日本と同居のコロンビア代表がメンバー候補35名を発表! ハメスやファルカオなど豪華な顔ぶれに《ロシアW杯》2018.05.15 21:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コロンビアサッカー連盟(FCF)は14日、ロシア・ワールドカップに向けた代表メンバー候補35名を発表した。

▽2012年から指揮を執るホセ・ペケルマン監督はGKダビド・オスピナ(アーセナル)、DFダビンソン・サンチェス(トッテナム)、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン)、FWラダメル・ファルカオ(モナコ)らを順当に選出した。

▽コロンビア代表はグループHで、日本代表、ポーランド代表、セネガル代表と同居。6月19日の初戦で日本と対戦し、同24日にポーランド代表、28日にセネガル代表と対戦する。今回発表されたコロンビア代表候補メンバーは以下の通り。

◆コロンビア代表候補メンバー27名
GK
ダビド・オスピナ(アーセナル/イングランド)
イバン・アルボレダ(バンフィエルド/アルゼンチン)
カミーロ・バルガス(デポルティボ・カリ)
ホセ・ヘルナンド・クアドラード(オンセ・カルダス)

DF
ファリド・ディアス(オリンピア/パラグアイ)
フランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
ステファン・メディーナ(モンテレイ/メキシコ)
ウィリアム・テシージョ(レオン/メキシコ)
オスカル・ムリージョ(パチューカ/メキシコ)
サンティアゴ・アリアス(PSVアイントホーフェン/オランダ)
ダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド)
クリスティアン・サパタ(ミラン/イタリア)
ホアン・モジカ(ジローナ/スペイン)
ベルナルド・エスピノーサ(ジローナ/スペイン)
ジェリー・ミナ(バルセロナ/スペイン)

MF
ジミ・チャラ(ジュニオールFC)
アベル・アギラール(デポルティボ・カリ)
ウィルマル・バリオス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
エドウィン・カルドナ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
セバスティアン・ペレス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
フアン・キンテーロ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
グスタボ・クエジャール(フラメンゴ/ブラジル)
ジョバンニ・モレーノ(上海申花/中国)
カルロス・サンチェス・モレノ(エスパニョール/スペイン)
ファン・ギジェルモ・クアドラード(ユベントス/イタリア)
ハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)
ジェフェルソン・レルマ(レバンテ/スペイン)
マテウス・ウリベ(アメリカ/メキシコ)

FW
ラダメル・ファルカオ(モナコ/フランス)
カルロス・バッカ(ビジャレアル/スペイン)
ルイス・ムリエル(セビージャ/スペイン)
ドゥヴァン・サパタ(サンプドリア/イタリア)
ホセ・イスキエルド(ブライトン/イングランド)
ミゲル・ボルハ(パルメイラス/ブラジル)
テオフィロ・グティエレス(ジュニオールFC)

コメント

関連ニュース

thumb

熱狂し過ぎ…? コロンビア代表サポの女性が母国を熱烈応援!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で日本代表と2大会続けて同組となったコロンビア代表。チームは国内から絶大なバックアップを得ているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽27日、ロンドンでオーストラリア戦に臨んだコロンビアは、MFハメス・ロドリゲスやFWファルカオらをスタメン起用。しかし、中心選手たちの奮闘も及ばずゴールレスドローで試合は終了した。 ▽コロンビアは、23日にフランス代表を相手に逆転勝利を収めており、逆にオーストラリアはノルウェー代表に1-4で完敗。コロンビア側からすれば、勝利が求められた中での失意の結果となった。 ▽一方で、スタジアムに黄色いシャツ、スカーフ、フラッグを纏って押し掛けたコロンビアサポーターは自国のスター選手たちに熱狂。試合が終了した直後にピッチに侵入し、選手に近づこうと試みたという。 ▽そういった行動が、ドローの不満を訴えることが目的だったのか、単に選手に近づきたい一心であったのかは定かではない。しかし、どちらにせよ母国を応援する気持ちが計り知れず、こういった熱気がW杯に持ち込まれれば日本にとってさらに強敵となることは間違いない。 2018.03.28 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

コロンビア優勢もPK失敗響いてオーストラリアにゴールレスドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合、コロンビア代表vsオーストラリア代表が27日にロンドンで行われ、0-0で引き分けた。 ▽ロシア・ワールドカップで日本と同組のコロンビアは、4日前に行われたフランス代表戦を2点のビハインドから逆転勝利を収めた。そのコロンビアはフランス戦のスタメンから5選手を変更。D・サンチェスやムリエル、ミナらに代えてバッカやサパタらを起用し、ハメス・ロドリゲスやファルカオ、GKオスピナらが引き続きスタメンとなった。 ▽一方、ノルウェー代表に1-4と惨敗したオーストラリアは、ノルウェー戦のスタメンから5選手を変更。ジェディナクやレッキー、Jリーグ組のデゲネクにナバウトらが引き続きスタメンとなった。 ▽ファルカオとバッカが2トップを形成するフラットな[4-4-2]で臨んだコロンビアが立ち上がりから押し込む入りとすると5分、右サイドからのハメス・ロドリゲスのクロスに反応したウリベが、飛び出したGKジョーンズの鼻先でヘッド。しかし、枠を捉えきれなかった。 ▽その後も自陣に守備ブロックを形成するオーストラリアに対し、コロンビアが押し込み続けると34分、モジカの左クロスにハメス・ロドリゲスが左足で合わせるも枠の左に外し、先制とはならない。 ▽すると43分、オーストラリアはショートカウンターからボックス左に侵入したユリッチがシュートに持ち込んだが枠を外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半からファルカオとアギラールに代えてM・ボルハとレルマを投入したコロンビアは、50分にCKの流れからM・ボルハがバイシクルシュートを浴びせるも、わずかに枠の上に外れる。さらに55分、ショートカウンターからバッカの左クロスにM・ボルハがスライディングで合わせてネットを揺らすも、バッカのポジションがオフサイドでノーゴールに。 ▽攻勢を続けるコロンビアに対し、劣勢のオーストラリアは69分にルオンゴがこの試合初の枠内シュートを浴びせるが、GKオスピナの守備範囲に飛んでしまう。 ▽ゴールが遠いコロンビアだったが、ハメス・ロドリゲスを下げた終盤の86分にPKを獲得する。しかし、キッカーのM・ボルハがゴール右を狙ったシュートはGKジョーンズに止められ、0-0のままタイムアップとなった。 2018.03.28 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

調子に乗るな! ハメス、フランス撃破で気引き締め

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに慢心はない。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽コロンビアは、23日にパリで行われた国際親善試合でフランス代表と対戦。完全アウェイの雰囲気が漂う中、2点を追う苦しい戦いを強いられたが、その後に見事な逆転劇を演じみせ、3-2の勝利を収めた。 ▽2アシストの活躍でコロンビアを勝利に導いたハメス・ロドリゲスは試合後、次のようにコメント。勝利の余韻に浸らず、日本代表と同じグループに入るロシア・ワールドカップに向けて気を引き締めた。 「素晴らしい勝利だったよ。フランスは難しい相手。ワールドカップ優勝候補の1つだ」 「でも、調子に乗っちゃダメだ。僕らはまだまだ足りない。6月に良い状態でいることが重要だ。でも、良い勝利だったね」 2018.03.25 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

コロンビアメディア「23日にH組で勝利したのは我々だけ」ライバルの動向を報道

23日にベルギーで行われた日本代表vsマリ代表は、1-1のドローに終わった。ほかにロシア・ワールドカップ、グループHに属しているポーランド、セネガル、コロンビアも代表戦を行ったが、グループ内で勝利を収めたのはアウェイでのフランス戦に挑んだコロンビアだけだった。<br><br>この結果を受け『マルカ』コロンビア版は、グループHの4カ国動向について「グループ内で勝利したのはコロンビアだけだった」という見出しで報じた。<br><br>「コロンビアはフランス相手に序盤から2失点を喫したが、その後PK1本を含む3つのゴールを奪い、逆転で勝利を飾った」<br><br>日本代表については「コロンビアがロシアW杯で最初に戦う日本は、マリと戦った。アジアのチームはマリを追う展開になり、後半アディショナルタイムに中島翔哉がゴールを決め、1-1でフルタイムを迎えている」と伝えた。<br><br>また、セネガル代表については「セネガルはウズベキスタンにPKで1点を先行される厳しい展開になった。(同点ゴールを決めた)ムサ・コナテによって救われ、1-1で終えている」と報じた。<br><br>このグループでポット1だったポーランド代表については「コロンビアにとって最も強力なライバルと目されるポーランドは、ナイジェリアに敗れた。(ロベルト)レヴァンドフスキのチームは、ビクター・モーゼスのPKによって勝利を逃している」と伝えている。<br><br>コロンビアメディアにとっても、グループHのライバルチームの動向は本番を前に、見逃せない状況となっているようだ。<br><br>なお、27日に日本代表はウクライナと激突するが、コロンビア代表はオーストラリア代表と。セネガル代表はボスニア・ヘルツェゴビナ代表、ポーランド代表は韓国代表との試合が控えている。<br><br>提供:goal.com 2018.03.25 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

日本と対戦のコロンビアが2点ビハインドをはね返し強豪フランスに逆転勝利!《国際親善試合》

▽国際親善試合のフランス代表vsコロンビア代表が23日に行われ、アウェイのコロンビアが3-2で逆転勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会前最後のインターナショナルウィークに開催される重要なテストマッチ。今大会の優勝候補の一角フランスは、コロンビアとの強豪対決に向けてGKにロリス、最終ラインはシディベ、ヴァラン、ユムティティ、ディーニュを起用。フラットの中盤はムバッペ、カンテ、マテュイディ、レマルが並び、2トップにグリーズマンとジルーが起用された。 ▽一方、日本代表と同じグループHに入るコロンビアはGKにオスピナ、最終ラインにアリアス、ミナ、ダビンソン・サンチェス、ファブラ。中盤はカルロス・サンチェスとアギラールの2センターに、2列目はウリベ、ハメス・ロドリゲス、ムリエル。最前線にファルカオが入る[4-2-3-1]を採用した。 ▽試合はキックオフ直後からピッチの至るところで激しいデュエルが繰り広げられる、インテンシティの高い入りに。共に最終ラインを高く設定し、コンパクトな陣形を保つ中で攻防の主戦場はサイドに。 ▽この中で主導権を掴んだフランスは11分、レマルのスルーパスに反応したディーニュが左サイドのゴールライン際でグラウンダーのクロスを供給。これをGKオスピナがファンブルすると、こぼれ球に反応したジルーが左足で蹴り込んだ。 ▽ジルーの代表通算30点目でリードを手にしたフランスは、その後も絶好調のムバッペとシディベの右サイドを起点に素早い切り替えから再三のチャンスを創出する。 ▽すると26分、自陣まで戻ってボールを奪ったグリーズマンの献身的な守備から高速カウンターを発動。右サイドのスペースを持ち上がったシディベが中央のグリーズマンに斜めのパスを通す。ここで一旦タメたグリーズマンが中央のムバッペに預けると、冷静にDFのスライディングをかわしたムベッペがボックス左でフリーのレマルへラストパス。これをレマルが得意の左足でゴール右隅に決めた。 ▽序盤からなかなか攻撃の形を作れない中、2点のビハインドを背負ったコロンビアだったが、28分に1点を返す。右CKの場面でハメス・ロドリゲスからのクロスを受けた左サイドのムリエルが右足インスウィングで低いクロスをゴール前に供給。これに対してD・サンチェスが飛び込むと、ボールに触れなかったもののGKロリスを引き付けることに成功し、クロスボールがそのままファーサイドに吸い込まれた。 ▽このコロンビアの幸運なゴールをキッカケに試合はここからさらにヒートアップ。39分にはムバッペからの絶妙なスルーパスに抜け出したグリーズマンがボックス内でGKと一対一となるが、ここはGKオスピナが冷静にシュートコースを消して3点目を許さなかった。 ▽フランスの1点リードで迎えた後半、名将ペケルマンの下でハーフタイムに修正を施したコロンビアが序盤からフランスを圧倒。前半に比べてプレスの連動性、ボールの奪いどころが定まったコロンビアは攻撃的な守備から鋭いカウンターを繰り出していく。 ▽49分には右サイドのC・サンチェスからの折り返しをボックス左でフリーのムリエルがボレーシュートも枠を外す。さらに56分にはヴァランから高い位置でボールを奪ったムリエルがボックス内に持ち込んでシュートを放つが、今度はGKロリスの好守に阻まれた。 ▽それでも、後半に入ってイケイケの展開が続くコロンビアは62分、相手陣内でのカンテからのボール奪取でショートカウンターを発動。ボックス右に走り込むハメス・ロドリゲスにパスが通ると、ハメス・ロドリゲスが右足でマイナスに折り返したボールを中央に走り込んだファルカオが右足のダイレクトシュートでゴール左隅に流し込んだ。 ▽絶対的司令塔とエースストライカーのホットライン開通で試合を振り出しに戻したコロンビアだが、68分にファルカオを下げてドゥバン・サパタ、83分にはハメス・ロドリゲスを下げてキンテロとバックアップメンバーにチャンスを与える。 ▽一方、ホームで2点差を追いつかれる失態を演じたフランスはポグバ、デンベレといった主力に加え、代表初招集のベン・イェデル、リュカ・エルナンデスをピッチに送り出して勝ち越しゴールを狙う。 ▽試合終盤にかけてもフレンドリーマッチとは思えない白熱の攻防が続く中、試合を決める3点目を奪ったのはコロンビアだった。85分、ボックス付近でルーズボールを拾った途中出場のイスキエルドがボックス内に抜け出しかかると、DFユムティティがアフター気味のスライディングタックルで倒してしまい、コロンビアにPKが与えられる。これをハメス・ロドリゲスに代わって投入されたばかりのキンテロがゴール右隅に決め切った。 ▽その後、フランスの猛攻を冷静に凌ぎ切ったコロンビアが敵地パルク・デ・プランスで2点差を引っくり返す鮮やかな逆転劇で3-2の勝利を飾った。なお、フランス撃破で勢いに乗るコロンビアは27日にオーストラリア代表と、一方敗戦のフランスは同日にロシア代表と対戦する予定だ。 2018.03.24 07:21 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース