ユベントスでの17年間のキャリアに終止符を打つブッフォンが会見で胸中や将来を語る2018.05.17 19:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が17日に会見を実施。今シーズン限りでのユベントス退団を明らかにした。

▽ブッフォンは、パルマのユースで育ち、1995年にトップチームに昇格。1998-99シーズンにはコッパ・イタリア、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のタイトルを獲得。正守護神として活躍を続けた。2001年、当時のGK最高額の移籍金でユベントスへと移籍。守護神としていきなりスクデットを獲得すると、翌年には連覇を達成した。

▽チームが八百長行為による処分で2006年にセリエBに降格したものの、ブッフォンは残留。その後も正守護神として活躍したが、今シーズン限りで契約が満了。そのまま退団となることが決定した。

▽ユベントスでは、ここまで公式戦通算655試合に出場。セリエAで9回、コッパ・イタリアで4回優勝をしている。ブッフォンは、自身のこれまでのユベントスでのキャリアを振り返りコメント。感謝の気持ちを述べている。

「僕は会長の言葉に感謝します。多くのものを受け取りました。僕のポリシーは、常に誠実であり、忠誠であり、偽善との戦いだった」

「とても興奮しているけど、幸せと充実感を持ってここまでやってきた。この感情は、特別で美しい度にでる子どもたちのようなものだ。僕を愛してくれた人々とシェアしたい。その理由は、僕が常にベストを尽くしてきたからだ」

「土曜日(19日)の試合は、僕にとってのユベントスでの最後の試合となる。そして、2つのタイトルとアンドレア会長、そして全てのビアンコ・ネーリの人々との僕の冒険を終わらせるには最善の方法だと思う」

「僕は、僕の名前とユベントスでのパフォーマンス、最後までベストを尽くせることを誇りに思う。僕は穏やかで幸せな挨拶にたどり着きたい。そして、スポーツマンとして疑う余地のないことだ」

「2001年、ユベントスは驚異的な才能を獲得した。しかし、この才能がチャンピオンに変わったのなら、それはユベントスが起こしたことだった」

「僕が40歳でこのような状態なのは、ユベントス、そのメンタリティ、アプローチのお陰だ。僕は、この哲学によって、自身を作り上げた。そして、サッカーをやめた後、将来僕のものになるだろう。結果を得るために、僕が知っている唯一の方法だ」

「僕はいつだって、ユベントスに感謝し続けるだろう」

▽また、週末のセリエA最終節のヴェローナ戦でプレーすることを明かし、チーム側からは色々な提案を受けていることも発表。オファーも届いている中、自身の去就については来週決めると語った。

「今のところ、僕は土曜日のゲームに出ることだけを知っている。アンドレア・アニェッリは、僕の周りで起こり得る全てのことを知っており、カウンセラーだ。数日前まで、僕はプレーしないことが確実だった。今は、刺激的な提案があるよ」

「ピッチでの最も刺激的な提案は、会長からもらったものだ。来週、2〜3日の間に、僕は意思決定をする。僕は、自分の性格に従うよ」

「僕は将来の決定でも、自分の平穏を変えるつもりはない。今、元プレーヤーであることを今は受け入れた。たとえ何が起きても、最終的には幸せになっているよ」

「いくつかの非常に興味深いオファーを受けている。しかし、来週を待ちたいと思う。もし、僕が続けるならば、大きな目標に達するという野心があるということだ」

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、リヒトシュタイナーとの交渉が順調に進行

▽アーセナルが、ユベントス退団を明言したスイス代表主将DFシュテファン・リヒトシュタイナー(34)との交渉を続けているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽リヒトシュタイナーは、2011年にラツィオからユベントスに加入。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、6度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献したが、今月初めに「僕の未来はイタリア国外にある」と発言し、ユベントスとの7年間に別れを告げる旨を語っていた。 ▽そして先日、イギリス『ガーディアン』がアーセナルとリヒトシュタイナーが交渉に入っていると報道。『スカイ・スポーツ』も今回、アーセナルのウナイ・エメリ新監督体制初の契約はリヒトシュタイナーになるだろうと断定的に伝えており、その実現性が日増しに高まっている。 ▽なお、ユベントスとリヒトシュタイナーの契約は来月末に期限を迎える。 2018.05.27 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

CL決勝にベンチ入りのジャン、月曜にトリノでメディカルチェックを受診か

▽リバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)が、28日にトリノでメディカルチェックを受ける予定だ。『フットボール・イタリア』がイタリア『Mediaset Premium』の情報をもとに報じている。 ▽報道によれば、ジャンは26日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦のレアル・マドリー戦のベンチ入りメンバーに名を連ねているが、既にトリノ行きのフライトチケットを予約しており、月曜にユベントスのメディカルチェックを受診する予定のようだ。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。現在では守備的MFやセントラルMF主戦場に、リバプールでは通算166試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。 ▽今季限りでリバプールとの契約が切れるジャンは、かねてよりユベントスへ移籍の噂が挙がっており、先日には年棒600ユーロ(約7億7000万円)の5年契約で合意に至ったと報じられていた。 2018.05.27 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

カンセロ買取期限迫るもインテルは動けず…? ユベントスが虎視眈々と準備か

▽インテルのDFジョアン・カンセロに対して、ユベントスも関心を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽バレンシアからのレンタルでインテルの一員になったポルトガル代表のカンセロは、シーズン途中からレギュラーに定着。主力の一人といえる活躍を披露し、インテル陣営はもちろん完全移籍での獲得を願っている。 ▽しかし、買い取りオプション行使の期限は今月末まで。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触するおそれがあるインテルは、3500万ユーロ(約45億円)をすぐに用意するのが難しい状況だ。それでも、補強資金のめどが立ち次第、再獲得に乗り出す可能性もあるという。 ▽こういった状況に他のクラブが興味津々だという。国外からはマンチェスター・ユナイテッドが関心を持っていると言われているほか、ユベントスも獲得の可能性を感じているそうだ。 ▽ようやく手にした信頼できるサイドバックを国内のライバルに譲るかもしれないインテル。何か対策はあるのだろうか。 2018.05.26 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

サッリ招へい有力のチェルシー、イグアイン獲得へ?

▽チェルシーは、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)との契約に動く可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽昨シーズンまでナポリを率いたマウリツィオ・サッリ氏の招へいが有力視されるチェルシー。同氏はかつてナポリで師弟関係を築き、特長を知り尽くすイグアインを今夏における獲得候補の上位にリストアップしており、イタリア代表FWアルバロ・モラタを取引に含めることも考えられる模様だ。 ▽現時点でユベントスに売却意思こそないものの、年俸750万ユーロ(約9億5000万円)のクラブ最高給者であるイグアインは今年12月で31歳。パリ・サンジェルマンも関心を示しているとみられる同選手に5500万ユーロ(約70億円)程度のオファーが届けば、交渉に応じる余地もあるという。 ▽セリエA屈指の点取り屋として名を馳せるイグアインは、2013年夏にレアル・マドリーからナポリ入り。2016年夏からユベントスに活躍の場を移した。今シーズンは公式戦50試合に出場して23得点8アシストをマーク。ユベントスのセリエA7連覇、コッパ・イタリア4連覇に貢献している。 2018.05.26 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドグラス・コスタ獲得検討か…114億円準備

▽イギリス『サン』は、マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するブラジル代表FMFドグラス・コスタ(27)の獲得を検討していると報じた。 ▽卓越したテクニックを武器に新進気鋭のドリブラーとして名を馳せるドグラス・コスタは昨夏、買取オプション付きのレンタルでバイエルンからユベントス入り。移籍初年度ながら47試合6得点14アシストの活躍を見せ、セリエA7連覇に貢献した。 ▽ユベントスは昨夏、バイエルンとレンタル料700万ポンド(約10億1000万円)+完全移籍オプション額3300万ポンド(約48億円)で合意。ユナイテッドはユベントスが買取りを見送った場合、7900万ポンド(約114億9000万円)を支払う用意があるという。 2018.05.26 14:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース