生き残れるか…武藤嘉紀「出せる力は出せた。待つしかない」《キリンチャレンジカップ》2018.05.31 02:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は30日、日産スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に臨み、0-2で敗れた。

▽FW武藤嘉紀が試合後のミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。31日の最終メンバー23名発表に向け、「今から何を言っても変わらない。けど、自分なりに出せる力は出せた。あとは明日の報告を待つしかない」と話した。

◆FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
──試合を振り返って
「コンビネーションの部分でまだ分かり合えていないところがあったので、すぐさま改善していかないといけない」

──アピールチャンスはどれだけ生かせたか
「(ゴールを)決めれていないので、とにかく待つだけ。FWである以上、上を目指すであれば納得しちゃいけない」

──ゴールに迫る感覚は
「感覚的に相手が足を出してくるところがかなり見える。逆に、見え過ぎて、迷うシーンがある。でも、それをポジティブにとらえないといけない」

「今日のようにシュートを外してしまった試合が本番じゃなくて良かった。ああいう場面でしっかり決め切れるようにしっかり反省する」

──悔いはないか
「今から何を言っても変わらない。けど、自分なりに出せる力は出せた。あとは明日の報告を待つしかない」

──W杯直前にチャンスが巡ってきているが
「大迫くんは代表で1トップを務めていて、素晴らしい選手。そこを脅かさないといけない」

「彼のようにしっかりとボールを収めたり、盗める部分を盗んでいきたい。あとは自分にしかできないことをやっていきたい」

──途中出場だったが
「2失点目をして相手にかなり引かれてしまった。普段なら裏が空いてきたり、よりフリーでボールを受けられる」

「けど、それは言い訳。クロスだったり、コンビネーションのところでもっと話し合っていかないといけない」
コメント
関連ニュース
thumb

アジア杯に臨む日本代表メンバーが発表! 森保体制初タイトルへ順当選出《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽今年のロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16という好成績を収めた後から、森保一監督体制を始動させているサムライブルー。初の公式戦となるアジアカップには、国際親善試合で結果を残してきたメンバーが順当に選出された。そんな中で、川崎フロンターレMF守田英正が前回の追加招集から引き続き招集されている他、ハノーファーFW浅野拓磨が復帰している。 ▽日本代表は、グループステージで1月9日(水)にトルクメニスタン代表と、1月13日(日)にオマーン代表と、1月17日(木)にウズベキスタン代表と対戦する。今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。 ◆日本代表メンバー23名 GK 東口順昭(ガンバ大阪) 権田修一(サガン鳥栖) シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) DF 長友佑都(ガラタサライ/トルコ) 槙野智章(浦和レッズ) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 佐々木翔(サンフレッチェ広島) 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 室屋成(FC東京) 三浦弦太(ガンバ大阪) 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) MF 青山敏弘(サンフレッチェ広島) 原口元気(ハノーファー/ドイツ) 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) 伊東純也(柏レイソル) 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル) 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 守田英正(川崎フロンターレ) 堂安律(フローニンヘン/オランダ) FW 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) 浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ) 北川航也(清水エスパルス) 2018.12.12 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

悲願の女王奪還を! なでしこ率いる高倉監督の目標はW杯優勝《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、各日本代表の2019年における年間スケジュールを発表した。 ▽都合により会見に出席できなかったなでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督は、ビデオメッセージを通じて2019年の女子ワールドカップ・フランスでの目標に優勝を掲げている。 ◆高倉麻子監督 「本日は、日本代表年間スケジュール発表会見に出席できず申し訳ございません。来年開催される女子ワールドカップの視察のためにフランスに来ています」 「2018年の活動を全て終えましたが、今年はアジアカップ、そしてアジア競技大会という二つのアジアのタイトルを獲ることができました。結果が出たことで選手たちも自信になりましたし、チームとしても大きく成長することができた一年になりました」 「そして、いよいよ2019年はFIFA女子ワールドカップに臨む大事な年になります。抽選会も終えて対戦国も決まり、いよいよ勝負の年を迎えるんだな、という気持ちの高まりを感じます。世界の女子サッカーの進歩は目覚ましく、簡単な試合は一つもありませんが、もう一度ワールドカップを掲げることを目標にチーム一丸となってここまで頑張ってきました。ワールドカップまであと半年ですが、一日も無駄にすることなく、最高の結果を勝ち取りたいと思います」 「そして、その喜びを応援してくださる全ての方々と一緒に分かち合いたいと思います。2019年も引き続き、なでしこジャパンをよろしくお願い致します」 ▽女子ワールドカップは、6月7日(金)~7月9日(火)にかけて開催。今年行われたアジアカップ&アジア競技大会で女王となった日本は、グループステージでは6月10日(月)にアルゼンチン女子代表と、6月14日(金)にスコットランド女子代表と、6月19日(水)にイングランド女子代表と対戦する。 2018.12.11 21:12 Tue
twitterfacebook
thumb

A代表&五輪世代兼任の森保監督、来年の抱負はアジアタイトル! 《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、各日本代表の2019年における年間スケジュールを発表した。 ▽会見に出席したSAMURAI BLUEとU-22日本代表を兼任する森保一監督は、まずアジアカップとコパ・アメリカを控えるA代表に関して、抱負を述べた。 ◆森保一監督(日本代表、U-22日本代表) 「まず、両チームの抱負を述べなければいけないところで、A代表のサムライブルーの活動に触れさせていただきます」 「来年の活動においては、アジアカップでタイトルを獲ることを目標にして、我々は取り組んでいます。その前に、私が監督になってから、キリンチャレンジで今年の9月、10月、11月と素晴らしい対戦相手に恵まれて、我々はアジアカップに向けて強化することができました。ロシアのワールドカップで経験をしていたり、そして新たに日本代表の歴史を築いていくことを期待されている若手の“融合”で、チームを編成してこれまで活動させていただき、これからアジアカップに臨むことになります」 「アジアカップに臨むに当たって、今年一番大きなサッカーイベントであったと言っても過言ではないロシアのワールドカップで西野ジャパンが戦ったやり方を、我々も継承して行きたいという風に我々も思っています。西野監督は日本人らしさ、そして日本人の良さを以ってチーム作りをされて、世界に臨んでいこうということで、素晴らしい戦いをされました」 「そこで私がスタッフの一人として経験させていただいたことを新たなチームに生かし、来年のアジアカップで成果を出し、皆さんに喜んでいただければという風に思っております。アジアカップでは初のタイトルをかけて戦うことになる中、先ほども言いました“融合”をさらに進めていけるように、そして結果も出せるようにチーム一丸となって頑張って参りたいと思います」 「また、来年はブラジルで行われますコパ・アメリカにも参加をすることになります。アウェイでの貴重な強化・経験の場となります。その経験で、これまで通りチームの成長をさらに発展させていけるようにしていきたいと思います。本気の南米相手に我々が経験値を高め、チーム力を高めて、次に向かっていければという風に思っています。南米のチームには我々が学ばなければならないと思われることが、まだまだたくさんあると思います。コパ・アメリカに経験を求めに、我々がさらに成長できることを見つけて来られればと思います」 「また、年末にはアジアの戦いに戻ってきます。アジアの戦いでも我々が力を示せるように、そして一年の成長をその大会でも示せるように頑張って参りたいと思います」 ▽さらに、森保監督はオリンピック世代であるU-22日本代表の展望も掲げた。最終目標が2020年東京オリンピックでの金メダルであることを改めて口にし、そのための強化の一年と位置付けている。 ◆森保一監督(日本代表、U-22日本代表) 「U-22の代表の活動においても、まずは今年の戦いを少し振り返らせていただきたいと思います。今年初めにアジア選手権U-23の大会が中国でありました。そこではグループリーグを突破できて、ベスト8でウズベキスタンに0-4で敗戦するという非常に悔しい思いをしました。その悔しさを胸に、アジア大会にはU-23の大会をもう一度U-21で臨み、準優勝と言う成果に結びつけることができました。まだまだアジアで準優勝ということで、満足は出来ないと思います」 「我々、東京オリンピック世代の代表の選手は、この本番である東京2020オリンピックで金メダルを獲るために活動して準備しています。東京オリンピックでは、我々が今経験していることを金メダルに結び付けられるように、来年度も活動していきたいと思います」 「来年もU-23の一次予選があります。そこでしっかりと戦って本大会への出場を決め、我々は前進していきたいと思っています。日ごろから我々を支援・後援して頂いている皆様、そしてファン・サポーターの皆様に喜んでいただけるように来年も結果に拘りつつチームの成長を促せるように活動して参りたいと思います。まずは、今年一年、皆さんご支援・応援ありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いいたします」 2018.12.11 21:11 Tue
twitterfacebook
thumb

更なる飛躍へ! コパ・アメリカ参戦の2019年、関塚隆技術委員長は強化を重視《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、各日本代表の2019年における年間スケジュールを発表した。 ▽会見に出席した関塚隆技術委員長は、ロシア・ワールドカップ(W杯)での日本の戦いぶりに満足感を示しつつも、“強化”という言葉を繰り返し発し、更なる飛躍を展望している。 ◆関塚隆技術委員長 「ロシア・ワールドカップは非常に記憶に残る大会でした。そして、日本らしい戦いを展開し、ベルギー戦では惜しくも負けてしまいましたがこれからの日本のサッカーの指針を示せるような、そういう戦いができたと思います」 「サムライブルーは1月にアジアカップがUAEで開かれます。アジアの王者奪還を目指してしっかりとした戦いをしていきたいという風に思っています」 「また、3月、6月のキリンチャレンジ。コパ・アメリカでアウェイとしてしっかりとした強化を図り、9月からのカタール・ワールドカップ予選に向けた強化を図っていきたいという風に思っています」 「次にU-22の活動ですが、3月、5月、6月、10月、11月、12月の強化遠征と強化試合を経て、翌年の2020年東京オリンピックに向けた強化をしっかりとしていきたいと思っております。森保監督が兼任ということで、サムライブルー、そしてU-22の強化。ここをしっかりと融合した形で強化を図っていきたいという風に思っています」 2018.12.11 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

2大会ぶり2度目の優勝目指すなでしこはイングランド、スコットランド、アルゼンチンと同じグループDに《女子W杯フランス2019》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は8日、フランスのパリで来年6月に開幕するFIFA女子ワールドカップフランス2019の組み合わせ抽選会を開催し、グループ分けが決定。この結果、なでしこジャパン(女子日本代表)はグループDに入り、イングランド女子代表、スコットランド女子代表、アルゼンチン女子代表と対戦することが決定した。 ▽2015年のカナダ大会で準優勝のなでしこは今大会で2大会ぶり2度目の優勝を目指す。その悲願達成に向けて重要となるグループステージは、前回大会3位で4大会連続5回目の出場となるイングランド、大会初出場のスコットランドのヨーロッパ勢と、南米予選を3位で終えてパナマとの大陸間プレーオフを制し、3大会ぶり3回目の出場を決めたアルゼンチンの3チームと対戦する。 ▽なお、2019年6月10日に行われるグループ初戦はパリでアルゼンチンと、同14日に行われる第2戦はレンヌでスコットランドと、同19日に行われる第3戦はニースでイングランドと対戦する。 ▽今回の抽選結果を受けて高倉麻子監督は以下のようなコメントを残している。日本サッカー協会(JFA)が伝えた。 「どのグループに入ってどのチームと対戦することになっても難しい試合になることは間違いありません。ワールドカップで再びトロフィーを掲げるという大きな目標はありますが、そこにたどり着くために一つ一つの試合を全力で戦い、その中で成長していきたいと思っています。私たちはチャレンジャーです。対戦国の分析もしますが、まずはなでしこジャパンのサッカーを追求していきたいと思います」 ▽なお、女子W杯フランス2019のグループステージ組み分けは以下の通り。 ◆FIFA女子ワールドカップフランス2019グループ組み分け ▽グループA フランス、韓国、ノルウェー、ナイジェリア ▽グループB ドイツ、中国、スペイン、南アフリカ ▽グループC オーストラリア、イタリア、ブラジル、ジャマイカ ▽グループD イングランド、スコットランド、アルゼンチン、日本 ▽グループE カナダ、カメルーン、ニュージーランド、オランダ ▽グループF アメリカ、タイ、チリ、スウェーデン 2018.12.09 13:11 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース