ユーベ行きを決意したジェノア守護神…気になる条件は?2018.05.17 00:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアのイタリア代表GKマッティア・ペリンが、ユベントス移籍に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽25歳のペリンは、この夏の移籍が話題になっている。ユベントスのほかに、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが退団するナポリも獲得に動いていたようだが、選手の心はユベントスに決まったようだ。

▽これによると、ペリンは代理人を通じてユベントスの条件に合意したとのこと。年俸250万ユーロ(約3億2500万円)の5年契約となるようだ。

▽ただ、クラブ間の合意はまだ。ジェノアは移籍金として800万ユーロ(約10億500万円)を要求しているようだが、ユベントスは応じるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント下部組織出身で長友佑都と同僚のDFギュンターがジェノア加入で合意か

▽ジェノアが、長友佑都の同僚であるガラタサライのドイツ人DFコライ・ギュンター(23)の獲得で合意に至ったようだ。イタリア『Sportitalia』が報じた。 ▽ギュンターは、ドルトムントの下部組織出身で、2012年7月にトップチームへと昇格。公式戦の出場はわずか1試合に終わり、2014年1月に250万ユーロ(約3億2500万円)でガラタサライへと完全移籍していた。 ▽ガラタサライでは公式戦通算50試合に出場も、今シーズンはトルコ・スーパーリーグで3試合の出場に留まっていた。 ▽ギュンターは今シーズン限りでガラタサライとの契約が満了を迎え、フリーで獲得が可能とのこと。センターバックだけでなく、右サイドバックやボランチでもプレーできる選手だ。 2018.05.23 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベとナポリがイタリア代表守護神争奪戦 ジェノア会長が認める

▽ジェノアのイタリア代表GKマッティア・ペリン(25)がセリエAの強豪から注目を集めている。同クラブのエンリコ・プレツィオージ会長がイタリア『juvenews.eu』で認めた。 ▽ペリンに対しては、以前からナポリとインテルの関心が噂されている。最近ではユベントスの名前も浮上した。 ▽ジェノアのプレツィオージ会長は「最後にローマで会ったときに、(ユベントスGMのジュゼッペ・)マロッタはマッティアと話したいと言っていた」と語り、王者からの関心を明かしている。 ▽ただ、同会長は「ユーベはとりわけ急ぐべきだ。ナポリも彼を欲しており、早く交渉を始めたがっているからね」と、ナポリも獲得に動いていることを明かした。 ▽25歳のイタリア代表GKは、チャンピオンズリーグに出場できるクラブへの移籍を望んでいる模様。この夏にどのクラブへ行くのだろうか。 2018.05.12 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

得点力不足に悩むジェノア、アーセナルのFWルーカス・ペレス獲得に興味か

▽ジェノアが、アーセナルからデポルティボへレンタル移籍で加入しているFWルーカス・ペレス(29)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『Primocanale』が伝えている。 ▽ジェノアは、昨夏にミランからレンタルでイタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラ、今冬に元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシをフリーで獲得したものの、なかなか攻撃面の改善が見られず、今季はここまでリーグ36試合で32ゴールにとどまっていた。 ▽すでにセリエA残留を決めているジェノアは、来季の攻撃の核として古巣で輝きを取り戻しつつあるルーカス・ペレスの獲得に興味を示しているようだ。 ▽2016年にデポルティボからアーセナルに加入したルーカス・ペレスだが、昨シーズンのプレミアリーグではわずか11試合の出場で1ゴールと期待された活躍を見せられず。しかし、昨夏からレンタルで加入したデポルティボでリーグ戦33試合に出場し7ゴール5アシストを記録するなど、一定の存在感を披露していた。 2018.05.10 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェノアがバッラルディーニ監督と1年の契約延長

▽ジェノアは1日、ダビデ・バッラルディーニ監督(54)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽昨年11月にイバン・ユリッチ監督の後を受けてジェノアの指揮官に就任したバッラルディーニ監督は、12試合を終えて1勝と18位に沈んでいたチームを立て直し、11勝5分け9敗の戦績を残した。そして、第35節を終えて11位に位置し、既に残留を決めている。 ▽今回が3度目のジェノア監督就任となったバッラルディーニ監督は、これまでカリアリやパレルモでも複数回に渡って指揮。いずれも成績不振により短期政権で終わっているが、今回ジェノアを残留に導いたことで契約延長を勝ち取った格好だ。 2018.05.02 03:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェノアが来季新指揮官にピッポをリストアップ! 来季シモーネとの兄弟監督初対決実現か

▽ジェノアが来シーズンからの新指揮官候補としてセリエBのヴェネツィアを率いるフィリッポ・インザーギ監督(44)をリストアップしているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 ▽現在、セリエA12位と余裕の残留県圏に位置しているジェノアだが、エンリコ・プレツィオージ会長は現指揮官のダビデ・バッラルディーニ監督の仕事ぶりに満足しておらず、今季終了後の解任を考慮しているようだ。 ▽これまでその後任候補にはキエーボのロランド・マラン監督、SPALのレオナルド・センプリチ監督、前クロトーネ指揮官のダビデ・ニコラ氏の名前が挙がっていた。 ▽しかし、『カルチョ・メルカート』はこの後任候補にインザーギ監督の名前が新たに加えられたと主張している。 ▽現役時代にミランやユベントスで活躍した元イタリア代表FWのインザーギ監督は、ミランのプリマヴェーラで指導者キャリアをスタート。その後、ミランのトップチームの指揮官に昇格も、成績不振を理由に2015年6月に解任された。それでも、2016年に就任した当時セリエCのヴェネツィアではセリエB昇格に導くなど、優れた手腕を発揮している。 ▽なお、現在ラツィオの指揮官を務める実弟シモーネ・インザーギ監督とはセリエAの舞台で監督対決が実現しておらず、仮にジェノアの新指揮官に就任すれば、来季に兄弟監督初対決が実現することになる。 2018.04.12 03:00 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース