ユベントスでの17年間のキャリアに終止符を打つブッフォンが会見で胸中や将来を語る2018.05.17 19:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が17日に会見を実施。今シーズン限りでのユベントス退団を明らかにした。

▽ブッフォンは、パルマのユースで育ち、1995年にトップチームに昇格。1998-99シーズンにはコッパ・イタリア、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のタイトルを獲得。正守護神として活躍を続けた。2001年、当時のGK最高額の移籍金でユベントスへと移籍。守護神としていきなりスクデットを獲得すると、翌年には連覇を達成した。

▽チームが八百長行為による処分で2006年にセリエBに降格したものの、ブッフォンは残留。その後も正守護神として活躍したが、今シーズン限りで契約が満了。そのまま退団となることが決定した。

▽ユベントスでは、ここまで公式戦通算655試合に出場。セリエAで9回、コッパ・イタリアで4回優勝をしている。ブッフォンは、自身のこれまでのユベントスでのキャリアを振り返りコメント。感謝の気持ちを述べている。

「僕は会長の言葉に感謝します。多くのものを受け取りました。僕のポリシーは、常に誠実であり、忠誠であり、偽善との戦いだった」

「とても興奮しているけど、幸せと充実感を持ってここまでやってきた。この感情は、特別で美しい度にでる子どもたちのようなものだ。僕を愛してくれた人々とシェアしたい。その理由は、僕が常にベストを尽くしてきたからだ」

「土曜日(19日)の試合は、僕にとってのユベントスでの最後の試合となる。そして、2つのタイトルとアンドレア会長、そして全てのビアンコ・ネーリの人々との僕の冒険を終わらせるには最善の方法だと思う」

「僕は、僕の名前とユベントスでのパフォーマンス、最後までベストを尽くせることを誇りに思う。僕は穏やかで幸せな挨拶にたどり着きたい。そして、スポーツマンとして疑う余地のないことだ」

「2001年、ユベントスは驚異的な才能を獲得した。しかし、この才能がチャンピオンに変わったのなら、それはユベントスが起こしたことだった」

「僕が40歳でこのような状態なのは、ユベントス、そのメンタリティ、アプローチのお陰だ。僕は、この哲学によって、自身を作り上げた。そして、サッカーをやめた後、将来僕のものになるだろう。結果を得るために、僕が知っている唯一の方法だ」

「僕はいつだって、ユベントスに感謝し続けるだろう」

▽また、週末のセリエA最終節のヴェローナ戦でプレーすることを明かし、チーム側からは色々な提案を受けていることも発表。オファーも届いている中、自身の去就については来週決めると語った。

「今のところ、僕は土曜日のゲームに出ることだけを知っている。アンドレア・アニェッリは、僕の周りで起こり得る全てのことを知っており、カウンセラーだ。数日前まで、僕はプレーしないことが確実だった。今は、刺激的な提案があるよ」

「ピッチでの最も刺激的な提案は、会長からもらったものだ。来週、2〜3日の間に、僕は意思決定をする。僕は、自分の性格に従うよ」

「僕は将来の決定でも、自分の平穏を変えるつもりはない。今、元プレーヤーであることを今は受け入れた。たとえ何が起きても、最終的には幸せになっているよ」

「いくつかの非常に興味深いオファーを受けている。しかし、来週を待ちたいと思う。もし、僕が続けるならば、大きな目標に達するという野心があるということだ」

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月14日は、ユベントス新主将のバースデー!

◆ジョルジョ・キエッリーニ 【Profile】 国籍:イタリア 現役時クラブ:ユベントス 誕生日:1984年8月14日 ポジション:DF 身長:187㎝ 体重:78kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月14日は、ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニだ。 ▽地元のクラブ、リヴォルノでキャリアをスタートさせたキエッリーニは、当初はサイドバックとしてブレイク。しかし、ユベントス移籍後にセンターバックとしての才能を開花させ、現在では同ポジションでの世界最高の1人と目されるまでになった。ユベントスでセリエA7連覇を含む15度のタイトルに獲得しているキエッリーニは、退団したGKジャンルイジ・ブッフォンの後を継ぎ、2018-19シーズンから新主将に任命されている。 ▽また、ゴールパフォーマンスの際にはゴリラのドラミングを真似するなどお茶目な人柄でも知られているが、実は多数のノーベル賞受賞者を輩出しているイタリアの名門トリノ大学を卒業済み。サッカー選手を続けつつ経営管理学科で経済学を学び、110満点中109点を獲得している。また、卒論のテーマは『国際基準におけるユベントスのビジネス』だったそうだ。 ※誕生日が同じ主な著名人 ジェイ=ジェイ・オコチャ(元サッカー選手) アンデル・エレーラ(サッカー選手/マンチェスター・ユナイテッド) マキシミリアーノ・ゴメス(サッカー選手/セルタ) リュボミール・フェイサ(サッカー選手/ベンフィカ) 小倉純二(JFA第12代会長) 都並敏史(サッカー解説者) 石原直樹(サッカー選手/ベガルタ仙台) 奥埜博亮(サッカー選手/ベガルタ仙台) 桂歌丸(落語家) ラリー・グラハム(ベーシスト) サラ・ブライトマン(歌手) 2018.08.14 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがユーベデビュー戦で早速ゴール!

▽今夏、レアル・マドリーからユベントスに電撃移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが12日に行われた新天地でのデビュー戦で早速ゴールを決めた。 ▽先月10日にクラブとセリエAレコードを更新する総額1億1200万ユーロ(約146億円)の移籍金で、ユベントスに加入したC・ロナウド。その後、ロシア・ワールドカップ後の休暇に戻った同選手だが、先日からクラブに合流し新シーズンに向けて調整を進めていた。 ▽そして、12日にはユベントスのオーナーを務める『フィアット』創業家のアニェッリ一族のルーツがあるヴィッラール・ペローザで行われたユベントスのプリマヴェーラとの親善試合で待望のユベントスデビューを飾った。 ▽C・ロナウドは出戻りのボヌッチやジャンらその他の新戦力とディバラやドグラス・コスタら主力と共に先発組に入り、センターフォワードで出場。そして、試合開始8分にはハーフウェイライン付近でボールを持ったベルナルデスキのロングフィードに完璧に抜け出すと、最後はボックス内でGKとの一対一を制してデビュー戦で早速ゴールを記録。1万5000人のユベンティーノの前できっちりアピールした。 ▽その後、前半終了までの45分間プレーしたC・ロナウドはオーバーヘッドで2点目を目指すなど、精力的なプレーを見せて新天地でのデビュー戦を良い形で終えた。 ▽なお、試合はC・ロナウドの先制点とディバラの2ゴール、マルキジオのゴールなどでトップチームが5-0のスコアでプリマヴェーラの若手にきっちり勝利している。 2018.08.13 03:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ入りのC・ロナウド「小ちゃな頃から夢見たクラブ」

▽ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがコメントした。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽長らくレアル・マドリーの絶対的エースに君臨したC・ロナウド。今夏、そのレアル・マドリーに別れを告げ、新たな活躍先としてイタリアの絶対王者ユベントスを選択した。 ▽セリエA初挑戦となるC・ロナウド。クラブ公式チャンネルの独占インタビューで、ユベントス移籍の決め手やセリエAの印象などについて語った。 「ここにやってこられて嬉しい。ハッピーさ。ユベントス移籍に迷いはなかった。ユベントスと対戦したとき、その都度、僕のことを好いてくれるイタリア人ファンの気持ちを感じていたよ。ユーベはイタリア最大級のクラブ。世界でも指折りのクラブだ」 「なぜユベントス移籍を選択したか? それは素晴らしいクラブだからさ。それに、子供の頃から知っているチーム。いつかあのクラブでプレーできたら良いなとも思っていた。セリエAの印象? プレーしたことはないけど、速やかに適応できると思う。心配はない」 2018.08.12 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベMFストゥラーロがスポルティングCPへレンタル移籍

▽スポルティング・リスボンは11日、ユベントスのイタリア人MFステファノ・ストゥラーロ(25)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ただ、メディカルチェックで問題があり、2カ月ほどのリハビリを終えた後に正式加入となるとのことだ。なお、その間の給料はユベントスが支払うと報じられている。 ▽2014年夏にユベントスに加入したセントラルMFのストゥラーロは、1年間ジェノアへのレンタルを経て、翌年冬から本格的にユベントスでプレー。しかし、MFミラレム・ピャニッチやMFサミ・ケディラ、MFブレーズ・マテュイディら、中盤の厚い選手層に阻まれてレギュラーを掴むには至らず昨季のリーグ戦出場は12試合のみだった。 2018.08.12 05:47 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーからのオファーを誇るアッレグリ…それでもユーベ残留を決断した理由は?

▽ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、今夏レアル・マドリーからの監督就任のオファーを断った理由を明かした。イギリス『デイリー・メール』がイタリア『Stile Mese』を引用して伝えている。 ▽昨シーズンでセリエA4連覇を達成したアッレグリ監督には、今夏ジネディーヌ・ジダン監督の後任としてレアル・マドリーから関心を寄せられていた。しかし、最終的には残留を決断。アッレグリはユベントス就任5年目を迎えることとなった。 ▽アッレグリ監督はイタリアメディアでのインタビューでマドリーからのオファーを断った理由を告白。それでも関心が寄せられていたことに関しては、光栄なことであったと認めている。 「断ったよ。私には会長との約束があったからね」 「その言葉に対して、最大の敬意を払い、あらゆる監督が憧れを抱くレアル・マドリーに対しても断りを入れたんだ。それが理由だよ」 「彼らからの関心を誇りに思わないというのであれば、私は偽善者だ。しかし、今回私は正しい決断をしたと確信しているよ」 2018.08.11 21:45 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース