英4部マンスフィールドの18歳FWが急逝…2018.06.02 17:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ2(イングランド4部)のマンスフィールド・タウンに所属するイングランド人FWライアン・エバンス(18)が1日に急逝したことがわかった。イギリス『BBC』が伝えている。▽『BBC』が伝えるところによれば、エバンスはマンスフィールドのU-18チームでキャプテンを務めており、今回の訃報が伝えられる数日前にはU-21チームへの昇格が決定していたという。なお、同選手は自宅で亡くなっていたことが明かされているものの、死因などに関しては言及されていない。

▽マンスフィールドのU-18チームで監督を務めていたジェイミー・マグワイア氏は教え子の突然の訃報に際して、以下のようなコメントを残している。

「私たちは今回のニュースを知らされて深い悲しみに暮れています。同時に私たちの思いはこの難しい時期を過ごすライアンの家族と共にあります」

「ライアンはプレーヤーとして本当に優れたリーダーでした。さらに学習意欲や情熱を失わない素晴らしいプレーヤーでした」

「こういった彼の性格によって私たちはキャプテンを託しました。そして、彼が常に笑顔を絶やさず、素晴らしいエネルギーと魅力を備えた若者だったと記憶し続けます」
コメント
関連ニュース
thumb

フェライニがふくらはぎの負傷により約1ヵ月間の離脱

マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライニが、ふくらはぎの負傷により最低3、4週間の離脱を強いられるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 『スカイ・スポーツ』によると、フェライニはトレーニングの中で負傷。昨年末にジョゼ・モウリーニョ前監督からオーレ・グンナー・スールシャール監督が仕事を引き継いで以来、フェライニは出場機会を激減させており、今冬の移籍も囁かれる中での離脱となった。 フェライニの状態について、スールシャール監督は以下のようにコメントしている。 「彼はおそらく最低3、4週間を要する。ふくらはぎの問題だ」 「悲しいことだ。選手それぞれに違った特徴があるし、私たちはみんなフェライニの特徴を分かっているからね」 「彼は一生懸命に頑張ってこれからのビッグゲームのために戻るよ」 2019.01.18 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

“スパイ行為”の被害者・ランパード監督も脱帽…ビエルサ監督の会見内容に「びっくしりた」

スパイ行為が発覚したリーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、自身が行わせていたことを公にする会見を突如実施。これを受け、被害者であるダービーのフランク・ランパード監督が見解を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ビエルサ監督は、11日に行われたダービーとの一戦の前日、トレーニングに関係者を派遣させた疑いがかけられていた。 この件に関して、ビエルサ監督は謝罪こそしなかったものの、“スパイ行為”を行わせていたことを認め、その釈明の会見を16日に急遽実施した。 会見では、チャンピオンシップ(イングランド2部)の全てのチームのトレーニングを偵察し、あらゆるパターンで選手の組み合わせやチームの戦い方を分析していたことを発表。パワーポイントを駆使して、事細かく手の内を明かし、1時間にわたるプレゼンテーションを行っていた。 これを受け、スパイ行為が発覚した相手であるダービーのランパード監督がコメント。ビエルサ監督の会見を見ていないとしながらも、その内容を把握しており、感服したことを明かした。 「びっくりした。それは凄かったよ」 「彼は印象を与えたね。私は、ジョゼップ・グアルディオラがその手の印象を与えるのは見たことがない。ユルゲン・クロップも、マウリシオ・ポチェッティーノもだ。彼らは確実に密室で行う。でも、彼らは公にはしない」 「誰もが研究をしているのは、本当にシンプルなことだ。ファンにとっては目を見張るようなことかもしれない。なぜなら、こういったことのほとんどが密室で起こるからだ」 「でも、彼らはいたるところで行っていた。フットボールに携わる人間からの驚きはないだろう」 「そして、今起きていることであり、我々は誰もが全面的に起きていることも知っている。それは、我々のリーグの問題だ。なぜなら、全てのチームが対象だからね。これから何が起こるかは彼ら次第だよ」 2019.01.17 12:59 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーレジェンド・チェフ、引退後はスタンフォード・ブリッジ帰還か

アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフは、引退後はチェルシーに戻るのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 先日15日に、今シーズン限りで現役から身を引くことを発表したチェフ。今年でプロ20年目という節目での決断に、かつてチェルシーで師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ氏は「フットボール界の大きな損失」と表現した。 そのチェルシーでは、2004年にスタッド・レンヌから加入し2015年までプレー。公式戦出場は494試合を数え、チャンピオンズリーグ(CL)1度、プレミアリーグ4度を含む15度の戴冠を経験。個人としても、欧州最優秀GK賞を4度、プレミアリーグ・ゴールデングローブを4度獲得している。 そしてブルーズは、クラブのレジェンドを迎え入れる準備をしているようだ。アンバサダーやGKコーチなどのポジションを用意しており、チェフ自身もすでに将来的な監督業を見据えて、ライセンス取得に取り掛かっているという。 2019.01.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル退団目前のミスリンタート氏、原因はクラブとの軋轢か

イギリス『メトロ』は、アーセナルでリクルート部門のチーフを務めるスヴェン・ミスリンタート氏の退団は、クラブとの軋轢にあると報じている。 2017年11月にアーセナルのリクルート部門チーフに就任したミスリンタート氏。以前はドルトムントで10年間スカウトを任せられ、MF香川真司やFWロベルト・レヴァンドフスキ、DFマッツ・フンメルスらを含む多くの有能な若手を発掘し、ドルトムントの黄金期を作り上げた。 その卓越した先見力から、“ダイアモンド・アイ”と呼ばれ、一昨年に就任したアーセナルでも、MFルーカス・トレイラやMFマッテオ・グエンドウジ、さらにはドルトムントのツテを使って、FWピエール=エメリク・オーバメヤンや、DFソクラティス・パパスタソブーロスの獲得を成功させた。 ドイツ人敏腕スカウトはアーセナルでも順調にその能力を発揮していたかのように見られていたが、昨年9月に、イヴァン・ガジディス元最高経営責任者(CEO)がミランに移籍したことをきっかけに状況が一変。ミスリンタート氏と同じように、リクルート部門で腕を奮っていたラウール・サンレヒ氏が、フットボールに関する全権を握るようになったことで、方針の異なる両者の間に不和が生じ始めたという。 自身のヨーロッパ中に張り巡らされた選手や代理人とのコネクションを使って移籍を成功させるやり方を信条としているミスリンタート氏に対し、サンレヒ氏は統計やデータ、戦略に基づく、いわゆる“マネーボール”的なアプローチを好んでいるようだ。 ミスリンタート氏はまた、アーセナルが直面している財政難にも懸念を持っているという。クラブは今冬に、バルセロナからMFデニス・スアレス、バイエルンからMFハメス・ロドリゲスをレンタルで獲得しようとしているようだ。 アーセナル退団が目前に迫っているミスリンタート氏には、バイエルンが触手を伸ばしているという。 2019.01.16 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バランス悪すぎない!? ヤヤ・トゥーレ選出のベストイレブンにファンも困惑

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が選んだベストイレブンのバランスが悪すぎると話題になっている。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 バルセロナやマンチェスター・シティで世界最高峰のミッドフィルダーとして名を馳せたヤヤ・トゥーレ。昨シーズン限りでマンチェスター・シティを退団し、昨年9月からは古巣オリンピアコスに復帰していたが、同年12月11日にオリンピアコスが契約解除を発表。現在は新天地を模索している状況だ。 そのヤヤ・トゥーレは、14日に『Monday Night Football』に出演。番組内では、同選手が共にプレーしたことがある選手の中で選んだベストイレブンが紹介されたのだが、「ストライカーが多すぎる」「今まで見てきたこういうベストイレブンで最悪だ」「ヤヤは大好きだが、監督はやらないほうが良い…」「監督をやってくれ。俺はシーズンチケットを買うぞ」「5歳の子どもが選んだようなチームだ」と多くのファンが困惑する結果に。一体、どんなベストイレブンなんだろうか…。 ◆ヤヤ・トゥーレ選出ベストイレブン GK エデルソン DF ヴァンサン・コンパニ ラファエル・マルケス カルレス・プジョール MF アンドレス・イニエスタ レロイ・ザネ セルヒオ・アグエロ リオネル・メッシ ティエリ・アンリ FW サミュエル・エトー ディディエ・ドログバ 2019.01.16 17:10 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース