サッリ、ナポリと契約延長へ…チェルシー就任の可能性は消滅に2018.05.17 18:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリが、マウリツィオ・サッリ監督(59)と契約延長したようだ。イギリス『デイリー・メール』がイタリア「コリエデ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。

▽報道によれば、ナポリとサッリ監督は、これまで2020年までだった契約を1年間延長し、2021年までとすることで合意に達したようだ。それに伴い、これまでから2倍以上の年俸350万ポンド(約5億2000万円)を受け取ることになるという。

▽サッリ監督はこれまで、チェルシーのアントニオ・コンテ監督の後任の有力候補としてみられていたが、これによりその可能性は消滅。少なくとも来シーズンはナポリで指揮を執ることとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

アンチェロッティ、選手ジダンの影響力を語る「彼がいたから実践するプレースタイルを変えた」

ナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、ジネディーヌ・ジダン氏の選手時代の影響力について語っている。<br><br>アンチェロッティ監督はイタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』とのインタビューで、ジダン氏を擁したユベントス指揮官時代を振り返った。現在では史上最高の選手やファンタジスタの一人に数えられる同氏のプレーから、大きな衝撃を受けたことを告白している。<br><br>「ユベントスで、ジダンは私のフットボールのアイデアを変えてしまったね。その前に率いていたパルマでは、ロベルト・バッジョと契約する可能性があったが、自分が止めた。私にはフットボールに関する一つのスタイルがあったんだ。両ペナルティーエリアに選手たちを置き、バッジョが求めたであろうトップ下はいらなかったんだよ。しかしジダンと知り合って考えを改めた後にバッジョがやって来ていたとしたら、彼と幸せに働くこともできたはずだ」<br><br>「ジダンはすべてを変えた。私は彼を中心にチームを構築した。ジダンに合わせたチームづくりを行ったんだ。フットボールのスタイルを変えたのは、すべて彼のおかげなんだよ」<br><br>アンチェロッティ監督はまた、そのジダン氏を自身のアシスタントに従え、チャンピオンズリーグ優勝を成し遂げたレアル・マドリー時代も振り返っている。<br><br>「ミランで過ごした8年間はそのほかとは別物だが、ほかの時代ではレアル・マドリーが心に残っている。レアル・マドリーはレアル・マドリーであり、全監督がああしたクラブや町で働く機会を得るべきだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.19 23:04 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第20節プレビュー】後半戦スタート! 2位ナポリvs4位ラツィオ開催

2018年最終戦となった前半戦ラストマッチはユベントスがVARにも救われて勝利を収め、前半戦最多勝ち点記録を樹立した。その他、ナポリやインテル、ミランにローマが勝利したが、ラツィオは引き分けに終わった。約2週間のウインターブレイクを終え、先週にコッパ・イタリアを戦った中、後半戦スタートとなる第20節、2位ナポリと4位ラツィオの上位対決が行われる。 前節ボローニャ戦をミリクの2発とメルテンスの終盤弾で3-2と競り勝った2位ナポリ(勝ち点44)は、先週行われたコッパ・イタリアではサッスオーロ相手にミリクの1ゴール1アシストの活躍で2-0と勝利した。クリバリとインシーニェが引き続き出場停止で、アランも累積警告により出場停止と主力3選手を欠くが、好調ミリクを軸にゴールを奪ってユベントスを追走したい。 対する4位ラツィオ(勝ち点32)は前節トリノ戦を引き分け、コッパ・イタリアではノヴァーラ相手にインモービレの2発などで4-1と快勝した。こちらはマルシッチを出場停止で欠く以外はベストメンバーを起用できるだけに、ナポリを撃破してチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位を死守したい。 17勝2分けと圧倒的な成績を残した首位ユベントス(勝ち点53)は、月曜に最下位キエーボ(勝ち点8)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではボローニャ相手に主力を温存して勝利し、水曜に行われたミランとのスーペル・コッパではC・ロナウド弾で勝利して今季初タイトルを獲得した。良いムードが続く中、司令塔のピャニッチを出場停止で欠くが、後半戦を白星スタートで飾れるか。 ケイタ弾でエンポリに辛勝し2018年を連勝締めとした3位インテル(勝ち点39)は、11位サッスオーロ(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではベネヴェントにL・マルティネスとカンドレーバの2発で6発圧勝した中、公式戦3連勝の勢いのままサッスオーロ撃破となるか。 2018年最終戦のSPAL戦をイグアインの8戦ぶり弾で競り勝って5試合ぶりの勝利とした5位ミラン(勝ち点31)は、月曜に14位ジェノア(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。コッパ・イタリアではサンプドリア相手に延長戦の末、クトローネの2発で勝利したミランは、水曜に行われたスーペル・コッパではユベントスに惜敗。SPAL戦でゴールを挙げ、ここからと思われたイグアインがチェルシーへの移籍が濃厚となった中、新エースとして期待の懸かるクトローネのパフォーマンスに注目が集まる。 最後にパルマに競り勝って2018年を連勝締めとした6位ローマ(勝ち点30)は、9位トリノ(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではシックの1ゴール1アシストなどで格下相手に4-0と快勝したローマだが、引き続き先発予想のシックは期待に応えられるか。 ◆セリエA第20節 ▽1/19(土) 《23:00》 ローマ vs トリノ 《26:00》 ウディネーゼ vs パルマ 《28:30》 インテル vs サッスオーロ ▽1/20(日) 《20:30》 フロジノーネ vs アタランタ 《23:00》 SPAL vs ボローニャ フィオレンティーナ vs サンプドリア 《26:00》 カリアリ vs エンポリ 《28:30》 ナポリ vs ラツィオ ▽1/21(月) 《27:00》 ユベントス vs キエーボ 《29:00》 ジェノア vs ミラン 2019.01.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメスがアンチェロッティと再会?

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に恩師と再会の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2017年夏、2年間のレンタルでレアル・マドリーからバイエルンに移籍したハメス。だが、2年目の今シーズンはブンデスリーガ5試合の先発機会にとどまり、ニコ・コバチ新監督に対する不満が取り沙汰され、バイエルン側にも4200万ユーロ(約52億3000万円)の買取オプションを行使しない可能性が飛び出している。 そうなればシーズン終了後にもレアル・マドリーに復帰することになるハメス・ロドリゲスに対して、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督が強い関心を示している様子。レアル・マドリー復帰が決まった場合、買取オプション額と同じ金額で獲得に動く可能性があるという。 ハメス・ロドリゲスにとって、アンチェロッティ監督はレアル・マドリー時代の恩師であり、バイエルンに呼び寄せた張本人でもある。果たして、3度目のタッグとなるか。今後の動向に注目したい。 2019.01.19 14:05 Sat
twitterfacebook
thumb

セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討

イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィーナ会長が、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、人種差別的なチャントに対する措置について言及した。<br><br>12月26日にジュゼッペ・メアッツァで行われたインテル対ナポリ戦(1-0でインテルが勝利)では、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリに対し、差別的なチャントが絶え間なく浴びせられた。ナポリ側は3度にわたって試合の中断を求めたが、主審は介入せず、差別的チャントはクリバリが2枚目のイエローカードで退場処分を受けた80分まで続いた。クリバリには多方面からサポートの声が届いた一方で、スタジアム内における人種差別が改めて問題視された。<br><br>グラヴィーナ会長は今後、人種差別的なチャントに対して厳しい措置をとることを検討している。インテル対ナポリ戦終了後、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督が要求していた通り、即座に試合を中断する可能性を示唆した。<br><br>「FIGCはFIFAおよびUEFA(欧州サッカー連盟)の指示を仰がなければならない。月末の会議では、試合中断に至る手続きの簡略化を進める。スピーカーによる放送と同時に試合を一時的に中断し、両チームはピッチの中央に集合する。もしチャントが続くようであれば、選手らはロッカールームへ戻る。その時点で警備責任者が試合を中止するか、再開するかを決める。5万人の観客を帰すかどうかの責任を主審に負わせることは考えられない。連邦検事局の協力者や内務省の責任者もいるので、彼らが第4審に指示し、手続きをとることになる」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 20:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ復帰説浮上のカバーニ、残留宣言!「契約が終わるまで残りたい」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(31)が、残留を明言した。フランス『レキップ』が伝えている。 リーグアンで得点を量産するカバーニとPSGの契約は2020年まで。最近ではその現行契約と同僚のブラジル代表FWネイマールとの対立が取り沙汰されたことで、ナポリ復帰の可能性が浮上していた。 これまでナポリ側も「給与の減額を受け入れるならば、復帰を歓迎する」とコメントしていたが、今回カバーニは残留を宣言。2020年までは移籍を考えないことを明かした。 「現時点で僕は、契約が終了するまで残るつもりだ」 「契約が終わるころには33歳、34歳になっている。2020年以降はプレーし続けるか、PSGに残るかはわからない。ただ、契約が終わるまでは残りたいと思っている。僕はパリで幸せだし、クラブにも満足している」 2019.01.15 09:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース