今日の誕生日は誰だ! 6月2日は、ドリブルで未来を切り開く日本代表MFのバースデー! 2018.06.02 07:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆乾貴士
【Profile】
国籍:日本
誕生日:1988/6/2
ポジション:MF
クラブ:ベティス
身長:169㎝
体重:59kg

▽『今日の誕生日は誰だ!』6月2日は、ベティスの日本代表MF乾貴士だ。

▽この異次元のドリブラーが初めて全国的に脚光を浴びたのは、滋賀県の野洲高等学校サッカー部でプレーしていた頃だろう。2年生にしてレギュラーを掴んで第84回全国高等学校サッカー選手権大会に参加すると、チームメイトと共に部活サッカーのイメージを一新するフットボールを展開。決勝では素晴らしいカウンターから得点を生み出し、見事に優勝を果たした。

▽プロ入りした乾は、セレッソ大阪でMF香川真司(現・ドルトムント)と息の合ったコンビプレーを披露。当時J2に属していたC大阪だったが、着々とその評価を高めていった。

▽そして2011年、ブンデスの2部に属していたボーフムに移籍して欧州デビュー。その後に入団したフランクフルトでもドリブラーとしての地位を保ちつつレギュラーを確保してみせると、2015年夏には、エイバルに入団して本人が念願としていたリーガエスパニョーラデビューを飾ることに。日本人のリーガ最多出場記録を更新し、鬼門と恐れられていたスペインで自分の長所が通用することを難なく証明した。

▽さらに2016-17シーズンのリーガ最終節では、日本人として初めてバルセロナから得点を奪取。2ゴールを決め、日本代表FW岡崎慎司からも「伝説を残した」と評されている。

▽そして2018年6月1日、誕生日前日に乾のベティス移籍が発表に。スペインでも随一の熱いファンを抱えていることで知られる名門クラブだ。その軽快なドリブルは、確実に日本人が見たことのない未来を切り開いている。

※誕生日が同じ主な著名人
セルヒオ・アグエロ(サッカー選手/マンチェスター・シティ)
フレディー・アドゥー(サッカー選手/ラスベガス・ライツ)
藤田征也(サッカー選手/湘南ベルマーレ)
内田宅哉(サッカー選手/FC東京)
斧澤隼輝(サッカー選手/セレッソ大阪)
チャーリー・ワッツ(ドラマー/ローリング・ストーンズ)
ウェントワース・ミラー(俳優)
平泉成(俳優)
ロベルト・ペタジーニ(元野球選手)
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(格闘家)
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(格闘家)
末續慎吾(陸上選手)
又吉直樹(お笑い芸人/ピース)
コメント
関連ニュース
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月31日は、赤い悪魔を悪魔たらしめた名将の中の名将 “サー”の名を冠する史上最高監督

◆アレックス・ファーガソン 【Profile】 国籍:スコットランド 誕生日:1941/12/31 ポジション:FW ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月31日は元マンチェスター・ユナイテッド指揮官アレックス・ファーガソンだ。 ▽ユナイテッドの元監督として知られるファーガソン氏だが、現役時代は母国のスコットランドのクイーンズ・パークFCで始まり、以降1974年に現役を引退するまでスコットランドのクラブのみを渡り歩いた。 ▽引退後はすぐに指導者の道を歩むことになる。最初はスコットランドのイーストスターリングシャーで監督を務め、1978年から務めたアバンディーンでは1983-84シーズンにダブルを達成。1985年にはアバディーンの監督を務めながらスコットランド代表のアシスタントコーチも兼任。試合中に当時代表監督を務めていたジョック・ステイン監督が倒れ、ファーガソン氏が監督をすることになった。 ▽ファーガソン氏がユナイテッドを率いるのは1986年からのこと。規律を重んじるサッカーを浸透させ89-90シーズンにFAカップを優勝し就任後初タイトルを獲得。さらに92-93シーズンにクラブの26年ぶりとなるリーグ優勝を成し遂げた。 ▽ファーガソン監督の伝説はまだまだ続き、1999年にはプレミア、FAカップ、チャンピオンズリーグ(CL)の三冠をイングランドのチームとして初めて達成。以降も11度のリーグ優勝に2度のCL制覇、08-09シーズンのクラブ・ワールドカップ優勝など、ユナイテッドに「39」ものタイトルをもたらした。そして、2012-13シーズン終了を以って勇退。27年間の伝説に幕を閉じた。 ▽ファーガソン氏の腕には疑いの余地はないが、若手選手に対する先見の明と育成にも定評があった。当時14歳だったライアン・ギグスの家に毎晩通い、クラブに誘ったというエピソードがある。また、クラブのレジェンドであるデイビッド・ベッカムやポール・スコールズらもファーガソン氏が育てた選手であり、ユナイテッドで一気にスターダムを駆け上がったクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー)にもいち早く目を付けていた。これらの選手からは“父”と呼ばれるほど、サー・アレックス・ファーガソンは監督としてだけでなく一人の人間としても慕われていたようだ。 ※誕生日が同じ主な著名人 ビートきよし(お笑い芸人) 俵万智(詩人) 小錦(元力士) まこと(ミュージシャン/元シャ乱Q) 大黒摩季(歌手) 東貴博(お笑い芸人/Take2) グレゴリー・クーペ(元サッカー選手) 村主章枝(元フィギュアスケート選手) 2019.12.31 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月30日は広島の優勝に貢献したブラジル人FWのバースデー

◆ドウグラス 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1987/12/30 ポジション:FW 身長:184㎝ 体重:74㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月30日は清水エスパルスに所属するブラジル人FWドウグラスだ。 ▽ドウグラスは2004年にプロデビュー。2010年に徳島ヴォルティスに期限付きで加入。加入初年度から13試合で4得点を記録した。2014年から完全移籍で徳島入りも13試合不発と不調に陥り、京都サンガF.C.にレンタル移籍で加入すると、リーグ戦17試合で5得点とやや復調ぶりを見せた。 ▽さらに、2015シーズンにサンフレッチェ広島入りするとその才能が開花。リーグ戦33試合で21得点を奪う活躍を見せるなど広島の優勝に大きく貢献した。その後はUAEの強豪アル・アイン、トルコのアランヤスポルを経て今年夏に清水へ完全移籍で加入。4年ぶりとなったJリーグでは、リーグ戦15試合で11得点を奪うなど必要不可欠な存在になっている。 ※誕生日が同じ主な著名人 戸田和幸(サッカー解説者) 井上公造(芸能リポーター) ベン・ジョンソン(元陸上選手) 小川菜摘(タレント) フェルナンド・ダニエル・モネール(元サッカー選手) 元木大介(元野球選手) タイガー・ウッズ(プロゴルファー) レブロン・ジェームズ(バスケット選手) KenKen(ベーシスト) 2018.12.30 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月29日は、プレミア史上初となる殴り合いの大喧嘩の主犯格のバースデー

◆キーロン・ダイアー 【Profile】 国籍:イングランド 誕生日:1978年12月29日 現役時所属:イプスウィッチ、ニューカッスル、ウェストハムなど ポジション:MF 身長:170㎝ 体重:60㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月29日は、元イングランド代表MFキーロン・ダイアーだ。 ▽イプスウィッチ出身のキーロン・ダイアーは、1996年にイプスウィッチ・タウンでプロデビュー。1999年にニューカッスル・ユナイテッドに入団し、2001-02シーズンにはプレミアリーグ4位、2002-03シーズンには3位フィニッシュに貢献し、チャンピオンズリーグ(CL)出場の原動力となった。 ▽7シーズンに渡ってニューカッスルでプレーしたダイアー。2005年4月にはプレミアリーグの試合中にチームメイトのMFリー・ボウヤーとリーグ史上初の殴り合いの大喧嘩を演じたことで注目を集めた。翌日の新聞には2人がピッチ上で殴り合っている写真が大きく掲載されたようだ。後に両者は、パスに関する要求の中で、熱くなってしまったことを地元紙に語っている。 ▽1999年にデビューを飾ったイングランド代表では33キャップを誇り、日韓・ワールドカップ(W杯)にも出場。快足を活かしたドリブルを武器にサイドアタックを得意としていたが、時にはセンターも務めた。ちなみにデビュー当時は右サイドバックも務めていた。 ▽ニューカッスル退団後、ウェストハム、QPR、ミドルズブラなどでプレーしたダイアーは、2013年に引退し指導者の道を歩んでいる。 ※誕生日が同じ主な著名人 生駒里奈(タレント) サナ(アイドル/TWICE) 錦織圭(プロテニスプレーヤー) 荒川静香(元フィギュアスケーター) 押切もえ(モデル) 浜田省吾(歌手) Mr.マリック(マジシャン) 那須川将大(サッカー選手/大分トリニータ) ニクラス・アレクサンデション(元サッカー選手) 2018.12.29 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月28日は、親子3代で代表経験のあるスペイン人DF

◆マルコス・アロンソ 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1990/12/28 クラブチーム:チェルシー ポジション:DF 身長:188㎝ 体重:81㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月28日はスペイン代表DFマルコス・アロンソだ。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身のマルコス・アロンソは、2010年にトップチームデビュー。しかし、すぐさまボルトンへと移籍し、プレミアリーグに活躍の場を移す。 ▽その後、2013年にフィオレンティーナへと移籍し、セリエAを経験。イタリアのサッカーになじめず、自身の攻撃力を余り出せない時期が続いた。 ▽それでも、2015-16シーズンに復活しシーズン終了後にチェルシーへと移籍。アントニオ・コンテ監督の下、ウイングバックとしてレギュラーポジションを掴んだ。 ▽マルコス・アロンソの父親はマルコス・アロンソ・ペーニャ、祖父はマルコス・アロンソ・イマスという名で、なんと2人ともスペイン代表の経験がある。そして、マルコス・アロンソ は2018年3月にスペイン代表デビュー。これで、スペイン史上初となる親子3代での代表経験となった。 ※誕生日が同じ主な著名人 トム・ハドルストーン(サッカー選手/ダービー・カウンティ) ミラン・バロシュ(サッカー選手/バニーク・オストラヴァ) アラン・スミス(元サッカー選手) 京川舞(サッカー選手/INAC神戸レオネッサ) 新川優愛(女優) 大家志津香(アイドル/AKB48) 村田修一(元プロ野球選手) 福原忍(元プロ野球選手) 寺島しのぶ(女優) 石原裕次郎(俳優) 富永美樹(アナウンサー/元フジテレビ) 大根仁(映画監督) デンゼル・ワシントン(俳優) 藤波辰爾(プロレスラー) トータス松本(歌手/ウルフルズ) 2018.12.28 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月27日は、現在は解説を務める元日本代表“ミスター・レッズ”のバースデー

◆福田正博 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1966年12月27日 現役時所属:浦和レッズ ポジション:FW 身長:176㎝ 体重:68㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月27日は、浦和レッズで活躍した元日本代表FW福田正博だ。 ▽元々は野球少年だったという福田氏は、小学5年生の時に転校先でサッカーに出会った。プロになったのは1989年。現在の浦和レッズの前身である三菱重工業サッカー部に入団し、2部リーグでルーキーながら36得点を記録。三菱重工の1年での1部昇格に大きく貢献した。 ▽1992年に三菱重工業サッカー部は浦和レッドダイヤモンズに名称を変更。翌年にはJリーグが開幕し新時代の幕開けとなった。Jリーグ創設時代はなかなか調子の上がらなかった浦和において、福田氏は1人気を吐いた。1995年には32得点を挙げ、日本人初の得点王に輝き浦和の3位躍進の原動力となった。 ▽浦和一筋を貫いた “ミスター・レッズ” は2002年で現役を引退。公式戦通算355試合に出場し172得点を記録した。その後は2003年から2008年にかけて日本サッカー協会のJFAアンバサダーを務めた。現在に至るまでサッカー解説者として多くのメディアに露出。2008年シーズンには浦和にコーチとして復帰したが契約満了に伴い2010年限りで退団している。 ▽現役時代にトロフィーを掲げることはなかった福田氏だが、浦和レッズの象徴として、現在でも浦和サポーターから愛され続けている。 ※誕生日が同じ主な著名人 テリー伊藤(演出家) 濱田マリ(女優) マシ・オカ(俳優) 竹原ピストル(ミュージシャン) 稲垣早希(タレント) アディル・ラミ(サッカー選手/マルセイユ) 山田大記(サッカー選手/ジュビロ磐田) 2018.12.27 07:00 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース