【セリエA最終節プレビュー】4位ラツィオと5位インテルによるCL出場を懸けた運命の一戦2018.05.18 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はユベントスがローマに引き分けて最終節を前にセリエA7連覇を達成した。そしてローマが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を、ミランがヨーロッパリーグ(EL)出場を決めている。最終節では4位ラツィオ(勝ち点72)と5位インテル(勝ち点69)によるCL出場を懸けた運命の一戦と、5チームによる熾烈な残留争いが行われる。

▽前節クロトーネ戦を勝利すればインテルとの直接対決を前にCL出場を決められたラツィオだったが、残留を争う相手にまさかの引き分けに終わり、インテルにCL出場の可能性を残してしまった。最終節では負けなければ4位死守となるラツィオだが、エースのインモービレが復帰予定の中、痺れる大一番を乗り切ることができるか。

▽一方、前節サッスオーロ戦を何も懸かっていない相手にホームで敗戦するまさかの失態を犯したインテルだったが、ラツィオが躓いたことで勝利すれば逆転での4位フィニッシュとなる。一度は諦めたCL出場の可能性を残したことでメンタル的にはインテルに追い風が吹いているものと思われるが、最高のフィナーレを迎えることはできるか。

▽14位キエーボ(勝ち点37)、15位ウディネーゼ(勝ち点37)、16位カリアリ(勝ち点36)、17位SPAL(勝ち点35)、18位クロトーネ’(勝ち点35による痺れる残留争いも要注目だ。対戦相手を考慮すると、ナポリと対戦するクロトーネが最も厳しいが、ラツィオ相手に善戦したクロトーネはスクデット獲得を惜しくも逃した傷心のナポリに敵地で勝利できるか。セリエAに定着しているキエーボとウディネーゼが生き残れるかにも注目だ。

▽EL出場権争いでは7位アタランタと8位フィオレンティーナの得失点差が7あり、アタランタが残留を争うカリアリに大敗しなければ2年連続でのEL出場が決まる。

◆セリエA最終節
▽5/19(土)
《22:00》
ユベントス vs ヴェローナ
《27:45》
ジェノア vs トリノ

▽5/20(日)
《25:00》
SPAL vs サンプドリア
ミラン vs フィオレンティーナ
ナポリ vs クロトーネ
カリアリ vs アタランタ
ウディネーゼ vs ボローニャ
キエーボ vs ベネヴェント
《27:45》
ラツィオ vs インテル
サッスオーロ vs ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ラツィオ 1-2 ナポリ《セリエA》

▽セリエA第1節、ラツィオvsナポリが18日に行われ、1-2でナポリが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180819_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 5.0 特別好守なく2失点 DF 3 ルイス・フェリペ 5.5 インシーニェをまずまず抑えていたが、前半で負傷交代 (→バストス 5.0) インシーニェにやられてしまった 33 アチェルビ 5.5 インモービレの先制点をアシスト。試合終了間際にはバー直撃のヘディングシュートがあった 26 ラドゥ 5.5 後半終盤は左サイドバックとしてプレー。そつがなかった MF 77 マルシッチ 5.0 仕掛けのプレーは出せなかった 16 パローロ 5.0 ほぼプレーに関与していなかった (→カタルディ -) 25 バデリ 5.5 攻守にまずまずの存在感を示した (→コレア 5.5) 何度か左サイドから仕掛けた 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 パローロ同様、存在感がなかった 22 カセレス 5.0 前半序盤は果敢に前に出ていたが、大半は守勢に回った FW 10 L・アルベルト 5.0 ほぼ何もできなかった 17 インモービレ 6.5 個人技で先制点を奪うなど孤軍奮闘 監督 S・インザーギ 5.5 前半序盤はハイプレスとカウンターがハマっていたが、後半は劣勢を打開できず ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180819_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 27 カルネジス 5.5 失点以外はさほど難しいシュートが飛んでこなかった DF 23 ヒサイ 6.0 前半はカセレスに押し込まれるも、逆転弾を演出 33 アルビオル 5.5 インモービレにやや苦戦も耐える 26 クリバリ 6.0 L・アルベルトを封殺 6 マリオ・ルイ 6.0 マルシッチの突破を許さなかった MF 5 アラン 6.0 逆転弾をアシスト。徐々に中盤を制圧していった 17 ハムシク 6.0 新境地のアンカーでパスを捌いてリズムを作った (→A・ディアワラ 6.0) よくボールに触って流れに乗る 20 ジエリンスキ 6.0 ミドルシュートでゴールを狙った (→ログ -) FW 7 カジェホン 6.0 ボールに触る機会は少なかったが、ミリクのゴールをアシスト 99 ミリク 6.0 なかなかボールに絡めていなかったが、少ないチャンスをモノにした 24 インシーニェ 6.5 2つあった内の一つをしっかり決めて逆転弾 (→メルテンス -) 監督 アンチェロッティ 6.0 ハムシクのアンカー起用がまずまず成功。今後に期待を抱けそうな開幕戦となった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インシーニェ(ナポリ) ▽前半終盤から存在感を高め、同点弾を演出。そして、得意の角度から逆転弾を奪った。 ラツィオ 1-2 ナポリ 【ラツィオ】 インモービレ(前25) 【ナポリ】 ミリク(前47) インシーニェ(後14) 2018.08.19 05:38 Sun
twitterfacebook
thumb

新生ナポリがインシーニェ&ミリク弾でラツィオに逆転勝利《セリエA》

▽セリエA第1節、ラツィオvsナポリが18日に行われ、1-2でナポリが勝利した。 ▽昨季セリエA5位のラツィオと2位のナポリによる強豪対決。ラツィオはインモービレやミリンコビッチ=サビッチ、L・アルベルトといった主力に加え、新戦力のバデリやアチェルビらがスタメンとなった。 ▽対するアンチェロッティ新監督を招へいしたナポリは、ジョルジーニョがサッリ前監督と共にチェルシーへ移籍した中、ハムシクやインシーニェ、クリバリといった主力を先発とし、新戦力ではGKカルネジスのみを起用した。 ▽中盤アンカーにハムシクを起用したナポリに対し、3バックを採用したラツィオが圧力をかける入りとなり、序盤のペースを握った。 ▽対するナポリはハムシクを軸にボールを動かして流れを引き寄せにかかると、19分にジエリンスキが左足ミドルでゴールを脅かした。 ▽ポゼッションを高めるナポリに対し、23分にカウンターからL・アルベルトがシュートに持ち込んだラツィオは25分に先制する。アチェルビのロングフィードを受けたインモービレが鋭いトラップでDF3人を交わしてボックス中央へ侵入。左足でシュートを流し込んだ。 ▽失点後、ラツィオの守備ブロックを攻めあぐねていたナポリは36分、インシーニェがドリブルでボックス左に侵入し巻いたシュートを浴びせるも、わずかに枠を捉えきれない。続く39分にはジエリンスキのミドルシュートがバーを直撃した。 ▽41分にはCKの流れからミリクがネットを揺らして試合を振り出しに戻したかに思われたナポリだったが、その前にクリバリのファウルがあったとしてVARによりノーゴールとなってしまう。それでも追加タイム2分、今度は正真正銘の同点弾が生まれる。前半追加タイム2分、左サイドからインシーニェが右足で上げたクロスをファーサイドのカジェホンがダイレクトで折り返し、最後はミリクが詰めた。 ▽後半もナポリがボールを持つ展開となると、開始3分にミリクのコントロールシュートで牽制。対するラツィオは55分、CKからインモービレがボレーシュートで応戦する。 ▽後半、互いに一つずつチャンスを迎えた中59分、ナポリが逆転に成功した。ヒサイのクロスをアランがフリックして流すと、ボックス左のインシーニェがゴール右へダイレクトで流し込んだ。 ▽追う展開となったラツィオは、バデリに代えてコレアを左サイドに投入。システムを[4-4-2]に変更した。 ▽しかし、運動量が落ちたラツィオは反撃に出られない。そして90分、左CKからアチェルビのヘディングシュートがバーを直撃し、1-2のまま逆転負け。ナポリが開幕白星スタートを切っている。 2018.08.19 05:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチ、ミランにシーズンローン?

▽ミランがラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の獲得に迫っているのかもしれない。 ▽今夏、ユベントスやレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンの関心が取り沙汰されるミリンコビッチ=サビッチ。ラツィオは最低でも1億2000万ユーロ(約151億3000万円)を求めているとされ、上記獲得希望クラブは1億5000万ユーロ(約189億2000万円)に及ぶ巨額を準備しているという。 ▽だが、セリエAの今夏移籍市場最終日(18日)に迫る中、ミランがミリンコビッチ=サビッチの獲得に近づいている模様だ。『フットボール・イタリア』が『Il Sole 24 Ore』を情報源に伝えたところによれば、ミランは4000万ユーロ(約50億4000万円)のシーズンローンでラツィオとの会談に決着。さらに、この契約には、シーズン終了後の買取オプションも含まれているという。 ▽一方で、『スカイ・スポーツ・イタリア』や『Sportitalia』によれば、ミランとラツィオの間にミリンコビッチ=サビッチを巡る交渉の事実は存在しないとも。兎にも角にもセリエAの今夏移籍市場閉幕を待ちたい。 2018.08.17 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがロイス弾でラツィオに勝利、香川は出場せず《プレシーズンマッチ》

▽プレシーズンマッチのドルトムントvsラツィオが12日に行われ、1-0でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ブンデスリーガとセリエAの強豪によるテストマッチ。ドルトムントはロイスやゲッツェ、プリシッチら主力組に、新戦力ではデラネイとディアロが、ラツィオはインモービレやミリンコビッチ=サビッチ、ルイス・アルベルトら主力組に、新戦力ではバデリやドゥルミジがスタメンとなった。 ▽ロイスを最前線で起用したドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると、6分に先制する。ボックス中央でパスを受けたロイスのシュートが相手DFに当たってディフレクトし、GKストラコシャの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽失点を受けて前がかったラツィオはミドルシュートで牽制。ポゼッションを高めて押し込みにかかるも、決定打は生まれない。 ▽凌いだドルトムントが引き続き攻勢に転じると、主導権を渡さずに前半を終えた。 ▽後半もドルトムントがポゼッションする展開となったがこう着状態が続き、互いにシュートに持ち込めない状況が続く。 ▽後半半ばを過ぎてラツィオが押し込む展開が続く中、終盤の85分にようやくホアキン・コレアのシュートでGKビュルキを強襲した。 ▽しかし、その後は攻め手なくドルトムントが1-0で逃げ切っている。 2018.08.13 02:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のミリンコビッチ=サビッチ「ラツィオでのプレーに集中している」

▽今夏の移籍市場で注目を集めているセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチだが、同選手はラツィオ残留を望んでいるようだ。イタリア『プレミアムスポーツ』が伝えている。 ▽現在、マンチェスター・ユナイテッドやユベントス、レアル・マドリーらから関心を集めているミリンコビッチ=サビッチだが、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長を納得させるオファーは未だに届いておらず、プレシーズンに入った今も去就が不透明になっている。 ▽『プレミアムスポーツ』によれば、そんな同選手に対してチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの獲得に失敗したインテルが、新たに7000万ユーロ(約90億円)の買取オプションが付随したレンタル料3000万ユーロ(約39億円)のレンタル移籍のオファーを提示したようだ。 ▽しかし、現時点でミリンコビッチ=サビッチ自身に移籍の考えはない。4日に行われたアーセナルとのプレシーズンマッチ後、同紙のインタビューで自身の将来について次のようにコメントしている。 「僕はラツィオに戻ってこれて満足している。サッカーの世界では何が起こるか分からないが、今はまだラツィオとの契約があり、ここでのプレーに集中しているよ」 2018.08.06 00:16 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース