“ローマの点取り屋”ゼコ、かつてはミランでプレーしたかった!?2018.05.28 14:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、かつてミランでプレーするという夢を抱いていたことを明かしている。『フットボール・イタリア』が母国のテレビ局『Face TV』での番組から引用して伝えた。▽母国のジェリェズニチャルでプロデビューを飾ったゼコは、2007年にチェコ・テプリツェからヴォルフスブルクに加入すると、当時指揮官を務めていたフェリックス・マガト監督のもとで得点力が開花。2008-09シーズンでは26得点を決めてチーム史上初のリーグ制覇に貢献し、ブレイクを果たした。その後、マンチェスター・シティでの活躍を経て2015年にローマに加入。今シーズンは公式戦49試合24ゴール7アシストを記録し、チャンピオンズリーグではチームを34年ぶり準決勝進出に導いた。

▽ゼコは4月にミランがトップターゲットとして獲得を考えていることがイタリアメディアによって報じられた。そんな中、母国のTV番組に出演したゼコは、かつてはミランでのプレーが夢であったことを告白。しかし、現在は「ローマで幸せ」だとコメントしている。

「ジェリェズニチャルでプレーしていた時、僕は将来ミランでプレーすることを夢に描いていたんだ」

「そしてヴォルフスブルクでタイトルを獲得した時、ミランへの移籍にかなり近づいた。ただ、クラブが手放したくなかったんだよ。幸運なことに僕のキャリアはうまくいったんだけどね。今はローマでとても幸せだよ」

▽ちなみにゼコは2017年6月のインタビューで「いつの日かヴォルフスブルクに戻りたいと思っている」と将来的な古巣クラブへの復帰を希望していることを明かしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

フロレンツィがイタリア代表を離脱… 31日の“デルビー・デル・ソーレ”も欠場が濃厚《ユーロ2020予選》

イタリアサッカー連盟(FIGC)は22日、ローマMFアレッサンドロ・フロレンツィが同国代表から離脱したことを発表した。 FIGCの発表によれば、フロレンツィは21日に行われたトレーニング中に左足ふくらはぎを負傷。22日の朝に代表チームを離れ、所属先のローマで治療に取り掛かっているという。 また、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、フロレンツィの復帰には数週間を要し、31日に行われるセリエA第29節ナポリとの“デルビー・デル・ソーレ”は欠場することが濃厚だという。 イタリアは23日にユーロ2020予選初戦のフィンランド代表戦を戦い、26日に第2戦のリヒテンシュタイン代表戦を戦う。 2019.03.23 02:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマがナチョ獲得に動く? ミリトン加入でチャンス到来

ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(29)に関心を寄せているようだ。『フットボール・イタリア』がスペイン『アス』の情報をもとに伝えている。 昨夏に引き続き、ローマの照準はスペイン代表DFに絞られているようだ。モンチSD(スポーツ・ディレクター)が退団したことで補強方針に多少の変化が予想されるローマだが、ナチョへの関心は変わらず今夏にも獲得に動く可能性が高いという。 ユースからマドリーで過ごすナチョだが、今季は公式戦24試合の出場と、やや物足りない成績となっている。加えて、マドリーが新たにブラジル代表DFエデル・ミリトンを獲得したことで、来季はさらに出場機会を減らす恐れがあることも、ナチョが移籍に動く理由であるとメディアは指摘している。 ナチョの契約は2020年まで。30歳手前にして新たなステップに挑戦することに何ら不思議はない。 2019.03.22 16:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、フランクフルトやリーズも注視するPSVの若手MFロンバイクに興味

ローマが、PSVのU-19オランダ代表MFジャスティン・ロンバイク(19)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じた。 ロンバイクは、PSVのU-21チームに所属しており、中盤の攻撃的なポジションを主戦場としている。PSVのユースで育ち、U-16から世代別のオランダ代表に招集。U-19オランダ代表としては、2017年のユーロにも出場していた。 ローマは、スポーツディレクターを務めていたモンチ氏が退任し、新たにリッキー・マッサーラ氏が就任。ロンバイクはマッサーラ氏の目に留まったようだ。 ロンバイクとPSVの契約は2019年6月に切れるため、フリートランスファーで獲得できる掘り出し物。しかし、PSVも新契約の締結に動いているともされる。 また、ローマ以外にもフランクフルトとリーズ・ユナイテッドが興味を示しているとされ、PSVを含めた獲得競争に出ることになるようだ。 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook
thumb

”イケメンの天才肌”パストーレ、母国帰還か

ローマに所属する元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(29)に母国帰還の可能性が浮上した。アルゼンチン『TNT Sports』が報じた。 パストーレは昨夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からローマに加入。2010-11シーズンのパレルモ以来となるセリエA復帰に湧いたが、ケガやイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの台頭により、ここまで公式戦わずか14試合の出場(3得点1アシスト)にとどまっている。 そのパストーレに対して、アルゼンチン屈指の強豪リーベル・プレートが関心を示しているという。左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったコロンビア代表MFフアン・フェルナンド・キンテーロの穴埋めとして、獲得を検討している模様だ。 なお、パストーレが帰国を決断したとなれば、ウラカンに在籍した2009年以来の母国凱旋となる。フットボール界屈指の“男前ファンタジスタ”の決断はいかに…。 2019.03.19 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、状況次第でマノラス獲得チャンスか

マンチェスター・ユナイテッドがある条件を満たせば、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)を獲得できるかもしれない。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』がイタリア『カルチョメルカート』を情報源に報じた。 その条件とは、チャンピオンズリーグ(CL)に出場できるか否かだ。マノラスはCL出場を重視しているとみられ、現時点でセリエA5位につけるローマが出場圏内のトップ4入りを逃した場合、今シーズン終了後に移籍を望む姿勢だという。 そうなれば、ユナイテッドにマノラスの獲得チャンスが巡ってくる格好。ただ、こちらも現時点でプレミアリーグ4位のアーセナルに2ポイント差の5位という状況であり、この機会を生かすも殺すもユナイテッドの今後次第となる様相だ。 なお、ローマが設定するマノラスの契約解除条項額は推定3600万ユーロ(約45億4000万円)。長らくセンターバック強化を狙うユナイテッドは、その候補の1人として挙がり続けてきたマノラスを獲得できるか。今後に注目だ。 2019.03.19 14:45 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース