セリエA観客は増加傾向、ユベントス&インテルは大声援の後押し受ける2018.05.23 06:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、今季のセリエAの観客数のデータを紹介した。

▽ホームゲーム1試合平均の観客数が最も多かったのはインテルで5万7529人。ミラノダービーとユベントス戦では満員にもなっている。ミランが5万2690人で続き、3位がナポリで4万3050人だった。

▽7連覇を達成したユベントスは、1試合平均3万8948人で4位だ。それでも、「平均観客数÷キャパシティ」は94%で、20チーム中トップだった。こちらは2位がSPALで93%、3位がカリアリで91%だ。

▽地元トリノに限らず全国的にユベントスが人気だということは、今年のデータでも明らかだった。各会場のシーズン最多観客試合が対ユベントスというクラブは「11」。2番手がインテルの「3」という事実からも、圧倒的な差があったことがうかがえる。

▽最も空席が目立ったのはキエーボvsボローニャ。「観客数÷キャパシティ」が23%だった。キエーボは「平均観客数÷キャパシティ」が38%で20チーム中ワーストとなっている。

▽巨大なオリンピコを本拠地とするラツィオは、キエーボに次ぐワースト2位の47%となっている。ただ、チームの好調はファンをスタジアムに向かわせており、シーズン終盤に向けて観客数は右肩上がりとなった。

▽『ガゼッタ』によると、全体としての観客動員数は前年比で10%増えたとのこと。良い流れを来季以降につなげられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーのルガーニ獲得が迫る

▽ユベントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(23)のチェルシー移籍が間近に迫っているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽長らく監督人事に揺れるチェルシーだが、伝えられるところによればルガーニが今夏最初の新加入選手となるようだ。 ▽ルガーニはエンポリのユース出身選手だが、2012-13シーズンにユベントスのプリマベーラにレンタル移籍し、そこでの活躍が評価され2013年夏にユベントスとプロ契約を交わした。2013-14-シーズンから2シーズンはエンポリでの武者修行に励んだ。最初のシーズンにはセリエB40試合に出場。2014-15シーズンには同クラブでセリエA全試合フル出場、加えて警告や退場が一度もないという記録を残している。 ▽15-16シーズンからはユベントスに復帰。今季は主戦場のセンターバックでリーグ戦15試合に出場し2ゴールを記録した。 ▽エンポリ時代には、チェルシー就任が噂されているマウリツィオ・サッリ監督に指導を受けた経験があり、今回の移籍はサッリ監督が望んだと推測されている。『デイリー・スター』によれば、移籍金は3500万ポンド(約51億円)程になるようだ。 2018.06.24 05:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ピャニッチはやはりバルセロナ移籍か? バルセロナ滞在で直接交渉行った可能性…

▽今夏、バルセロナとレアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・シティらで争奪戦が繰り広げられるユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)だが、やはり本命はバルセロナのようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 ▽メス、リヨンを経て2011年に加入したローマで攻撃的なセントラルMFとしてブレイクを果たしたピャニッチ。その後、2016年に加入したユベントスではより後方にポジションを移しレジスタとしての新境地を開くと、ここまで公式戦91試合で15ゴール28アシストの記録。同クラブの2シーズン連続での国内2冠に大きく貢献している。 ▽そして、キャリア最盛期に突入する世界屈指のレジスタには今夏、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、MFルカ・モドリッチの後継を探すスペインの2強が強い関心を示している模様。さらに、中盤の補強を目指すシティ、チェルシーに関しても動向を注視している模様だ。 ▽『スポルト』の伝えるところによれば、今夏のメルカートにおける注目選手の1人であるピャニッチは22日にバルセロナのエル・プラットに家族と共にいる姿が記念撮影を行った一般人のSNSの投稿によって確認されていたという。同選手はその後家族と共にイビサ島に旅立ったが、バルセロナには少なくとも一日滞在しており、この間にバルセロナの幹部と移籍に向けた交渉を行った可能性があるようだ。 ▽先日にはバルセロナからの関心について「光栄なこと」とコメントしていたピャニッチの新天地はやはりカンプ・ノウになるのか。 2018.06.23 16:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ピルロ氏、自身の引退試合で集まった収益2700万円を慈善団体に寄付

▽元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏が、先日行われた自身の引退試合での収益を慈善団体に寄付したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽昨年11月6日に現役引退を表明したピルロ氏。そんな同氏の引退試合『ラ・ノッテ・デル・マエストロ(マエストロの夜)』が今年5月21日に行われ、過去のチームメイトやライバルたちとのゲームを楽しみ、ピルロ氏は盛大にピッチに別れを告げた。 ▽今回伝えられるところによると、同試合で得られた収益は21万4000ユーロ(約2700万円)。その金額が「la Fondazione Vialli e Mauro」と「El vuelo de Pietro Onlu」の2団体に均等に寄付された。これらの寄付金はブレシアやケニアの病院建設などに割り当てられるようだ。 2018.06.23 01:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、カンセロ獲得が決定的! 48億円で合意か

▽バレンシアに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)のユベントス移籍が決定的な様相だ。 ▽『イタリア・スカイ・スポーツ』など複数メディアによれば、バレンシアは当初、カンセロの完全移籍額として4000万ユーロ(約51億円)を要求。だが、ユベントスはこのたび、移籍金3800万ユーロ(約48億5000万円)で合意に達したという。カンセロは昨夏、インテルにローン移籍。主に右サイドバックとして、セリエAの26試合に出場して1得点4アシストを記録した。 ▽5月まで有効な3500万ユーロ(約44億7000万円)の買取オプションを保有していたインテルだが、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の足かせがあり、行使を断念。バレンシアも財政的な問題で選手の売却を迫られているとみられる。 2018.06.22 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース