セリエA観客は増加傾向、ユベントス&インテルは大声援の後押し受ける2018.05.23 06:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、今季のセリエAの観客数のデータを紹介した。▽ホームゲーム1試合平均の観客数が最も多かったのはインテルで5万7529人。ミラノダービーとユベントス戦では満員にもなっている。ミランが5万2690人で続き、3位がナポリで4万3050人だった。

▽7連覇を達成したユベントスは、1試合平均3万8948人で4位だ。それでも、「平均観客数÷キャパシティ」は94%で、20チーム中トップだった。こちらは2位がSPALで93%、3位がカリアリで91%だ。

▽地元トリノに限らず全国的にユベントスが人気だということは、今年のデータでも明らかだった。各会場のシーズン最多観客試合が対ユベントスというクラブは「11」。2番手がインテルの「3」という事実からも、圧倒的な差があったことがうかがえる。

▽最も空席が目立ったのはキエーボvsボローニャ。「観客数÷キャパシティ」が23%だった。キエーボは「平均観客数÷キャパシティ」が38%で20チーム中ワーストとなっている。

▽巨大なオリンピコを本拠地とするラツィオは、キエーボに次ぐワースト2位の47%となっている。ただ、チームの好調はファンをスタジアムに向かわせており、シーズン終盤に向けて観客数は右肩上がりとなった。

▽『ガゼッタ』によると、全体としての観客動員数は前年比で10%増えたとのこと。良い流れを来季以降につなげられるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ヤング・ボーイズにCL初勝利献上のユベントス、公式戦アウェイ連続無敗記録が途絶える…

▽12日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節のヤング・ボーイズvsユベントスが行われた。 ▽試合はユベントスが勝利すればグループステージ首位通過が決定する中、ヤング・ボーイズがPKで先制に成功する。さらにヤング・ボーイズは68分にロングカウンターから追加点。ユベントスはディバラのシュートで終盤に1点を返したが、反撃はここまで。2-1で勝利したヤング・ボーイズがクラブ創設以来初のCL勝利を飾った。 ▽一方、データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』によると、敗れながらも首位通過を決めたユベントスは、2017年11月から続いていたアウェイ連続無敗記録が26試合(23勝3分け)でストップした。 2018.12.13 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ヤング・ボーイズにCL初勝利献上のユベントス、ユナイテッドも敗戦で首位通過《CL》

▽ユベントスは13日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節でヤング・ボーイズとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 ▽前節バレンシア戦を辛勝して決勝トーナメント進出を決めたユベントス(勝ち点12)は勝利すれば首位でのグループステージ突破となる中、C・ロナウドやマンジュキッチ、ボヌッチらを起用。ディバラやキエッリーニ、アレックス・サンドロらはベンチスタートとなった。 ▽フラットな[4-4-2]を採用したユベントスは2トップにC・ロナウドとマンジュキッチ、右にドグラス・コスタ、左にベルナルデスキ、センターにピャニッチとベンタンクールを配し、右サイドバックにクアドラードを据えた。 ▽ハイプレスをかけてきたヤング・ボーイズに対し、なかなかボールを前に運べないユベントスは13、15分とC・ロナウドが際どいシュートを浴びせ、けん制していく。 ▽そんな中23分、左ヒザを痛めたクアドラードがプレー続行不可能となってアレックス・サンドロが投入される。なかなかリズムを作れないユベントスは27分にチャンス。右サイドに流れたマンジュキッチのマイナスクロスをドグラス・コスタがダイレクトで合わせるも枠の左に外れた。 ▽すると28分、ドグラス・コスタからの自陣ゴール前を横断する不用意な横パスを受けたアレックス・サンドロがボックス内でボールをロストし、思わずムミを倒してしまった。このプレーで与えたPKをオアロに決められ、ユベントスは先制される。 ▽ハーフタイムにかけても攻めあぐねるユベントスは、36分にピャニッチがミドルシュートを、42分にFKの流れからC・ロナウドが際どいミドルシュートを浴びせるも、同点ゴールを奪うには至らず前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からギアを上げて入ったユベントスは開始1分、ピャニッチのFKが相手選手に当たってバーに直撃するチャンスを演出。その後も左サイドに回って縦への仕掛けを出せるようになったドグラス・コスタを起点に打開を図ったユベントスだったが、徐々に前半同様、攻めあぐねていく。 ▽63分にはフォルスナハトのヘディングシュートでGKシュチェスニーが脅かされると、68分に追加点を奪われる。ロングカウンターを受けて最後はオアロに決められてしまった。 ▽2点を追うユベントスはデ・シリオに代えてディバラを投入。すると80分、C・ロナウドの落としをペナルティアーク中央のディバラが枠の右へミドルシュートを叩き込んで1点を返した。 ▽87分にはベルナルデスキの左クロスをファーサイドのC・ロナウドがヘディングシュート。しかし、GKにセーブされた。そして90分の右CKからボヌッチの放ったヘディングシュートもGKにセーブされてしまう。 ▽結局、試合終了間際にCKの流れからディバラが強烈なシュートを叩き込んだものの、ボールに反応してしまったC・ロナウドがオフサイドポジションでノーゴール。ヤング・ボーイズにCL初勝利を献上してしまったが、ユナイテッドもバレンシアに敗れたため、首位での決勝トーナメント進出が決まっている。 2018.12.13 07:10 Thu
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カード! 前回王者ユベントスはボローニャと対戦

▽イタリアサッカー協会(FIGC)は11日、コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カードを発表した。 ▽2017-18シーズンのセリエA上位クラブがが登場するラウンド16では、セリエA同士の対戦が5カード実現。前回王者のユベントスは、敵地でボローニャと対戦。 ▽また、前回準優勝のミランは敵地でサンプドリアと対戦。その他のセリエA同士の対戦は、ナポリvsサッスオーロ、トリノvsフィオレンティーナ、カリアリvsアタランタが決定した。 ▽また、インテル、ローマ、ラツィオは下位リーグ所属クラブとの対戦が決まった。なお、コッパ・イタリア・ラウンド16は2019年1月12~14日に行われる予定だ。今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆コッパ・イタリア・ラウンド16 ボローニャ vs ユベントス ラツィオ vs ノヴァーラ サンプドリア vs ミラン インテル vs ベネヴェント ナポリ vs サッスオーロ トリノ vs フィオレンティーナ カリアリ vs アタランタ ローマ vs ヴィルトゥス 2018.12.12 01:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ピャニッチ、ユーベの新旧リーダーに尊敬の眼差し「偉大なチャンピオンで模範」

ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチは、イタリア国営放送『RAI』のインタビューに応じ、パリ・サンジェルマンに移籍したGKジャンルイジ・ブッフォンらについて語った。<br><br>ユベントスで3年目のシーズンを送るピャニッチは、昨シーズン限りで17年間所属したクラブを退団し、新天地パリへと旅立ったブッフォンの存在を振り返った。また現在、2005年からユベントスでプレーする34歳のDFジョルジョ・キエッリーニがブッフォンの後継として役割を務めていることを明かしている。<br><br>「ジジ(ジャンルイジの愛称)はレジェンドだよ。それにおそらく、史上最強のGKだと思う。彼はロッカールームでも重要な人物だった。チームの模範であり、ユベントス愛が伝わって来た。彼が退団した後、&ldquo;キエッロ(キエッリーニの愛称)&rdquo;が僕らのリーダーになった。彼とジジは、『ユーベとは何か』を理解させてくれる。2人とも真面目でプロフェッショナルで偉大なチャンピオンであり、僕らが目指すべきモデルだと思う。敵ではなく、チームメートとして持ちたいものだね」<br><br>またボスニア人MFは、今冬の移籍市場でのユベントス復帰の可能性が報じられているマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバについて言及。「きっとファンは皆、彼の獲得を夢見ているだろう。ここへやって来た選手たちは皆、素晴らしい選手たちだし、これからクラブがどんな補強をするべきか検討してくれるだろう。『ようこそ』ではなくて『お帰り』になるのかな」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 21:36 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ、今冬退団も…? モウリーニョとの関係が最悪な状態に

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)が、来年1月の移籍市場で退団する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽9月に副キャプテンをはく奪され、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が取り沙汰されたポグバ。一時は鎮火したかに思われたが、1日に行われたプレミアリーグ第14節サウサンプトンを2-2で終えた後、モウリーニョ監督がフル出場していたポグバを“ウイルス”と罵倒したという情報が、各紙を駆け巡った。 ▽そして、5日の第15節アーセナル戦でポグバは途中出場からの15分間のプレーに留まり、続く8日の第16節フルアム戦ではベンチで90分間を見守っている。 ▽『デイリー・メール』によると、モウリーニョ監督は自身の戦術に適応できないポグバに呆れているという。ユナイテッドの上層部に売却の意思がないことも伝えられているが、今冬の退団も十分にあり得るシチュエーションとみなされている。 ▽なお、候補に挙がっているのは、以前から関心が伝えられているバルセロナと古巣のユベントス。8900万ポンド(現在のレートで約126億円)もの移籍金で2016年夏に到着したワールドカップ覇者は、退団を選ぶことになるのだろうか。 2018.12.11 13:10 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース