エスパニョールGKパウ・ロペスが契約満了で退団、今季は正GKとしてプレー2018.05.17 03:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エスパニョールは16日、スペイン人GKパウ・ロペス(23)が今季限りで退団することを発表した。

▽2007年にエスパニョールのカンテラに入団したパウ・ロペスは、2014年12月にトップチームデビュー。2015-16シーズンは正GKとしてクラブの一部残留に貢献していた。その後、2016年8月にトッテナムへレンタルで移籍したパウ・ロペスは、今季エスパニョールに復帰。実力者であるGKディエゴ・ロペスとのポジション争いを制し、リーガエスパニョーラ29試合に出場していた。

▽契約満了をもってクラブを退団するパウ・ロペスは次のように語っている。

「エスパニョールのユニフォームを脱ぐことになった。今季は難しいシーズンだった。シーズンが終わる今、クラブを離れる理由を説明したいと思った。エスパニョールは僕がデビューしたクラブで、僕を形成したクラブだ。ステップアップしたいと思い、それはお金のためではない。エスパニョールを代表するつもりでここを離れるよ」

▽なお、パウ・ロペスの移籍先はベティスと報じられている。

コメント

関連ニュース

thumb

グジョンセンの息子がマドリーの下部組織に入団

▽元アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセン氏の息子の、アンドリ・ルーカス・グジョンセン(16)が、レアル・マドリーの下部組織に入団したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2002年1月生まれのアンドリ・ルーカスはセンターFWを主戦場とする点取り屋。16歳ながらU-17やU-18アイスランド代表に選ばれており、U-17では公式戦13試合に出場して5ゴールを記録している。 ▽グジョンセン氏といえば、2006年から2009年にかけてバルセロナで活躍したアイスランドの伝説的選手だが、息子のアンドリ・ルーカスはこれまでエスパニョールの下部組織に在籍。そして移籍先もマドリーと、バルセロナにとって最も敬遠したい両クラブ間での移籍となった。 ▽なお、アンドリ・ルーカスの兄であるスヴェン・アーロン・グジョンセン(20)は先日、セリエBに所属するスペツィアへの加入が発表されていた。 2018.08.07 19:52 Tue
twitterfacebook
thumb

マインツ、エスパニョールの左SBアーロンを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽マインツは6日、エスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マルティン(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽エスパニョールの下部組織出身であるアーロンは、U-16からU-21までスペイン代表に選出されてきた左サイドバック。2016年10月にエスパニョールでトップチームデビューを飾り、これまで公式戦66試合に出場。昨季はリーガエスパニョーラ32試合に出場し、主力としてプレーしていた。 ▽マインツでは左サイドバック兼センターバックのフランス人DFアブドゥ・ディアロがドルトムントへ移籍していた。 2018.08.07 05:14 Tue
twitterfacebook
thumb

エスパニョールが守備職人のダビド・ロペスと2023年まで契約延長

▽エスパニョールは1日、スペイン人MFダビド・ロペス(28)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。契約解除金は5000万ユーロ(約65億3000万円)に設定されている。 ▽エスパニョールでプロデビューを飾った守備的MFが本職のダビド・ロペスは、2016年夏にナポリからエスパニョールに復帰。復帰後、エスパニョールで主力として活躍し、昨季は主にセンターバックでプレー。リーガエスパニョーラで37試合に出場して1ゴール1アシストを記録し、クラブの残留に貢献していた。 2018.08.01 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、セルタからFWボルハ・イグレシアスを獲得! 昨季はリーガ2部で22ゴールをマーク

▽エスパニョールは9日、セルタからFWボルハ・イグレシアス・キンタロス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽エスパニョールによると、ボルハ・イグレシアスの移籍金は1000万ユーロ(約13億円)で、契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。なお、契約解除金は2800万ユーロ(約36憶5000万円)に設定されている。 ▽ビジャレアルの下部組織出身のボルハ・イグレシアスは、2013年にセルタのリザーブチームに加入すると、2015年1月にトップチームデビュー。しかし、その後はトップチームでの出場機会に恵まれず、2017年の夏にセグンダ(スペイン2部)のレアル・サラゴサにレンタル移籍。 ▽サラゴサでは、開幕からスタメンの座を勝ち取るとレギュラーに定着。リーグ戦39試合の出場で22ゴール6アシストをマーク。チームの昇格プレーオフ進出に大きく貢献した。 ▽なお、ボルハ・イグレシアスは10日にメディカルチェックを受診し、正式な契約書にサインする予定となっている。 2018.07.10 05:25 Tue
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、ベテランFWセルヒオ・ガルシアと契約延長…クラブ通算200試合に出場

▽エスパニョールは4日、スペイン人FWセルヒオ・ガルシア(35)と1年間契約延長したことを発表した。 ▽バルセロナの下部組織出身のS・ガルシアは、レバンテやサラゴサ、ベティスでのプレーを経て2010年夏にエスパニョールに加入。2015年からの2シーズンはカタールのアル・ライヤーンに移籍していたが、2017年夏にエスパニョールに復帰。クラブ通算6シーズンで公式戦200試合に出場しているベテランFWだ。プレーの幅は広く、前線ならどのポジションでも可能で、2017-18シーズンは公式戦38試合で3ゴール6アシストを記録した。 ▽エスパニョールはまた、スペイン人MFポル・ロサーノ(18)と契約延長したことをも発表している。こちらは契約は2023年までとなっており、解除金は4000万ユーロ(約51億4000万円)に設定されている。 ▽1999年生まれのロサーノはスペインで将来が最も期待されている有望株の一人。アンダー世代のスペイン代表では各年代で招集を受けており、クラブでも昨年親善試合でトップチームデビューを飾っている。2018-19シーズンからは本格的にトップチームでプレーするようだ。 2018.07.05 13:56 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース