平性」に及ぼす影響を危惧していると解説。なお、マドリーは米国に4つのサポーターズクラブを置いており、それらはこれまでアメリカ開催に賛成していた。しかし、今回の書簡にはそのサポータズクラブも方針に従う旨が明記されており、完全に反対の立場であることを際立たせている。 2018.10.17 15:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース