サッリ、ナポリと契約延長へ…チェルシー就任の可能性は消滅に2018.05.17 18:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリが、マウリツィオ・サッリ監督(59)と契約延長したようだ。イギリス『デイリー・メール』がイタリア「コリエデ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。

▽報道によれば、ナポリとサッリ監督は、これまで2020年までだった契約を1年間延長し、2021年までとすることで合意に達したようだ。それに伴い、これまでから2倍以上の年俸350万ポンド(約5億2000万円)を受け取ることになるという。

▽サッリ監督はこれまで、チェルシーのアントニオ・コンテ監督の後任の有力候補としてみられていたが、これによりその可能性は消滅。少なくとも来シーズンはナポリで指揮を執ることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ラツィオ 1-2 ナポリ《セリエA》

▽セリエA第1節、ラツィオvsナポリが18日に行われ、1-2でナポリが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180819_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 5.0 特別好守なく2失点 DF 3 ルイス・フェリペ 5.5 インシーニェをまずまず抑えていたが、前半で負傷交代 (→バストス 5.0) インシーニェにやられてしまった 33 アチェルビ 5.5 インモービレの先制点をアシスト。試合終了間際にはバー直撃のヘディングシュートがあった 26 ラドゥ 5.5 後半終盤は左サイドバックとしてプレー。そつがなかった MF 77 マルシッチ 5.0 仕掛けのプレーは出せなかった 16 パローロ 5.0 ほぼプレーに関与していなかった (→カタルディ -) 25 バデリ 5.5 攻守にまずまずの存在感を示した (→コレア 5.5) 何度か左サイドから仕掛けた 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 パローロ同様、存在感がなかった 22 カセレス 5.0 前半序盤は果敢に前に出ていたが、大半は守勢に回った FW 10 L・アルベルト 5.0 ほぼ何もできなかった 17 インモービレ 6.5 個人技で先制点を奪うなど孤軍奮闘 監督 S・インザーギ 5.5 前半序盤はハイプレスとカウンターがハマっていたが、後半は劣勢を打開できず ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180819_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 27 カルネジス 5.5 失点以外はさほど難しいシュートが飛んでこなかった DF 23 ヒサイ 6.0 前半はカセレスに押し込まれるも、逆転弾を演出 33 アルビオル 5.5 インモービレにやや苦戦も耐える 26 クリバリ 6.0 L・アルベルトを封殺 6 マリオ・ルイ 6.0 マルシッチの突破を許さなかった MF 5 アラン 6.0 逆転弾をアシスト。徐々に中盤を制圧していった 17 ハムシク 6.0 新境地のアンカーでパスを捌いてリズムを作った (→A・ディアワラ 6.0) よくボールに触って流れに乗る 20 ジエリンスキ 6.0 ミドルシュートでゴールを狙った (→ログ -) FW 7 カジェホン 6.0 ボールに触る機会は少なかったが、ミリクのゴールをアシスト 99 ミリク 6.0 なかなかボールに絡めていなかったが、少ないチャンスをモノにした 24 インシーニェ 6.5 2つあった内の一つをしっかり決めて逆転弾 (→メルテンス -) 監督 アンチェロッティ 6.0 ハムシクのアンカー起用がまずまず成功。今後に期待を抱けそうな開幕戦となった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インシーニェ(ナポリ) ▽前半終盤から存在感を高め、同点弾を演出。そして、得意の角度から逆転弾を奪った。 ラツィオ 1-2 ナポリ 【ラツィオ】 インモービレ(前25) 【ナポリ】 ミリク(前47) インシーニェ(後14) 2018.08.19 05:38 Sun
twitterfacebook
thumb

新生ナポリがインシーニェ&ミリク弾でラツィオに逆転勝利《セリエA》

▽セリエA第1節、ラツィオvsナポリが18日に行われ、1-2でナポリが勝利した。 ▽昨季セリエA5位のラツィオと2位のナポリによる強豪対決。ラツィオはインモービレやミリンコビッチ=サビッチ、L・アルベルトといった主力に加え、新戦力のバデリやアチェルビらがスタメンとなった。 ▽対するアンチェロッティ新監督を招へいしたナポリは、ジョルジーニョがサッリ前監督と共にチェルシーへ移籍した中、ハムシクやインシーニェ、クリバリといった主力を先発とし、新戦力ではGKカルネジスのみを起用した。 ▽中盤アンカーにハムシクを起用したナポリに対し、3バックを採用したラツィオが圧力をかける入りとなり、序盤のペースを握った。 ▽対するナポリはハムシクを軸にボールを動かして流れを引き寄せにかかると、19分にジエリンスキが左足ミドルでゴールを脅かした。 ▽ポゼッションを高めるナポリに対し、23分にカウンターからL・アルベルトがシュートに持ち込んだラツィオは25分に先制する。アチェルビのロングフィードを受けたインモービレが鋭いトラップでDF3人を交わしてボックス中央へ侵入。左足でシュートを流し込んだ。 ▽失点後、ラツィオの守備ブロックを攻めあぐねていたナポリは36分、インシーニェがドリブルでボックス左に侵入し巻いたシュートを浴びせるも、わずかに枠を捉えきれない。続く39分にはジエリンスキのミドルシュートがバーを直撃した。 ▽41分にはCKの流れからミリクがネットを揺らして試合を振り出しに戻したかに思われたナポリだったが、その前にクリバリのファウルがあったとしてVARによりノーゴールとなってしまう。それでも追加タイム2分、今度は正真正銘の同点弾が生まれる。前半追加タイム2分、左サイドからインシーニェが右足で上げたクロスをファーサイドのカジェホンがダイレクトで折り返し、最後はミリクが詰めた。 ▽後半もナポリがボールを持つ展開となると、開始3分にミリクのコントロールシュートで牽制。対するラツィオは55分、CKからインモービレがボレーシュートで応戦する。 ▽後半、互いに一つずつチャンスを迎えた中59分、ナポリが逆転に成功した。ヒサイのクロスをアランがフリックして流すと、ボックス左のインシーニェがゴール右へダイレクトで流し込んだ。 ▽追う展開となったラツィオは、バデリに代えてコレアを左サイドに投入。システムを[4-4-2]に変更した。 ▽しかし、運動量が落ちたラツィオは反撃に出られない。そして90分、左CKからアチェルビのヘディングシュートがバーを直撃し、1-2のまま逆転負け。ナポリが開幕白星スタートを切っている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエA観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 05:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、ローマ&リバプールの共謀に関する調査を要求…情報提供者は耳の中の“小鳥”

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、リバプールとローマに対する調査を欧州サッカー連盟(UEFA)に要求したようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽デ・ラウレンティス会長が提起しているのは、「リバプールとローマのオーナーが同一なのではないか」という問題だ。もし同一であれば、「同じ欧州の大会に参加できるクラブは、1人のオーナーにつき1つのみ」というUEFAの規約に反するとしている。 ▽今夏、移籍金6700万ポンド(約94億円)でローマからリバプールに加入したブラジル代表GKアリソンに対し、ナポリが出した6000万ユーロ(約76億円)のオファーを“あっさりと”断られたことに関して、デ・ラウレンティス会長は「私ならば1億ユーロ(約126億円)でも売らないだろう」と主張。また、昨年にはエジプト代表FWモハメド・サラーも、比較的安価な4200万ユーロ(現在のレートで約53億円)でローマからリバプールに移籍していたことから、両クラブの繋がりを疑うようになったという。 ▽デ・ラウレンティス会長は、抱いている疑念について以下のようにイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』に語っている。 「リバプールの真のオーナーがローマと同じだというのはいつも疑ってきた。数年前、小鳥が私の耳の中で囁いたんだ」 「もしそれが真実であれば、チャンピオンズリーグに彼らが同時に参戦することはできない」 ▽これに対し、ローマのゼネラル・ディレクターを務めるマウロ・バルディッソーニ氏は、以下のように反論した。 「ナポリ周辺でアウレリオ・デ・ラウレンティスが煙を焚いていることについてどう思う? 」 「もし彼がもう一度小鳥を見つけたら、私たちがバルセロナとバイエルンまでも所有していることを発見するだろうね」 ▽デ・ラウレンティス会長の発言を皮肉る形で否定したバディッソーニ氏。今回の情報をもたらしたとされる“小鳥”は、何かを隠喩したものなのだろうか。全てが謎に包まれている。 2018.08.18 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA開幕節プレビュー】ロナウド加入のユーベはキエーボと開幕戦、ラツィオvsナポリの好カードも

▽2018-19シーズンのセリエAが18日、いよいよ開幕する。ロナウドを迎えた7連覇中の王者ユベントスを中心に今季もスクデット争いが展開されることが濃厚だが、ユベントスの連覇を止めるクラブが現れるのかに注目だ。迎える第1節では開幕戦にユベントスが登場する他、ラツィオvsナポリの好カードが開催される。 ▽なお、14日にジェノバで起きた高架橋崩落事故の影響で同地に本拠地を置くサンプドリア(vsフィオレンティーナ)、ジェノア(vsミラン)の開幕戦が延期となることが発表された。 ▽まずは18日25:00キックオフの開幕戦であるキエーボvsユベントスから。王者ユベントスは悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇も見据えてロナウドを獲得した他、ミランからボヌッチが復帰。移籍が噂された主力も軒並み残留し、昨季以上の選手層を擁すこととなった。5季目を迎える智将アッレグリ監督の下、ロナウドを中心としたチームがどのような船出を切るかに注目だ。 ▽続いて18日27:30キックオフのラツィオvsナポリ。昨季はインテルとのCL出場を懸けた最終節で敗れ、惜しくも5位に終わったラツィオは、主力ではデ・フライとフェリペ・アンデルソンが移籍した。とはいえ、大ブレイクしたミリンコビッチ=サビッチが残留した上、バデリやホアキン・コレアといった実力者が加わっており、チーム力は増した印象だ。着実に実績を積み上げているS・インザーギ監督の下、ナポリ相手に好スタートを切れるか。 ▽対するナポリはスクデット争いを演じるまでにチーム力を押し上げたサッリ監督がデ・ラウレンティス会長との確執により退団し、アンチェロッティ監督が招へいされた。主力ではジョルジーニョが去ったが、クリバリやハムシクら移籍の噂された選手たちが残留しており、チーム力は維持している。人心掌握に長けたアンチェロッティ監督の下、昨季同様ユベントスの対抗馬となれるか、ラツィオとの強豪対決でアピールしたい。 ▽CL出場権を獲得し、ナインゴランやラウタロ・マルティネス、デ・フライにヴルサリコ、ケイタ・バルデといった実力者を多数加えたインテルは、サッスオーロとのアウェイ戦で開幕を迎える。2季目を迎える名将スパレッティ監督が新戦力をいかにフィットさせていくか、ユベントスの対抗馬として期待されるインテルの初陣に注目だ。 ▽昨季は3位でフィニッシュし、危なげなくCL出場権を獲得したローマは、ナインゴランとGKアリソンの両主力が流出した。それでも敏腕SDモンチ氏の下、エンゾンジやクリスタンテ、パストーレにクライファート、GKオルセンと戦力の維持に努めた。ディ・フランチェスコ体制2季目となる中、トリノを下して白星スタートとなるか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエA観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆セリエA開幕節 ▽8/18(土) 《25:00》 キエーボ vs ユベントス 《27:30》 ラツィオ vs ナポリ ▽8/19(日) 《25:00》 トリノ vs ローマ 《27:30》 パルマ vs ウディネーゼ エンポリ vs カリアリ ボローニャ vs SPAL サッスオーロ vs インテル ▽8/20(月) 《27:30》 アタランタ vs フロジノーネ ▽未定 サンプドリア vs フィオレンティーナ ミラン vs ジェノア 2018.08.18 18:01 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがナポリDFトネッリ&ヴィオラMFサポナーラ獲得! ジャンパオロがエンポリ時代に指導

▽サンプドリアは17日、ナポリからイタリア人DFロレンツォ・トネッリ(28)、フィオレンティーナからイタリア人MFリッカルド・サポナーラ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、いずれの選手にもシーズン終了後の買い取りオプションが含まれているようだ。 ▽巧みな駆け引きを持ち味とするセンターバックのトネッリはエンポリ下部組織出身で、2016年までエンポリの主力として活躍。その後、恩師マウリツィオ・サッリ監督の誘いを受けてナポリに加入も、在籍2年間で公式戦の出場はわずかに9試合のみだった。 ▽一方、ラヴェンナでキャリアをスタートしたものの、トネッリと同様にエンポリでブレイクを果たした創造性に優れる攻撃的MFのサポナーラは2017年1月にフィオレンティーナに加入。昨シーズンはリーグ戦18試合に出場し4アシストを記録していた。 ▽なお、現在サンプドリアを率いているマルコ・ジャンパオロ監督はエンポリ時代に両選手を指導しており、即戦力としての活躍が期待される。 2018.08.18 05:45 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース