英4部マンスフィールドの18歳FWが急逝…2018.06.02 17:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ2(イングランド4部)のマンスフィールド・タウンに所属するイングランド人FWライアン・エバンス(18)が1日に急逝したことがわかった。イギリス『BBC』が伝えている。

▽『BBC』が伝えるところによれば、エバンスはマンスフィールドのU-18チームでキャプテンを務めており、今回の訃報が伝えられる数日前にはU-21チームへの昇格が決定していたという。なお、同選手は自宅で亡くなっていたことが明かされているものの、死因などに関しては言及されていない。

▽マンスフィールドのU-18チームで監督を務めていたジェイミー・マグワイア氏は教え子の突然の訃報に際して、以下のようなコメントを残している。

「私たちは今回のニュースを知らされて深い悲しみに暮れています。同時に私たちの思いはこの難しい時期を過ごすライアンの家族と共にあります」

「ライアンはプレーヤーとして本当に優れたリーダーでした。さらに学習意欲や情熱を失わない素晴らしいプレーヤーでした」

「こういった彼の性格によって私たちはキャプテンを託しました。そして、彼が常に笑顔を絶やさず、素晴らしいエネルギーと魅力を備えた若者だったと記憶し続けます」

コメント

関連ニュース

thumb

元リバプールのホセ・エンリケ、脳腫瘍摘出手術を受ける

▽かつてリバプールでプレーしたスペイン人DFのホセ・エンリケ氏(32)が大病と戦っていることがわかった。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ホセ・エンリケ氏は1カ月前、偏頭痛を患って病院へ。そこで、脳腫瘍が見つかり、このたび手術を受けたという。 ▽ホセ・エンリケ氏は23日、インスタグラム(joseenriquee3)を更新。脳腫瘍の摘出手術が終わったことを告げ、回復に向かっていることを報告した。 「人生の中でも最もタフな数週間だった。僕が脳腫瘍の摘出手術を受けたというニュースを見つけた。今は快方に向かっていて、感謝の気持ちでいっぱいさ。命とはとても尊いものだ」 ▽レバンテBやバレンシア、セルタ、ビジャレアル、ニューカッスルを渡り歩いたホセ・エンリケ氏は、2011〜2016年までリバプールで活躍。その後、サラゴサに加わったが、2017年9月にヒザの故障を理由に現役を退いた。 2018.06.23 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグの新シーズン日程が発表! 開幕戦でエメリ新生アーセナルvs王者シティ!!

▽プレミアリーグは14日、2018-19シーズンの日程を公式サイトで発表した。 ▽2017-18シーズンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督2年目のマンチェスター・シティが最多勝利、最多勝ち点、最多得点など記録ずくめの圧勝劇で優勝した。グアルディオラ体制3年目で連覇を目指すシティは、開幕節でアーセン・ヴェンゲル前監督からバトンを受け取ったウナイ・エメリ新監督率いるアーセナルとのアウェイゲームでシーズンをスタートすることになった。 ▽また、昨季ジョゼ・モウリーニョ監督2年目で無冠に終わった2位マンチェスター・ユナイテッドは、開幕節で日本代表FW岡崎慎司が在籍するレスター・シティとのホームゲームに挑む。そのほかでは3位のトッテナムが昨シーズンに続きニューカッスルと、4位のリバプールがマヌエル・ペジェグリーニ新監督を向けたウェストハム、指揮官の去就が注目されるチェルシーはハダースフィールド、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはバーンリーとの開幕戦を戦う。 ▽そのほか、第2節ではチェルシーvsアーセナルのビッグロンドン・ダービーが組まれており、アーセナルは開幕から2戦連続のビッグマッチに臨む。また、マンチェスター・ダービーは2018年11月11日(シティホーム)と2019年3月16日(ユナイテッドホーム)、ノースロンドン・ダービーは2018年12月1日(アーセナルホーム)、2019年3月2日(トッテナムホーム)。マージーサイドダービーは2018年12月1日(リバプールホーム)、2019年3月2日(エバートンホーム)に開催される。 ▽なお、新シーズンから新スタジアムで戦うトッテナムだが、8月18日に行われる第2節フルアムとのホームゲームは建設工事遅延の影響でウェンブリー・スタジアムでの代替開催となり、9月15日に行われる第5節のリバプール戦が新スタジアムでの初戦となる。2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕からの3節および最終節の対戦カードは以下のとおり。 ◆2018-19シーズン プレミアリーグ 【開幕節】 《2018年8月11日》 ボーンマス vs カーディフ アーセナル vs マンチェスター・シティ フルアム vs クリスタル・パレス ハダースフィールド vs チェルシー リバプール vs ウェストハム マンチェスター・ユナイテッド vs レスター・シティ ニューカッスル vs トッテナム サウサンプトン vs バーンリー ワトフォード vs ブライトン ウォルバーハンプトン vs エバートン 【第2節】 《2018年8月18日》 ブライトン vs マンチェスター・ユナイテッド バーンリー vs ワトフォード カーディフ vs ニューカッスル チェルシー vs アーセナル クリスタル・パレス vs リバプール エバートン vs サウサンプトン レスター・シティ vs ウォルバーハンプトン マンチェスター・シティ vs ハダースフィールド トッテナム vs フルアム ウェストハム vs ボーンマス 【第3節】 《2018年8月25日》 アーセナル vs ウェストハム ボーンマス vs エバートン フルアム vs バーンリー ハダースフィールド vs カーディフ リバプール vs ブライトン マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム ニューカッスル vs チェルシー サウサンプトン vs レスター・シティ ワトフォード vs クリスタル・パレス ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・シティ 【最終節】 《2019年5月12日》 ブライトン vs マンチェスター・シティ バーンリー vs アーセナル クリスタル・パレス vs ボーンマス フルアム vs ニューカッスル レスター・シティ vs チェルシー リバプール vs ウォルバーハンプトン マンチェスター・ユナイテッド vs カーディフ サウサンプトン vs ハダースフィールド トッテナム vs エバートン ワトフォード vs ウェストハム 2018.06.14 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、清水でもプレーしたインビンシブルズの一員ユングベリがU-23チーム監督に就任

▽アーセナルは12日、今年7月からクラブOBで元スウェーデン代表MFのフレドリック・ユングベリ氏(41)がU-23チームの監督に就任することを発表した。 ▽1998年から2007年までアーセナルに在籍していたユングベリ氏は、サイドハーフを主戦場に中盤の複数ポジションを高いレベルでこなすユーティリティー性を武器に主力として活躍。2003-04シーズンにプレミアリーグ無敗優勝を達成したインビンシブルズの一員としても知られている、アーセナル黄金時代のレジェンドの一人だ。 ▽アーセナル退団後はウェストハムやアメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)、セルティックを渡り歩き、2011年8月から2012年2月までは短期間ながらJリーグの清水エスパルスでもプレー。その後、一度は現役引退を発表も、2014年にはインド・スーパーリーグのムンバイ・シティで現役復帰し短期間プレーした後に再びスパイクを脱いだ。 ▽現役引退後はアーセナルのアンバサダーを務めると共にU-15チームの監督も歴任。だが、2017年2月にはアーセナルの下部組織の運営に携わっていたアンドリース・ヨンカー氏の誘いを受けてヴォルフスブルクのアシスタントコーチも務めていた。 ▽再びアーセナルへの復帰が決定したユングベリ氏はクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「このクラブに再び戻ってこれたことを嬉しく思う」 「アーセナルは私にとっていつでも特別な場所なんだ。同時にU-23チームのプレーヤーたちと共に仕事ができることにとても興奮しているよ」 「このクラブの優れた若手プレーヤーとの仕事は本当に楽しみだ。彼らの多くはよく知っている存在だし、彼らが最高のプレーヤーになるための助けとなれるように全力を注ぐつもりだ」 2018.06.13 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップ反論! ヤヤ・トゥーレの“人種差別批判”に「あれは虚言」

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、自身への批判を切り捨てた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽シティでの8シーズン目を終え、フリーでの退団が濃厚とされている元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ。グアルディオラ監督との不仲が囁かれており、先日には同監督政権下で自身の出場機会が激減した理由について、「外される理由はわからない。僕のラストシーズンはペップに壊された」、「肌の色が原因だと気づいた」、「ペップはどこに行ってもアフリカ人選手との間に問題を抱えている。アフリカ人選手を5人同時にフィールドに立たせたら、お祝いとしてケーキを送るよ」と語っていた。 ▽そういった批判に対して、グアルディオラ監督は以下のように反論している。 「あれは虚言だし、彼は分かっている」 「私たちは2年間一緒に居て、彼は(退団する)今それを言う」 「決して私に面と向かっては言わないんだ」 ▽どちらの発言が真実であるか定かではないが、シティでの公式戦通算316試合で79ゴール50アシストを記録し、プレミアリーグ3度を含む8度の優勝に貢献した功労者の幕引きにしては、寂しいものとなったのは間違いないだろう。 2018.06.10 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ロシツキ引退試合、“リトル・モーツァルト”がかつての盟友らと最後の協奏曲

▽元チェコ代表MFトーマス・ロシツキ(37)の引退試合が9日にチェコのプラハで行われた。チェコ『iROZHLAS』が伝えている。 ▽試合にはFWロビン・ファン・ペルシやMFセスク・ファブレガス、GKイェンス・レーマン、DFバカリ・サーニャ、DFガエル・クリシ、DFキーラン・ギブス、MFアレクサンドレ・ソング、MFマテュー・フラミニら、2006年から10シーズンの間プレーしたアーセナルの元チームメイトらが集結した。 ▽持ち前の闘争心と優雅なプレーから、“リトル・モーツァルト”というニックネームが名付けられるロシツキは、昨年12月20日に引退を発表。かつてのチームメイトたちと最後の協奏曲を奏でたリトル・モーツァルトはこの試合を振り返った。 「本当に感動的だよ。この試合のために集まってくれた仲間たちと一緒にいられて素晴らしい時間を過ごすことが出来た。感謝しないといけない。僕のために集まってくれてこんな素晴らしい瞬間を作り上げてくれたみんなにね」 ▽ファン・ペルシは試合後に自身のツイッターを更新し「リトル・モーツァルトと最後の時間を過ごした。本当に素晴らしい選手だった」とコメント。同様にセスクもインスタグラムで「今日は、僕がすっと尊敬してきた選手とお別れをしてきた。君がピッチにかけた魔法、そして友達でいてくれたことに感謝したい。君がいなくなって寂しくなるよ」と別れのメッセージを告げた。 ▽20年のキャリアの中で、その半分の10年間をアーセナルで過ごしたロシツキ。アーセナルでは公式戦248試合に出場、チェコ代表としても歴代3位の105キャップ数を誇った。 2018.06.10 15:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース