【原ゆみこのマドリッド】バケーションにはまだ入れない…2018.05.29 17:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽「もう練習するの?」そんな風に私が悲鳴を上げていたのは月曜日、いえ、CL決勝があったレアル・マドリー以外のスペイン代表選手たちが午後6時30分、ラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設に集合するのは前からわかっていたんですけどね。時間も夕方ですし、身体検査をやったり、3月の親善試合以来の合宿で積もる話もあるだろうことを考えて、おそらくグラウンドへ出てのトレーニングは火曜からかと勝手に決めていたところ、いえいえ、とんでもない。月曜になって、今は日がのびてまだ明るいのをいいことに、集合直後の午後8時15分からpuerta abierta(プエルタ・アビエルタ/公開)練習と代表のオフィシャルウェブ(http://www.sefutbol.com/)に出ていたから、焦ったの何のって。

▽おかげで3晩続けて外出する破目になった私ですが、とりあえず順番にお話ししていくことにすると、先週土曜はマドリーvsリバプール戦のパブリック・ビューイングのため、サンティアゴ・ベルナベウへ。いやもう、これが先日、ワンダ・メトロポリターノで見たヨーロッパリーグ決勝とは大違いで、スタジアム周辺は通常の試合同様の大混雑。スタンドも満員だったのはもしや、3年連続のCL決勝とあって、ファンもピッチに設置された8台の大型スクリーンが下手なバル(スペインの喫茶店兼バー)のTVよりずっと見やすく、スピーカーの音響効果も伴って、まるで生の試合に立ち会っているような臨場感があるのを知っていた?

▽それでもキエフのオリンピスキー・スタジアムでは序盤からリバプールが押していて、場内も最初は息を飲んで見守っている時間が多かったんですけどね。流れが変わったのは前半30分、セルヒオ・ラモスとボールを争った際に腕を絡めた体勢で倒れ、左肩を痛めたサラーがララナに交代することになったから、さあ大変。これにはクロップ監督も後で「チームにとって、大打撃だった。あれでウチはポジティブな勢いを失った」と認めていましたが、マドリーサイドも36分にはカルバハルがtacoazo(タコナソ/ヒールキック)でボールを蹴った際に負傷。サラー同様、6月に控えるW杯欠場の恐れに涙しながら、ナチョと代わったんですが、ええ、やっぱり唯一無二のエースを失うのとディフェンスを失うのではコトの大きさが違って当然だったかと。

▽とはいえ、0-0のままで始まった後半、7分にGKカリウスが犯したミスは言い訳不可能なもので、だってえ、エリア内から味方にスローしようとしたところ、ボールが近くにいたベンゼマの伸ばした足に当たり、それがゴールに入って先制点になったんですよ。もちろんスタンドのマドリーファンは大喜びしていましたが、このまま1-0で勝ったりしたら、あまりにふざけすぎていると、私など、ちょっと頭が痛くなっていたんですが…。

▽大丈夫、この時はリバプールも意地を見せ、2分後にCKからマネが押し込んで1-1の同点に。そこでジダン監督はゴールポストに当たるシュートなど、チャンスを作っていたイスコをベイルに代えることにしたんですが、まさか、あそこまで大当たりするとは一体、誰が予想できた?ええ、ピッチに入ってたった2分だった18分、マルセロのクロスをアクロバティックなchilena(チレナ/オーバーヘッドシュート)でゴールに叩き込み、世界中を驚かせているのですから、本当に才能のある選手というのは凄まじい。

▽うーん、ベイルは38分にもエリア外からシュートを放ち、今度はGKカリウスが手に当てながらゴールにしてしまうというラッキーもあって、止めとなる3点目も入れたんですが、こんな選手でも先発になれないんですから、マドリーが強いのは当たり前。サラー、フィルミノ、マネ以外、頼りになるアタッカーがいないリバプールは追加点が挙げられず、結局、3-1で快勝して、3年連続、ここ5年間で4度目、そしてtrigesimo(トリヘシモ/13回目のCL優勝のこと)を達成した彼らですが、ただねえ。その人材過多が同時にトラブルも呼ぶんですよ。

▽そう、今回はラモスがトロフィーを掲げて、ピッチでお祝いしている最中からの話で、まずは決勝MVPに選ばれたベイルが「スタメンじゃなくてガッカリした。それだけのことはしてきたと思っていたからね。ボクには毎週末プレーすることが必要で、代理人と話をしないといけない」とマイクの前で不満を表明。続いて、この試合では終盤のシュートチャンスを観客の乱入で潰されてノーゴールのクリスティアーノ・ロナウド。「CLはCR7チャンピオンズリーグと名前を変えた方がいいかも。Quien tiene mas Champions y mas goles?/キエン・ティエネ・マス・チャンピオンズ・イ・マス・ゴーレス(誰がボクより多くCL優勝して、ゴールを挙げている?)」と自画自賛していたものの、どこか当人もモヤモヤしていたんでしょうかね。

▽EL優勝のお祝い中もフランス代表に合流してからも一言も発しないグリーズマンじゃあるまいし、誰も残留することを疑っていなかったC・ロナウドまで、「ここ数日中に答えを出すよ。Fue muy bonito estar en el Madrid/フエ・ムイ・ボニート・エスタル・エン・エル・マドリッド(マドリーにいるのは素晴らしかった)」なんて、過去形でお別れの台詞みたいなのを言い出したって、え、もしやこの人たち、CL優勝が当たり前になりすぎて、純粋に喜べなくなっている?

▽いえ、マスコミの解釈によると、C・ロナウドがいきなりこんなことを言い出したのはメッシが年棒4000万ユーロ(約51億円)、ネイマールが3700万ユーロ(約47億円)という現状に加え、アトレティコまでグリーズマンに2400万ユーロ(約31億円)の契約延長をオファーしたという話を聞き、2100万ユーロ(約27億円)しかもらっていない自分の給料を早急に上げてほしいという思惑からだというんですけどね。さすがに時と場をわきまえない、このコメントにはロッカールームに戻った際にキャプン、ラモスが苦言を呈したため、当人もミックスゾーンに出て来た時には「言うべきことではなかった。No crei que lo que dije iba a tener tanta fuerza/ノー・クレイ・ケ・ロ・ケ・ディヘ・イバ・ア・テネール・タンタ・フエルサ(自分の言葉があんな強い反響を起こすとは思わなかった)」と殊勝気にしていましたが、今って情報はすぐ拡散するんですよ。

▽おかげでジダン監督も記者会見では何度もロナウドのことを尋ねられ、「Cristiano se tiene que quedar si o si/クリスティアーノ・セ・ティエネ・ケ・ケダール・シー・オ・シー(ロナウドは何が何でも残留してもらわないと)」と答える破目になっていましたが、ベイルに関しては「Es complicado pero cada uno mira lo suyo. Lo entiendo/エス・コンプリカードー・パラ・カー・ダ・ウノ・ミラ・ロ・スジョ。ロ・エンティエンドー(皆、自分のことを考えるから難しい。理解はできるよ)」とあっさりだった辺りがやっぱり、2人のステータスの違い?

▽それは翌日、午後7時頃から始まった祝勝行事でも明らかで、アトレティコ同様、大聖堂から始まり、プエルタ・デル・ソルにあるマドリッド州庁舎、マドリッド県庁舎、そしてシベレス広場、最後は連日大入りのサンティアゴ・ベルナベウで例年通り、「Hala Madrid y a por la decimocuarta/アラ・マドリッド・イ・ア・ポル・ラ・デシモクアルタ(マドリー万歳、14回目のCLを目指して)」とラモスの華々しい掛け声で終わったイベント(https://www.realmadrid.com/noticias/2018/05/el-bernabeu-disfruto-con-la-fiesta-de-los-campeones-de-europa)でもC・ロナウドがファンだけでなく、チームメートにも「Quedate!/ケダテ(残留して)」と合唱されていたのと比べ、特にベイルに対してのリアクションはなし。

▽その甲斐あってか、C・ロナウド自身も州庁舎のバルコニーから、「Gracias... y hasta el ano proximo en sol/グラシアス…イ・アスタ・エル・アーニョ・プロキシモ・エン・ソル(ありがとう、来年もソルで会おう)」と集まった1万人のファンに呼びかけていたりしたものですが…ネイマール加入の噂は一向に下火になりませんし、果たしてこの先、どうなるんでしょうかね。

▽え、それで私がマドリーの祝賀行事は通り道のソルで人込みに混じってちょっと覗くだけにして、あとはネット中継で見ればいいかと向かったバジェカスの方はどうだったんだって?いやあ、こちらも超満員で、何せ最終節1つ前の試合でラージョが勝てば3年ぶりの1部復帰が決定という大一番でしたからね。ここ2試合、足踏みしていたせいか、序盤はシュートを撃ってもなかなか決まらないのにイライラさせられましたが、39分にはとうとう、スローインからのボールをアレックス・モレノが決めて先制に成功。先週月曜には何の因果か、ウエスカに目の前で昇格決定をされていたルーゴも2回続けてお祝いの立会人になるのを避けたかったか、後半は反撃してきたんですが、何とかそのまま1-0での勝利が決まったところ…。

▽実は私、2011年に彼らが6度目の昇格を決めた試合も見ていたんですが、1部じゃないと警備員の数が少ないせいでしょうか。ゲーム終了直後はファンが次から次へとピッチになだれ込み、スピーカーで頼み込んで、ようやくチームがvuelta de honor/ブエルタ・デ・オノール(場内一周)できたかと思えば、またすぐにグラウンドが人の海に。おかげでミチェル監督(元ラージョの選手)も選手たちもどこにいるのかもわからないぐらいでしたが、このクラブのファンはチームが2部や2部Bに落ちても忠実ですからね。こういう日ぐらいは無礼講になっても仕方なかったかと。

▽その後、もう午前零時近かったんですが、スタジアム前に用意されたオープンデッキバスに乗って、選手たちはフエンテ・デ・アサンブレア(ラージョがお祝いをする定番の広場)まで、大勢のファンとbengala(ベンガラ/発煙筒)に囲まれてパレード。あちらでは夜が更けるまでお祝いが続いたようですが、実は2部は今週末にも試合があって、ジムナスティック戦の結果次第でラージョは1位で終わることができるとか。まあ、何よりのご褒美は来季は再びマドリー、アトレティコの兄貴分と肩を並べ、ヘタフェ、レガネスの弟分仲間とマドリッド第3のチームの座を競えることですけどね。1部20チーム中5チームがマドリッド勢ともなると、首都でダービーがない節はほとんどないぐらいのシーズンになるかと思いますが、さて。バジェカスはソルやアトーチャ駅からメトロ1本で行けるため、マドリッドでのサッカー観戦を考えているファンにはお勧めのスタジアムですよ。

▽そして月曜夜には私もスペイン代表の初練習を見学してきたんですが、グッドニュースはこの日、検査を受けたカルバハルのケガが太もも肉離れではあるものの、2、3週間で回復可能と判明したこと。ええ、彼は2016年のアトレティコとのCL決勝でも途中交代、その夏のユーロも出場できなかったという悔しい経験をしていますからね。今回はラモス、イスコ、ナチョ、アセンシオに先行して代表合宿に入り、W杯初戦に間に合うようにリハビリをすることになりました。そうそう、ラス・ロサスのグラウンドにはバジェホの姿もあったんですが、彼はウィリアムス、ジェライ、ウナイ・ニュネス(アスレティック)、オヤルサバル(レアル・ソシエダ)、カルロス・ソレール(バレンシア)、そして数日前にビジャレアルからアトレティコへの移籍が発表されたロドリらと共にCL決勝でプレーしたマドリー選手が合流するまでのヘルプとして呼ばれています。

▽ちなみにその日のセッションはロンド(輪の中に1人入ってボールを奪うゲーム)から始まって、最後は2分の1ピッチでのpartidillo(パルティージョ/ミニゲーム)と軽いもんだったんですが、雨が降ったり止んだりの天候だったせいでグラウンドの上に虹がかかるなんて珍しい光景も。バルサでのシーズンが終わった先週、最初はパリのユーロディズニーに家族で、それから楽天の三木谷浩史会長のプライベートジェットで日本に飛び、ヴィッセル神戸の入団プレゼンイベントと忙しい日々を送っていたイニエスタや、お隣さんがキエフでCL決勝を戦った土曜に7年連れ添った彼女のベアトリスさんと挙式したアトレティコのコケらがいいプレーを見せていましたが、悲しいことにもう、このW杯前のラス・ロサスでの合宿では一般公開セッションはないんですよ。

▽いえ、6月3日にラ・セラミカ(ビジャレアルのホーム)で行われるスイスとの親善試合前日にはスタジアムで公開練習があるんですけどね。それ以外はマスコミに15分だけ公開か、puerta cerrada/プエルタ・セラーダ(非公開)というのはせっかく、マドリッドを訪ねた機会にスペイン代表を応援に行こうと計画していたファンにはショックなんですが、こればっかりはねえ。とりあえず、練習の写真や映像は代表のウェブやマルカ、AS(スペインの大手スポーツ紙)のページに上がるはずですから、W杯スタートまでの3週間、私もできる限り、お伝えしていくつもりですが、気になる選手のいる方はその辺をマメにチェックしてみることをお勧めします。


【マドリッド通信員】
原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。

コメント

関連ニュース

thumb

イニエスタがアシックスとアドバイザリースタッフ契約を締結! 「良いシューズを作りたい」《ASICS契約発表会》

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが22日、『株式会社アシックス』の契約記者発表会に出席し、1日からアドバイザリースタッフ契約を結んだことを発表した。 ▽この契約によりイニエスタは今後、スパイクシューズをはじめとするアシックス社のスポーツ用品を使用。商品に対する開発面でのアドバイス、広告やカタログ、ポスターおよびインターネットなどの電子媒体による宣伝、販売促進活動への協力なども行っていく。 ▽発表会に登壇したイニエスタは、以下のように挨拶した。 ◆MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) 「こんにちは。今日は私にとってもとても喜ばしい日です。日本に来るというとても大きな決断をした時に本当に色々な気持ちがありました。ですが、ここに来てアシックスとともにこれから一緒に歩んでいけることを、本当に楽しみにしています」<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_20_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽次に、イニエスタはトークセッションに応じアシックスを選んだ理由を語っている。 —―アシックスを選んだ理由は? 「先ほど言ったように日本に来るという自分の中で最も大きな決断の1つをした時に、日本で今後どのようなプレーをしていくかということを含め、シューズをどうしていくかということが自分にとって重要でした。その中で、アシックスの皆さんが伝えてくれたプロジェクトや熱意、歓迎してくれた在り方というところを見て、アシックスさんにお願いしたいと感じました。素材だったりテクノロジー、あらゆる面でサッカー選手のプレーを手助け出来るようなシューズを開発するプロジェクトに自分も関われるというところに、非常に惹かれて決意をしました」 —―既にアシックスのシューズを大変気に入っていると聞きました 「本当にここ数週間、プロジェクトチームの方々と色々一緒に議論を重ねてきましたが、もしかしたらアシックスの皆さんには少ししつこいと思われてるかもしれないくらい、僕としても良いシューズを作りたいという気持ちがありました。素晴らしい仕事をしてくれたなと。サッカー選手にとってはシューズの履き心地だったりというところがすごく大事になってくるので、そういった意味でもアシックスとプロジェクトチームには素晴らしい仕事をしていただいたと思っていますし、このシューズも本当に素晴らしいものが出来上がったと思います」<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、アシックスは「I MOVE ME(ワタシを、動かせ。)」というブランドメッセージを掲げており、イニエスタはそれにちなんだ抱負を用意されたボードに書き込んだ。 「自分にとって、アシックスとこれから踏み出した大きな一歩というのは、本当に喜ばしいことであるとともに大きな責任(を負う)という意味でもあります。これまで使わせていただいたNIKEからアシックスへの変化というところに、大きな責任を感じています。日本に来るという挑戦に関して、これから取り組んでいきますが、多大な努力をされている三木谷会長に感謝を述べるとともに、ヴィッセル神戸をトップチームに育てるということを目指してここに来ていますので、それに向けてアシックスファミリーに入ったことは達成する大きなモチベーションになると考えています」<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>—―ボードに記入した「I MOVE ASICS FOOTBALL」という抱負の意味は? 「今日のこの発表の総括ということになりますが、アシックスさんとのパートナーシップを結んだ大きな目的の1つは、自分の選手として人間として踏み出したこの新たな挑戦において、常に向上していって出来るだけ良い結果を残したいと思っています。そして、この期間を通してアシックスというブランドをより大きく出来るように頑張りたいと思います」 ▽イニエスタが使用するシューズは、特徴的な周りの選手を引き立たせるようなパスや繊細なボールタッチで相手をかわすオールラウンドなプレースタイルを支えるため、“素足感覚”を求めるプレーヤーに向けたフィット性の高い「DS LIGHT X-FLY4」をベースとしつつ、同選手の足型を精密に計測し本人の意見も取り入れながら作製。カラーはヴィッセル神戸のチームカラーであるクリムゾンレッドに合わせられている。 ▽イニエスタが使用するカラーと同じ「DS LIGHT X-FLY4」は、11月3日から一部店舗にて先行予約が開始。11月23日から、アシックス直営店(原宿、心斎橋、神戸、大阪)、アシックスオンラインストア、楽天市場をはじめとするヴィッセル神戸のオフィシャルグッズショップ、一部のスポーツ用品店で数量限定発売される。メーカー希望小売価格は18,000円+税だ。 2018.10.22 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スターリングへの踏み付け疑惑…S・ラモス、別角度の動画投稿で無罪主張

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、イングランド代表戦での踏み付け疑惑に反論している。 ▽スペインは15日、ホームで行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4でイングランドと対戦。試合は2-3で敗れたが、後半相手FWラヒーム・スターリングに対してセルヒオ・ラモスがスタンピングを行った疑惑が浮上した。 ▽『メトロ』が掲載した一般のファンによる同試合の短い動画には、ボールに関係ないところで倒れていたスターリングに近づいたセルヒオ・ラモスが故意に右足を同選手の左足に乗せているような場面が映されていた。これに対して、イングランドのメディアやファンから「乱暴だ」「恥ずべき行為」と批判を受けていた。 ▽しかし、セルヒオ・ラモスは17日に自身のツイッター(@SergioRamos)で同場面の別角度からの動画を投稿。その映像では、セルヒオ・ラモスとスターリングが多少接触しているものの、踏みつけてはおらず、セルヒオ・ラモスはその動画と共に「これ以上言うことはない」と無罪を主張している。 2018.10.18 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アシストのスペシャリスト、セスク! 2つ目のプレミア記録達成

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の、アシストに関するギネス記録が認められた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016-17シーズンにプレミアリーグ29試合で12アシストを記録し、通算6度目のリーグ二桁アシストで新記録を樹立していたセスク。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、同じシーズンにもう一つの世界記録を打ち立てていたようだ。 ▽セスクは、2016年12月31日に行われたプレミア第19節ストーク・シティ戦で2アシストを記録し、4-2の勝利に貢献。これによりプレミアでの通算アシスト数が「100」を超えた。これが、ギネスによる「プレミアリーグ最速での100アシスト突破」に認定されている。 ▽なお、セスクはアーセナル時代と合わせてプレミア293試合で大記録を達成。これまでトップだった元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏は367試合を要しており、74試合も短縮した。 ▽この度の記録達成に際し、セスクは以下のようにコメントしている。 「僕は最速ではないし、最も強靭でもない。柔軟でもなければ、高くも飛べないよ」 「でも、キャリアの中でこの記録を達成したことは、僕の仕事で最も誇れるものの1つだ。なぜならこれが僕の仕事だし、うまくやったということだからね」 2018.10.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

S・ラモスがまたやった? スターリングへの踏み付け疑惑浮上

▽昨季、チャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプール戦以降、イングランドでアンチが増えているレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが15日のイングランド代表戦で再び物議を醸す行為を働いたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽スペインは15日、ホームで行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4のイングランド戦で2-3の敗戦を喫した。ホームで約15年ぶりの公式戦敗戦を喫したラ・ロハの中でセルヒオ・ラモスは、試合終了間際にヘディングによるゴールを記録し一矢報いた。 ▽だが、前半に3失点を喫するなどディフェンスリーダー、キャプテンとしてフラストレーションを溜めていた同選手は、後半に相手FWラヒーム・スターリングに対してスタンピングを行った疑惑が浮上している。 ▽『メトロ』が掲載した一般のファンによる同試合の短い動画には、ボールに関係ないところで倒れていたスターリングに近づいたセルヒオ・ラモスが故意に右足を同選手の左足に乗せているような場面が映されていた。 ▽昨季CL決勝でリバプールFWモハメド・サラーを負傷退場に追いやったレアル・マドリーDFに対して悪感情を抱くイングランドファンは、セルヒオ・ラモスが退場になるべきだったなどとSNS上で反応し、改めて嫌悪感を示した。 ◆故意か? https://twitter.com/Lordy88/status/1051926435210948609 2018.10.16 18:08 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランドフーリガンがスペイン人を罵倒「触ったら殺してやる! 」

▽UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4、スペイン代表vsイングランド代表の裏で、イングランドのフーリガンがひと悶着起こしていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽イングランドは15日、スペイン戦に臨み3-2で勝利。とりわけ前半は圧巻の出来で相手を粉砕し、32年ぶりに敵地での白星を飾った。 ▽しかし、その試合の前日、スペインのTV局『La Sexta』がセビージャで街頭インタビューを行っていた際、酒瓶を片手にしたイングランドのフーリガンがカメラマンを罵倒。「どけ、どけ、クソ野郎どきやがれ! 」と叫び、仲裁に入った別のスペイン人に対しても「俺に触ったら殺してやる! 娼婦の息子めが! 」と凄んだ。 ▽なお、その模様は試合の当日に『La Sexta』の『ジュゴンズ』という番組で放送された。歓喜に沸くイングランドに、1人の愚行が水を差す形となっている。 2018.10.16 18:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース