DF槙野智章が語る3バックの意図「できるだけ攻撃に厚みを加えたい」︎《キリンチャレンジカップ》2018.05.26 21:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は26日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、DF槙野智章(浦和レッズ)がメディア陣による質疑に応答した。

◆DF槙野智章(浦和レッズ)
──3バックへの変更にはどのような意図があるか
「具体的なことはまだあまり言えないんですが、3枚にせよ4枚にせよ自分たちがこれから戦っていく上で選手のキャラクターだったり選手の色っていうのを引き出すためのシステムというところはあります。昨年から続いている結果や内容を見ての西野さんの考えだと思いますが、ここから戦っていく上で点を取りに行きたい、ボールを持ちたい、ポゼッションしたいという意味で、できるだけ攻撃に厚みを加えたいというシステムの1つだと思います。あとは、やり方は違えど3枚にせよ4枚にせよあまりこだわりを持ってやりたくないと言っていました。あくまでオプションの1つとして考えていくということはありました」

──どのような種類の3バックか
「浦和(レッズ)の3枚はちょっと置いておいて欲しいです。守備のところと攻撃のところでの違いというのは、代表で求められる3枚の仕事というのは攻撃というよりも守備だと思っています。僕がボールを持って前線に駆け上がるということはないと思います。ただ守備のところであればしっかりとマッチアップする選手に対してガッといけるようなシステムだと思っています。前の選手のファーストディフェンスがはっきりすることで、取りどころがはっきりするというのがこのシステムの良さだと思います。先ほど言いましたけど、中盤と前の選手のところで厚みを加えたいということの意図が、この3枚にあると思ってます。そこをできるだけ後ろの選手が引き出していければいいかなと思ってます」

──サイドの選手の負担が大きくなるが、どうサポートするか
「それも西野さんからありましたが、中盤のワイドの選手ができるだけ最終ラインに吸収されないようなやり方をしたい、できるだけ高い位置でプレスをかけていきたい、というのが狙いだと思います。今日で言えば吉田選手と僕がやってたポジションはかなり運動量多く頭を使ってプレーしなければならないと思っていますので、できるだけ中盤のワイドの選手たちを動かすことが必要になってくると思います」

──コロンビア代表であればFWフアン・クアドラード、セネガル代表ならFWサディオ・マネがいるため、サイドの裏が生命線になると思うが
「おっしゃる通りだと思います。僕たちストッパーのポジションのマッチアップというのがかなりポイントになると思っています。そこで逆に相手を潰すこと、自由にさせないことができれば逆に攻撃を活性化できると思っていますので、あとはこのチームが立ち上がってからのデュエルというものがあります。そのデュエルでしっかりと勝ち切る。空中戦、地上戦でしっかりとボールを奪い切るというのを増やしていければ、より攻撃的にいけるんじゃないかなと考えています」

──長谷部誠選手が3バックの真ん中を務めましたが
「初めてやりましたが、やはりクラブでやっているだけあってラインの設定と支持のクオリティの高さというのはやはり経験のある選手ですので、凄くやってて頼もしかったというのがありますね。まだ1回しかやっていませんので、もっと練習の中で色んなバリエーションを持ったり色んなシチュエーションの中で、コンビネーションを高めていければ良いかなと思っています」

──比較的シンプルなシステムの3バックなのではないか
「そうですね。オーソドックスな3枚のような感じはします。ただ、まだこういう動きをして欲しいとか、こういうボールの動かしをして欲しいという話はないので分からないですけど、そんなに複雑ではないかなと思ってます」

──宿舎などでビデオなどを使った話はあったか
「ありました。自分たちの映像もありましたし、これから対戦するであろうチームだったり、自分たちがイメージするビデオというのは何シーンか観て、イメージとしてはあります」

──ボランチ求めるプレーは何か
「ヨーロッパ遠征をやってみて、間違いなく自分探知のボールを保持する時間が短かったです。押し込まれる中でボランチのスライドの距離も長くなったので、いざボールを持った時にやっぱり疲労のところでボールを保持する時間帯がなかったので、できるだけ後ろの選手に吸収されないようにまずすること。あとは、トライアングルという言い方をよくしますけど、できるだけボールを保持している選手に対して2人以上、しっかりとサポートできるボランチが近い距離にいることが一番かなと思っています。あとは幅と深みを持ったボールの動かしというのが必要かなと。今はちょっとレベルの高いチームとヨーロッパ遠征でやっていましたので、ボールを保持する時間帯というのはなかなかありませんでしたが、このガーナ戦はホームということもありますし、そういうところにチャレンジしていければいいかなと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

日本は14番目! FIFAがロシアW杯の分配金を公表… Jトップは浦和レッズ

▽FIFA(国際サッカー連盟)は4日、ロシア・ワールドカップ(W杯)における全世界416クラブへの分配金を発表した。 ▽今回のW杯には、63カ国、416クラブから選手が参加。合計で2億900万ドル(約236億1030万円)が支払われることとなった。 ▽最も多く分配金を受け取ったのは、マンチェスター・シティ。支給額は500万3440ドル(約5億6500万円)となっている。また、416クラブの内訳は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟しているクラブが最多で254となっているが、2番目はAFC(アジアサッカー連盟)の63、CONMEBOL(南米サッカー連盟)の43、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の39、CAF(アフリカサッカー連盟)の17と続いている。 ▽アジアでは、アル・ヒラル(サウジアラビア)が最も多く、202万4865ドル(約2億2840万円)、続いて、アル・アハリ(サウジアラビア)、エステグラル(イラン)と続いている。Jリーグでは、浦和レッズが最多で67万6370ドル(約7631万円)、鹿島アントラーズの62万5430ドル(約7056万円)、セレッソ大阪の53万4870ドル(約6035万円)と続いており、国別ではアジアでサウジアラビアに続き2番手の363万9380ドル(約4億1060万円)。国として世界で14番目の分配金をもらっていることとなっている。 ◆分配額トップ10 マンチェスター・シティ (500万3440ドル/約5億6500万円) レアル・マドリー (481万3830ドル/約5億4300万円) トッテナム (438万5792ドル/約4億9500万円) バルセロナ (414万5950ドル/約4億6800万円) パリ・サンジェルマン (389万4080ドル/約4億3900万円) チェルシー (383万5357ドル/約4億3300万円) マンチェスター・ユナイテッド (365万6360ドル/約4億1300万円) アトレティコ・マドリー (309万3190ドル/約3億4900万円) ユベントス (301万9610ドル/約3億4100万円) モナコ (293万4710ドル/約3億3100万円) ◆Jリーグ 浦和レッズ (67万6370ドル/約7631万円) 鹿島アントラーズ (62万5430ドル/約7056万円) セレッソ大阪 (53万4870ドル/約6035万円) ヴィッセル神戸 (36万9315ドル/約4167万円) ガンバ大阪 (28万8660ドル/約3260万円) 柏レイソル (28万8660ドル/約3260万円) 川崎フロンターレ (28万8660ドル/約3260万円) サガン鳥栖 (20万5175ドル/約2315万円) 横浜F・マリノス (19万8100ドル/約2235万円) FC東京 (16万4140ドル/約1852万円) 2018.12.06 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、ロシアW杯を苦々しく回想「受け入れられなかった」

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、ロシア・ワールドカップ(W杯)の思い出を苦いものとして回想している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽スペイン代表として131キャップを刻み、2008年のユーロ、2010年のW杯、2012年のユーロを連続で制したイニエスタ。正真正銘の“無敵艦隊”となったスペインはティキ・タカで各国を圧倒しており、イニエスタはアル・サッドMFチャビ・エルナンデスやバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツらと共に心臓部を担っていた。 ▽しかしながら、イニエスタにとって最後のW杯となった今年のロシア大会で、スペインはベスト16で敗退。同大会で指揮を執っていたフェルナンド・イエロ氏は、決勝トーナメントの1回戦ロシア代表戦でイニエスタをベンチに置き、PK戦の末に敗れ去ることとなった。 ▽ロシアW杯を回想するイニエスタは、以下のように悔しさをにじませている。 「ロシアでのワールドカップに良い記憶はない」 「僕をベンチに置く決断や(フェルナンド・)イエロがそうする理由が分からなかった」 「動揺したよ。彼が言ったことが受け入れられなかった」 2018.11.24 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

開幕前の重傷でロシアW杯落選…チェンバレン、当時を振り返る

▽リバプールに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、自身が重傷により出場することができなかったロシア・ワールドカップ(W杯)について語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ロシアW杯欧州予選でも代表メンバーに招集され、本大会への出場も有力視されていたチェンバレン。しかし、今年4月に右ヒザのじん帯を損傷したことでロシアW杯への出場が叶わなかった。今シーズン中での復帰も危ぶまれている。 ▽チェンバレン不在で本大会を迎えたイングランド代表は、開幕前の下馬評を覆す躍進を披露。準々決勝ではスウェーデン代表を2-0で下し、1990年以来となるベスト4入りを果たした。 ▽ロシアのピッチに立つことができなかったチェンバレンは、現状について語り、ロシアW杯当時の心境を明かした。 「とても重いケガだったよ。ただ、それはいつでも誰にでも起こりえることなんだ。決して簡単に乗り越えられるものではないことだよ」 「ただ、僕は前進している。ポジティブなままでいるようにも務めているんだ。僕はそういう性格でもあるし、それが最も良い方法だと思うんだ。良いスピリットで確実に前進しているよ」 「(ロシア・ワールドカップについて)その場にいることができなかったことが、たやすいものだったと言えば嘘になる。僕には実際プレーするチャンスがあった訳だからね。ただ、それと同時にイングランドファンになっていたよ」 「代表選手たちが躍動するところを見て驚いていたよ。家でとても興奮したんだ。W杯は難しいものだからね。皆が戦っている姿を見てとても嬉しくなったよ」 2018.09.09 09:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】鼎談で一致したロシアW杯での西野ジャパンの評価

▽今週初めのこと、ある新聞社の企画でロシアW杯を振り返り、ドイツS級ライセンスを持つS氏と、元ワールドサッカー誌編集長のN君と鼎談した。優勝したフランスはもちろんのこと、日本代表の戦いぶりや森保ジャパンの今後など、話は多岐に渡った。 ▽そこで日本代表に関しては、次の点で意見が一致した。日本が勝ったのは10人が相手のコロンビアだけで、11人で戦った残り3試合は2分け1敗とけして好成績ではないこと。ポーランド戦は残り10分をボール回しに終始したことがクローズアップされたが、そもそもグループリーグの突破が決まっていないのに、なぜポーランド戦はスタメンを6人も入れ替えたのか西野監督の采配に疑問が残ること。そしてポーランド戦で起用された宇佐美、酒井高、槙野は力量不足だったし、ケガを抱えている岡崎をスタメンで使うリスクを考慮しなかったこと。 ▽ポーランド戦で時間稼ぎをしたのに、なぜベルギー戦のCKを本田は簡単に蹴ってしまったのか。その際に吉田と昌子のCB2人がゴール前に上がったが、足の遅い吉田はともかく、なぜ昌子を最終ラインに残しておかなかったのか。ベンチはリスクマネジメントを怠ったのではないかということ。 ▽そして最終的に、これらの疑問をJFA(日本サッカー協会)技術委員会は総括することなく、「世代交代」や「オールジャパン」、「ジャパンズウェイ」と耳に心地よい言葉でロシアW杯の結果を自分たちの都合の良いように解釈し、森保ジャパンを規定路線として五輪監督のみならず日本代表の監督にも選んだことなど、かなり批判的な意見で一致した。 ▽これらの意見は他のメディアでも散見されたが、「南米勢からアジア勢初勝利」やベルギー戦での善戦により、南アW杯(パラグアイ戦はPK戦のためドローとカウントし2勝1分け1敗)の成績を下回っているにもかかわらず、西野ジャパンはその健闘を讃えられたことで深く検証されることはなかった。 ▽さらに大会全体の傾向としてポゼッションサッカーよりカウンター主体のチームが勝ち上がったこと、セットプレーからの得点が多いという結果を日本は4年後のカタールW杯にどうつなげていくのかという検証もなされていない。 ▽そして指導者の育成に関しては、S氏から「サッカー協会が費用を負担して、協会と提携しているドイツやスペインの代表チームに、将来の代表監督候補を2年間くらい帯同させるなど育てる努力をするべき。JリーグはJリーグで同じようにバイエルンやバルセロナなどクラブへのパイプを通じて指導者を送り出して育成した方がいい」という建設的な意見も出た。 ▽日本の指導者が海外で研修したのは1979年まで遡る。五輪のメダリストを対象にナショナルコーチを育成しようとした日本体育協会の助成を受け、将来の代表監督と目されていたメキシコ五輪銅メダリストの森孝慈(2011年7月17日没)が西ドイツへ留学。ボルシアMGや1FCケルンの監督を務め、奥寺をケルンに加入させたヘネス・バイスバイラーや、「トータル・フットボールの生みの親」であるリヌス・ミケルスらの指導を受けた。 ▽当初は2年の研修予定だったが、当時の代表監督だった渡辺氏が病で倒れたため1年前倒しで帰国し代表監督に就任。85年のメキシコW杯アジア予選では最終予選まで勝ち進んだものの韓国に敗れてW杯初出場はならなかった。 ▽それ以来、JFAが日本人指導者をヨーロッパへ派遣した例はない。個人的に私費でヨーロッパに渡り、指導者として研修を積んだ人々は多いものの、彼らが日本代表の各カテゴリーで指導者として起用された例も聞いたことはない。彼らが街のクラブで結果を残したら、J3やJ2クラブに引き上げる。そんな環境が日本でも整うようになればいいというのも3人の一致した意見だった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.09 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯のベストゴールはパヴァールのボレーシュートに決定

▽FIFA(国際サッカー連盟)は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のベストゴールを発表した。選出されたのは決勝トーナメント1回戦のフランス代表vsアルゼンチン代表で生まれたフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(シュツットガルト)のゴールとなった。 ▽今大会全64試合のうち、総得点169ゴールの中からFIFAが18ゴールを選出。のべ300万人以上のファンが投票で選出した。その結果、1-2と逆転されて迎えた57分に抑えの利いたボレーシュートで同点弾を叩き込んだパヴァールのゴールがベストゴールに決まった。このゴールについてパヴァールは「ボールが来た時に、あまり深く考えたりはしなかった。とにかくフラットにいこうと心がけていたよ。決まった時は、ただただ嬉しかったね」とコメントしている。 ▽2006年ドイツW杯から創設されている同賞は、これまでマキシ・ロドリゲス(アルゼンチン)、ディエゴ・フォルラン(ウルグアイ)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)と南米勢が受賞していた。 2018.07.26 03:55 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース