元日本代表監督のハリルホジッチ氏が母国の最高勲章を授与2018.05.14 12:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、ボスニア・ヘルツェゴビナにおける最高の賞である「欧州運動勲章」を受賞した。ボスニア・ヘルツェゴビナ『avaz』が報じた。

▽2015年から日本代表で指揮を執っていたハリルホジッチ氏は、4月7日付けで契約解除を言い渡されていた。今回ハリルホジッチ氏に贈られたのは、『オルデン・エヴロプスコグ』勲章。11日にサラエボで授与式が行われ、ボスニアを管理する国際機関OHRのヴァレンティン・インツコ上級代表が出席していた。

▽受賞したハリルホジッチ氏は「私は何年も海外にいたが、人々が忘れていなかったことを誇りに思います。私はこれまでも重要な表彰を受けてきたが、母国の賞を貰えることは素晴らしい」とコメントしている。

▽また、インツコ氏も今回の表彰についてコメント。「ボスニア・ヘルツェゴビナは、世界に多くのものを与えてきた。ハリルホジッチ氏とイビチャ・オシム氏は最高の例だ。ボスニア・ヘルツェゴビナは日本に2人の監督を派遣している。これは、ボスニア・ヘルツェゴビナ国民が成功し、世界で認められているという楽観的なメッセージだ」とコメント。ハリルホジッチ氏だけでなく、かつて日本代表を率い、ジェフユナイテッド千葉でタイトルも獲得しているオシム氏の名前も出し、日本でのボスニア・ヘルツェゴビナ人の成功を喜んだ。

▽ハリルホジッチ氏は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)のヤブラニツァで1952年に誕生。現役時代には旧ユーゴスラビア代表としても活躍。ボスニア・ヘルツェゴビナのFKヴェレジュ・モスタルやフランスのナントやパリ・サンジェルマンで活躍した。

▽引退後は、古巣のFKヴェレジュ・モスタルで監督としてのキャリアをスタート。フランスではリールやレンヌ、パリ・サンジェルマンで指揮。その他、トラブゾンシュポルやアル・イテハド、ディナモ・ザグレブなどのクラブを指揮したほか、コートジボワール代表、アルジェリア代表、そして日本代表を指揮していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ボスニア・ヘルツェゴビナ、今月のUEFAネイションズリーグに向けた招集メンバーを発表《UEFAネイションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は1日、今月のUEFAネイションズリーグ2018-19と国際親善試合に臨む同国代表メンバー23名を発表した。 ▽UEFAネイションズリーグ(UNL)2018-19・リーグB・グループ3に属するボスニア・Hは先月8日に行われた初戦の北アイルランド代表戦に2-1で勝利。同11日に行われたオーストリア代表戦でも1-0と勝利し、グループ首位に立っている。 ▽ボスニア・Hを率いるロベルト・プロシネツキ監督は、GKケナン・ピリッチ(マリボル)に代えてGKアスミル・ベゴビッチ(ボーンマス)を招集した以外は、先月の招集メンバーと同じ26名を招集した。 ▽ボスニア・Hは、11日にアウェイでトルコ代表と親善試合を行い、15日にホームで北アイルランド代表とのUNLを行う。今回発表されたボスニア・Hのメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;"> アスミル・ベゴビッチ</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">イブラヒム・シェヒッチ</span>(エルズルムスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ヴェルダン・コセフスキ</span>(ジェリェズニチャル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダルコ・トドロビッチ</span>(ザルツブルク/オーストリア) <span style="font-weight:700;">エルダル・チビッチ</span>(スパルタ・プラハ/チェコ) <span style="font-weight:700;">オグジェン・ヴランジェ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ボージャン・ナスティッチ</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="font-weight:700;">トニ・シュニッチ</span>(ディナモ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">エルミン・ビカクチッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">エルビン・ズカノビッチ</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">エルヴィス・サリッチ</span>(水原三星/韓国) <span style="font-weight:700;">ゴラン・ザカリッチ</span>(パルチザン/セルビア) <span style="font-weight:700;">ゴイコ・チミロット</span>(スタンダール・リエージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">デニ・ミロセビッチ</span>(コンヤスポル/イタリア) <span style="font-weight:700;">エディン・ヴィスチャ</span>(イスタンブールBB/トルコ) <span style="font-weight:700;">サニン・プルチッチ</span>(レバンテ/スペイン) <span style="font-weight:700;">モハメド・ベシッチ</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハリス・ドゥリェヴィッチ</span>(ディナモ・ドレスデン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ラデ・クルニッチ</span>(エンポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エディン・ゼコ</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ケナン・コドロ</span>(コペンハーンゲン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">リアド・バイッチ</span>(イスタンブールBB/トルコ) 2018.10.02 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月17日は、ブンデス得点王に輝いた元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWのバースデー

◆セルゲイ・バルバレス 【Profile】 国籍:ボスニア・ヘルツェゴビナ 誕生日:1971年9月17日 現役時所属クラブ:ドルトムント、ハンブルガーなど ポジション:FW 身長:188㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月17日は、元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のセルゲイ・バルバレス氏だ。 ▽母国のベレス・モスタルというクラブの下部組織で育ったバルバレス氏は、1992-93シーズンにハノーファーでプロデビュー。その後、ウニオン・ベルリン、ハンザ・ロシュトク、ドルトムント、ハンブルガー、レバークーゼンとドイツのクラブのみを渡り歩いて現役生活を終えた。主将も務めたハンブルガー所属当時の2000-01シーズンには、31試合22得点を記録しブンデスリーガ得点王にも輝いている。 ▽大柄な体格でゴール前に君臨しつつも、視野の広さや秀でたテクニックでアシストも多く記録したバルバレス氏。同氏は多くの警告を受けていたことでも有名だ。ブンデスリーガ通算ではレッドカード計4枚、イエローカード計75枚を受け取っており、これは問題児として知られたシュテファン・エッフェンベルク氏に次ぐ数字だという。 ※誕生日が同じ主な著名人 バカリ・コネ(元サッカー選手) ビスマルク(元サッカー選手/ヴェルディ川崎、鹿島アントラーズなど) 舞行龍ジェームズ(サッカー選手/川崎フロンターレ) オリヴィエ・ブマル(サッカー選手/横浜F・マリノス) ベルンハルト・リーマン(数学者) 蝶野正洋(プロレスラー) 石川遼(ゴルファー) 宇佐美蘭(タレント) 中村アン(タレント) 北山宏光(アイドル/Kis-My-Ft2) なかやまきんに君(お笑い芸人) 2018.09.17 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ピャニッチが北アイルランド戦で負傷…CL初戦のバレンシア戦欠場の可能性も

▽ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが8日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグBグループ3の北アイルランド代表戦で負傷した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナはUEFAネイションズリーグ初戦となった北アイルランド戦を2-1で勝利し、ロベルト・プロシネツキ新体制の初陣を勝利で飾った。 ▽しかし、チームの絶対的司令塔であるピャニッチは試合終盤の83分に筋肉系のケガを負い、負傷交代を強いられていた。 ▽同試合後、プロシネツキ監督は、「交代はケガのためだった。我々は彼の状態を確認し、今後起用可能かどうかを評価する必要がある」と語った。 ▽なお、ボスニア・ヘルツェゴビナは11日にUEFAネイションズリーグのオーストリア代表戦を控えているが、ピャニッチを起用できるかは微妙なところだ。 ▽また、ユベントスは代表ウィーク明けの16日にセリエA第4節のサッスオーロ戦、19日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦のバレンシア戦を控えており、ケガの具合によっては欠場の可能性が出てきている。 2018.09.09 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ドゥリェヴィッチ&サリッチ弾で逃げ切ったボスニア・ヘルツェゴビナが初戦を白星で飾る!《UEFAネイションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表は8日、UEFAネイションズリーグ・リーグBグループ3で北アイルランド代表と対戦し、2-1で勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃した両国の一戦。マイケル・オニール体制8年目に突入した北アイルランドに対し、プロシネツキ新体制で初の公式戦となったボスニア・ヘルツェゴビナは[4-3-3]の布陣を採用。ゼコやピャニッチ、ズカノビッチらが先発となった。 ▽試合は立ち上がりからホームの北アイルランドが押し込む展開が続く中、ボスニア・ヘルツェゴビナがワンチャンスから先制に成功する。36分、左サイドボックス横でボールを受けたゼコが縦への突破からクロスを供給。これをゴール前に走り込んだドゥリェヴィッチが左足のワンタッチシュートで流し込んだ。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナのリードで迎えた後半、先にチャンスを作ったのは北アイルランド。48分、ドリブルで右サイドを突破したマッギンのクロスがゴール前でフリーのダラスに繋がるも、ダラスのシュートは好反応を見せたGKシェヒッチが右手一本で弾き出した。 ▽攻勢を続ける北アイルランドは、54分にも決定機。左サイドで獲得したFKからノルウッドがクロスを供給すると、ゴール前のエバンスがフリックしたボールをゴール右に走り込んだラファーティが合わせたが、これは再びGKシェヒッチの牙城に阻まれた。 ▽守護神の好セーブに応えたいボスニア・ヘルツェゴビナは、相手のミスから追加点を奪う。64分、チビッチのミスパスをキャスカートがバックヘッドで味方GKへパス。しかし、このパスが短くなると、素早く反応したサリッチがカット。飛び出したGKを冷静にかわし無人のゴールに流し込んだ。 ▽後半アディショナルタイム3分にグリグのゴールで1点を返されたボスニア・ヘルツェゴビナだったが、試合はそのまま2-1で終了。逃げ切ったボスニア・ヘルツェゴビナがUEFAネイションズリーグ初戦を白星で飾った。 2018.09.09 00:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ボスニア・Hがメンバー発表、ゼコやピャニッチが選出《UEFAネーションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は24日、来月のUEFAネイションズリーグ2018-19に臨む同国代表メンバー23名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップでは予選敗退に終わったボスニア・Hは、今年1月にクロアチアのレジェンドであるロベルト・プロシネツキ氏を監督に招へい。そのプロシネツキ監督はFWエディン・ゼコ(ローマ)とMFミラレム・ピャニッチ(ユベントス)の2大タレントらを順当に選出した。 ▽UEFAネイションズリーグ2018-19・リーグB・グループ3に属するボスニア・Hは、来月8日に北アイルランド代表とアウェイで、同11日にオーストリア代表とホームで対戦する。今回発表されたボスニア・Hのメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">イブラヒム・シェヒッチ</span>(エルズルムスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ケナン・ピリッチ</span>(マリボル/スロベニア) <span style="font-weight:700;">ヴェルダン・コセフスキ</span>(ジェリェズニチャル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダルコ・トドロビッチ</span>(ザルツブルク/オーストリア) <span style="font-weight:700;">エルダル・チビッチ</span>(スパルタ・プラハ/チェコ) <span style="font-weight:700;">オグジェン・ヴランジェ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ボージャン・ナスティッチ</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="font-weight:700;">トニ・シュニッチ</span>(ディナモ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">エルミン・ビカクチッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">エルビン・ズカノビッチ</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">エルヴィス・サリッチ</span>(水原三星/韓国) <span style="font-weight:700;">ゴラン・ザカリッチ</span>(パルチザン/セルビア) <span style="font-weight:700;">ゴイコ・チミロット</span>(スタンダール・リエージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">デニ・ミロセビッチ</span>(コンヤスポル/イタリア) <span style="font-weight:700;">エディン・ヴィスチャ</span>(イスタンブールBB/トルコ) <span style="font-weight:700;">サニン・プルチッチ</span>(レバンテ/スペイン) <span style="font-weight:700;">モハメド・ベシッチ</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハリス・ドゥリェヴィッチ</span>(ディナモ・ドレスデン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ラデ・クルニッチ</span>(エンポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エディン・ゼコ</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ケナン・コドロ</span>(コペンハーンゲン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">リアド・バイッチ</span>(イスタンブールBB/トルコ) 2018.08.25 02:20 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース