ユーベ行きを決意したジェノア守護神…気になる条件は?2018.05.17 00:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアのイタリア代表GKマッティア・ペリンが、ユベントス移籍に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽25歳のペリンは、この夏の移籍が話題になっている。ユベントスのほかに、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが退団するナポリも獲得に動いていたようだが、選手の心はユベントスに決まったようだ。

▽これによると、ペリンは代理人を通じてユベントスの条件に合意したとのこと。年俸250万ユーロ(約3億2500万円)の5年契約となるようだ。

▽ただ、クラブ間の合意はまだ。ジェノアは移籍金として800万ユーロ(約10億500万円)を要求しているようだが、ユベントスは応じるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

イグアイン代役は“レヴァンドフスキ2世”?ミランがピョンテク獲得に接近…移籍金は最低でも50億円

ゴンサロ・イグアインの退団が迫るミランは、代役候補としてジェノアFWクシシュトフ・ピョンテクに接近しているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。<br><br>今季ユベントスからの期限付き移籍でイグアインを獲得したミラン。しかしアルゼンチン代表FWにはチェルシーが熱心に獲得に動いており、本人もロンドンへの移籍を希望していると見られている。それに伴いアタッカーを探すロッソネリは、当初FWアルバロ・モラタとのトレードを画策していた見られたが、交渉はストップしているという。<br><br>そんな中、ミランは代役候補として今季ブレイクを果たした新星に目を向けているようだ。イタリア人記者ジャンルカ・ディ・マルツィオによると、ピョンテク獲得へ向けて動いているという。ジェノア幹部は次のように語っている。<br><br>「ピョンテクへのオファーを待っている。ミランだけが選手を6月までキープしたいという我々の希望を知っているが、どんな提案も評価する。売却したくはないが、ミランがビッグオファーを持ってきたらわからない。移籍市場の最終日まで待つことはできないので、彼を欲しがるクラブは早急に動かなければならない」<br><br>同メディアによると、ピョンテクの評価額は最低でも4000万ユーロ(約50億円)になるという。またジェノアが代役を探すためにも、ミランは完全移籍か買い取り義務付きのローンでの獲得が必要になっているようだ。<br><br>セリエA初挑戦となった今季、19試合13ゴールを挙げて得点ランキング2位につけるピョンテク。そのプレースタイルもあって、&ldquo;レヴァンドフスキ2世&rdquo;とも称されるポーランド代表FWには、レアル・マドリーなども関心を示しているというが、ミランは引き入れに成功するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、75億円の“レヴァンドフスキ2世”を獲得へ? セリエA得点王争いでC・ロナウドと接戦中

レアル・マドリーが、ジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクを注視しているようだ。スペイン『アス』が報じた。<br><br>現在23歳のピョンテクは、昨年の夏に母国クラブのクラコヴィアからジェノアに移籍。当時、欧州トップレベルとしては無名の存在だったものの、セリエAデビューからの7試合で9得点を記録するなどブレークしている。今季ここまで、公式戦21試合で19ゴールをマークしており、セリエAではユベントスのクリスティアーノ・ロナウドが記録する14ゴールに次ぐ13ゴールを挙げている。<br><br>そのピョンテクをレアル・マドリーが注目しているようだ。セリエAの中断中にジェノアはスペイン遠征を行っており、14日にドイツ3部のヴュルツブルガー・キッカーズと対戦。レアル・マドリーは、この試合にスカウトを派遣したとのことだ。<br><br>なお、ピョンテクには以前にミランとの関連が伝えられており、現在はナポリも関心を示しているとのこと。仮にレアル・マドリーが獲得に動く場合、争奪戦が激しくなることが予想され、オペレーションに必要な移籍金は6000万ユーロ(約75億円)にのぼるとみられている。そのプレースタイルもあって、&ldquo;レヴァンドフスキ2世&rdquo;とも称されるピョンテクだが、今後の去就に注目だ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.13 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

得点力不足マドリー、今季ブレイクのジェノアFWをレンタルで獲得か

レアル・マドリーが、ジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の獲得に動き出すようだ。スペイン『アス』が、ラジオ番組『オンダ・マドリッド』の情報をもとに伝えている。 マドリーのリーガエスパニューラにおける総得点数は、第18節終了時点で「26」。トップの宿敵バルセロナが50得点でほぼダブルスコアを付けられており、リーガでも5番目の得点数となっている。そんな中、今回伝えられるところによれば、マドリーは今冬の移籍市場でピョンテクのレンタルでの獲得を考慮しているようだ。 183cmの本格派ストライカーのピョンテクは、パワフルかつ正確な右足とヘディング技術を武器にボックス内で抜群の存在感を放つ生粋の点取り屋だ。ポーランド国内では“レヴァンドフスキの後継者”としてにわかに注目が集まっている。 そんなピョンテクは、昨夏にポーランドのKSクラコヴィアから400万ユーロ(約5億円)でジェノアに加入すると、セリエAでは19試合に出場し、開幕から7試合連続ゴールを含む、13ゴールを記録。瞬く間にビッグクラブが注目する存在になっている。 2019.01.08 15:03 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマに敗れたジェノアの指揮官プランデッリ、終盤の判定に不満「詐欺に遭った気分」

ジェノアの指揮官チェーザレ・プランデッリは、16日のローマ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、判定に不満を示した。<br><br>16日、セリエA第16節ローマ対ジェノアがスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で逆転勝利を収めた。昨年リーグ戦3位のローマは現在6位と大きく出遅れており、試合前にはジェームズ・パロッタ会長に対し、抗議の横断幕が数多く掲げられた。そんな中で行われたジェノア戦での勝利にローマ陣営はひとまず安堵したようだが、ジェノア指揮官は不満を隠さなかった。試合終盤、FWゴラン・パンデフがMFアレッサンドロ・フロレンツィに押されたように見えたシーンについて、PKが与えられるべきだったと主張した。<br><br>「ローマは心理的に追い込まれていたので、このチャンスを生かしたかった。だが詐欺に遭ったような気分だ。我々の技術的なミスも多かったが、判定ミスもあった。なぜVARで見直さなかったのか理解できない。あれはPKだった。手だけでなく、足も使ったファウルだった」<br><br>またパンデフ自身もペナルティエリア内でファウルがあったと主張。主審に訴えていたことを明かした。<br><br>「明らかにPKだった。僕もVARを見るように要請した。だが僕らが間違いを犯すように、彼らも大きなミスを犯した。本当に残念だ。僕らは敗北に値していなかったと思う。ポイントを持ち帰れるはずだった。主審は『自分の目ではっきり見た』と言って、VARを使用しようとしなかった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 17:39 Mon
twitterfacebook
thumb

クライファートがセリエA初弾含む1G1A! 2度のビハインド跳ね返したローマが6戦ぶりの白星!《セリエA》

▽セリエA第16節、ローマvsジェノアが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で勝利した。 ▽公式戦5試合未勝利で8位に低迷するローマと、先日にユリッチ監督を解任しプランデッリ新監督を招へいした15位のジェノアによる一戦。 ▽前節、9人のカリアリ相手に2点差を追いつかれる失態を演じたローマは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)でもビクトリア・プルゼニに敗戦。今回の試合で勝てなければ、ディ・フランチェスコ監督解任やむなしとの報道も出ている。必勝を期して臨んだこの一戦に向けてはシックを外してザニオーロを最前線で起用する[3-4-3]の新布陣を採用した。 ▽冷たい雨の降りしきる閑散としたオリンピコでスタートした一戦は緊張感から硬さが見えるホームチームに対して、よりリラックスしたアウィチームが伸び伸びとしたプレーでペースを握る。相手のウイングバックの上がったスペースを起点に縦への意識を見せるジェノアはクアメとピョンテクの2トップが立ち上がりからシュートを放っていく。 ▽なかなかリズムを作れない中、16分にはボックス付近での細かい繋ぎからジェンギズ・ウンデルのパスを受けたザニオーロにシュートチャンスもここは相手DFのブロックに遭う。すると、直後の17分にはヒリェマルクの低い弾道のミドルシュートを雨の影響かGKオルセンがまさかの後逸。これに詰めたピョンテクにネットへ流し込まれ、指揮官の進退が懸かった重要な一戦でミスからビハインドを背負うことに。 ▽何とか追いつきたいローマだが、セットプレー以外になかなかチャンスを作れない。それでも、31分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのフロレンツィが入れた低いボールをニアのザニオーロがフリック。これを中央のファシオが右足ダイレクトシュートで右隅に流し込み、同点に追いつく。だが、直後の33分に与えた右CKではキッカーのロムロが入れた速いボールをニアのサンドロに頭でフリックされると、これをファーのヒリェマルクにボレーで流し込まれ、同点からわずか2分で勝ち越しを許した。 ▽この試合でもメンタルの弱さを露呈したローマは再び反撃に出るが、焦りからか細かい連係ミスが目立ちリズムを掴めない。それでも、前半終了間際の45分にはカウンターから左サイドのコラロフの斜めのパスを中央のジェンギズがワンタッチで右サイドに流すと、快足を飛ばしたクライファートがボックス右に持ち込んでファーポストへ右足のシュートを流し込んだ。 ▽クライファートのセリエA初ゴールによって何とか2-2のスコアに戻して後半を迎えたローマ。キックオフ直後には右サイドを突破したフロレンツィの低いクロスをGKが前にこぼすと、これをジェンギズが無人のゴールへ蹴り込みにいくがシュートをふかしてしまう。すると直後の49分には最終ラインの背後を取られて波状攻撃からラゾビッチにシュートを決められるが、ここはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、オフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽辛くもVARに救われたローマは開き直って攻勢を強めると、59分にこの試合初めてリードを奪う。中央のエンゾンジからクサビのパスを受けたクリスタンテが浮き球の短いパスをクライファートに。そして、小兵アタッカーの頭でのリターンパスを受け直したクリスタンテが豪快な右足の弾丸シュートで2戦連続ゴールとした。 ▽試合をひっくり返されたジェノアはペドロ・ペレイラ、ロロン、パンデフと続けて3枚の交代カードを切ってこの試合で始めて追撃態勢に入る。対するローマはここ数試合の反省を生かして守りに入らず、トドメの4点目を狙う。 ▽その後、ジェンギズとクライファートを下げてサントン、シックの投入で試合を締めにかかるローマは、コラロフやクリスタンテに4点目のチャンスが訪れるも決めきれない。逆に、サイドの深い位置を取られてはピョンテク、パンデフにあわや同点ゴールという決定機を許す。それでも、何とか相手の反撃を泥臭い守りで凌ぎ切ったローマが逆転で公式戦6試合ぶりの勝利を掴んだ。 2018.12.17 06:28 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース