白熱のセビージャ・ダービーはドロー! ベティス&ビジャレアルのELストレートイン、セビージャのEL出場権獲得が確定《リーガエスパニョーラ》2018.05.13 04:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第37節、ベティスvsセビージャが12日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-2のドローに終わった。▽6位ビジャレアル(勝ち点57)と7位セビージャ(勝ち点54)による、今季2度目のセビージャ・ダービー。前節、アスレティック・ビルバオに0-2で敗れ、8試合ぶりの黒星を喫したベティスはわずかながら残されていたトップ4フィニッシュの夢が完全に潰えると共に、ヨーロッパリーグ(EL)ストレートインもお預けに。

▽一方、モンテッラ前監督解任でカパロス暫定監督の下で今季残り試合を戦うセビージャは新体制に以降してからレアル・ソシエダ、レアル・マドリーに2連勝と復調気配が漂う。中2日、敵地でのダービーに向けてはマドリー戦から先発6人を変更。ロケ・メサやバネガ、ノリート、サンドロ・ラミレスが起用された。

▽ベティコが熱狂的な雰囲気を作り出したベニート・ビジャマリンでのダービーは早い時間帯にスコアが動く。5分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのホアキンがクロスを入れると、ニアに飛び込んだバルトラが頭でフリックしてゴール右隅に流し込んだ。

▽早い時間帯に先制を許したセビージャはすぐさま反撃を開始。ボールを保持して後方から丁寧に繋ぐ相手に対してプレッシャーをかけながら、カウンターからチャンスを窺う。ノリートやバネガ、サラビアとボックス付近で幾度かシュートまで持ち込むが、崩し切るまでには至らない。その後はダービーらしい球際でバチバチやり合う展開が続く中、互いにカードが増えていくも前半はこのままベティスリードで終了した。

▽迎えた後半、前半終了間際にメルカドに代えてイェデル、ハーフタイム明けにサラビアを下げてラユンと2枚のカードを切っていくセビージャ。対するベティスもグアルダードを下げて後半頭からブデブスをピッチに送り込む。

▽後半立ち上がりの48分にボックス左に持ち込んだノリートのシュートで最初のチャンスを作ったセビージャはやや幸運な形から同点に追いつく。57分、ボックス左に抜け出したイェデルがゴールライン際で何とかボールを残すと、この場面でベティス守備陣が同選手のハンドとセルフジャッジして気を抜くと、イェデルの折り返しがDFに当たってゴール方向にこぼれると、これに反応したイェデルが押し込んだ。

▽一瞬の隙から追いつかれたベティスだが、直後の61分に絶好機。右サイドから切り込んだブデブスのパスをボックス左のホアキンが絶妙なワンタッチでゴール右フリーのロレンに繋ぐ。だが、ロレンはシュートをもたつき相手DFにブロックされる。

▽その後は再び拮抗した展開に陥るが、セビージャがセットプレーから逆転に成功。79分、バネガの右CKをニアのイェデルが右足でフリックすると、ゴール前のケアーが冷静に右足で蹴り込んだ。

▽ホームで逆転を許したベティスだったが、先ほど絶好機を逸したロレンが名誉挽回の一撃を決める。81分、右サイドのバラガンからのアーリークロスをスライディングシュートで合わすと、GKが弾いたボールを体制を崩しながら何とか押し込んだ。最後まで勝ち越しゴールを目指して攻め合った両者だったが、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎えた。

▽なお、同時刻開催の試合で8位ヘタフェが敗れ、6位ビジャレアルが勝利したため、ベティスとビジャレアルのELストレートイン並びに7位が確定したセビージャのEL予選3回戦からの出場が決定している。

コメント

関連ニュース

thumb

リーガ首位のセビージャ、中島翔哉獲得への関心強める…近々具体的なオファー提示か

▽セビージャが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)への関心を強めているようだ。ポルトガル『レコード』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、現在リーガエスパニョーラで首位に立つセビージャは昨シーズンから中島の視察を継続。同クラブのサッカースタイルにマッチすると見込んでおり、近々具体的なオファーを提示する可能性もあるようだ。 ▽現在、中島に対してはセビージャのほか、シャフタールら欧州複数クラブが関心。契約解除金は、4000万ユーロ(約53億円)に設定されているとされる。 ▽中島は、昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入し、海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。完全移籍を果たして背番号10を着用してプレーする今シーズンは、ここまで公式戦8試合に出場して、4ゴール3アシストを記録している。 2018.10.14 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ先制もクラスノダールの猛攻に耐え切れず逆転負け《EL》

▽セビージャは4日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第2節でFCクラスノダールとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。 ▽EL初戦ではスタンダール・リエージュ相手に5-1と力の差を見せ付けたセビージャは、その後の国内リーグ戦でもレアル・マドリーから白星を挙げるなど3連勝を収めている。 ▽直近のエイバル戦から5選手の変更を加えたスタメンで臨むセビージャは開始早々にピンチを迎えてしまう。3分、軽率なバックパスをクラーソンに奪われ絶体絶命。しかし、ここはクラーセンのシュートミスに助けられ事なきを得た。 ▽このプレーから気合を入れ直したセビージャは12分、左サイドからのクロスをムリエルが合わせるが惜しくも枠の外。枠に収めていればというシーンだった。 ▽だが、その後は攻め込まれる展開に。21分、相手の左CKからママエフにヘディングシュートを許すと、これがクロスバー直撃。さらに25分には今度はカボレのボックス手前からのシュートがクロスバーにヒット。セビージャは立て続けにクロスバーに救われる形となった。 ▽互角以上の戦いを強いられるセビージャだったが、前半終了間際に先制に成功する。43分、バネガのグラウンダーのCKをノリートがダイレクトシュート。これが相手のママエフに当たってコースが変わり、GKの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。 ▽セビージャがリードして迎えた後半、先にチャンスを作ったクラスノダールは55分、味方のスルーパスに反応したクラーセンが最終ラインを抜け出すも、GKと距離も詰められたためシュートコースがなくなり、このシュートもクロスバーを叩いた。 ▽1点では心もとないセビージャは61分にムリエルを下げて快調アンドレ・シウバを投入。だが、嫌な予感が的中する。 ▽圧倒的なクラスノダールペースで迎えた72分、敵陣中央から突破を試みたクラスノダールは、狭いスペースで細かく繋ぎ、マウリシオ・ペレイラがママエフとのワンツーで守備網を掻い潜ると、ボックス右から左ネットにシュートを突き刺し同点に追いついた。 ▽ついに追いつかれてしまったセビージャはノリートとプロメスを下げてフランコ・バスケスとイェデルをピッチへ送り出す。 ▽しかし、次に試合を動かしたのもクラスノダールだった。88分、ボックス手前からの強烈なFKはGKバシリクにはね返されるものの、こぼれ球にクラーセンがいち早く反応。頭で落とすと、これをオクリアシュヴィリがオーバーヘッドシュートで叩き込み、土壇場でホームチームが試合を引っくり返した。 ▽その後、セビージャも攻勢を強めるものの時間が足りず万事休す。相手の猛攻に耐え切れなかったセビージャは相手に2連勝を譲る結果となってしまった。 2018.10.05 06:06 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャファンがゴールを喜びスタンドから落下…試合は一時中断し8名が病院へ搬送

▽喜びから一転、痛い出来事に変わってしまった。セビージャのサポーターの数人が、ゴールを喜んだ際にスタンドからピッチに落下し負傷した。スペイン『アス』が報じた。 ▽29日、セビージャはリーガエスパニョーラ第7節でエイバルと対戦。アウェイゲームながら1-0とリードして迎えた後半14分に事件は起きた。 ▽セビージャは、エベル・バネガがPKを決めリードを2点に広げると、選手たちはスタンドのサポーターのに集まった。それを歓迎しようとスタンドの前にサポーターが集まった瞬間、手すりが崩壊し、数名のサポーターがピッチへと雪崩れ落ちた。 ▽この影響で、試合は約6分間中断。ドクターの診断を受け、8名のサポーターが病院へと搬送された。なお、エイバルは重傷ではないと発表している。また、選手たちにケガはなかった。 ▽その後、バネガが終盤に2ゴール目を記録。エイバルもホルダンのゴールで1点を返したが、3-1でセビージャが勝利した。 [写真は崩壊したスタンド(ヘタフェ戦)] 2018.09.30 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

好調セビージャが後半の3発でリーグ3連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは29日、リーガエスパニョーラ第7節でエイバルと対戦し、3-1で勝利した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽リーグ戦連勝中のセビージャが、エイバルの本拠地エスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われた第6節のレアル・マドリー戦を3-0で快勝したセビージャは、その試合と同じ11人で試合に臨んだ。 ▽立ち上がりから主導権を握るセビージャは、12分に決定機。アンドレ・シウバのパスに抜け出したサラビアがボックス中央からシュートを放ったが、これはGKドミトロビッチの好セーブに防がれた。 ▽さらにセビージャは31分にも、左サイド深くまで駆け上がったアラーナのクロスからサラビアがチャンスを迎えるも、シュートは再びGKドミトロビッチの好守に阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、試合は開始早々に動く。47分、バイタルエリア中央まで持ち上がったアンドレ・シウバが右サイドのスペースへパスを展開。このパスを受けたヘスス・ナバスがボックス右まで侵攻し折り返すと、ダイアゴナルランでニアサイドに飛び出したアンドレ・シウバが倒れながらもヒールでゴールに流し込み、セビージャが先制した。 ▽先制点で主導権を握るセビージャは、58分にヘスス・ナバスのクロスがホセ・アンヘルのハンドを誘いPKを獲得。このPKをバネガがゴール中央に決め、追加点を奪った。すると、このゴールに興奮したセビージャサポーターがピッチを隔てる柵に押し寄せ、柵が崩壊。これにより試合が約8分間中断した。 ▽再開後は一進一退の攻防が続き、試合は終盤に突入。すると、後半アディショナルタイムにセビージャがチャンスを迎える。94分、GKバシリクのロングフィードのこぼれ球を拾ったプロメスが素早くボックス手前のムリエルへパス。これをムリエルがワンタッチで落とすと、バイタルエリア手前のバネガがダイレクトシュート。これがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽その後、エイバルのホルダンに1点を返されたが、最後までリードを守り抜き、3-1で勝利。セビージャがリーグ戦3連勝を飾り、好調を維持している。 2018.09.30 03:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーに朗報! カルバハルがマドリッド・ダービーで復帰へ

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFダニエル・カルバハルが、“マドリッド・ダービー”に向けて準備を進めている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽負傷によりリーガエスパニョーラ第5節エスパニョール戦、第6節セビージャ戦を欠場したカルバハル。その間にレアル・マドリーではスペイン代表MFイスコ、ブラジル代表DFマルセロが立て続けに負傷し、セビージャ戦を0-3で落として今シーズン初黒星を喫するなど、悪いニュースが続いている。 ▽そういった中で29日に迎えるリーガ第7節では、アトレティコ・マドリーと対戦。レアル・マドリーは危機的状況でこのビッグマッチを戦うが、『マルカ』によると久々に朗報が聞こえてきたようだ。 ▽セビージャ戦の翌日、27日の練習にカルバハルが登場。記事では、アトレティコ・マドリーとのダービーに出場可能なコンディションだろうと伝えられている。 ▽過密日程の中で迎える“マドリッド・ダービー”。注目の一戦は、29日27時45分にキックオフを迎える。 2018.09.28 13:40 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース