白熱のセビージャ・ダービーはドロー! ベティス&ビジャレアルのELストレートイン、セビージャのEL出場権獲得が確定《リーガエスパニョーラ》2018.05.13 04:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第37節、ベティスvsセビージャが12日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-2のドローに終わった。

▽6位ビジャレアル(勝ち点57)と7位セビージャ(勝ち点54)による、今季2度目のセビージャ・ダービー。前節、アスレティック・ビルバオに0-2で敗れ、8試合ぶりの黒星を喫したベティスはわずかながら残されていたトップ4フィニッシュの夢が完全に潰えると共に、ヨーロッパリーグ(EL)ストレートインもお預けに。

▽一方、モンテッラ前監督解任でカパロス暫定監督の下で今季残り試合を戦うセビージャは新体制に以降してからレアル・ソシエダ、レアル・マドリーに2連勝と復調気配が漂う。中2日、敵地でのダービーに向けてはマドリー戦から先発6人を変更。ロケ・メサやバネガ、ノリート、サンドロ・ラミレスが起用された。

▽ベティコが熱狂的な雰囲気を作り出したベニート・ビジャマリンでのダービーは早い時間帯にスコアが動く。5分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのホアキンがクロスを入れると、ニアに飛び込んだバルトラが頭でフリックしてゴール右隅に流し込んだ。

▽早い時間帯に先制を許したセビージャはすぐさま反撃を開始。ボールを保持して後方から丁寧に繋ぐ相手に対してプレッシャーをかけながら、カウンターからチャンスを窺う。ノリートやバネガ、サラビアとボックス付近で幾度かシュートまで持ち込むが、崩し切るまでには至らない。その後はダービーらしい球際でバチバチやり合う展開が続く中、互いにカードが増えていくも前半はこのままベティスリードで終了した。

▽迎えた後半、前半終了間際にメルカドに代えてイェデル、ハーフタイム明けにサラビアを下げてラユンと2枚のカードを切っていくセビージャ。対するベティスもグアルダードを下げて後半頭からブデブスをピッチに送り込む。

▽後半立ち上がりの48分にボックス左に持ち込んだノリートのシュートで最初のチャンスを作ったセビージャはやや幸運な形から同点に追いつく。57分、ボックス左に抜け出したイェデルがゴールライン際で何とかボールを残すと、この場面でベティス守備陣が同選手のハンドとセルフジャッジして気を抜くと、イェデルの折り返しがDFに当たってゴール方向にこぼれると、これに反応したイェデルが押し込んだ。

▽一瞬の隙から追いつかれたベティスだが、直後の61分に絶好機。右サイドから切り込んだブデブスのパスをボックス左のホアキンが絶妙なワンタッチでゴール右フリーのロレンに繋ぐ。だが、ロレンはシュートをもたつき相手DFにブロックされる。

▽その後は再び拮抗した展開に陥るが、セビージャがセットプレーから逆転に成功。79分、バネガの右CKをニアのイェデルが右足でフリックすると、ゴール前のケアーが冷静に右足で蹴り込んだ。

▽ホームで逆転を許したベティスだったが、先ほど絶好機を逸したロレンが名誉挽回の一撃を決める。81分、右サイドのバラガンからのアーリークロスをスライディングシュートで合わすと、GKが弾いたボールを体制を崩しながら何とか押し込んだ。最後まで勝ち越しゴールを目指して攻め合った両者だったが、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎えた。

▽なお、同時刻開催の試合で8位ヘタフェが敗れ、6位ビジャレアルが勝利したため、ベティスとビジャレアルのELストレートイン並びに7位が確定したセビージャのEL予選3回戦からの出場が決定している。

コメント

関連ニュース

thumb

キューウェル「リバプールの勝利を願っている」古巣の欧州制覇に期待

かつてリバプールでチャンピオンズリーグ制覇を経験した元オーストラリア代表FWハリー・キューウェルが、現地時間26日に控えているレアル・マドリーvsリバプールへの展望を『Goal』に語ってくれた。<br><br>リバプールで5シーズン戦ったキューウェルは「レアル・マドリーはこの大会での優勝記録を保持しているからね。リバプールにとって、彼らを倒すことはとても大変なミッションとなるだろう」と語っている。<br><br>「それでも(ユルゲン)クロップは良いチームを形成していると思う。とてもエネルギッシュで素早い仕掛けができるチームだ。どちらも大胆な攻撃を見せるチームだし、エキサイティングな展開になることを期待しているよ」<br><br>優勝予想については「それはやっぱりリバプールの勝利を願っている。退屈な内容にならないと思っているし、大一番の勝負を楽しみたいね」と発言。やはり元リバプールの選手だけに、古巣の欧州王座返り咲きを熱望しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.05.26 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、カパロス氏をディレクターに任命

▽セビージャは24日、ホアキン・カパロス氏(62)をディレクターに任命したことを発表した。 ▽カパロス氏は2017-18シーズン、4月に解任されたヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の後を受けてセビージャの監督に就任していた。するとシーズン終盤に復調したチームは7位でシーズンを終え、ヨーロッパリーグ出場を決めていた。 ▽そのカパロスに対し、セビージャは各カテゴリーのチームを統括し、若手の育成を担うディレクター職を用意した。 ▽地元出身のカパロス氏はこれまでビルバオやマジョルカ、オサスナといったクラブで実績を上げていた。 2018.05.25 04:58 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャが本拠地サンチェス・ピスフアンを改修…座席や設備を増設

▽セビージャは21日、本拠地であるエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンに関して、4万7000人収容に改修することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽現在のサンチェス・ピスフアンは、4万2500人収容。改修時には、4つのスタンドにそれぞれ1000席を追加。さらに、下段のスタンドには折りたたみシートを配置。そのほか、出入り口や車椅子用の設備が増設されるようだ。 ▽さらには、UEFA用のオフィスやトンネルの改装。レフェリーのためのロッカールームの新設などが行われるとのこと。ウォーミングアップエリアも増えるようだ。 ▽また、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入に向け、カメラとモニターを配置したデスクも設置されるとのことだ。 ▽サンチェス・ピスフアンは1957年に建設され、当時は7万人収容だった。1982年のスペイン・ワールドカップに向けて、改装され、4万2714人収容に縮小されていた。 2018.05.21 23:50 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ、セビージャDFラングレ獲得へ...移籍金45億円を準備か

バルセロナは、セビージャDFクレマン・ラングレ獲得を真剣に検討しているのかもしれない。<br><br>バルセロナは現在DFジェラール・ピケ、サミュエル・ユムティティがレギュラーでCBを務めている。だが同2選手が先発から外れた先のレバンテ戦では5失点を喫するなど、守備を不安視する声が挙がっている。<br><br>また、バルセロナはユムティティの去就が不透明となっている。バルセロナとの契約延長交渉に臨んでいるとみられるフランス代表DFだが、現時点では合意に至っていない。契約解除金が6000万ユーロ(約78億円)に設定されているユムティティを、マンチェスター・ユナイテッドら複数クラブが狙っているとされる。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナは守備陣を強化するため、ラングレ獲得に動くという。すでに選手とは個人合意に至っている模様。バルセロナは22歳DFを確保するため、移籍金3500万ユーロ(約45億円)を準備しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.16 23:59 Wed
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第37節プレビュー】無敗バルサはレバンテ戦! セビージャ・ダービーも開催

▽先週末に行われた第36節では白熱のエル・クラシコが痛み分けのドローとなったほか、2位アトレティコ・マドリー、4位バレンシアが共に敗戦と上位陣が揃って取りこぼし。また、ミッドウィークに行われた第34節延期分の2試合ではバルセロナがビジャレアルに圧勝した一方、レアル・マドリーはセビージャに敗戦を喫した。 ▽優勝争いにチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い、残留争いがすべて決した中、残り2試合で注目すべきは38試合制で初となる無敗優勝が懸かるバルセロナとヨーロッパリーグ(EL)出場権争いだ。 ▽10人での戦いを強いられたエル・クラシコを2-2のドローで終え、ミッドウィークに行われたビジャレアル戦も5-1の圧勝で飾ったバルセロナは、今節16位のレバンテとのアウェイゲームに臨む。戦前にはホーム最終戦のレバンテサイドから無敗優勝ストップに向けて意気込みの声が上がっているものの、すでに残留を決めている状況だけに、モチベーションの面では明らかにバルセロナに分があるはずだ。そのバルセロナではクラシコでマルセロの顔面を叩いたMFセルジ・ロベルトが4試合の出場停止で起用できないものの、それ以外に目立ったケガ人はおらず、万全の状態で臨める。注目はゴールデンブーツ獲得に向けてポールポジションに立つ今季34ゴールのFWメッシと、直近のビジャレアル戦で好パフォーマンスを披露したMFコウチーニョとMFデンベレの新加入組だ。 ▽また、6位ビジャレアル(勝ち点57)と7位セビージャ(勝ち点54)、8位ヘタフェ(勝ち点52)の3チームが残り2枠を争うEL出場権争いでは、すでに7位以内を確定している5位ベティス(勝ち点59)とセビージャによる、セビージャ・ダービーに注目が集まる。 ▽前節、アスレティック・ビルバオに0-2で敗れ、8試合ぶりの黒星を喫したベティスはわずかながら残されていたトップ4フィニッシュの夢が完全に潰えると共に、ELストレートインもお預けとなった。さらに、ミッドウィークの延期試合でセビージャが勝利したため、残り2試合での7位転落の可能性が出てきており、その場合来季はEL予選3回戦からシーズンをスタートすることになる。その意味でより重要性を増すエスタディオ・ベニート・ビジャマリンでのダービーでは勝ち点奪取が求められる。 ▽一方、モンテッラ前監督解任でカパロス暫定監督の下で今季残り試合を戦うセビージャは新体制以降してからレアル・ソシエダ、レアル・マドリーに2連勝と復調気配が漂う。しかし、前回対戦で敗れているベティス相手にシーズンダブルを許すようだと、勝ち点2差に迫るヘタフェに抜かれて最低限のノルマであるEL出場権を逃がす可能性も十分にある。そのため、中2日で敵地でのダービーといえども勇敢な戦いが求められる。 ▽ベティスの勝利に期待しつつ、逆転でのEL出場権獲得を目指すヘタフェはホーム最終戦で2位アトレティコとの自治州ダービーに挑む。前回対戦では格の違いを見せ付けられ0-2で敗戦したヘタフェだが、直近5試合では4勝1分けと絶好調だ。加えて、アトレティコは来週ミッドウィークにマルセイユとのEL決勝を控えており、大幅なターンオーバーを行う可能性が高い。そのため、勝機は十分にあるはずだ。なお、直近のラス・パルマス戦で5試合ぶりの出場と共にフル出場を果たしたMF柴崎岳としては、堅守アトレティコを相手に攻撃面で違いをみせ、日本代表のワールドカップメンバー入りに向けて最後のアピールと行きたい。 ▽また、最終節にレアル・マドリー戦を控えるビジャレアルはすでに降格が決定した18位デポルティボ のホームに乗り込む今節での勝利が必須だ。そのためにはバルセロナ戦で5失点を喫した守備面の立て直しが急務だ。また、好調を維持するFWバッカらがきっちり決定機を決めきることも必要となる。 ▽その他の注目はそれぞれ今季のホーム最終戦に臨む3位レアル・マドリーと10位エイバルの2チームの戦いだ。直近のセビージャ戦では主力を温存した結果、2-3の敗戦を喫したレアル・マドリー。今季最重要試合であるCL決勝リバプール戦を26日に控える中、ビジャレアルとの最終節では主力温存の可能性が高い。それだけにホーム最終戦となる今回のセルタ戦ではある程度主力を投入し、苦戦が続いたリーガでの戦いを良い形で締めくくりたいところだ。一方、エイバルでは2015年の加入から3年間を過ごしたイプルーアに別れを告げるMF乾貴士に注目だ。直近のジローナ戦では今季5点目を含め、3点に絡む圧巻のパフォーマンスを披露しており、守備に難のある19位ラス・パルマス相手の本拠地ラストゲームで持ち味の積極的な仕掛けやゴールで見せ場を作りたいところだ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第37節》 ▽5/12(土) 《23:15》 レアル・ソシエダ vs レガネス 《25:30》 アラベス vs ビルバオ デポルティボ vs ビジャレアル エイバル vs ラス・パルマス ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー ジローナ vs バレンシア ベティス vs セビージャ 《27:45》 レアル・マドリー vs セルタ ▽5/13(日) 《23:15》 エスパニョール vs マラガ 《27:45》 レバンテ vs バルセロナ</div> 2018.05.12 18:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース