ユーベ行きを決意したジェノア守護神…気になる条件は?2018.05.17 00:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアのイタリア代表GKマッティア・ペリンが、ユベントス移籍に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽25歳のペリンは、この夏の移籍が話題になっている。ユベントスのほかに、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが退団するナポリも獲得に動いていたようだが、選手の心はユベントスに決まったようだ。

▽これによると、ペリンは代理人を通じてユベントスの条件に合意したとのこと。年俸250万ユーロ(約3億2500万円)の5年契約となるようだ。

▽ただ、クラブ間の合意はまだ。ジェノアは移籍金として800万ユーロ(約10億500万円)を要求しているようだが、ユベントスは応じるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

市場価値うなぎのぼりの絶好調FWピョンテク、クラブは今冬の売却を拒否

▽ジェノアは市場価値うなぎのぼりのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)を今冬の移籍市場で売却する意思はないようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 ▽183cmの本格派ストライカーのピョンテクは、爆発的なスピードや強靭なフィジカルは持ち合わせていないものの、パワフル且つ正確な右足とヘディング技術を武器にボックス内で抜群の存在感を放つ生粋の点取り屋だ。DFとの駆け引きやオフ・ザ・ボールにも優れており、ポーランド国内では“レヴァンドフスキの後継者”としてにわかに注目が集まっている。 ▽昨シーズン、母国クラコヴィアでのリーグ戦21ゴールの活躍を引っ提げて今夏ジェノアに加入した23歳は、自身の公式戦デビュー戦となったコッパ・イタリア3回戦のレッチェ戦で4ゴールの圧巻デビューを飾ると、セリエ第2節のエンポリ戦からセリエA7試合連続ゴールを達成。ここまで公式戦8試合で13ゴールと大ブレイクを果たしている。 ▽その逸材ストライカーにはバルセロナやユベントス、チェルシーなど国内外のビッグクラブが獲得に関心を示し、今冬にも移籍の可能性が浮上している。しかし、ジェノアでスポーツ・ディレクターを務めているジョルジョ・ペリネッティ氏はその可能性を否定している。 「ピョンテクを巡ってはすでに(獲得希望の)待機列ができているようだね。個人的にはそれがより増えていくこと願っている。ただ、現時点ではあくまで“興味”だけだ」 「彼に今必要なことはフォームをキープして成長を続けていくことだ。もちろん、彼は強いパーソナリティーを持っており、市場の噂に気を取られてはいない」 ▽また、同氏は5000万ユーロ(約65億円)以上のオファーが届いたとしても現時点でピョンテクを手放す意思はないと強調している。 「(5000万ユーロ以上のオファーでの移籍の可能性は?)チャンスはない。彼は我々のプレーヤーであり、我々は彼を守っている。彼の今後の成長を見守るつもりであり、彼に値札を付けていない。したがって、我々は今後も彼のプレーを楽しむつもりだ」 2018.10.14 14:57 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組のパルマに大敗したジェノアがバッラルディーニ監督を解任… 後任は3度目の指揮官就任となるユリッチ氏

▽ジェノアは9日、ダビデ・バッラルディーニ監督(54)を解任および、イバン・ユリッチ氏(43)の復帰を発表した。 ▽ジェノアは昨年11月5日に、成績不振を理由にユリッチ前監督の解任を発表。その後任として、これまでカリアリやパレルモなどを率い、過去2度(2010-11,2013-14)に渡ってジェノアを率いた経験があるバッラルディーニ監督と2017-18シーズン終了までの契約を結んだ。 ▽バッラルディーニ監督は、12試合を終えて1勝と18位に沈んでいたチームを立て直しに成功。最終的に11勝8分け9敗の12位でジェノアを残留に導いた。 ▽この手腕が認められて今夏に1年間の契約延長を勝ち取ったバッラルディーニ監督だが、直近に行われた昇格組のパルマ戦では1-3と大敗。この敗戦を受けて、クラブはバッラルディーニ監督の解任および、ユリッチ氏の呼び戻しを決断した。 ▽現在、ジェノアは4勝3敗で11位に位置している。なお、3度目指揮官就任となるユリッチ氏は、10日の14:00に就任会見を行い、その後15:30から公開で初めてのトレーニングに臨む。 2018.10.10 00:44 Wed
twitterfacebook
thumb

絶好調のジェノアFWピョンテク、ヴィエリ以来のセリエA開幕7連発達成

▽ジェノアは7日、セリエA第8節でパルマと対戦し1-3で敗戦した。同試合ではポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが開幕7試合連続ゴールを達成した。 ▽昨シーズン、母国のクラコヴィアでのリーグ戦21ゴールの活躍を引っ提げて今夏ジェノアに加入したピョンテク。すると、自身の公式戦デビュー戦となったコッパ・イタリア3回戦のレッチェ戦で4ゴールの圧巻デビューを飾ると、セリエ第2節のエンポリ戦からここまで6試合連発となる8ゴールを挙げている。(セリエA開幕節ミラン戦はジェノバの高架橋崩落事故の影響で延期) ▽そして、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリがインテル時代の2002-03シーズンに記録して以来のセリエA開幕7試合連続ゴールが懸かった今回の一戦では開始6分に左サイドのMFダルコ・ラゾビッチからのクロスを巧みな頭でのフリックでゴール右隅に流し込み、今季自身9点目となるゴールを挙げて難なくセリエA開幕7連発を達成した。 ▽なお、セリエA記録は1994-95シーズンに当時フィオレンティーナに在籍していた元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータの開幕11試合連続ゴールだ。 2018.10.08 13:32 Mon
twitterfacebook
thumb

絶好調のジェノアFWピョンテク、ヴィエリ以来のセリエA開幕7連発なるか

▽ジェノアは7日、セリエA第8節でパルマと対戦する。そして、同試合ではポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクに開幕7試合連続ゴールの期待がかかっている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽昨シーズン、母国のクラコヴィアでのリーグ戦21ゴールの活躍を引っ提げて今夏ジェノアに加入したピョンテク。すると、自身の公式戦デビュー戦となったコッパ・イタリア3回戦のレッチェ戦で4ゴールの圧巻デビューを飾ると、セリエ第2節のエンポリ戦からここまで6試合連発となる8ゴールを挙げている。(セリエA開幕節ミラン戦はジェノバの高架橋崩落事故の影響で延期) ▽そして、今回のパルマ戦でゴールを記録すれば、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリがインテル時代の2002-03シーズンに記録して以来のセリエA開幕7試合連続ゴールを達成することになる。 ▽なお、セリエA記録は1994-95シーズンに当時フィオレンティーナに在籍していた元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータの開幕11試合連続ゴールだ。 2018.10.07 17:41 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、セリエAで6戦8発のレヴァンドフスキの後継者獲得を検討か

▽チェルシーがジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の獲得を検討しているようだ。スペイン『fichajes』が伝えた。 ▽183cmの本格派ストライカーのピョンテクは、パワフル且つ正確な右足とヘディング技術を武器にボックス内で抜群の存在感を放つ生粋の点取り屋だ。DFとの駆け引きやオフ・ザ・ボールにも優れており、ポーランド国内では“レヴァンドフスキの後継者”としてにわかに注目が集まっている。 ▽そんな、ピョンテクは今夏にポーランドのKSクラコヴィアから400万ユーロ(約5億2000万円)でジェノアに加入すると、開幕からセリエA6試合で8ゴールと爆発。この活躍を受けて、チェルシーの指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督が獲得に興味を示しているようだ。また、イタリア『カルチョメルカート』によれば、今冬の移籍市場で獲得に動く可能性があると報じている。 ▽なお、現在ピョンテクにはすでにバルセロナ、ユベントス、インテル、ミランなどのビッククラブが関心を寄せているという。 2018.10.04 22:27 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース