今季限りでアトレティコ退団のトーレス、子どもの頃からの夢実現に「この幸せを説明することは難しい」2018.05.17 11:22 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、ヨーロッパリーグ(EL)優勝に歓喜した。スペイン『アス』が伝えている。

▽アトレティコは16日、EL決勝でマルセイユと対戦した。今シーズン限りでの退団を発表しているトーレスは、ベンチスタートとなったが3-0でリードして迎えた90分に途中出場。アトレティコの6シーズンぶり3度目の優勝、そして自身初となるアトレティコでの歓喜の瞬間をピッチで迎えた。

▽2015年冬にアトレティコ復帰を果たし、最後のシーズンに優勝を果たしたトーレス。11歳の頃に加入したアトレティコでのタイトル獲得に喜びを爆発させた。

「この幸せを説明することは難しいよ。このチームがチャンピオンに戻るまで多くの時間を要したからね。このチームでタイトルを獲得するという子どもの頃からの夢を実現することができた。歴史を作ることができて誇りに思う。これはとても大きなスタートだ」

「最高だよ。スペイン史上最高の世代、このような素晴らしいクラブでプレーすることができて幸運に思う」

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアvsアトレティコは白熱ドロー! コレア&ロドリゴが共にゴラッソ《リーガエスパニョーラ》

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節、バレンシアvsアトレティコ・マドリーが20日にメスタージャで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽昨季4位バレンシアと2位アトレティコによる開幕節屈指の好カード。今夏、主砲ザザやゴンサロ・ゲデス、アンドレアス・ペレイラがチームを去った一方、ガメイロやバチュアイ、チェリシェフをチームに加えたバレンシア。今季のリーガ開幕戦にはピッチーニとヴァスの2人の新戦力を先発で起用し、前述のアタッカー陣はベンチスタート。2トップにロドリゴ・モレノ、サンティ・ミナを配するなど、それ以外は昨季の主力がピッチに立った。 ▽一方、ミッドウィークにレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップを延長戦の末に4-2で勝利した今季最初のタイトルを獲得したアトレティコ。その試合から中4日のコンディションで臨んだ敵地での開幕戦に向けてシメオネ監督は先発2人を変更。リュカとロドリゴ・エルナンデスに代えてフィリペ・ルイスとコレアを起用した。 ▽共に[4-4-2]の布陣を採用しがっぷり四つで組む形となった試合は、動きの良さと連係の良さで上回るホームのバレンシアが主導権を握っていく。開始5分にヴァスが早速ミドルシュートを放つと、縦に鋭い仕掛けから16分にもロドリゴが際どいシュートを放っていく。 ▽一方、やや動きが重いアトレティコだったが、前線の個の力を生かしてファーストチャンスをゴールに結びつける。26分、相手陣内中央右のコケからボックス手前でパスを受けたグリーズマンが左に持ち出しながらシュートを匂わせて意表を突く縦パスをゴール右のコレアに送る。ここでコレアがつま先をうまく使った絶妙な反転からニアサイドに右足のシュートを流し込んだ。 ▽さらに32分にはボックス右に抜け出したジエゴ・コスタが確度のないところから右足のシュートを枠に飛ばすが、ここはGKネトがビッグセーブで阻み追加点とはならない。それでも、バレンシアの反撃を冷静に凌いだアウェイチームは1点リードで前半を終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半も拮抗した展開が続くが、今度はバレンシアが個の力で同点ゴールを奪う。56分、相手陣内での細かいパス回しからコンドグビアが局面を変えるフィードをボックス左のヴァスに送ると、ヴァスが右足ダイレクトで折り返す。これをボックス中央で胸トラップして収めたロドリゴが一度ピッチにバウンドさせたボールを豪快なボレーで突き刺した。 ▽互いに相手の堅守をこじ開けるゴラッソの応酬となり1-1のイーブンに戻ると、試合はここからヒートアップしていく。63分にはアトレティコがリーガデビューのレマルを下げてビトロを投入する。だが、この交代直後の65分にはバレンシアがヴァスの左CKをファーで待ち構えたガブリエウが頭で合わすが右ポストに直撃。さらにバレンシアは67分にガライとサンティ・ミナを下げてディアカビ、いきなり古巣対戦のガメイロと2人の新戦力をピッチに送り出した。 ▽その後、アトレティコがジェウソン・マルティンス、トーマスをピッチに送り込みセットプレーを軸に相手ゴールに迫っていく。対するバレンシアはバチュアイを投入し、ガメイロとの新戦力2トップでゴールを目指す。87分にはそのバチュアイを起点としたロングカウンターから絶好のチャンスを演出するが、ボックス右でバチュアイのラストパスを受けたヴァスのシュートはややコースが甘く相手GKオブラクの好守に阻まれた。 ▽そして、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、互いに持ち味を出し合った白熱の強豪対決は1-1のドロー。共に開幕勝利を逃すも今後の戦いに期待を抱かせる素晴らしい内容の開幕戦となった。 2018.08.21 05:03 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネ、アトレティコ退団希望のフィリペについて「私たちは彼のことを愛している」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、同クラブ退団を希望していると報じられたDFフィリペ・ルイスについて言及した。<br><br>今季の陣容をすでに完成させていたアトレティコだが、ここに来てフィリペが移籍を希望していることが報じられた。アトレティコとの契約が残り1年のブラジル代表DFは、パリ・サンジェルマンから3年契約のオファーを受け取り、移籍を希望しているとのことだ。<br><br>20日のリーガ・エスパニョーラ開幕節、バレンシア戦の前日会見に出席したシメオネ監督に対しては、もちろんフィリペについての質問が飛んでいる。アルゼンチン人指揮官は、この左サイドバックがチームにとって重要な選手だとしながらも、これまでの貢献に鑑みて残留を無理強いできないとの見解も示している。<br><br>「フィリペ・ルイスについて言えることは、こうだ。私たちは彼のことを本当に愛している。彼はチームにとって本当に重要な存在なんだよ。明日、彼はピッチに立つことになる」<br><br>「だが、あなた方(報道陣)は知っているだろう。チームに多くのものをもたらしてくれた選手たちについて、私から願えるのは彼らが最良の道を歩むことにほかならない、とね」<br><br>シメオネ監督はその一方で、リーガもプレミアリーグやセリエAのように、リーグ開幕前に移籍市場を閉鎖すべきとの意見を口にした。<br><br>「監督にとっては、リーグ戦開幕前に市場が閉鎖された方が良い。自チームの選手が、どこかから興味を持たれている状態で働くことは難しいんだよ。ほかの国では市場の期間を縮める動きがあったが、それは選手たちに落ち着きを与えるものとなっている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.21 00:21 Tue
twitterfacebook
thumb

フィリペ・ルイスが移籍を志願 3年契約でPSG入りか

▽スペイン『マルカ』は、アトレティコ・マドリーに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)が移籍を志願したと報じた。 ▽伝えられるところによれば、フィリペ・ルイスに対しては、以前からパリ・サンジェルマン(PSG)の監視下に。先のUEFAスーパーカップで先発から外されたことに不満を募らせ、アトレティコ・マドリー退団の意思を固めた模様だ。 ▽PSGはフィリペ・ルイスに対して、既に3年契約のオファーを打診。今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了を迎えるフィリペ・ルイスもこのオファーを受け、36歳までプレーすることを視野に入れているという。 ▽今夏に見事な立ち回りで補強を完遂させたアトレティコ・マドリー。フィリペ・ルイスが去るとなれば、左サイドバックの適任者がDFリュカ・エルナンデスだけとなるが、ディエゴ・シメオネ監督の決断はいかに。 2018.08.19 07:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコのCL王者キラーぶりが凄い

▽アトレティコ・マドリーのUEFAスーパーカップでの成績が凄い。 ▽UEFAスーパーカップは、チャンピオンズリーグ(CL)王者とヨーロッパリーグ(EL)王者によって争われる国際タイトルだ。毎年白熱の試合が繰り広げられる大会だが、通常はCLに強豪クラブが集結し、国内リーグやCLのグループステージでそれらの強豪の後塵を拝したクラブがELに出場するため、CL王者が圧倒的有利とみなされている。 ▽しかし、15日に行われたUEFAスーパーカップ2018では、EL王者アトレティコ・マドリーがCL王者レアル・マドリーを4-2で撃破。とはいえ、「EL王者がCL王者を破った」という事実はさして話題にならず、戦前からレアル・マドリーが圧倒的有利と見る向きも多くはなかった。その背景には、アトレティコ・マドリーの陣容・実力が充実していることの他に、観客が同クラブのUEFAスーパーカップ戴冠を見慣れていることが挙げられるかもしれない。 ▽過去の大会記録では、なんとアトレティコ・マドリーは過去のUEFAスーパーカップに3度出場し、全大会で優勝。また、驚くべきことに、いずれもEL王者として出場したものだ。さらに、UEFAスーパーカップがCL王者とEL王者の戦いになった2010年から、EL王者としてカップを掲げたのはアトレティコ・マドリーのみだ。 ◆歴代UEFAスーパーカップ結果 (CL王者vsEL王者) 2010:インテル 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アトレティコ・マドリー</span> 2011:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 2</span>-0 ポルト 2012:チェルシー 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2013:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バイエルン 2</span>-2(PK:5-4) チェルシー 2014:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-0 セビージャ 2015:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 5</span>-4 セビージャ 2016:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 3</span>-2 セビージャ 2017:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-1 マンチェスター・ユナイテッド 2018:レアル・マドリー 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2018.08.16 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督、スーパー杯敗戦も新戦力獲得には言及せず「彼らは飢えている」

▽レアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督が、現在の選手たちへの信頼を口にした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽レアル・マドリーは15日、UEFAスーパーカップでアトレティコ・マドリーと対戦して延長戦の末に2-4で敗戦。『マルカ』やスペイン『アス』など国内各紙は、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド不在による、得点力不足が敗戦の原因ではないかと指摘している。 ▽また、試合後には、ハングリー精神に欠けるのでは、という趣旨の質問が会見場で飛び交った。「既にこれだけ多くを勝ち獲ってきた選手たちでこれからも勝ち続けられるのか。それがハンディキャップになるのでは? 」と尋ねられたロペテギ監督は、以下のように返答している。 「いや、ハンディキャップとはみなしていない」 「この選手たちは多くのタイトルを勝ち取ってきたし、昨シーズン欲していたラ・リーガを逃した。だから、今シーズンは集中しようと努力しているし、チームを改善しようとしているんだ。スーパーカップを失ってから前に進み、最近獲れていないラ・リーガを求めている。日曜日に始まるんだ。彼らはさらに飢えているし、私たちは細部まで詰めていきたい」 ▽新戦力獲得については言及しなかったロペテギ監督。スコアラーの獲得がないことを批判的に見る向きも強いが、19日に行われるリーガエスパニョーラ開幕節ヘタフェ戦に勝利し外野の意見を跳ね返すことが出来るのだろうか。 2018.08.16 14:10 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース