セリエA観客は増加傾向、ユベントス&インテルは大声援の後押し受ける2018.05.23 06:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、今季のセリエAの観客数のデータを紹介した。▽ホームゲーム1試合平均の観客数が最も多かったのはインテルで5万7529人。ミラノダービーとユベントス戦では満員にもなっている。ミランが5万2690人で続き、3位がナポリで4万3050人だった。

▽7連覇を達成したユベントスは、1試合平均3万8948人で4位だ。それでも、「平均観客数÷キャパシティ」は94%で、20チーム中トップだった。こちらは2位がSPALで93%、3位がカリアリで91%だ。

▽地元トリノに限らず全国的にユベントスが人気だということは、今年のデータでも明らかだった。各会場のシーズン最多観客試合が対ユベントスというクラブは「11」。2番手がインテルの「3」という事実からも、圧倒的な差があったことがうかがえる。

▽最も空席が目立ったのはキエーボvsボローニャ。「観客数÷キャパシティ」が23%だった。キエーボは「平均観客数÷キャパシティ」が38%で20チーム中ワーストとなっている。

▽巨大なオリンピコを本拠地とするラツィオは、キエーボに次ぐワースト2位の47%となっている。ただ、チームの好調はファンをスタジアムに向かわせており、シーズン終盤に向けて観客数は右肩上がりとなった。

▽『ガゼッタ』によると、全体としての観客動員数は前年比で10%増えたとのこと。良い流れを来季以降につなげられるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

「運がなかった。対戦する可能性がある中で最強」ネドヴェド氏がアトレティコとの対戦に嘆き

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でアトレティコ・マドリーと対戦することが決まったユベントス副会長のパヴェル・ネドヴェド氏は、不運だったと嘆いた。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドなどとグループHに入ったユベントスは、4勝2敗の首位で決勝トーナメント進出を果たす。そして迎えた17日、CLベスト16の抽選会でグループリーグでドルトムントに後塵を拝し、2位に甘んじたアトレティコと対戦することが決まった。<br><br>今夏、クリスティアーノ・ロナウドをレアル・マドリーから獲得するなど23年ぶりの悲願であるビッグイヤー獲得に向けて順調にコマを進めてきたユベントス。しかし、早々にアトレティコと対峙するこの組み合わせにクラブの副会長を務めるネドヴェド氏は落胆せずにはいられないようだ。<br><br>「我々には運がなかった。アトレティコは対戦するのに難しい相手だ。彼らはイタリアンスタイルのチームで、とてもよく組織された強靭な守備陣を擁し、(アントワーヌ)グリーズマンら前線と上手くプレーする方法を熟知している」<br><br>「この2チームによる一戦は、少ないゴールによる非常に均衡したものになると予想している。我々は対戦する可能性がある中で最も強いチームを引いてしまった。しかし、問題は何もない。クリスティアーノはチャンピオンズリーグのための男だ。我々のチームは強く、ベスト8にコマを進められると自信を持っている」<br><br>また、レアル・マドリー時代にアトレティコと何度か対戦した経験のあるサミ・ケディラも自身のツイッターで難しい試合になるだろうと予想した。「彼ら相手の試合は常に難しい。真の挑戦になるが、僕たちはやれるはずだ。この試合を楽しみにしているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「C・ロナウドは1月からユヴェントス移籍を望んでいた」代理人メンデス氏が明かす

FWクリスティアーノ・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が17日、ゴールデン・ボーイ賞の授賞式に出席した際、選手の移籍の舞台裏について明かした。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。<br><br>C・ロナウドは今夏、レアル・マドリーからユベントスへ移籍して大きな話題となった。ビッグディールを実現させた敏腕代理人はこの日、最優秀代理人賞を受賞し、インタビューに答えた。新天地でのポルトガル人FWについては、「C・ロナウドはトリノで非常に満足し、幸せに過ごしている。彼のモチベーションは今も変わらない」と述べたほか、ユーヴェ移籍のきっかけについても明かしている。<br><br>ファビオ・パラティチSD(スポーツディレクター)は以前、「この無謀なアイディアは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ終了後に生まれた。彼は我々を相手にオーバーヘッドキックを決め、スタンディングオベーションを受けた。これがきっかけだ」と語り、ユベントス対レアル戦が行われた4月3日以降に移籍交渉が発展したことを明かしていたが、メンデス氏はすでに1月にC・ロナウド自身から相談を受けていたと告白する。<br><br>「1月にクリスティアーノから『ユベントスでプレーしたい』と言われた。最初は無理な話だと思っていたので、『非常に難しいだろう』と彼に答えた。だが結局のところ何も不可能なことはないものだ。初めてユベントス幹部らと面談したのはマドリードで、CLのレアル対ユーヴェ戦(セカンドレグ)の試合前だった。それから電話連絡を何度か取り合い、徐々に移籍交渉がまとまっていった。トリノ行きが実現したのは、ユベントスの(アンドレア・アニェッリ)会長や経営陣のおかげだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 18:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベがポグバ復帰画策 今冬レンタルか

▽ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)のレンタルを画策しているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ポグバは2016年夏、当時の史上最高額となる移籍金1億500万ユーロ(約135億5000万円)でオールド・トラフォードに帰還したが、ユベントス時代のような輝きがないとして、度々批判の矢面に。最近は軋轢が取り沙汰されるジョゼ・モウリーニョ監督の下で先発機会も減らしており、移籍の噂があとを絶えない。 ▽そうした中、ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は17日にユベントスの上層部と会談。顧客であるイタリア代表FWモイーズ・キーン(18)の契約延長が主な議題だったが、同じくクライアントのアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のほか、渦中のポグバについても話し合ったという。 ▽そのユベントスは、今冬の移籍市場でポグバを連れ戻すとなれば、現時点で買取オプション付きのレンタルか、買取義務のレンタルを検討している模様だ。 2018.12.18 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「運がなかった。対戦する可能性がある中で最強」ネドヴェド氏がアトレティコとの対戦に嘆き

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でアトレティコ・マドリーと対戦することが決まったユベントス副会長のパヴェル・ネドヴェド氏は、不運だったと嘆いた。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドなどとグループHに入ったユベントスは、4勝2敗の首位で決勝トーナメント進出を果たす。そして迎えた17日、CLベスト16の抽選会でグループリーグでドルトムントに後塵を拝し、2位に甘んじたアトレティコと対戦することが決まった。<br><br>今夏、クリスティアーノ・ロナウドをレアル・マドリーから獲得するなど23年ぶりの悲願であるビッグイヤー獲得に向けて順調にコマを進めてきたユベントス。しかし、早々にアトレティコと対峙するこの組み合わせにクラブの副会長を務めるネドヴェド氏は落胆せずにはいられないようだ。<br><br>「我々には運がなかった。アトレティコは対戦するのに難しい相手だ。彼らはイタリアンスタイルのチームで、とてもよく組織された強靭な守備陣を擁し、(アントワーヌ)グリーズマンら前線と上手くプレーする方法を熟知している」<br><br>「この2チームによる一戦は、少ないゴールによる非常に均衡したものになると予想している。我々は対戦する可能性がある中で最も強いチームを引いてしまった。しかし、問題は何もない。クリスティアーノはチャンピオンズリーグのための男だ。我々のチームは強く、ベスト8にコマを進められると自信を持っている」<br><br>また、レアル・マドリー時代にアトレティコと何度か対戦した経験のあるサミ・ケディラも自身のツイッターで難しい試合になるだろうと予想した。「彼ら相手の試合は常に難しい。真の挑戦になるが、僕たちはやれるはずだ。この試合を楽しみにしているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ副会長ネドベド氏「2位通過チームでアトレティコは最強」

▽ユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏が17日に決まったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせについて言及した。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドやバレンシアが同居したグループステージを首位で通過したユベントスは、ドルトムントが同居したグループを2位で通過したアトレティコ・マドリーとの対戦が決まった。 ▽グループステージで対戦した4年前以来の再戦となるアトレティコについてネドベド氏は以下のように述べている。 「アッレグリ監督が言っているように、大事なのはベスト16を突破することだ。我々は2位通過チームで最強のチームを引き当ててしまった。現状ではファイナルについて遠すぎて考えられないよ。勝ち上がるためには運が必要となるが、我々も強力なチームだ。イタリアのチームは過小評価されるべきではないと思うよ」 「CR7ダービー? ロナウドはCL男でこれまでの結果が物語っている。我々は彼に頼ることになるが、他の選手の力も当然必要となる」 「アトレティコはとても強い守備を持っていて、グリーズマンを筆頭に問題を起こせるアタッカーがいる。難しい試合になるだろう。穴はほぼなくバランスが取れている」 2018.12.18 03:29 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース