英4部マンスフィールドの18歳FWが急逝…2018.06.02 17:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ2(イングランド4部)のマンスフィールド・タウンに所属するイングランド人FWライアン・エバンス(18)が1日に急逝したことがわかった。イギリス『BBC』が伝えている。▽『BBC』が伝えるところによれば、エバンスはマンスフィールドのU-18チームでキャプテンを務めており、今回の訃報が伝えられる数日前にはU-21チームへの昇格が決定していたという。なお、同選手は自宅で亡くなっていたことが明かされているものの、死因などに関しては言及されていない。

▽マンスフィールドのU-18チームで監督を務めていたジェイミー・マグワイア氏は教え子の突然の訃報に際して、以下のようなコメントを残している。

「私たちは今回のニュースを知らされて深い悲しみに暮れています。同時に私たちの思いはこの難しい時期を過ごすライアンの家族と共にあります」

「ライアンはプレーヤーとして本当に優れたリーダーでした。さらに学習意欲や情熱を失わない素晴らしいプレーヤーでした」

「こういった彼の性格によって私たちはキャプテンを託しました。そして、彼が常に笑顔を絶やさず、素晴らしいエネルギーと魅力を備えた若者だったと記憶し続けます」

コメント

関連ニュース

thumb

代表戦で負傷のケイタ、20日のハダースフィールド戦を欠場…指揮官が明言

▽リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタはハムストリングの負傷により、20日のハダースフィールド戦を欠場するようだ。 ▽現在リバプールはプレミアリーグで6勝2分け無敗の3位に位置。20日の第9節では、今季リーグ戦未勝利の18位ハダースフィールドのホームに乗り込む。 ▽そんな中、リバプールでは今月行われた代表ウィークで主力に故障者が続出。しかし、チームを率いるクロップ監督によれば、現時点でハダースフィールド戦の欠場が確定しているのはケイタのみだと記者会見で明かしている。 「我々は代表ウィークで負傷した選手を交えてトレーニングを行った。今後も彼らの経過は見ていかなければならないが、全員が次の試合を欠場することはないだろう。ただ、現時点で唯一ケイタの欠場だけは決まっているよ」 2018.10.20 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネついに復活!今節バーンリー戦で開幕節以来の出場へ

▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがついに戦線に戻ってくるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今季のプレミアリーグ開幕節のアーセナル戦で負傷して以降、しばらくチームから離脱していたデ・ブライネ。当初は3カ月の離脱が見込まれていたが、驚異的な回復を見せ20日に行われる第9節のバーンリー戦に出場できる見通しとなったようだ。記者会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督が以下のようにコメントしている。 「彼が90分間プレーできるかどうかは分からないが、彼はここ2週間痛みなくトレーニングを順調にこなしてきた。準備は出来ているよ」 ▽また、MFファビアン・デルフも起用可能となった一方で、MFイルカイ・ギュンドアンについては「正確には分からないが、2、3週間は離脱するだろう」とコメントしている。 2018.10.19 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! サラー&ファン・ダイクが練習復帰

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーとオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、問題なく練習している。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽リバプールでは、代表ウィーク中にサラー、ファン・ダイクが負傷。さらに、セネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタがケガを負ったことも伝えられていた。 ▽しかし、18日に『テレグラフ』が報じたところでは、攻撃の要であるサラーと守備の要であるファン・ダイクが通常通りに練習に参加。24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦に照準を合わせる可能性も考えられるが、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦に向けても問題なさそうだ。 ▽また、ハムストリングに問題を抱えているナビ・ケイタに関しても悲観的な状況ではなく、ハダースフィールド戦の帯同も議論されているという。さらに、マネは負傷箇所を手術しているが、経過次第で早期復帰の判断もあり得るようだ。 2018.10.19 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アザール「チェルシーで引退するかもしれない」

▽チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(27)が、チェルシーでの引退の可能性を示唆している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2012年にリールから加入したアザール。加入後すぐに中心選手となり、これまでに2度のプレミアリーグ制覇やFAカップ、ヨーロッパリーグ優勝に貢献してきた。 ▽そんなアザール、以前からレアル・マドリーへの憧れを口にしており、実際に近年マドリーからのアプローチもあったと伝えられている。いつマドリー移籍が実現してもおかしくないが、この度、ベルギー代表アタッカーは興味深いコメントを残している。 「チェルシーで引退するかもしれない。全く問題ないよ。僕はこのクラブにいられてとてもハッピーだし、家族もここを気に入っている」 「だからもしスペインに行けなくても大丈夫だ。僕はファンを愛しているし、ファンも僕を愛してるんだろ!? どんなことが起ころうと僕は幸せさ」 ▽なお、イギリスメディアからはアザール慰留に新緑するチェルシーが週給40万ポンド(約5800万円)の大型新契約を用意しているとの報道も出ている。 2018.10.19 19:13 Fri
twitterfacebook
thumb

若手英国人に金払い過ぎ! レーマン氏主張

▽アーセナルOBで元ドイツ代表GKのイェンス・レーマン氏が、イングランド人の若手が過剰な給与を受け取っていることを問題視している。イギリス『サン』のインタビューを基に、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2011年に現役生活を終えたレーマン氏は現在、ドイツ国内を中心として解説者として活躍している。今シーズンは、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョに注目しているという。同選手は、昨年夏にマンチェスター・シティを退団しドルトムントに完全移籍。今シーズンはここまでの公式戦10試合で1ゴール9アシストを記録している。 ▽イギリス『サン』のインタビューを受けたレーマン氏は、サンチョの成功例が若手イングランド人にとって良い方法だと主張した。 「イングランドの子供たちにとって、(サンチョの例は)素晴らしいリーグで良い経験をさせるための良い方法だ」 「イングランドでは、彼ら(若手)に過剰に(給与が)支払われている。オーバーペイは何のためにもならない。彼らのチャレンジにとってね。この世代の多くがそれぞれのクラブで将来的に大きな違いを見せるかどうか、私には分からない」 「プレーヤーにとって、ハングリーであることは常に良いことだ。18歳や19歳で莫大な金額を稼いでいて、それがポテンシャル(の評価)に寄ったものでなければそうではないけどね。その場合、ハングリーになるか、現状に留まるのかは分からない。サッカーには報酬が必要だが、ポテンシャルに払われるべきでない」 ▽2003年にドルトムントからアーセナルに加入したレーマン氏。元イングランド代表GKデイビッド・シーマン氏からポジションを奪い、2003-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝を達成した“インビンシブルズ”の一員としてクラブ史に名を刻んだ、名プレーヤーだ。 2018.10.19 18:15 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース