ドルトムント、シャヒン売却へ2018.06.03 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは、トルコ代表MFヌリ・シャヒン(29)の売却を決めたようだ。『フットボールイタリア』が伝えている。

▽契約を2019年6月までとしているシャヒンだが、ドルトムントは契約を延長しない意向のようで、今夏での売却に向けた動きを進めているようだ。

▽シャヒンはドルトムント出身で2010-11シーズンにはブンデスリーガ優勝に貢献。この活躍から2011年夏にはレアル・マドリーに移籍するが、超巨大クラブのプレッシャーからか本来の実力を示すことが出来ず、出場した試合は10試合のみ。12-13シーズンにはレンタル移籍でリバプールに加入するも、ここでも調子が上がらず13-14シーズンは古巣ドルトムントにレンタル。2014年夏には完全移籍でドルトムントに復帰した。

▽2度目のドルトムントではほとんどのシーズンをケガで棒に振った。今季は開幕から万全の状態で挑んだが、リーグ戦出場は18試合のみ。フル出場は10試合だけだった。

▽今年9月に30歳を迎えるシャヒンだが、経験豊富なトルコ代表MFには引く手数多のようで、ローマやリバプール、ガラタサライが興味を示しているという。契約が残り1年となっていることから、安価での獲得が見込まれている。
コメント
関連ニュース
thumb

【ブンデス第23節プレビュー】失速のドルトが4連勝のレバークーゼンと対戦! 原口&浅野vs長谷部も

前節はドルトムントが監督交代のあった久保ニュルンベルクの牙城を崩せずに2戦連続引き分けに終わった。一方でバイエルンはアウグスブルクに逆転勝利し、ついに3ポイント差にまで迫っている。迎える第23節、失速気味のドルトムントはボス監督就任後4連勝と絶好調のレバークーゼンとホームで対戦する。そして、日本人対決では原口&浅野ハノーファーvs長谷部フランクフルト、宇佐美デュッセルドルフvs久保ニュルンベルクが組まれている。 ニュルンベルクGKマゼニアの再三の好守もあってゴールをこじ開けられなかったドルトムント(勝ち点51)は、ボス監督就任後4連勝で5位まで浮上してきたレバークーゼン(勝ち点36)とのホーム戦に臨む。ロイス欠場の影響もあって足踏みが続いているドルトムントだが、昨季ドルトムントを指揮していたボス監督率いるレバークーゼンから3試合ぶりの勝利を取り戻せるか。 アウグスブルクに苦戦を強いられながらも終わってみれば3-2と逆転勝利した2位バイエルン(勝ち点48)は、9位ヘルタ・ベルリン(勝ち点32)をホームに迎える。火曜に行われたCLリバプール戦では守勢に回りながらもゴールレスドローに持ち込み、2ndレグにベスト8進出の可能性を十分に残した。消耗するビッグマッチを戦った後の試合となるが、バイエルンは取りこぼしせずヘルタを下してドルトムントを捉えることができるか。 今節は日本人対決が2試合組まれている。まずは日曜開催のハノーファーvsフランクフルトから。ハノーファーは前節ホッフェンハイム戦では0-3の完敗に終わり、自動降格圏脱出とはならなかった。ホッフェンハイム戦では先発した原口が見せ場を作れず、前半終盤から出場した浅野も目立った働きは見せられなかったが、長谷部が守備を統率するフランクフルトからゴールを奪うことはできるか。 一方、前節ボルシアMG戦では長谷部が失点に絡み、逃げ切りに失敗した7位フランクフルト(勝ち点34)。これで4試合連続ドローと足踏みが続いているが、失点シーン以外は安定感あるプレーを見せていた長谷部が原口と浅野をしっかりと抑え込むことができるかに注目だ。 もう一つの日本人対決は土曜に開催される宇佐美デュッセルドルフと久保ニュルンベルクの一戦だ。宇佐美は前節レバークーゼン戦で先発予想となっていたが、まさかのベンチ外に。これで3試合連続ベンチ入りできていない状況だが、出場のチャンスはあるか。 一方、監督交代の恩恵もあって9試合ぶりに先発した久保はドルトムント戦では守備面で貢献したが、攻撃面ではボールロストも多く、見せ場を作れなかった。デュッセルドルフ戦では引き続き献身的な守備に加え、攻撃面での仕事が期待される。背中の痛みが消えない大迫は今節も欠場が確定している。 ◆ブンデスリーガ第23節 ▽2/22(金) 《28:30》 ブレーメン vs シュツットガルト ▽2/23(土) 《23:30》 ボルシアMG vs ヴォルフスブルク マインツ vs シャルケ フライブルク vs アウグスブルク バイエルン vs ヘルタ・ベルリン 《26:30》 デュッセルドルフ vs ニュルンベルク ▽2/24(日) 《23:30》 ハノーファー vs フランクフルト 《26:00》 ドルトムント vs レバークーゼン ▽2/25(月) 《28:30》 ライプツィヒ vs ホッフェンハイム 2019.02.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン合意報道のサン=マクシマン、アトレティコ&ドルトムント参戦で争奪戦へ?

ニースに所属するU-21フランス代表FWアラン・サン=マクシマン(21)を巡って争奪戦が勃発しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が同『トゥットスポルト』の情報を引用して伝えている。 サンテチェンヌ下部組織出身のサン=マクシマンは、16歳の若さでプロデビューを果たすと、その後、モナコ、ハノーファー、バスティアを経て2017年にニースに加入。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーは今シーズンここまでリーグアン22試合で6ゴール3アシストを記録している。 報道によれば、この逸材はチーム内でパトリック・ヴィエラ監督と衝突。指揮官との関係性がこじれ、今夏の退団が有力視されている。そうした中で、目を付けていると以前から伝えられていたのがミランだ。チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得した場合と限定されてはいるものの、ミランが移籍金2000万ユーロ(約25億円)の5年契約で合意至ったという具体的な情報も飛び出した。 依然として、サン=マクシマン争奪戦では同選手の代理人であるミーノ・ライオラと友好な関係を築いているミランがポールポジションに立っているという。しかし、現在ではアトレティコ・マドリーとドルトムントからの関心も伝えられており、簡単な交渉とはならなそうだ。 2019.02.19 16:54 Tue
twitterfacebook
thumb

首位ドルトムント、監督交代の最下位ニュルンベルク相手にゴールレスドロー…久保は先発も見せ場なし《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、ニュルンベルクvsドルトムントが18日に行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 最下位ニュルンベルク(勝ち点12)と首位ドルトムント(勝ち点50)の一戦。ここまでわずか2勝のニュルンベルクはリーグ戦ここ15試合勝利なし。前節終了後にケルナー監督を解任し、アシスタントコーチを務めていたボリス・ショーマス氏が暫定監督を務めることになった。 一方、リーグ戦2戦連続ドロー中のドルトムントは、リーグ戦の間にあったドイツカップではブレーメンにPK戦の末に敗戦、またチャンピオンズリーグではトッテナムに3点奪われ完敗を喫した。ファブレ監督就任以降では初の公式戦4試合勝利なしの中、白星を取り戻せるか。 試合は予想通りドルトムントがボールを保持する展開に。8割近いポゼッションを誇るドルトムントがニュルンベルクを押し込むが、ゴール前に人数をかけた守備を崩すことが出来ない。24分にヴィツェルがボックスの外からシュートを放ったがGKの正面に。 試合も30分に差し掛かる頃、ここまで被シュートをゼロに抑えていたドルトムントだったが、ローヴェンのクロスからベーレンスのヘディングシュートを許すとこれが枠に飛へ。GKビュルキが何とかはじき出したが、そのCKでもベーレンスのヘディングシュートが右ポストを掠めた。 前半の内に1点が欲しいドルトムントは45分にヴィツェルのシュートからCKを獲得。左CKからサンチョが上げたクロスにゲッツェが完璧なタイミングで頭で合わせたがGKマゼニアにセーブされてしまった。 後半に入っても主導権はドルトムントが握る。だが、ゲッツェやゲレイロのシュートはネットを揺らすには至らない。そんな中63分に、ドルトムントはフィリップを下げてアルカセルをピッチへ。切り札を投入した。 だが、ドルトムントの攻めあぐねる時間帯は続く。大きなチャンスとなったのは86分のこと。味方の浮き球パスにアルカセルが抜け出しボックス右からシュートを打ったが、ゴール左外に流れていった。87分にはサンチョのパスからアルカセルが最終ラインの裏に。ゴール前への折り返しを味方が流し込んだが、アルカセルのオフサイドを取られゴールは認められなかった。 結局、ドルトムントは最後までニュルンベルクからゴールを奪うことはできず試合終了。試合は引き分けに終わり、久保が85分までプレーしたニュルンベルクは首位のドルトムントから勝ち点を奪うことに成功した。 2019.02.19 07:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シティに良い話? ユナイテッドがサンチョに99億円準備

イギリス『サン』は、マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)の獲得を検討していると報じた。 マンチェスター・シティ育成出身のサンチョはトップチームに昇格することなく、2017年夏にドルトムントに完全移籍。結果的に、この決断が功を奏して、今シーズンはレギュラーの座を射止め、公式戦29試合8得点13アシストと異国の地でブレイクを遂げた。 そのサンチョに対して、ユナイテッドが移籍金7000万ポンド(約99億7000万円)を準備。ただ、ドルトムントとシティの間に、ユナイテッドにとって気の進まない契約条項が存在している模様だ。 それはサンチョが将来的にドルトムントを去る場合、15%の移籍金がシティに支払われるというもの。そこを目を瞑ってでも、ユナイテッドはサンチョ獲得に動くのか。今後の動向から目が離せない。 2019.02.17 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第22節プレビュー】CLリバプール戦控えるバイエルンが金曜に登場、ドルトは監督交代の久保ニュルンベルクと対戦

前節行われたハノーファーvsニュルンベルクの逆天王山はハノーファーが制し、最下位を脱出した。上位陣ではドルトムントがホッフェンハイムに3点差を追いつかれて痛恨のドローに終わった一方、バイエルンがシャルケに快勝し、5ポイント差に縮まっている。迎える第22節、チャンピオンズリーグ(CL)・リバプール戦を火曜に控えるバイエルンは金曜にアウグスブルク戦を、ドルトムントは監督交代のあったニュルンベルク戦を日曜に戦う。 守護神ノイアーが引き続き負傷欠場となった中、攻撃陣がしっかりと機能してシャルケ相手に3ゴールを奪い、2位に再浮上したバイエルン(勝ち点45)は、15位アウグスブルク(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。ビッグマッチのリバプール戦に気がいきがちなところだが、ドルトムントの背中が見えてきた中、残留争いに巻き込まれているアウグスブルクにしっかりと勝利してドルトムントにプレッシャーをかけたい。 ホッフェンハイム戦を痛恨のドローで終えた首位ドルトムント(勝ち点50)は、最下位に転落した久保のニュルンベルク(勝ち点12)とアウェイで対戦する。ロイスやアルカセル、ヴァイグルといった主力を欠いた中、水曜に行われたCLトッテナム戦は終盤の2失点が響き、0-3と完敗。ベスト8進出が厳しくなり、バイエルンにも迫られている中、リーグ戦に気持ちを切り替えることができるか。 ライプツィヒ戦でもドルトムント戦に続き守備を統率して無失点に抑えたフランクフルトの長谷部。その5位フランクフルト(勝ち点33)は3位に後退したボルシアMG(勝ち点42)とのホーム戦に臨む。ボルシアMGにもリーグ屈指のアタッカーであるT・アザールがおり、長谷部にとっては腕の見せ所といった試合となるが、ライプツィヒ戦に続きクリーンシートとなるか。 ニュルンベルクとの逆天王山を制し、最下位を脱出した17位ハノーファー(勝ち点14)は、9位ホッフェンハイム(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。ニュルンベルク戦ではアジアカップからチームに戻った原口が攻守に奮闘してチームの勝利に貢献した。引き続き先発予想となっている原口は勝利に導く活躍を見せられるか。 その他、前節シュツットガルト戦ではベンチ外となったデュッセルドルフの宇佐美はチームが勝利した中、レバークーゼン戦で先発復帰予想。アジアカップから戻ったものの、でん部の痛みにより欠場したブレーメンの大迫は引き続き欠場予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第22節 ▽2/15(金) 《28:30》 アウグスブルク vs バイエルン ▽2/16(土) 《23:30》 ホッフェンハイム vs ハノーファー ヴォルフスブルク vs マインツ シャルケ vs フライブルク シュツットガルト vs ライプツィヒ 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs ブレーメン ▽2/17(日) 《23:30》 フランクフルト vs ボルシアMG 《26:00》 レバークーゼン vs デュッセルドルフ ▽2/18(月) 《28:30》 ニュルンベルク vs ドルトムント 2019.02.15 18:00 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース