パク・チソンの強さの秘密は●●!? 驚愕の答えに英紙も「ランチ前には読まないで!」2018.05.16 17:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本でプロデビューを飾り、PSVやマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元韓国代表MFパク・チソン氏の強さは、意外な物によって作り上げられたのかもしれない。イギリス『Four Four Two』が伝えている。

▽2000年に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でプロとしてのキャリアをスタートしたパク・チソン氏。2002年の日韓・ワールドカップでの活躍により、欧州に渡るとPSVを経て2005年にマンチェスター・ユナイテッドへ。無尽蔵のスタミナとハードワークを武器に7年間ビッグクラブで活躍。4度のプレミアリーグ制覇を経験し、アジア人初のチャンピオンズリーグ優勝者にもなった。

▽その後、QPRを経て古巣・PSVで引退した韓国の英雄だが、少年時代は身体が強くなかったようで、それを克服するために驚く物を口にしていたという。驚愕する答えに思わず同メディアも「もしランチを食べようとしているならば、このページをブックマークし、ランチに戻ってください」と注意書きをしている。

「僕は痩せていて、体が弱かったんだ。そしたら、父は野生のカエルを捕まえて、それをジュースにして僕に飲ませたんだよ。これを飲めば体が強くなるとどこかで聞いたらしいんだ」

「それはもう本当にまずかった。それでも僕は飲まなくてはいけなかったんだ。フットボール選手になるためにね。周りにも『お前はもっと大きく、そして強くならなければいけない』と言われたんだ。身体に良いというものはすべて取り入れたよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ゴディン、残留意向も契約延長報道を否定「どこからその話が出たのか…」

▽アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)が、契約延長報道を否定している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2010年のアトレティコ・マドリー加入以降、7個のタイトル獲得に貢献するゴディン。2011年から指揮を執るディエゴ・シメオネ監督の下で、欠かせない選手として絶対的な地位を築いているが、現行契約が残り1年となっており今夏の去就が取り沙汰されていた。 ▽そんな中、スペイン『マルカ』は先日、2021年までの契約延長が決定的になったと報道。噂されていたマンチェスター・ユナイテッド行きを断ったとも伝えられており、その後も新シーズンからキャプテンに昇格することが伝えられるなど、一転してクラブへの忠誠を示すような情報が多く飛び交うようになった。 ▽しかしながら、ゴディン本人は現時点で新契約を締結しているとの報道を以下のように否定している。 「オファーが来ているけど、個人的な理由で残留することに決めたよ。ファイナル(UEFAスーパーカップ)のことだけを考えている」 「だけど、契約は更新していない。ニュースを目にしたけど、どこからその話が出たのかは知らないよ」 ▽サインこそ交わしていないものの、残留は決心していると語ったゴディン。しかし、閉幕まで何が起こるか分からないのが移籍市場だ。クラブからの公式発表が引き続き待たれている。 2018.08.15 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ポグバ獲得には動かず…ディレクターが認める

バルセロナのアリエド・ブライダディレクターは、マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバの獲得は起き得ないことを認めている。<br><br>ポグバは昨シーズン、ジョゼ・モウリーニョとの衝突が報じられ、マンチェスター・ユナイテッドでの将来が不明瞭となっている。一方で、ロシア・ワールドカップではフランス代表の優勝に貢献したため、評価を再び上げ、ユベントス復帰やバルセロナ移籍が報じられていた。<br><br>「言いたいこともあるが、言えない」とコメントし、現状に不満を抱いていることを示唆していたポグバ。しかし、ブライダディレクターは『ラジオ・スポルティーバ』で移籍はないと話している。<br><br>「我々がポグバ移籍に動くとは思えない。彼は素晴らしい選手だけどね」<br><br>ポグバはプレミアリーグ開幕戦のレスター・シティ戦では先発。PKで先制点をマークしていた。<br><br> <br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.15 15:05 Wed
twitterfacebook
thumb

レアルの伝説ジダン氏、来季はプレミアで指揮?ユナイテッドに関心と仏メディア報道

昨季限りでレアル・マドリー監督を辞任したジネディーヌ・ジダン氏が、次期マンチェスター・ユナイテッド指揮官となる可能性があるようだ。フランス紙『レキップ』の情報をもとに、各国メディアが報じている。<br><br>2016年、シーズン途中にレアルの監督に就任したジダン氏。すると、そのシーズンでチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げると、その後前人未到の3連覇を達成した。しかし3連覇達成後の2018年、電撃辞任を発表し、クラブに伝説を残して去っていった。<br><br>現在はフリーとなっているジダン氏だが、次の挑戦はイングランドになるのかもしれない。『レキップ』によると、本人は来季からプレミアリーグで指揮を執りたいと考えているという。中でも、ユナイテッドでの指揮に最も関心があると伝えられている。<br><br>現指揮官のジョゼ・モウリーニョは、昨季最大のライバルであるマンチェスター・シティに19ポイント差をつけられて2位に終わった。その後「最大の成果」と語り、さらに2018-19シーズン開幕前には補強の遅れなどを理由にクラブに不満を示し続けていた。これにより、内部でのプレッシャーが強まっているという。英『メトロ』の報道によると、今季タイトルを獲れなければ、後任を探すという。その候補者の中には、ジダン氏も含まれているようだ。<br><br>トップチームの監督としてデビュー後、わずか2年半で主要タイトル11個を獲得し、2016-17シーズンでは世界最優秀監督にも選ばれたジダン氏。レアルの伝説は、来季プレミアリーグで指揮を執ることになるのだろうか。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.15 13:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、デ・ヘアとの契約延長に“自信”か レアル・マドリーの長期追跡が終了

▽イギリス『デイリー・スター』は、マンチェスター・ユナイテッドが所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)に契約延長の可能性が高まっていると報じた。 ▽デ・ヘアを巡っては、以前からレアル・マドリーの関心が取り沙汰され続けてきたが、チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが今夏にサンティアゴ・ベルナベウへ。これにより、デ・ヘアのレアル・マドリー移籍も終焉を迎えたとみられる。 ▽そうした状況を受け、デ・ヘアの囲い込みに自信を深めたユナイテッドは、新たに5年契約を用意。個人条件もボーナス付きの週給20万ポンド(約2800万円)に引き上げ、オールド・トラフォードでのデ・ヘアの将来を揺るぎないものにしようとしているという。 ▽なお、そのデ・ヘアの契約は、1年間の延長オプションを含めると、2020年まで。10日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦もフル出場し、チームの白星スタートに貢献している。 2018.08.14 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの若手FWウィルソン、4度目の武者修行へ 新天地はアバディーン

▽マンチェスター・ユナイテッドは13日、イングランド人FWジェームズ・ウィルソン(22)が1年間のレンタルでスコットランドのアバディーンに移籍することを発表した。 ▽ユナイテッドのアカデミー出身であるストライカーのウィルソンは、2014年にトップチームデビュー。そのデビュー戦で2ゴールを挙げる鮮烈な印象を残したが、タレント揃いのユナイテッドで出場機会が限られ、2015年以降はブライトン&ホーブ・アルビオン、ダービー・カウンティ、シェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍を繰り返している。 ▽アバディーンは、過去4度のスコットランドリーグ優勝歴を持つ古豪。11日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第2節のダンディー戦を1-0で勝利で飾り、開幕1勝1分けの5位につけている。 2018.08.13 18:25 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース