フライブルクがレアル・マドリーのオーストリア代表DFラインハルトを買い取り2018.06.06 05:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フライブルクは5日、レアル・マドリーからレンタルで加入していたオーストリア代表DFフィリップ・ラインハルト(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は200万ユーロ(約2億5000万円)とのことだ。

▽センターバックのラインハルトは2014年夏にラピド・ウィーンからレアル・マドリーの下部組織に加入。しかし、トップチームでプレーする機会は得られず、2017年夏にフライブルクにレンタルで加入し、2017-18シーズンは開幕から9試合連続スタメンで出場していた。しかし、ヒザの負傷もあってブンデスリーガ11試合の出場に留まっていた。

▽そのラインハルトの完全移籍についてフライブルクのクレメンス・ハルテンバッハSDは次のように述べている。

「フィリップがピッチで見せる雰囲気、そして冷静さはとても良かった。彼には非常に大きなポテンシャルが備わっていると見ている。レアルとの交渉では、全ての関係者がこのフライブルクでの成長の妨げにならないように良い話し合いができた。このことについてレアルに心から感謝の気持ちを述べたい」
コメント
関連ニュース
thumb

ボルシアMG、ホームで下位相手に痛恨のドロー《ブンデスリーガ》

ボルシアMGは15日、ブンデスリーガ第26節でフライブルクと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 4位のボルシアMGが、12位フライブルクをホームに迎えた一戦。前節のマインツ戦でリーグ5試合ぶりの白星を飾ったボルシアMGは、その試合と同じスタメンで試合に臨んだ。 ボルシアMGは序盤にアウェイチームに先制を許す。10分、ワルドシュミッドのパスで右サイドを抜け出したステンゼルのクロスをボックス中央のグリフォが右足で合わせると、左ポストの内側を叩いたボールがゴールに吸い込まれた。 先制を許したボルシアMGだが、すぐに反撃。16分、ザカリアのスルーパスでボックス右深くに抜け出したT・アザールが折り返すと、ゴール前に走り込んだプレアが押し込み、すぐに同点に追いついた。 膠着状態が続く中、再びチャンスを迎えたのはフライブルク。36分、右CKからペテルゼンがフリックしたボールをファーサイドで受けたグリフォがワントラップから素早くシュートに持ち込むも、これはGKゾンマーがファインセーブ。 迎えた後半も立ち上がりから一進一退の攻防が続く。そんな中、徐々にペースを掴み始めるボルシアMGは63分、シュティンドルの縦パスをボックス右で受けたJ・ホフマンがダイレクトシュートを狙うも、これは相手GKの正面を突く。 追加点を狙うボルシアMGは61分にヘアマン、71分にノイハウス、83分にラファエウと攻撃的な選手を投入。しかし、最後まで逆転ゴールは生まれず試合終了。ボルシアMGはホームで下位相手に勝ち点1を分ける結果となった。 2019.03.16 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

フライブルクがシュトライヒ監督と契約延長! ブンデス最長の在任8年

フライブルクは27日、クリスチャン・シュトライヒ監督(53)との契約延長を発表した。なお、契約期間に関しては明かされていない。 現役時代にフライブルクでプロキャリアをスタートし、幾つかのクラブを経て同クラブで現役引退となったシュトライヒ監督。現役引退後はU-19チームの監督、トップチームのアシスタントコーチを経て2011年12月29日にトップチームの指揮官に就任。 2015-16シーズンにブンデスリーガ2部での戦いを強いられたものの、それ以外のシーズンでは乏しい資金力の中で卓越した育成力を武器に常に1部残留を果たしてきた。 なお、シュトライヒ監督は現在のブンデスリーガで最も長期政権を築いている指揮官であり、ヨーロッパの主要リーグで同監督を上回るのは、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督(2011年12月21日~)、アンジェのステファン・ムーラン監督(2011年7月1日~)の2名のみだ。 2019.02.27 23:11 Wed
twitterfacebook
thumb

長谷部が先発復帰のフランクフルト、攻撃陣トリオ揃い踏みで後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは19日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクをホームに迎え、3-1で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 2018年最終戦となった前節バイエルン戦を0-3と完敗した6位フランクフルト(勝ち点27)は、左足太ももを痛めて前半戦残り3試合を欠場していた長谷部が先発に復帰し、ドルトムントからレンタルで加入して4年半ぶりの復帰となったローデも早速スタメンとなった。 11位フライブルク(勝ち点21)に対し、長谷部が3バックの中央に位置する[3-4-1-2]で臨んだフランクフルトがボールを動かす展開で立ち上がっていく。 しかし、長谷部を軸にポゼッションするフランクフルトが押し込む展開が続くもシュートに持ち込めずにいると、29分にニーダーレヒナーにGKトラップを強襲するシュートを浴びてしまう。 それでも、その後もポゼッションで上回ったフランクフルトが36分に先制する。ショートコーナーを使って右サイドからローデがクロスを上げると、ニアサイドのレビッチが頭で逸らしたボールをアラーが打点の高いヘッドで押し込んだ。 さらに40分、フランクフルトが個人技でリードを広げる。ボックス手前左から中に切れ込んだレビッチがシュートフェイントでDF2人を外し、中央から左足で放ったミドルシュートがゴール右に決まった。 勢いの止まらないフランクフルトは45分、コッホのパスを敵陣でカットしたヨビッチがそのままゴールへ突進。GKとの一対一を確実に制して3-0とし、前半を終えた。 後半からアタッカー2枚を変更してきたフライブルクに対し、51分にショートカウンターからレビッチがGKを強襲するシュートを浴びせたフランクフルトが主導権を渡さない。 しかし、続く61分にヨビッチが決定的なシュートを浴びせたものの決めきれずにいると、63分に長谷部が交わされてホーラーに際どいシュートを許してしまう。そして69分、自陣左サイドを破られてペデルセンにゴールを奪われ、1点を返されてしまった。 78分にはヴィレムスがミドルシュートで4点目を挙げたかに思われたフランクフルトだったが、VARによりレビッチのプレーがファウルを取られ、取り消しとなってしまう。 それでも、3-1のまま試合を終わらせたフランクフルトが快勝し、後半戦白星スタートとしている。 2019.01.20 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのイタリア代表MFグリフォ、フライブルクにレンタルで復帰

フライブルクは6日、ホッフェンハイムのイタリア代表MFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでプロデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。 この活躍が認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍したものの活躍できず、2018年夏に3年ぶりにホッフェンハイムに2022年までの契約で復帰していた。しかし、今季もここまでブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ1試合の出場に留まり、活躍できていなかった。 2019.01.06 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

久保が4試合ぶり出場のニュルンベルク、フライブルクにシャットアウト負けで5連敗… 最下位脱出できず《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは22日、ブンデスリーガ第17節でフライブルクをホームに迎え、0-1で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は57分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を落とし、4連敗の最下位ニュルンベルク(勝ち点11)は、ここ3試合ベンチ入りも出場機会のなかった久保が引き続きベンチスタートとなった。 ▽12位フライブルク(勝ち点18)に対し、ニュルンベルクは19分に先制される。FKからグルデにヘディングシュートを流し込まれた。 ▽そのまま1点ビハインドで前半を終えたニュルンベルクは、57分に久保が左インサイドMFの位置に投入される。すると64分には右クロスに反応したファーサイドの久保が左足ボレーで狙ったが、ミートしきれなかった。 ▽その後もニュルンベルクが押し込む流れとなったが、76分にワルドシュミットの強烈なミドルシュートでGKを強襲されてしまう。終盤にかけてチャンスを作れなかったニュルンベルクは、そのまま0-1で敗戦。5連敗で最下位から脱出できず、前半戦を終えている。 2018.12.23 06:03 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース