フライブルクがレアル・マドリーのオーストリア代表DFラインハルトを買い取り2018.06.06 05:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フライブルクは5日、レアル・マドリーからレンタルで加入していたオーストリア代表DFフィリップ・ラインハルト(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は200万ユーロ(約2億5000万円)とのことだ。

▽センターバックのラインハルトは2014年夏にラピド・ウィーンからレアル・マドリーの下部組織に加入。しかし、トップチームでプレーする機会は得られず、2017年夏にフライブルクにレンタルで加入し、2017-18シーズンは開幕から9試合連続スタメンで出場していた。しかし、ヒザの負傷もあってブンデスリーガ11試合の出場に留まっていた。

▽そのラインハルトの完全移籍についてフライブルクのクレメンス・ハルテンバッハSDは次のように述べている。

「フィリップがピッチで見せる雰囲気、そして冷静さはとても良かった。彼には非常に大きなポテンシャルが備わっていると見ている。レアルとの交渉では、全ての関係者がこのフライブルクでの成長の妨げにならないように良い話し合いができた。このことについてレアルに心から感謝の気持ちを述べたい」
コメント
関連ニュース
thumb

ホッフェンハイムのイタリア代表MFグリフォ、フライブルクにレンタルで復帰

フライブルクは6日、ホッフェンハイムのイタリア代表MFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでプロデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。 この活躍が認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍したものの活躍できず、2018年夏に3年ぶりにホッフェンハイムに2022年までの契約で復帰していた。しかし、今季もここまでブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ1試合の出場に留まり、活躍できていなかった。 2019.01.06 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

久保が4試合ぶり出場のニュルンベルク、フライブルクにシャットアウト負けで5連敗… 最下位脱出できず《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは22日、ブンデスリーガ第17節でフライブルクをホームに迎え、0-1で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は57分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を落とし、4連敗の最下位ニュルンベルク(勝ち点11)は、ここ3試合ベンチ入りも出場機会のなかった久保が引き続きベンチスタートとなった。 ▽12位フライブルク(勝ち点18)に対し、ニュルンベルクは19分に先制される。FKからグルデにヘディングシュートを流し込まれた。 ▽そのまま1点ビハインドで前半を終えたニュルンベルクは、57分に久保が左インサイドMFの位置に投入される。すると64分には右クロスに反応したファーサイドの久保が左足ボレーで狙ったが、ミートしきれなかった。 ▽その後もニュルンベルクが押し込む流れとなったが、76分にワルドシュミットの強烈なミドルシュートでGKを強襲されてしまう。終盤にかけてチャンスを作れなかったニュルンベルクは、そのまま0-1で敗戦。5連敗で最下位から脱出できず、前半戦を終えている。 2018.12.23 06:03 Sun
twitterfacebook
thumb

原口フル出場のハノーファーがアウグスブルクとドロー、浅野はケガでベンチ外《ブンデスリーガ》

▽原口元気と浅野拓磨が所属するハノーファーは20日にブンデスリーガ第16節でフライブルクと対戦し、1-1で引き分けた。 ▽原口がリーグ戦3試合連続先発出場を果たした一方、ケガで日本代表離脱が発表された浅野はベンチ外となったこの試合。いきなりスコアが動く。2分、フライブルクの左CKの場面で、シュベクラーが競り合いの際に上にあげた手にボールが当たってしまいハノーファーがPKを献上。これをワルドシュミッドに決められ、いきなり先制点を与えてしまった。 ▽だがハノーファーもすぐに奪い返す。14分、シュベクラーの左CKをフェリペがゴール前で落ち際をダイレクトシュート。インサイドステップに丁寧に当てたシュートはゴールの左隅に流れ込んだ。 ▽1-1になって以降、落ち着いた両チームだが36分に味方のクロスからハベラーが強烈なヘディングシュートでハノーファーゴールに迫る。 ▽同点で迎えた後半、クロスバーを叩いたヴァイダントのシュートを早々に放っていったハノーファーは48分にはムスリジャがシュートを放つ。 ▽フライブルクも攻勢を仕掛ける。48分にワルドシュミッドがゴール右隅を突くシュートを放つと、50分には後半から投入されたニーダーレヒナーがボックス左深くに侵入してシュート。さらにその跳ね返りをペテルゼンが押し込みにかかるが、枠を大きく外してしまった。 ▽終盤にはフライブルクに押し込まれる展開が続いたものの、なんとか耐えたハノーファーは敵地で勝ち点1を手にし、勝ち点を「12」に。依然厳しい戦いが続いている。 2018.12.20 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

宇佐美がアシスト含む2G演出! 今季3勝目のデュッセルドルフが最下位を脱出《ブンデスリーガ》

▽デュッセルドルフは15日、ブンデスリーガ第15節でフライブルクをホームに迎え、2-0で勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はフル出場している。 ▽前節ブレーメン戦を宇佐美が下がった後半に2失点を喫し、1-3で敗戦した最下位デュッセルドルフ(勝ち点9)は、宇佐美が2試合連続先発となった。 ▽12位フライブルク(勝ち点17)に対し、宇佐美がフラットな[4-4-2]の右MFでスタートしたデュッセルドルフは、4分に宇佐美がボックス手前右から左足ミドルでゴールを狙う。 ▽ややフライブルクにボールを持たれる展開となる中、攻め手のなかったデュッセルドルフだったが、31分にボックス左に侵入したカラマンが可能性を感じさせるシュートを放った。 ▽ハーフタイムにかけても膠着状態が続いた中、迎えた後半開始4分、デュッセルドルフはヘニングスの左足ミドルでオンターゲットを記録。すると55分、先制に成功した。 ▽宇佐美の右CKからアイハンがヘディングシュートを叩き込んだ。直後にもヘニングスのコントロールシュートでゴールに迫ったデュッセルドルフは、61分にはツィンマーマンの右クロスに宇佐美がダイレクトでシュート。だが、枠の上に外してしまった。 ▽その後も宇佐美は73分に際どいボレーシュートで追加点に迫れば、78分には宇佐美がコントロールシュートでオンターゲットを記録。これはGKの好守に阻まれるも、79分に勝負を決定付けた。宇佐美の右CKから、ファーサイドのカミンスキが折り返し、ゴール前のアイハンが右足アウトでうまくゴールへ流し込んだ。 ▽宇佐美が2点を演出したデュッセルドルフが2-0で勝利。4試合ぶりとなる今季3勝目で最下位を脱出している。 2018.12.16 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

辛勝ドルトムント、リーグ戦4連勝で首位固めに成功《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは1日、ブンデスリーガ第13節でフライブルクをホームに迎え、2-0で勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節マインツ戦を低調ながらも勝利して首位固めに成功したドルトムント(勝ち点30)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦を低調なゴールレスドローで終えた中、決勝トーナメント進出を決めた。そのブルージュ戦のスタメンから4選手を変更。アルカセルやラファエウ・ゲレイロに代えてサンチョやゲッツェ、ラーセンらがスタメンに戻った。 ▽11位フライブルク(勝ち点14)に対し、[4-2-1-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からサンチョ、ゲッツェ、ラーセンと並べ、トップ下にロイスを据えた。 ▽そのドルトムントが敵陣で試合を進める展開で立ち上がっていくと、24分に最初の決定機。右サイドからのサンチョのクロスにゲッツェが右足を伸ばして合わせにかかるも、ミートしきれず枠の左に外れてしまった。 ▽それでも38分、ボックス右で仕掛けたサンチョがハインツに倒されてPKを獲得。このPKをロイスが決めてドルトムントが先制した。先制後の42分、ゴンドルフの約30mの直接FKがバーを直撃してひやりとしたドルトムントだったが、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、ロイスが相手ボックス内でのボール奪取から決定的なシュートを浴びせたドルトムントが敵陣でのプレーを続けると、59分にはヴィツェルがミドルシュートで牽制。その後、なかなかシュートシーンを生み出せないドルトムントは70分にゲッツェに代えてアルカセルを投入した。 ▽そのドルトムントは83分、ピシュチェクがボックス右から枠の左角を直撃する強烈なシュートを浴びせると、終盤の追加タイム1分に勝負を決定付けた。カウンターに転じ、サンチョのパスをボックス右で受けたピシュチェクのラストパスをアルカセルが確実に蹴り込んだ。 ▽このまま2-0でドルトムントが勝利。リーグ戦4連勝とし、首位固めに成功している。 2018.12.02 01:46 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース