白熱のセビージャ・ダービーはドロー! ベティス&ビジャレアルのELストレートイン、セビージャのEL出場権獲得が確定《リーガエスパニョーラ》2018.05.13 04:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第37節、ベティスvsセビージャが12日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-2のドローに終わった。

▽6位ビジャレアル(勝ち点57)と7位セビージャ(勝ち点54)による、今季2度目のセビージャ・ダービー。前節、アスレティック・ビルバオに0-2で敗れ、8試合ぶりの黒星を喫したベティスはわずかながら残されていたトップ4フィニッシュの夢が完全に潰えると共に、ヨーロッパリーグ(EL)ストレートインもお預けに。

▽一方、モンテッラ前監督解任でカパロス暫定監督の下で今季残り試合を戦うセビージャは新体制に以降してからレアル・ソシエダ、レアル・マドリーに2連勝と復調気配が漂う。中2日、敵地でのダービーに向けてはマドリー戦から先発6人を変更。ロケ・メサやバネガ、ノリート、サンドロ・ラミレスが起用された。

▽ベティコが熱狂的な雰囲気を作り出したベニート・ビジャマリンでのダービーは早い時間帯にスコアが動く。5分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのホアキンがクロスを入れると、ニアに飛び込んだバルトラが頭でフリックしてゴール右隅に流し込んだ。

▽早い時間帯に先制を許したセビージャはすぐさま反撃を開始。ボールを保持して後方から丁寧に繋ぐ相手に対してプレッシャーをかけながら、カウンターからチャンスを窺う。ノリートやバネガ、サラビアとボックス付近で幾度かシュートまで持ち込むが、崩し切るまでには至らない。その後はダービーらしい球際でバチバチやり合う展開が続く中、互いにカードが増えていくも前半はこのままベティスリードで終了した。

▽迎えた後半、前半終了間際にメルカドに代えてイェデル、ハーフタイム明けにサラビアを下げてラユンと2枚のカードを切っていくセビージャ。対するベティスもグアルダードを下げて後半頭からブデブスをピッチに送り込む。

▽後半立ち上がりの48分にボックス左に持ち込んだノリートのシュートで最初のチャンスを作ったセビージャはやや幸運な形から同点に追いつく。57分、ボックス左に抜け出したイェデルがゴールライン際で何とかボールを残すと、この場面でベティス守備陣が同選手のハンドとセルフジャッジして気を抜くと、イェデルの折り返しがDFに当たってゴール方向にこぼれると、これに反応したイェデルが押し込んだ。

▽一瞬の隙から追いつかれたベティスだが、直後の61分に絶好機。右サイドから切り込んだブデブスのパスをボックス左のホアキンが絶妙なワンタッチでゴール右フリーのロレンに繋ぐ。だが、ロレンはシュートをもたつき相手DFにブロックされる。

▽その後は再び拮抗した展開に陥るが、セビージャがセットプレーから逆転に成功。79分、バネガの右CKをニアのイェデルが右足でフリックすると、ゴール前のケアーが冷静に右足で蹴り込んだ。

▽ホームで逆転を許したベティスだったが、先ほど絶好機を逸したロレンが名誉挽回の一撃を決める。81分、右サイドのバラガンからのアーリークロスをスライディングシュートで合わすと、GKが弾いたボールを体制を崩しながら何とか押し込んだ。最後まで勝ち越しゴールを目指して攻め合った両者だったが、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎えた。

▽なお、同時刻開催の試合で8位ヘタフェが敗れ、6位ビジャレアルが勝利したため、ベティスとビジャレアルのELストレートイン並びに7位が確定したセビージャのEL予選3回戦からの出場が決定している。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG、エンゾンジ獲得に動く

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は、セビージャのフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得に動くようだ。スペイン『アス』がフランス『フランス・フットボール』の報道をもとに伝えている。 ▽伝えられるところによると、今季からPSGで新たに指揮を執るトーマス・トゥヘル監督が、退団濃厚なフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の代役として同胞のエンゾンジ獲得を熱望しているようだ。ラビオに関しては、今夏クラブとの契約延長を拒否しているとみられており、バルセロナからの関心が伝えられている。 ▽今夏のセビージャ退団が有力視されているエンゾンジ。一時はローマ移籍が決定的となっていたものの、結局成立ならず。セビージャのパブロ・マチン監督によれば、同選手に対して未だに満足のいくオファーはなく、安価でエンゾンジを売却するつもりはないという。 ▽エンゾンジは、母国アミアンでプロデビューを果たすと、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャへ加入。加入初年度にヨーロッパリーグ3連覇に貢献すると、昨シーズンも公式戦44試合に出場していた。また、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦し、5試合に出場。フランスの20年ぶり優勝に貢献した。 2018.08.14 14:29 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサのタイトル最多獲得選手となったメッシ…バルベルデ「似たような選手現れない限り並べない」

12日のスペイン・スーパーカップ、バルセロナはセビージャを2&minus;1で下して、2年ぶりの優勝を果たした。エルネスト・バルベルデ監督は試合後、チームが勝利に値したことを強調している。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』がチングリ(バルベルデ監督の愛称、蟻の意)のコメントを伝えた。<br><br>「セビージャは後方に引いたが、私たちが予期するところではなかった。最初はプレーリズムが遅く、苦労を強いられた。ライン間のスペースもなかったしね。少し焦った時間帯もあったが、しかし私たちは勝利に値したと思う」<br><br>また強烈なミドルシュートでチームを逆転勝利に導いたFWウスマン・デンベレに対して、称賛の言葉を述べている。<br><br>「均衡を崩せるという点で、信じられないクオリティーを有している。私たちに多くのことをもたらしてくれると期待を寄せているし、少しずつ力を発揮してほしいね」<br><br>「彼は時間が経つに連れて良くなっていた。というのも、最初はライン間にスペースが存在しなかったからね。とても難しい試合だったし、ライン間のスペースがあれだけ少なければじつに困難な内容となる。しかし、彼はそのスペースでボールをうまく受けて、ゴラッソを決めてくれた」<br><br>バルベルデ監督はその一方で、この優勝によってバルセロナでのタイトル獲得数を33に伸ばし、同クラブのタイトル最多獲得選手となったFWリオネル・メッシにも言及した。<br><br>「ほかの選手が到達できる記録とは思えない&hellip;&hellip;。ほかに達成できる選手がいるならば、それはメッシのような選手にほかならない」<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.14 00:25 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 2-1 セビージャ《スーペル・コパ》

▽スーペル・コパ2018、バルセロナvsセビージャが12日にモロッコで行われ、2-1で勝利したバルセロナが2年ぶりの優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180813_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 失点はノーチャンス。同点直後の前半終盤にサラビアの決定機を阻止。最後は自ら与えたPKをストップ DF 2 N・セメド 5.5 立ち上がりこそ良い攻撃参加を見せたが、時間の経過と共に攻撃面で手詰まり感が目立った 3 ピケ 6.5 値千金の同点ゴールを記録。守備ではカウンターの対応に苦戦もマイボール時には持ち出しやスイッチを入れるパスで起点に 15 ラングレ5.5 古巣初対戦で気合いが空回りしたか、やや攻守に細かいミスが散見 18 ジョルディ・アルバ 6.5 自身の攻め上がった後方のスペースを使われたが、持ち味の攻撃参加で幾度も決定機に絡んだ MF 2 ラフィーニャ 5.5 プレシーズンに比べて自由度が制限されたが、幾度か左足の際どいパスでチャンスを演出 (→ラキティッチ 5.5) W杯後初出場ということもあり、ややキレを欠いた 5 ブスケッツ 5.5 絶妙な浮き球パスでチャンスを演出したが、守備の局面では幅広いスペースのケアに苦戦 8 アルトゥール 5.5 イニエスタの背番号8を背負って初めてプレー。攻守にそつなくプレーしたが、プラスアルファはなかった (→コウチーニョ 5.5) メッシと共に鋭い仕掛けで決定機に絡んだ FW 10 メッシ 6.5 仕掛ける回数は多くなかったが、視野の広さとプレー精度の高さが抜群。多くの決定機を演出。デンベレの決勝点もアシスト 9 スアレス 5.5 動き出しの感覚は悪くなかったが、イメージとコンディションのズレが目立った 11 デンベレ 6.5 惜しいシュートや鋭い仕掛けで見せ場は作り、最後は圧巻のゴラッソで勝利の立役者に (→ビダル -) バルセロナデビューを飾る 監督 バルベルデ 6.0 [4-3-3]の布陣に戻しまずまずの内容で今季初タイトル ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180813_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 バシリク 6.5 2失点も再三の好守を見せる。とりわけ、シュートコースの切り方や反応速度が秀逸 DF 25 メルカド 5.5 相手の強力な攻撃に対して危険なエリアを身体を張って埋めた (→イェデル -) 4 ケアー 6.0 スアレスに粘り強く対応。ビルドアップの場面でも質の高さを見せた 3 セルジ・ゴメス 6.0 攻守に及第点の出来。崩されかけた場面で冷静な対応が光った MF 16 ヘスス・ナバス 6.0 アルバの攻め上がりに対応しつつ、幾度かカウンターの場面で鋭い仕掛けを見せた 10 バネガ 6.0 守備の局面で身体を張りつつ前線に正確な縦パスを通してカウンターの起点に 7 ロケ・メサ 5.5 苦手の守備で後手を踏んだが、攻守に多くの仕事量をこなした 18 エスクデロ 5.5 献身的な守備を見せたが、やや攻撃面で物足りなかった FW 17 サラビア 6.5 先制点を奪取。質の高い動き出しとキック精度で相手の脅威に (→アレイシ・ビダル 5.5) 古巣初対戦でPK奪取も勝利に繋がらず 14 ムリエル 6.5 先制点をアシスト。うまくスペースでボールを受けてそこから馬力のある仕掛けで再三の決定機に絡んだ (→アンドレ・シウバ 5.5) セビージャデビュー。一定の起点となった 22 フランコ・バスケス 6.5 決定的な仕事はなかったが、献身的なプレスバックと左足の技術とアイデアを武器に攻撃を牽引 監督 マチン 6.0 新布陣が機能するなど、難敵相手に実りのある敗戦に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デンベレ(バルセロナ) ▽試合を通して存在感を示したメッシや相手守護神バシリクの活躍も見事だったが、試合を決める驚愕のゴラッソを決めたデンベレをMOMに選出。バルセロナ残留を決断した中、今後のポジション争いに向けた大きなアピールに。 バルセロナ 2-1 セビージャ 【バルセロナ】 ピケ(前42) デンベレ(後33) 【セビージャ】 サラビア(前9) 2018.08.13 07:14 Mon
twitterfacebook
thumb

デンベレのゴラッソに守護神テア・シュテーゲンの土壇場PKストップ! バルサがセビージャ下して2年ぶりの戴冠《スーペル・コパ》

▽スーペル・コパ2018、バルセロナvsセビージャが12日にモロッコで行われ、2-1で勝利したバルセロナが2年ぶりの優勝を果たした。 ▽昨季、リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイ2冠を達成したバルセロナと昨季コパ・デル・レイ準優勝のセビージャの2チームで争われるスーペル・コパ。例年、ホーム&アウェイ形式で行われてきたが、今季はワールドカップ開催による選手たちの疲労を考慮し中立地モロッコでの一発勝負という形となった。 ▽昨季限りでイニエスタ、パウリーニョという主力クラスが退団したバルセロナは今夏ラングレ、アルトゥール、ビダル、マウコムの4選手を獲得。今回のスーペル・コパではラングレとアルトゥールがメッシやルイス・スアレス、テア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバら主力と共に先発に入った。 ▽一方、前ジローナのマチン監督を新指揮官に迎えたセビージャは前述のラングレやコレア、セルヒオ・リコが退団し、代わってバシリクやアレイシ・ビダル、ニャニョン、アンドレ・シウバらが加入。すでにヨーロッパリーグ(EL)予備予選でシーズンをスタートしたチームは新守護神バシリクとセルジ・ゴメスの新戦力を除きバネガやケアー、ムリエル、ヘスス・ナバスなど昨季からの主力を起用。ただ、マチン監督お馴染みの[3-4-3]の新布陣で臨んだ。 ▽立ち上がりからバルセロナがボールを保持する展開が続くが先制点は早い時間帯にセビージャに生まれる。9分、最終ラインのメルカドから前線に長い縦パスが出ると、相手DFに当たってコースが変わったボールがボックス手前中央のムリエルに渡る。ここでDFを引き付けたムリエルからボックス右でフリーのサラビアに短いパスが通り、最後は左足のシュートがゴール左隅に決まった。この場面で副審はオフサイドの旗を上げたもののビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められた。 ▽一瞬の隙を突かれて先制を許したバルセロナはすぐさま反撃を開始。右ウイングに入ったメッシがアルバへの対角線上のスルーパスを使いながら左サイドを崩し、そこからグラウンダーのクロスを中央のスアレスらに供給していく。さらに15分には左CKのショートコーナーからドリブルでゴール左に持ち込んだメッシがシュートも相手GKの好守に遭う。 ▽その後もメッシやラフィーニャを起点に内と外を織り交ぜた攻撃でゴールを目指すバルセロナだが、右サイドバックのセメドや左ウイングのデンベレが効果的に攻撃に絡めず、厚みのある仕掛けを見せられない。37分にはボックス右に抜け出したスアレスに絶好機もここはシュートを枠の左に外してしまう。 ▽それでも攻勢を続けるバルセロナは42分、アルトゥールがボックス手前の好位置で倒されてFKを獲得。キッカーのメッシの右隅を狙ったシュートはGKバシリクに触られて右ポストを叩くも、このこぼれ球に反応したピケが左足で流し込み、同点に追いつく。その後、サラビアとメッシに2点目のチャンスが訪れるも前半は1-1で終了した。 ▽迎えた後半、ハーフタイム明けにラフィーニャを下げてラキティッチ、53分にアルトゥールを下げてコウチーニョを投入したバルセロナ。後半は被カウンター時の修正が施された結果、完全に試合をコントロールしていく。だが、60分のメッシの直接FKが再び相手GKの好守に遭うと、62分には逆にバネガの左CKをフランコ・バスケスに頭で合わせられバー直撃の決定機を許す。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、セビージャはミランから加入したばかりのアンドレ・シウバ、古巣初対戦のA・ビダルをピッチに送り出し攻勢を強める。対してバルセロナは78分にボックス内でスアレス、メッシと立て続けに決定的なシュートを放つが、GKバシリクの驚異的なセーブに阻まれる。しかし、直後の78分にはメッシの素早いリスタートからボックス手前右でパスを受けたデンベレが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上隅に突き刺さり、ついにバシリクの牙城を破った。 ▽この勝ち越しゴールを守り切りたいバルセロナは86分に殊勲のデンベレを下げて新戦力ビダルをピッチに送り出す。だが、試合終了直前の90分にはボックス内での守備陣の連係ミスからA・ビダルをGKテア・シュテーゲンが倒してしまい、土壇場で痛恨のPK献上。それでも、百戦錬磨のドイツ代表GKはキッカーのイェデルの右を狙ったシュートを完璧に読み切ってストップし、自身が与えたPKを見事に阻止した。そして、セビージャとの激闘を制したバルセロナが2年ぶりとなるスーペル・コパ優勝を果たした。 2018.08.13 07:11 Mon
twitterfacebook
thumb

スーペル・コパはEU圏外無制限、運営の後出し発表にバルベルデ監督も辟易

▽スーペル・コパ2018バルセロナvsセビージャでのEU圏外枠に関して、スペインサッカー協会(RFEF)が驚きの“後出し発表”を行っていたようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽『マルカ』によると、REFEはスーペル・コパのメンバー発表直前に「EU圏外枠の選手を無制限に登録できる」とアナウンス。これに関して、セビージャ側は全く知らされていなかったと抗議している。 ▽また、準備不可能なタイミングの発表であったにも関わらず、バルセロナが本来のEU圏外枠3名を超過するブラジル人3名、チリ人1名の合計4名を招集していると指摘。実際には、ブラジル人MFフィリペ・コウチーニョは妻を介してポルトガル国籍を取得していると理解されているため、通常のEU圏外枠3名だったとしても問題はなかった可能性が高い。しかし、セビージャは法務部を通じて抗議文を提出する意向を示しており、レギュレーションに関する混乱が尾を引いている。 ▽また、セビージャ側から批判されているバルセロナも、今回のEU圏外枠については知らされていなかったという。エルネスト・バルベルデ監督が、以下のように述べている。 「スーペル・コパがプロの大会ではなくなってしまう。何を話せばいいか分からないよ」 「セビージャはプロフェッショナルであり、私たちもプロフェッショナルだ」 「私たちがEU圏外の登録メンバーについて今週経験した全てのトラブルは、以前から彼ら(REFE)が注意喚起できたものだ」 ▽コパ・デル・レイ王者とリーガエスパニョーラ王者が雌雄を決するスーペル・コパ。礼儀正しく他者を批判することの少ない人柄で知られるバルベルデ監督を以ってしても、大会の権威を貶めかねない運営の“ドタバタ劇”には辟易したようだ。 2018.08.12 19:55 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース