マチンを引き抜かれたジローナ、レアル・ソシエダを率いていたエウセビオ監督を招へい2018.06.08 05:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジローナは7日、エウセビオ・サクリスタン・メナ監督(54)を招へいしたことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年間となっている。

▽ジローナではクラブを1部昇格に導き、2017-18シーズンは見事1部に残留させていたパブロ・マチン監督がセビージャに引き抜かれていた。

▽エウセビオ監督はバルセロナBやセルタでの監督を経て、2015年11月にレアル・ソシエダの監督に就任。2016-17シーズンは6位に導き、ヨーロッパリーグ出場権を獲得していたが、2017-18シーズンは成績不振に陥り、3月に解任されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

フル出場乾が先制点の起点に! 終盤も1G1Aで3点に絡みエイバル完勝《リーガエスパニョーラ》

▽MF乾貴士の所属するエイバルは5日、リーガエスパニョーラ第36節でジローナのホームに乗り込み、4-1で勝利。乾はフル出場し、1ゴール1アシストを記録した。 ▽2試合勝ちのない9位ジローナ(勝ち点48)が、同じく2試合勝ちのない12位エイバル(勝ち点44)を本拠地に迎えた一戦。エイバルは0-0で引き分けた前節のバレンシア戦から、スタメンを変更せず。乾はペドロ・レオンやオレジャーナら主力のアタッカー陣とともに2試合連続でのスタメン入りとなった。 ▽試合が始まると、エイバルが閉塞感を吹き飛ばすかのように早々の得点を記録する。9分、ジローナのFKからボールが流れ、ルーズボールを処理したモジカのバックパスが中途半端に。反応した乾が頭でジローナDFに競り勝ち、エイバルはボックス内で3対1の数的優位を得る。最後はダニ・ガルシアがGKボノを引きつけて横パスを選択し、キケ・ガルシアが無人のゴールに流し込んだ。 ▽乾が起点となり幸先良くリードを奪ったエイバルは、その後も精力的にプレスをかけ続け、ジローナにチャンスを作らせない。23分にはジローナの右CKからDFファンぺのヘディングシュートを許したが、GKリエスゴがキャッチ。ゴールを死守した。 ▽それでも26分、ジローナに決定機が訪れる。ボックス手前でボールを持ったポルトゥがボックス内にラストパスを供給。しかし、走り込んだグラネルが左足のアウトで放ったシュートは枠をわずかに外れた。 ▽ジローナに勢いが出始めたタイミングで、エイバルにアクシデントが発生。30分、ペドロ・レオンがピッチ中央付近に座り込み、プレー続行不可との判断に。アレホを投入し、早い時間にエースを欠くこととなった。 ▽しかし38分、エイバルが左CKを獲得し、キッカーのホセ・アンヘルがボックス内中央に速いボールを入れる。うまくジローナDFの前にポジションを取ったキケ・ガルシアが頭で合わせ、嫌な流れを吹き飛ばす追加点を決めた。さらに前半終了間際の46分にも、オレジャーナが完璧なクロスを供給。キケ・ガルシアが決め切れずハットトリックとはならなかったが、良い雰囲気で試合の折り返しを迎える。 ▽後半に入ると、48分に乾がボックス手前左でFKを獲得。キッカーのオレジャーナが直接狙ったシュートは枠を捉えられなかったが、乾の積極的な仕掛けがチャンスを呼び込んだ。 ▽しかし55分、ジローナが反撃に出る。右CKを獲得すると、キッカーのボルハ・ガルシアがボックス手前中央に向けてグラウンダーのクロスを入れる。走り込んだアダイ・ベニテスが思い切りよく右足を振り抜き、1点を返した。 ▽ややジローナの攻撃の時間が長くなると、67分にエイバルは選手交代を敢行する。ややパフォーマンスが低調だった途中出場のアレホに代え、ホルダンを投入。勝負に徹した采配が行われると、アレホはベンチで頭を抱えて涙を流した。 ▽すると80分、ピッチ中央付近でファウルをもらった乾が、相手が守備陣形を整える前にクイックリスタートを選択する。反応していたホルダンがGKボノとの一対一を制し、監督の起用に答えるチームの3点目を決めた。 ▽さらに89分、キケ・ガルシアの落としを受けた乾が、ボックス手前から右足を振り抜く。すると、GKボノの反応は間に合わず。乾の今シーズン5点目となった。 ▽結局、エイバルが4-1でリードしたところで試合が終了。この結果、エイバルは14試合ぶりの複数得点で3試合ぶりの白星を得ることに。対するジローナは、3試合勝ちなしとなった。 2018.05.05 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

10人のヘタフェ、アマト弾でEL争うジローナとドロー…柴崎は4戦連続不出場《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは29日、リーガエスパニョーラ第35節でジローナをホームに迎え、1-1で引き分けた。柴崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いを繰り広げている、リーガ3連勝中の8位ヘタフェ(勝ち点48)と、前節エスパニョールに0-2で敗北した9位ジローナ(勝ち点47)による直接対決。 ▽ヘタフェは、1-0で勝利した前節のエイバル戦からスタメンを3名変更。柴崎は4試合連続のベンチスタートとなった。 ▽18分、ヘタフェのカウンターが火を噴く。ボックス右でポルティージョからのパスを受けたモリーナが、クロスを供給。ジローナDFに当たって軌道が変わったクロスにボックス中央のアマトが右足のボレーシュートで合わせ、先制点とした。 ▽続く20分、ジローナ陣内中央付近でヘタフェがFKを獲得。キッカーのダミアン・スアレスのふわりとしたクロスに、アンヘルがボックス内に駆け込みつつ胸トラップして右足を素早く振り抜く。このシュートは得点とはならなかったが、ジローナに主導権を渡さない。 ▽しかし前半終了間際、ジローナボールの左CKのシーンでダミアン・スアレスがボックス内でジローナDFの顔に手を当ててしまい、一発退場。PKも与えられると、キッカーのストゥアーニが落ち着いてGKグアイタの逆を突き、ゴールに流し込んだ。 ▽スコアがイーブンになったところで前半が終了。ヘタフェは、残りの45分間を10人で戦うことに。折り返して迎えた後半、ヘタフェは49分にフラミニに代えてモラを投入した。 ▽すると58分、味方のクロスに合わせようとボックス内に走り込んだモリーナが、ジローナDFに倒されてPKを獲得。しかし、自らキッカーを担当したモリーナがシュートを左ポストに当ててしまい、勝ち越し弾とすることはできず。 ▽その後、ジローナが攻勢を強めていき、ヘタフェは防戦一方に。71分には、ボックス手前でボールを持った途中出場のモジカがクロスを供給。ボックス内右のポルトゥが右足で合わせたシュートは枠を左に外れたが、積極的にヘタフェゴールに迫っていく。 ▽しかし、ヘタフェはほぼ全員でジローナの猛攻を受け止め続け、逆転弾は決めさせず。計10枚のイエローカードと1枚のレッドカードが提示された荒れ模様の試合は、1-1のスコアで終了を迎えることに。 ▽この結果、ヘタフェは連勝が「3」でストップ。柴崎は4戦連続で出番がなかった。対するジローナも、2試合ぶりの白星を手にすることは叶わなかった。 2018.04.29 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ジローナ、今季11ゴールの主力FWポルトゥと2022年まで契約延長

▽ジローナは10日、スペイン人MFポルトゥ(25)と2022年まで契約延長したことを発表した。 ▽バレンシアの下部組織出身のポルトゥは2014年にアルバセテに加入後、2016年夏にジローナに移籍。当時スペイン2部に所属していたチームで、リーグ戦41試合で8ゴール8アシストを記録し1部昇格の原動力となった。 ▽バレンシア時代に1度だけ1部での出場はあるものの、実質プリメーラ初挑戦となった今シーズンは、ここまでリーグ戦31試合に出場し11ゴール5アシストを記録。さらに、バルセロナとレアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、バレンシアの上位4チームからゴールを記録したことが大きな話題になっていた。 ▽そして、1部初挑戦となったジローナの8位躍進に貢献しているエースアタッカーはクラブとの新契約にサインしている。 2018.04.11 03:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ジローナ監督マチン、レアル・マドリーに6失点大敗も「私たちのアイデンティティーは示せた」

18日のリーガエスパニョーラ第29節、ジローナは敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦での大敗を喫した。パブロ・マチン監督は試合後、大量失点には悔しさをにじませたものの、自チームのアイデンティティーは示すことができたと胸を張っている。<br><br>リーガ1部昇格後も3バックのシステムを使用した攻撃フットボールを実践し続け、同リーグで異質な存在感を示すジローナ。この試合ではFWクリスティアーノ・ロナウドに4得点を決められるなど失点を重ねたが、それでも3得点を決めるなど、ベルナベウでの初の一戦ながら爪あとを残した。試合後会見に臨んだマチン監督は、次のようにコメントしている。<br><br>「気分は悪いよ。負ければ満足感は得られないものだろう。しかし、いくつかの点では満足している。ベルナベウで3点を決められたこと、戦術的なプレーによって試合を進められたことになどね。ジローナのアイデンティティーを見せられたのではないかと思う」<br><br>「6失点は好ましくないし、終盤の守備は脆弱だった。私たちはベルナベウがどのようなスタジアムかを見に来たわけではない。競争に臨むために来たわけだし、いくつかのフェーズでは実際にそうできていた」<br><br>一方で、レアル・マドリーがチャンピオンズリーグの予行演習ではなく、ジローナだけに焦点を合わせて試合に臨んでいたことを願った。<br><br>「彼らはチャンピオンズの出場メンバーでプレーしていた。違いは、カセミロではなくクロースが出場していたということだけだ。彼らはこちらが2選手ずつしか置いていない両サイドから攻めてきたね。ジダンが私たちのことを考えてそうプレーしていたとしたら、本当に誇り高いことだよ」<br><br>「天井があるベルナベウでチームを見守ったジローナのファンは、満足して去ることができたのではないだろうか。私は、もう少しソリッドなチームを見たかったがね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.20 03:45 Tue
twitterfacebook
thumb

絶好調エースが圧巻ポーケルで9G生まれたジローナとの乱戦制す! C・ロナウドはキャリア通算50度目のハットの快記録も樹立《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第29節、レアル・マドリーvsジローナが18日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが6-3で勝利した。 ▽直近のエイバル戦では大苦戦を強いられたものの、絶好調のエースFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールで2-1の勝利を収め、4位のバレンシア(勝ち点56)との3位争いをリードするマドリー(勝ち点57)。前回対戦で屈辱の敗戦を喫したうえ、リーグ戦3連勝と絶好調の7位ジローナ(勝ち点43)をホームで迎え撃ったリベンジマッチに向けてはエイバル戦から先発5人を変更。ベンチ外となったセルヒオ・ラモスに加え、モドリッチ、カゼミロ、イスコ、ベイルがベンチスタートとなり、ナチョ、コバチッチ、アセンシオ、ルーカス・バスケス、ベンゼマが起用された。 ▽前回対戦のリベンジを目指すホームのマドリーが積極的な入りを見せる。開始5分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのC・ロナウドが直接狙うが、枠を捉えたシュートはGKボノの好守に遭う。続く7分にはボックス内で足下に受けたベンゼマの丁寧なラストパスに抜け出したL・バスケスがGKと一対一も、ここはボノの飛び出しに阻まれた。 ▽それでも、序盤から決定機を作り続けるマドリーは11分、左CKの場面でショートコーナーからクロースがグラウンダーで折り返したボールをC・ロナウドが左足のボレーでゴール右隅に決め、出場試合8試合連続となる先制ゴールを奪った。 ▽頼れるエースの先制弾で幸先良くスタートを切ったマドリーは20分にアセンシオの直接FKで2点目に迫るなど、その後もリズム良く試合を進めていく。しかし、直近3連勝と好調を維持するアウェイチームがセットプレーから追いつく。29分、相手陣内左サイド深くで得たFKの場面でキッカーのグラネルが左足でアウトスウィングのボールを入れると、これをニアに飛び込んだストゥアーニが頭で合わせた。 ▽相手のワンチャンスにやられて試合を振り出しに戻されたマドリーはすぐさま反撃を開始。ベンゼマの正確なポストプレーを軸にアセンシオとL・バスケスの両サイドハーフ、C・ロナウドが積極的にシュートを狙っていくが、前半のうちに勝ち越し点を奪うことはできず。 ▽しかし、後半立ち上がりの47分に絶好調のエースが再び魅せる。ボックス中央でコバチッチ、L・バスケス、ベンゼマと細かいダイレクトパスが繫がると、最後はベンゼマのゴール前へのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが左足のシュートを突き刺し、2試合連続ドブレテを達成。さらに、今季のリーグ戦のゴール数を「20」の大台に乗せた。 ▽最高の時間帯にリードを手にしたマドリーはここから落ち着いてゲームをコントロール。すると、57分には左サイドのスペースに抜け出したベンゼマのマイナスの折り返しをボックス中央のC・ロナウドがゴールを背にして足下でキープ。そして、丁寧にマイナスへ落としたボールをL・バスケスが冷静にゴール右隅に決める。 ▽さらに64分には右サイドのスペースに飛び出したアセンシオがボックス右のベンゼマにパス。ここでベンゼマは相変わらずイージーシュートをGKに止められるも、これがC・ロナウドへの最高のアシストとなり難なくこの試合3点目を奪取。なお、今季2度目のハットトリック達成となったC・ロナウドは、同時にクラブと代表を合わせた通算50回目のハットトリック達成という快記録を打ち立てた。 ▽これで完全に試合を決めたと思われたマドリーだが、4点目の3分後に相手の左CKのショートコーナーからボルハ・ガルシアのクロスをストゥアーニに頭で決められ、再びセットプレーから2点目を許す。この状況を受けて、ジダン監督は70分過ぎにコバチッチとアセンシオを下げてモドリッチとベイル、83分にはベンゼマを下げてイスコと主力を投入し、試合を締めにかかる。 ▽すると86分にはそのモドリッチのスルーパスからベイルが5点目を奪うが、その直後の88分には三度相手のセットプレーからファンペにゴールを許す。それでも、試合終了間際の91分にクロースのラストパスに抜け出したC・ロナウドが今季22点目となるゴールを決め、圧巻のポーケル達成。この直後に試合はタイムアップを迎え、大量9ゴールが生まれる乱戦を6-3で制したマドリーが、ジローナにリベンジを果たすと共にリーグ戦3連勝を飾った。 2018.03.19 06:50 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース