超太っ腹! ウクライナ人政治家がCL決勝でファンを自宅に無料招待!2018.05.14 02:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽あるウクライナ人の政治家が太っ腹すぎると話題になっている。スペイン『アス』が伝えている。

▽今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝は日本時間5月26日27:45から、ウクライナのキエフにあるオリンピスキ・スタジアムでキックオフされる。3シーズン連続で決勝へ駒を進めた王者レアル・マドリーと2006-07シーズン以来の決勝進出となったリバプールが激突する、今シーズン最後にして最大の一戦だ。

▽この一戦を生で観戦しようと世界中からファンやサポーターがキエフに集まるのだが、最近そのキエフにあるホテルが決勝戦当日のホテル料金を次々と値上げしているという。

▽本来であれば、一泊当たりおよそ50ドル程度の価格帯であるところを、数千ドル求めるホテルもあるのだとか。さらに、より高い宿泊費を払ってくれる客を取り込むために、すでに予約が決まっていた宿泊客を強制的にキャンセルにするというホテルもあり、今後50000人もの予約が予想されているという。

▽この事態を重く見たウクライナ人政治家のエゴール・ソボレフ氏が決勝戦当日、自宅にファンを招き入れることを許可したという。さらに同国のペトロ・ポロシェンコ大統領も数人のファンを自宅に招待することを申し出ているようだ。

▽『アス』によれば、これはウクライナの歓迎イメージを向上させようとするものではあるのだが、それでも、空港からの送迎、ベッドの提供、伝統的な家庭料理であるボルシチを振る舞うといったサービスを施す寛容な心を、“おもてなし”を掲げる日本も見習うべきではないだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシ、CL奪還全力宣言! 「全てを可能にすると約束する」

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、新シーズンに向けた意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽バルセロナは昨シーズン、リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイの国内主要2冠を達成。さらに、ライバルであるレアリ・マドリーとの“エル・クラシコ”ではリーガ2試合1勝1分けで勝ち越すなど、充実したシーズンを送った。 ▽しかし、チャンピオンズリーグ(CL)では、準々決勝でローマに撃破されて3年連続のベスト8止まり。2014-15シーズンの優勝以来CLでの足踏みが続くメッシは、新シーズンに向けて以下のように意気込んでいる。 「今年の僕らは興奮させられるスカッドになった。(今夏の)サインで今までより良くなる」 「昨シーズンはカップ戦(コパ・デル・レイ)とラ・リーガで良かったけど、僕らは皆チャンピオンズリーグでの敗退に傷つけられた」 「美しい杯がこのスタジアムに戻ってくるように、僕らは全てを可能にすると約束するよ」 ▽バルセロナがベスト8で終わっているこの3年間、宿敵マドリーは対照的にCL3連覇を達成。メッシは、“美しい杯”と形容するトロフィーを取り戻すことができるのだろうか。 2018.08.16 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコのCL王者キラーぶりが凄い

▽アトレティコ・マドリーのUEFAスーパーカップでの成績が凄い。 ▽UEFAスーパーカップは、チャンピオンズリーグ(CL)王者とヨーロッパリーグ(EL)王者によって争われる国際タイトルだ。毎年白熱の試合が繰り広げられる大会だが、通常はCLに強豪クラブが集結し、国内リーグやCLのグループステージでそれらの強豪の後塵を拝したクラブがELに出場するため、CL王者が圧倒的有利とみなされている。 ▽しかし、15日に行われたUEFAスーパーカップ2018では、EL王者アトレティコ・マドリーがCL王者レアル・マドリーを4-2で撃破。とはいえ、「EL王者がCL王者を破った」という事実はさして話題にならず、戦前からレアル・マドリーが圧倒的有利と見る向きも多くはなかった。その背景には、アトレティコ・マドリーの陣容・実力が充実していることの他に、観客が同クラブのUEFAスーパーカップ戴冠を見慣れていることが挙げられるかもしれない。 ▽過去の大会記録では、なんとアトレティコ・マドリーは過去のUEFAスーパーカップに3度出場し、全大会で優勝。また、驚くべきことに、いずれもEL王者として出場したものだ。さらに、UEFAスーパーカップがCL王者とEL王者の戦いになった2010年から、EL王者としてカップを掲げたのはアトレティコ・マドリーのみだ。 ◆歴代UEFAスーパーカップ結果 (CL王者vsEL王者) 2010:インテル 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アトレティコ・マドリー</span> 2011:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 2</span>-0 ポルト 2012:チェルシー 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2013:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バイエルン 2</span>-2(PK:5-4) チェルシー 2014:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-0 セビージャ 2015:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 5</span>-4 セビージャ 2016:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 3</span>-2 セビージャ 2017:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-1 マンチェスター・ユナイテッド 2018:レアル・マドリー 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2018.08.16 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督、スーパー杯敗戦も新戦力獲得には言及せず「彼らは飢えている」

▽レアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督が、現在の選手たちへの信頼を口にした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽レアル・マドリーは15日、UEFAスーパーカップでアトレティコ・マドリーと対戦して延長戦の末に2-4で敗戦。『マルカ』やスペイン『アス』など国内各紙は、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド不在による、得点力不足が敗戦の原因ではないかと指摘している。 ▽また、試合後には、ハングリー精神に欠けるのでは、という趣旨の質問が会見場で飛び交った。「既にこれだけ多くを勝ち獲ってきた選手たちでこれからも勝ち続けられるのか。それがハンディキャップになるのでは? 」と尋ねられたロペテギ監督は、以下のように返答している。 「いや、ハンディキャップとはみなしていない」 「この選手たちは多くのタイトルを勝ち取ってきたし、昨シーズン欲していたラ・リーガを逃した。だから、今シーズンは集中しようと努力しているし、チームを改善しようとしているんだ。スーパーカップを失ってから前に進み、最近獲れていないラ・リーガを求めている。日曜日に始まるんだ。彼らはさらに飢えているし、私たちは細部まで詰めていきたい」 ▽新戦力獲得については言及しなかったロペテギ監督。スコアラーの獲得がないことを批判的に見る向きも強いが、19日に行われるリーガエスパニョーラ開幕節ヘタフェ戦に勝利し外野の意見を跳ね返すことが出来るのだろうか。 2018.08.16 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「カバーすることはできない」カゼミロがエースの移籍を嘆くも前を向く

▽レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、アトレティコ・マドリーとのUEFAスーパーカップの試合後にコメント。今夏チームを去ったエースの存在の大きさを認めた。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ王者であるマドリーと、ヨーロッパリーグ王者であるアトレティコが激突したUEFAスーパーカップ。リーグ開幕を前に行われたマドリッド・ダービーとなった試合は、アトレティコが開始早々にFWジエゴ・コスタのゴールで先制。しかし、マドリーはFWカリム・ベンゼマ、DFセルヒオ・ラモスのゴールで逆転する。しかし、再びジエゴ・コスタのゴールで追いつかれると試合は延長戦へ。アトレティコは、MFサウール・ニゲス、MFコケがゴールを奪い勝利。マドリーは敗戦となった。 ▽試合後、カゼミロは敗戦を振り返り、今夏ユベントスへ移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドについてコメント。大きな存在であったことを認めながらも、新たなチームを作り出す必要があると語った。 「確かに僕たちはカバーすることができない。クリスティアーノ(・ロナウド)は、世界最高の存在であったことをここで示していた」 「でも、それはすでに過去のこと。僕たちは彼のことを考え続けることはできない」 「僕たちは、チームに居る選手について話をしなければならない。僕たちはより強くなること、よりソリッドなチームを作りたいと思っている。でも、クリスティアーノは過去のことだ」 「全ての始まりでしか無い。フレン(・ロペテギ)は、素晴らしい仕事をしようとしている。幻想をを保とうと努力しているけど、それは簡単ではないね」 「僕たちは過去5年間で4度もチャンピオンズリーグを優勝してきた。ほとんどすべてを獲得しており、フレンは選手たちが勝てると思っている幻想に対して素晴らしい仕事をしている」 「フレンについて話すのは時期尚早だよ。僕たちは今日の結果によって、フレンの仕事をカバーできていない」 「言い訳は、僕のプロフィールでもマドリッドでもない。言い訳はないよ」 「アトレティコは僕たちに対して4ゴールを決めた。僕たちも多くの良いプレーがあった。アトレティコを祝福して、仕事を続けなくてはいけない」 「僕は具体的なミスについては話さない。なぜなら、勝つときはみんなで勝ち、負けるときはみんなで負ける。僕たちはチームでミスを犯したんだ」 2018.08.16 12:18 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー《UEFAスーパーカップ》

▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが15日にエストニアで行われ、延長戦の末に2-4でアトレティコが勝利している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 5.0 防ぎようはなかったが、4失点 DF 2 カルバハル 5.0 さほど攻撃に出られず、4失点目に関与 5 ヴァラン 5.0 概ね安定していたが、痛恨のボールロストで決勝点献上 4 セルヒオ・ラモス 5.5 開始早々ジエゴ・コスタに出し抜かれたが、PKで一時同点弾を決めた 12 マルセロ 5.0 1つ好機演出も2失点目の対応は軽かった MF 14 カゼミロ 5.5 グリーズマンにプレースペースを与えなかった。後半終盤に負傷交代 (→ダニ・セバージョス 5.0) 中盤をコントロールできず 22 イスコ 5.5 トップ下でプレー。幅広く動いてボールによく関与も違いを生むには至らず (→L・バスケス 5.0) ボールに触れなかった 8 クロース 5.5 正確なパスでゲームメーク。CKがPKを誘った (→マジョラル -) FW 11 ベイル 6.0 好調を維持。スピードを生かして同点弾をアシスト 9 ベンゼマ 6.5 同点弾を決め、PK奪取にも関与 20 アセンシオ 5.5 個人技でシュートに持ち込む場面もあったが、ボールに絡む回数が少なかった (モドリッチ 5.5) 投入直後はよくボールに絡んだが、徐々に消える 監督 ロペテギ 5.5 内容は悪くなかっただけに2-1で逃げ切りたかった ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 13 オブラク 6.0 2失点も17分のアセンシオのヒールシュートを好守で防ぐ DF 20 フアンフラン 5.5 不用意なPK献上も2点目を演出 15 サビッチ 5.5 ベンゼマのマークを外して失点に関与もそれ以外は安定 2 ゴディン 6.0 鉄壁の守備を見せる 21 リュカ 5.5 ベイルにぶち抜かれて失点に関与。ただ、後半以降は持ち直した MF 11 レマル 6.0 コケとサイドを入れ替えながらドリブルでアクセントを付ける (→トーマス 6.0) ボール奪取からのショートカウンターが利いていた 14 ロドリゴ・エルナンデス 5.5 シンプルなボール捌きでリズムを作る (→ビトロ 6.0) 4点目をアシスト。攻め手に 8 サウール 6.5 クロースの監視役。守備に重点を置いていたが、決勝点をゲット 6 コケ 6.0 サイドでは守備に追われて良さが出なかったが、センターに移ってからはリズムを生みダメ押しゴール FW 19 ジエゴ・コスタ 7.0 開始50秒でのゴールなど全得点に絡む。戦う姿勢を全面に押し出して2ゴールの活躍 (→ホセ・ヒメネス -) 7 グリーズマン 5.0 まだまだ調整段階。守備に追われ、プレー機会が少なかった (→コレア 6.0) 持ち味の仕掛けを随所に見せ、アシストを決める 監督代行 ブルゴス 6.5 勝負強さを見せてレアル・マドリー撃破 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー) ▽2ゴールを決めて延長戦に持ち込み、3、4点目を演出。セルヒオ・ラモスとのスペイン代表マッチアップも激しかった。 レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(前27) セルヒオ・ラモス(後18[PK]) 【アトレティコ・マドリー】 ジエゴ・コスタ(前1) ジエゴ・コスタ(後34) サウール(延前8) コケ(延前14) 2018.08.16 06:40 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース