英4部マンスフィールドの18歳FWが急逝…2018.06.02 17:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ2(イングランド4部)のマンスフィールド・タウンに所属するイングランド人FWライアン・エバンス(18)が1日に急逝したことがわかった。イギリス『BBC』が伝えている。

▽『BBC』が伝えるところによれば、エバンスはマンスフィールドのU-18チームでキャプテンを務めており、今回の訃報が伝えられる数日前にはU-21チームへの昇格が決定していたという。なお、同選手は自宅で亡くなっていたことが明かされているものの、死因などに関しては言及されていない。

▽マンスフィールドのU-18チームで監督を務めていたジェイミー・マグワイア氏は教え子の突然の訃報に際して、以下のようなコメントを残している。

「私たちは今回のニュースを知らされて深い悲しみに暮れています。同時に私たちの思いはこの難しい時期を過ごすライアンの家族と共にあります」

「ライアンはプレーヤーとして本当に優れたリーダーでした。さらに学習意欲や情熱を失わない素晴らしいプレーヤーでした」

「こういった彼の性格によって私たちはキャプテンを託しました。そして、彼が常に笑顔を絶やさず、素晴らしいエネルギーと魅力を備えた若者だったと記憶し続けます」

コメント

関連ニュース

thumb

ジョルジーニョの巧さは母親譲り⁉︎ あまりの上手さに「ルカクよりも上手」の声も

▽チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの母親のプレーぶりが上手すぎると話題になっている。イギリス「メトロ』が伝えている。 ▽話題となっているのはツイッターアカウントの『Chelsea FC Fan Club』に上げたれた1本の動画。そこに写っていたのはジョルジーニョと器用にリフティングをするある一人の女性の姿だった。ジョルジーニョからのどんなボールも簡単にトラップし、丁寧に返す。まるでプロ同士のやりとりを見ていると錯覚してしまうその女性はなんとジョルジーニョのお母さんだった。 ▽まるで素人のそれとは思えない繊細なタッチに、SNS上ではコメントが殺到。今夏ミランにレンタル移籍したフランス代表MFティエムエ・バカヨコよりも上手いと自虐的なコメントをするユーザーもいれば、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクのファーストタッチより優れているといった皮肉たっぷりのコメントも。 ▽ジョルジーニョの母親であるマリア・テレザ・フレイタスさんは、ジョルジーニョにサッカーを始めさせた張本人。子供の頃にはおもちゃやゲームの代わりにサッカーボールを与え、英才教育を施していたようだ。ジョルジーニョ自身も「母親のおかげでプレーできている」とコメントしており、チェルシーに移籍した際には、スタジアムのグッズストアに招待するなど、サッカーで結ばれた絆は深いようだ。 2018.08.15 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、批判繰り返すファンTVに“公式の鉄槌” クラブ名の使用も禁止

▽アーセナルは、YouTubeチャンネル『ArsenalFanTV』がクラブに悪影響を与えるとして、名称の変更などを強要したようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽『ArsenalFanTV』は、ロビー・ライリー氏が設立した登録者数82万人を超えるアーセナルの非公式ファンチャンネルだ。『ミラー』によれば、クラブのニュースや試合結果に関する議論が行われているチャンネルであり、ファンにとって重要な役割を果たすものだったという。 ▽しかしながら、近年では批判的な投稿が多く、アーセン・ヴェンゲル前監督の退任前には「#WengerOut」キャンペーンを実施するなどネガティブな動きが目立った。今年2月には、アーセナルのDFエクトル・ベジェリンが出演し、ファンの忠誠に疑問を投げかけていたことが伝えられている。 ▽また、ウナイ・エメリ新監督の船出となったプレミアリーグ開幕節でマンチェスター・シティに敗北した直後には、“ウナイ・エメリの革命は弱体化への落ち始めだ! ”と題した動画をアップロードし、視聴回数を24時間で約13万5000件に伸ばしていたそうだ。 ▽こういった批判を抑え込むためかは定かでないが、アーセナルは『ArsenalFanTV』に対してチェンネル名の変更を強要。『AFTV』に生まれ変わったファンチャンネルは、これから投稿するビデオで“アーセナル”というクラブ名を始めとした全てのブランド、著作権のある素材の使用を禁止される顛末となった。 2018.08.15 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、コンテ体制下の“悪しき習慣”を撤廃

▽今季から新たにチェルシーに就任したマウリツィオ・サッリ監督は、アントニオ・コンテ前監督の“古き習慣”を撤廃することにしたようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽繊細なアスリートにとって微妙な体重の変化や体脂肪率の違いがパフォーマンスに影響を及ぼすことが懸念されるが、コンテ体制下のチェルシーでは、それを避けるために食事制限が設けられていた。以前、イギリス『サン』が伝えた情報によれば、コンテ前監督はケチャップやピザ、炭酸飲料などを口にすることを禁止し、チキンやサラダといったものを食べるよう選手たちに促していたという。 ▽コンテ氏のほかにも食事制限を設ける監督はいるが、サッリ監督はそれらの制限を撤廃。栄養管理の重要さは理解しているものの、それよりも選手たちの正しい心構えを重んじる監督のようだ。 ▽また、コンテ前監督は、ホームゲームの際には前日から選手やスタッフが同じホテルで過ごすことを決まりにしていたようで、選手たちから不評だったこの習慣も撤廃された模様。『テレグラフ』によれば、サッリ監督はこのように、まずはチーム内のより良い雰囲気作りから心がけているという。 2018.08.15 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ポグバ獲得には動かず…ディレクターが認める

バルセロナのアリエド・ブライダディレクターは、マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバの獲得は起き得ないことを認めている。<br><br>ポグバは昨シーズン、ジョゼ・モウリーニョとの衝突が報じられ、マンチェスター・ユナイテッドでの将来が不明瞭となっている。一方で、ロシア・ワールドカップではフランス代表の優勝に貢献したため、評価を再び上げ、ユベントス復帰やバルセロナ移籍が報じられていた。<br><br>「言いたいこともあるが、言えない」とコメントし、現状に不満を抱いていることを示唆していたポグバ。しかし、ブライダディレクターは『ラジオ・スポルティーバ』で移籍はないと話している。<br><br>「我々がポグバ移籍に動くとは思えない。彼は素晴らしい選手だけどね」<br><br>ポグバはプレミアリーグ開幕戦のレスター・シティ戦では先発。PKで先制点をマークしていた。<br><br> <br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.15 15:05 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーの本命はケパじゃなかった⁉︎ 巨額オファーを拒否したGKとは

▽今夏にスペイン代表GKケパ・アリザバラガを獲得したチェルシーだが、どうやら本命は別にいたようだ。スペイン『マルカ』が『サンデー・タイムズ』の記事をもとに伝えている。 ▽レアル・マドリーに移籍したGKティボー・クルトワの後釜として、ビルバオから契約解除金8000万ユーロ(約1億円)を支払いケパを引き抜いたチェルシー。デビュー戦となった11日のプレミア開幕戦でスタメンに名を連ね、クリーンシートで勝利に貢献した新守護神だったが、どうやらクラブの本命はケパではなかったようだ。 ▽伝えられるところによると、チェルシーのトップターゲットはアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクだった模様。昨季公式戦49試合で34試合の無失点試合を達成した同選手を高く評価していたようで、チェルシー側もケパよりも高額なオブラクの契約解除金1億ユーロ(約130億円)を支払う意思を見せていたという。 ▽ところが、オブラク自信がこのオファーを拒否。2014年からプレーするアトレティコへの忠誠心を見せた。 ▽なお、オブラクに関しては、アトレティコが契約延長に動いているとの報道もあり、契約解除金は2億5000万ユーロ(約321億5000万円)にまで引き上げられることになりそうだ。 2018.08.15 13:54 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース