日本と同居のコロンビア代表がメンバー候補35名を発表! ハメスやファルカオなど豪華な顔ぶれに《ロシアW杯》2018.05.15 21:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コロンビアサッカー連盟(FCF)は14日、ロシア・ワールドカップに向けた代表メンバー候補35名を発表した。

▽2012年から指揮を執るホセ・ペケルマン監督はGKダビド・オスピナ(アーセナル)、DFダビンソン・サンチェス(トッテナム)、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン)、FWラダメル・ファルカオ(モナコ)らを順当に選出した。

▽コロンビア代表はグループHで、日本代表、ポーランド代表、セネガル代表と同居。6月19日の初戦で日本と対戦し、同24日にポーランド代表、28日にセネガル代表と対戦する。今回発表されたコロンビア代表候補メンバーは以下の通り。

◆コロンビア代表候補メンバー27名
GK
ダビド・オスピナ(アーセナル/イングランド)
イバン・アルボレダ(バンフィエルド/アルゼンチン)
カミーロ・バルガス(デポルティボ・カリ)
ホセ・ヘルナンド・クアドラード(オンセ・カルダス)

DF
ファリド・ディアス(オリンピア/パラグアイ)
フランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
ステファン・メディーナ(モンテレイ/メキシコ)
ウィリアム・テシージョ(レオン/メキシコ)
オスカル・ムリージョ(パチューカ/メキシコ)
サンティアゴ・アリアス(PSVアイントホーフェン/オランダ)
ダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド)
クリスティアン・サパタ(ミラン/イタリア)
ホアン・モジカ(ジローナ/スペイン)
ベルナルド・エスピノーサ(ジローナ/スペイン)
ジェリー・ミナ(バルセロナ/スペイン)

MF
ジミ・チャラ(ジュニオールFC)
アベル・アギラール(デポルティボ・カリ)
ウィルマル・バリオス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
エドウィン・カルドナ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
セバスティアン・ペレス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
フアン・キンテーロ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
グスタボ・クエジャール(フラメンゴ/ブラジル)
ジョバンニ・モレーノ(上海申花/中国)
カルロス・サンチェス・モレノ(エスパニョール/スペイン)
ファン・ギジェルモ・クアドラード(ユベントス/イタリア)
ハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)
ジェフェルソン・レルマ(レバンテ/スペイン)
マテウス・ウリベ(アメリカ/メキシコ)

FW
ラダメル・ファルカオ(モナコ/フランス)
カルロス・バッカ(ビジャレアル/スペイン)
ルイス・ムリエル(セビージャ/スペイン)
ドゥヴァン・サパタ(サンプドリア/イタリア)
ホセ・イスキエルド(ブライトン/イングランド)
ミゲル・ボルハ(パルメイラス/ブラジル)
テオフィロ・グティエレス(ジュニオールFC)

コメント

関連ニュース

thumb

ハメス1G1A! コロンビアがアメリカとのシーソーゲーム制す《国際親善試合》

▽コロンビア代表は12日、国際親善試合アメリカ代表戦に臨み、4-2で勝利した。 ▽アルトゥロ・レジェス暫定監督の指揮が続くコロンビアは、ベストメンバーを揃えて試合をスタート。2トップをファルカオ、バッカが務め、中盤にハメス・ロドリゲスらを起用する[4-4-2]の布陣を採用した。 ▽一方のアメリカは、トップ下にグリーン、サイドハーフにウェアらを配置。ウッドが最前線に構える[4-2-3-1]の形で試合に入った。 ▽立ち上がりから優勢に試合を運ぶコロンビアに対し、アメリカはややハードな守備でゴールを死守。序盤は決め手を欠く展開が続く。 ▽しかし36分、コロンビアのエースが独力で均衡を崩す。ボックス右でボールを持ったハメス・ロドリゲスは、細かいタッチでアメリカDFを翻弄し左足を振り抜く。すると、鋭い回転のかかったシュートがゴール左上隅を射抜いた。 ▽コロンビアが1-0でリードして迎えた後半、アメリカが早々に巻き返す。50分、左サイドからクロスが上がると駆け上がったあコスタが右足でボレーシュートを放つ。これがネットを揺らし、スコアを同点とした。 ▽さらに53分、コロンビアが再びリードを奪おうと前がかりになったところでアメリカのカウンターが発動。左サイドのウェアからのラストパスにウッドが反応し、スコアを2-1とする。 ▽それでも、直後の56分に今度はコロンビアが決定機を掴む。右サイドでのスローインから深い位置まで侵攻したアリアスが、中央にグラウンダーのボールを折り返す。反応したバッカが確実に決め切り、再び同点に。 ▽その後もしばらく一進一退の攻防が続き、再び試合が動いたのは74分。コロンビアのカウンターの場面で、右サイドでボールを持ったキンテロがボックス手前中央にスルーパスを送る。ハーフウェイライン付近から駆け上がっていたファルカオがダイレクトで合わせ、スコアを3-2とする。 ▽そして80分、ハメス・ロドリゲスがボックス右でボールを保持。山なりのクロスがファーに供給されると、途中出場のM・ボルハがバイシクルシュートでリードを広げた。 ▽結局、試合は4-2のスコアで終了。打ち合いを制したコロンビアは17日に国際親善試合コスタリカ代表戦を、敗れたアメリカはペルー代表戦を戦う。 2018.10.12 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

コロンビアvsアルゼンチンは両者譲らずゴールレスドロー! 《国際親善試合》

▽国際親善試合のコロンビア代表vsアルゼンチン代表が12日に行われ、0-0のドローに終わった。 ▽2012年から指揮を執ったホセ・ぺケルマン前監督が退任し、U-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めているコロンビアは、2-1で勝利した直近の国際親善試合ベネズエラ代表戦からスタメンを4名変更。アリアス、ボルハ、ウリベ、バッカに代えて、パラシオス、マチャド、クエジャール、ムリエルを起用した。 ▽スカローニ暫定監督の下で再起を図るアルゼンチンは、3-0で勝利した直近の国際親善試合グアテマラ代表戦からスタメンを6名変更。ルジ、サラビア、パレデス、パラシオ、パボン、シメオネに代えて、アルマーニ、ブストス、パラシオス、メサ、バッタリア、イカルディを起用した。注目のディバラは、2戦続けてベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く一戦。ロ・セルソと良い距離を保つイカルディを起点に攻め込むアルゼンチンに対し、コロンビアはクアドラードがよくボールに絡みサイドからの攻撃で応酬していく。 ▽アルゼンチンが攻め切れない展開が目立ち始めた27分、クアドラードの中盤でのボール奪取からコロンビアのカウンターが発動。ボックス手前中央でボールを受けたファルカオが、左足でミドルシュートを狙う。しかし、枠を捉えたシュートはGKアルマーニに阻まれた。 ▽親善試合らしからぬインテンシティの高さを見せた試合は、互いに譲らずゴールレスで折り返すことに。 ▽後半に入ると、48分にまたしてもクアドラードがボールを奪取。今度は自陣低い位置で奪い最前線にフィードを送ると、反応したムリエルが右サイド遠い位置から思い切って狙う。しかし、鋭いシュートは再びGKアルマーニに阻まれた。 ▽相手に傾きつつある展開を変えたいアルゼンチンは、54分にパラシオスに代えてディバラを投入。切り札の起用で主導権奪取を試みる。対するコロンビアも、62分にムリエルに代えてバッカを投入しリズムチェンジを図った。 ▽しかし、その後も崩しを図るアルゼンチンに対してコンパクトな陣形を意識したコロンビアがカウンターを狙うという構図は変わらず。中盤での奪い合いが続く試合は、肉弾戦の様相を呈し始める。 ▽78分、コロンビアはクアドラード、ファルカオに代えてディアス、S・ビジャを投入。徐々にテストを意識した布陣に切り替えていく。 ▽すると結局、試合は動きを見せることなく終了。両チームともにロシアW杯後最初の代表ウィークを1勝1分けの成績で終えることとなった。 2018.09.12 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコに痛手…コロンビア代表DFアリアスが肋骨骨折で離脱へ

▽アトレティコ・マドリーは10日、コロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスが先日のベネズエラ代表との国際親善試合で肋骨を骨折したことを発表した。 ▽ベネズエラ戦の試合終盤に相手選手と接触したアリアスは代表チームのメディカルスタッフによる治療と検査を受けた後、10日午前にマドリードに戻ってクラブのメディカルチームによる再検査を受けた結果、肋骨の骨折と診断された。 ▽現時点でアトレティコはアリアスの離脱期間に関して評価中とのみ伝えている。 ▽今夏、PSVから加入したアリアスは直近のセルタ戦での途中出場でアトレティコデビューを飾ったばかりだった。 ▽なお、アトレティコでは8月末に元スペイン代表DFフアンフランが筋肉系のトラブルで離脱を強いられており、今後数試合はセンターバックが本職のウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスやセントラルMFが本職のガーナ代表MFトーマス・パルティで乗り切る必要があるようだ。 2018.09.10 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ペケルマン退任のコロンビア、ファルカオ&チャラ弾でベネズエラに逆転勝利《国際親善試合》

▽コロンビア代表は日本時間8日、国際親善試合でベネズエラ代表と対戦し、2-1で勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップでベスト16敗退に終わったコロンビアは、2012年から指揮を執るホセ・ペケルマン監督が4日に正式に退任し、現時点でU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めることに。そのレジェス監督は、GKオスピナ、クアドラード、バッカ、キンテーロ、ファルカオらを起用した。 ▽序盤から相手にプレッシャーをかけたいコロンビアだったが、4分にいきなり先制点を与えてしまう。右サイドのA・ゴンサレスのクロスがファーサイドに抜けると、そこに走り込んでいたマチスに頭で合わせられて失点を喫する。 ▽早い時間帯に先制を許したコロンビアはすぐさま攻勢を強める。18分、キンテロがボックス右手前でボールを持つと、ドリブルでボックス右深い位置まで侵攻し、中央へラストパスを送る。しかし、中央のファルカオはわずかにボールに届かず。 ▽前半半ばに差し掛かると、コロンビアは敵陣への侵攻回数が増加するも、良い形でシュートまで結びつけることができない。42分にはボックス右外でFKを獲得。キッカーのキンテロが左足で直接ゴールを狙い、相手の意表を突いたが、ここはGKファリニェスのファインセーブに阻まれて同点ゴールとはならない。 ▽0-1のビハインドで試合を折り返したコロンビア。すると51分、にファルカオが一瞬の隙から相手最終ラインを抜け出してGKと一対一に。しかし、ボックス内から放ったシュートはGKファリニェスの正面に飛んでしまう。 ▽後半に入ってもベネズエラを押し込むコロンビアについに同点ゴールが。55分、ボックス右で縦パスを受けたバッカが切り返しから中央へパス。これを受けたファルカオが対峙した相手DFをかわしてゴールへ流し込んだ。 ▽同点に追いついたコロンビアはさらに64分、味方のスルーパスにバッカが反応。ボックス左に走り込み、GKファリニェスをかわしてゴールに蹴り込んだ。しかし、バッカにオフサイドの判定が下されてしまい、逆転とはならない。 ▽その後もコロンビアが激しくゴールに迫るも逆転ゴールは生まれないまま試合は終盤に。迎えた90分、コロンビアが土壇場で逆転に成功する。ボックス右からのクロスが混戦になると、こぼれ球をチャラがシュート。一度はGKファリニェスに弾かれたが、再び足元に転がってきたボールをゴールへと蹴り込んだ。 ▽このゴールで逆転に成功したコロンビアが、ファルカオとチャラのゴールで2-0で勝利している。 ベネズエラ 1-2 コロンビア 【ベネズエラ】 マチス(前4) 【コロンビア】 ファルカオ(後10) チャラ(後45) 2018.09.08 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ペケルマン、コロンビア代表監督退任…ハメス・ロドリゲス「あなたは最高の恩師」

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、正式にコロンビア代表監督退任が発表されたホセ・ペケルマン氏に感謝を伝えている。 ▽ペケルマン氏は、アルゼンチン代表やメキシコクラブなどを率いた後、2012年1月にコロンビア代表監督に就任した。低迷が続いていた同代表を2014年ブラジルW杯では、4大会ぶりW杯出場に導くと、ベスト8入り。今年行われたロシアW杯では、ベスト16という好成績を残した。そして、今回コロンビアサッカー連盟(FCF)は、ペケルマン氏に契約延長オファーを提示したものの、同氏は続投を固辞し、4日に正式に退任が発表された。 ▽ハメス・ロドリゲスは、ペケルマン氏の退任を受けてツイッター(@jamesdrodriguez)を更新。感謝の言葉を綴った。 「あなたがコロンビアに与えた全てのことには、感謝しかない。僕らに信頼と最高のイリュージョンを与えてくれた。そして、僕らに自分たちが想像していたよりも良い選手であると自信を与えてくれた。僕もあなたのアドバイスで全てにおいて成長することができた」 「ホセの幸運を祈っている。あなたは、僕にとって最高の恩師だ」 2018.09.05 09:20 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース