サラーが最多得点記録更新! ブライトンに完勝のリバプール、4位フィニッシュで来季CL出場権獲得!《プレミアリーグ》2018.05.14 01:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは13日、プレミアリーグ最終節でブライトンとホームで対戦し、4-0で勝利した。▽引き分け以上でトップ4入りがほぼ決定する4位のリバプール(勝ち点72)。前節のチェルシー戦で敗れ、最終節までこの争いに巻き込まれてしまったが、昇格組との対戦ではここ21試合で16勝5分けという相性。勝利してきっちり来季のチャンピオンズリーグ出場を決めたい最終節ブライトン戦に向けては、ファン・ダイクやワイナルドゥム、サラー、フィルミノ、マネらが先発となった。

▽試合は序盤からリバプールが主導権を握る展開に。まずはフィルミノがボックス手前からシュートを放てば、ヘンダーソンも隙を見ては遠くから狙っていく。18分には、サラーがボックス内でダフィに倒されるが笛は鳴らず。続く19分にはソランケのスルーパスにマネが反応。ゴール前右に侵攻しシュートを放つもGKの正面に飛んでしまう。

▽その後もブライトンを押し込むリバプールは26分、アーノルドの縦パスをボックス手前で受けたソランケがゴール前のサラーにスルーパス。サラーはこれを左足でゴール右に蹴り込み、リバプールに先制点をもたらした。サラーはプレミアリーグが38試合制になって以降の最多得点記録を更新した。

▽先制後も次々とゴールに迫るリバプール。30分にはカウンターでマネがゴール前に持ち出し、サラーにラストパス。GKのチェックも外してシュートを放つが、寸前のところでDFにブロックされてしまう。さらに35分のワイナルドゥムのチャンスはGKライアンにファインセーブで凌がれる。

▽すでにワンサイドゲームになりつつあるリバプールは40分、左CKの流れから、ロバートソンのクロスにロブレンがヘディングシュートを突き刺し2-0。トップ4フィニッシュにぐっと近づいた。

▽迎えた後半、攻勢を続けるリバプールは53分、サラーが右サイドを突破すると、ダイアゴナルに走り込むソランケにラストパス。ソランケはボックス右から豪快にシュートを突き刺し、試合を決定づける3点目を沈めた。

▽3点目を決めた後はリバプールはややペースを落として試合を進める。シュートシーンこそ減ったものの、ブライトンには反撃の隙を許さず試合を殺しにかかる。

▽試合も終盤に入った85分には、途中出場のイングスのクロスの跳ね返りをロバートソンが蹴り込んで4点目を奪取。

▽試合はこのまま終了し、最終節をホームで4-0と快勝したリバプールが4位をキープし、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

コメント

関連ニュース

thumb

アーノルド、過去の“意外な? ”難敵を明かす「CR7よりもネイマールよりも…」

▽リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレキサンダー=アーノルドが、これまでの対戦で苦労した相手について語っている。イギリス『タイムズ』でのインタビューを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨シーズン、リバプールの右サイドバックとして大ブレイクを果たしたアーノルド。クラブのチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に貢献し、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも準決勝進出の躍進を果たしたイングランド代表の一員となった。 ▽著しい成長を続けるアーノルドが、『タイムズ』のインタビューで「最も難しかったアタッカー」について語り、ある意外な名前を挙げた。 「(ウィルフリード・)ザハが最も難しかったと言えるだろう」 「身体能力だ。ボールを彼から奪うことができない。タックルするのが難しくて、速く、スキルフルで得点できる。それらを備えいる試合の勝者だ」 「ネイマールや(クリスティアーノ・)ロナウドはとても知的なプレーヤーで、人々は彼らのやり口を知っているね。様々な動きをする。だが、彼らが僕らに対してボールを多く握ったことはない」 「明らかにザハはロナウドやネイマールのレベルにはない。しかし、僕にとっては多分ザハが一番難しかった」 ▽今夏、クリスタル・パレスとの契約を2020年6月30日まで延長したコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ。一時はマンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍を果たし、復帰後もチェルシーなどへの関心が盛んに報じられた人気銘柄だ。今シーズンは、ここまでプレミアリーグ7試合に出場し、3ゴール1アシストを記録している。 2018.10.21 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア9試合7勝2分はリバプール優勝へのサイン?クロップ「悪くないね!」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ここまでのシーズンの内容に満足感を示している。<br><br>プレミアリーグ第9節で、ハダースフィールドと対戦したリバプール。24分にモハメド・サラーのリーグ戦3試合ぶりのゴールで先制すると、このリードを守りきって公式戦5試合ぶりの勝利を挙げた。<br><br>試合後、クロップ監督は7勝2分と無敗を維持するチーム状況を喜んでいる。<br><br>「これまでに作った基礎は素晴らしいね。23ポイント、9試合終える前には想像できなかったね。だが、まだまだ改善の余地がある。良いだけじゃなくてね! だからホームに帰り、改善にとりかかるよ」<br><br>記者から「今日はタイトルへのサインか?」と問われたが、クロップ監督に慢心はないようだ。<br><br>「悪くないね! 私のキャリアで一番の勝率だろう。それは本当だ」<br><br>「今夜トロフィーを獲得する方法についての本は書けないよ。方法はたった1つ、試合に勝つということだ。そのための方法はいくつかある」<br><br>ハダースフィールド戦の内容には不満を覚えていたようだ。<br><br>「正直に言えば、私はスペクタルな方法を好む。しかし、今日はなぜこうだったのか完全に理解している」<br><br>「選手が戻ってきた時、ドレッシングルームを見回して彼らを見た。スタッフは時差があるように、誰も答えなかったが、受け入れなければならない」<br><br>「そういうわけで、今日はタッチラインで少し活発だったね。疲れを感じているならば、少なくとも監督を恐れる必要があるよ!」<br><br>提供:goal.com 2018.10.21 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

サラーの今季4点目のゴールでリバプールがハダースフィールドに辛勝!《プレミアリーグ》

▽リバプールは20日、プレミアリーグ第9節でハダースフィールドとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。 ▽ここまで6勝2分けと無敗を続けるリバプール。しかし、インターナショナルブレイクの間に主力4人が負傷する事態に見舞われた。心配された先発メンバーにはその4人のうち、ファン・ダイクとサラーが名を連ねたものの、ナビ・ケイタとマネはベンチ外となった。その他、攻撃陣にはスタリッジとシャキリが選ばれている。 ▽サラー、スタリッジ、シャキリと今季初の顔ぶれとなったリバプールの3トップ。とはいえ役割は変わらず、トップのスタリッジが下がってポストになることはあるものの、比較的自由にポジションを入れ替えながら攻撃の形を作っていく。 ▽なかなかシュートまで運べなかったリバプールだが24分、J・ゴメスの縦パスを敵陣中央で受けたシャキリから、ボックス右に走り込むサラーにパスが送られると、サラーは右足で流し込み先制点を奪った。 ▽失点を許したハダースフィールドだが、リバプールと互角の戦いを見せる。31分にホッグが左ポスト直撃のシュートを放つと、43分には左サイドのスローインから最後はプリチャードがネットを揺らしたが、オフサイドの判定を受けゴールは認められず。前半終盤にかけてはハダースフィールドが押し込んだ印象だった。 ▽リバプールは後半からヘンダーソンに代えてワイナルドゥムを投入。中盤では一枚も二枚も上手なリバプールだが、ゴールに迫ったのはハダースフィールドだった。55分、右サイドのクロスからドゥポワトルがヘディングシュート。ゴール右隅を捉えていたが、GKアリソンの守備範囲。ネットを揺らすことはできなかった。 ▽リバプールの後半最大のビッグチャンスは64分、左サイドかのスルーパスを受けたサラーがゴール前ボックス橋から左足で狙っていったが枠の右へ。 ▽追加点が遠いリバプール。77分にはミルナーを下げてフィルミノを投入するが、ハダースフィールドに危ない場面を作られてしまう。81分、リバプールの左サイドからクロスが上がると、ロブレンがクリアしきれずボールはムニエの目の前へ。しかし、至近距離からのシュートをふかしてしまい、千載一遇のチャンスを逸してしまった。 ▽その後、4分の後半アディショナルタイムも過ぎ試合終了。最後まで冷や汗をかいたリバプールだったが、サラーのゴールを守り切り7勝目。無敗を継続した。 2018.10.21 03:29 Sun
twitterfacebook
thumb

「サンチェスは第二のトーレス…」 キャラガー氏はピークを過ぎたと主張

▽リバプールとイングランド代表のレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏は、現在マンチェスター・ユナイテッドで苦しむチリ代表FWアレクシス・サンチェスと、リバプール時代の元同僚でサガン鳥栖でプレーする元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの姿を重ねているようだ。同氏がイギリス『テレグラフ』の連載コラムで触れている。 ▽今年1月に物議を醸す形でアーセナルからユナイテッドに加入したサンチェス。しかし、プレミアリーグ最高給に見合う活躍を披露できず。迎えた今シーズンは捲土重来のシーズンと位置付けていたものの、ここまで公式戦7試合でわずかに1ゴールと引き続き精彩を欠いている。 ▽そのサンチェスに関してキャラガー氏は、かつての同僚であるトーレスの姿を重ねているようだ。リバプールのエースストライカーとして3シーズン半に渡って活躍したトーレスは2011年1月にチェルシーへ電撃移籍。だが、ロンドンではまるで別人かのようにパフォーマンスを落とし、在籍期間に1度もリーグ戦での二桁ゴールを記録することができなかった。 「サンチェスのベストイヤーはすでに過ぎ去った」 「彼のマンチェスター・ユナイテッドでの姿はチェルシー時代のフェルナンド・トーレスに重なる」 「彼らのゴールへの渇望や彼らの勝利の可能性は爆発的なものだ。さらに彼らは常にクラブと代表のすべての試合でプレーすることを望み、断固とした決断力を持たない指揮官はその要求に抵抗できず、彼らを可能な限りプレーさせてしまう」 「同時に彼らのようなスタープレーヤーはファンやメディアからも求められ、十分に休息することができない」 「多くの試合を戦えば、それだけケガも増えるし、ディフェンダーや中盤のプレーヤーに比べて彼らの消耗は非常に激しい」 「私はそのことをトーレスを通じて理解した。彼は確かに世界最高クラスに上り詰めたが、その後に爆発的なスピードを失った。そして、それは決して戻って来なかった」 「私はその歴史が今度はサンチェスというプレーヤーで繰り返されると思っている。彼はその足にあまりにもマイレージ(負担)を溜めているように見える」 2018.10.20 17:33 Sat
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のケイタ、20日のハダースフィールド戦を欠場…指揮官が明言

▽リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタはハムストリングの負傷により、20日のハダースフィールド戦を欠場するようだ。 ▽現在リバプールはプレミアリーグで6勝2分け無敗の3位に位置。20日の第9節では、今季リーグ戦未勝利の18位ハダースフィールドのホームに乗り込む。 ▽そんな中、リバプールでは今月行われた代表ウィークで主力に故障者が続出。しかし、チームを率いるクロップ監督によれば、現時点でハダースフィールド戦の欠場が確定しているのはケイタのみだと記者会見で明かしている。 「我々は代表ウィークで負傷した選手を交えてトレーニングを行った。今後も彼らの経過は見ていかなければならないが、全員が次の試合を欠場することはないだろう。ただ、現時点で唯一ケイタの欠場だけは決まっているよ」 2018.10.20 00:15 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース