ホーム最終戦で意地の勝利もHSVがクラブ史上初の降格…酒井と1A伊藤は試合後に涙…《ブンデスリーガ》2018.05.13 00:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ最終節、ハンブルガーSVvsボルシアMGが12日にフォルクスパルク・シュタディオンで行われ、ホームのHSVが2-1で勝利した。しかし、クラブ史上初の2部降格が決定した。HSVのDF酒井高徳とFW伊藤達哉は共にフル出場した。

▽1963-64シーズンのブンデスリーガ創設以来、一度も2部に落ちることなくトップディビジョンに在籍し続ける唯一のクラブであるHSV。昨シーズンも最終節での劇的残留を果たしてきたが、現在17位のHSV(勝ち点28)は今節の勝利且つ、同時刻開催の試合で16位ヴォルフスブルク(勝ち点30)が最下位ケルンに敗れる奇跡が必要となった。

▽来季のヨーロッパリーグ(EL)出場圏内浮上の可能性を残す9位ボルシアMG(勝ち点47)をホームに迎えた今回の一戦に向けては、キャプテンの酒井、伊藤ともに先発出場を果たした。

▽開始早々にコスティッチのミドルシュートでゴールを脅かすHSVは10分、左CKの場面でホルトビーのシュートがボックス内の相手MFザカリアの腕に当たる。主審は一度はプレーを流すも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行うと、先ほどのプレーでハンドを取りホームチームにPKが与えられる。これをキッカーのフントが冷静に決めてHSVが先制に成功する。

▽その後も危なげなく試合を運ぶHSVだったが、28分に敵陣深くからロングカウンターを許すと、相手のダイレクトパスに対して後手を踏み左サイドのドルミッチに独走を許し、最後はマークに付いたDFがあっさりとシュートフェイントでかわされてボックス左から豪快なシュートを決められた。

▽何とか前半のうちに勝ち越したいHSVは右サイドの伊藤が緩急自在のドリブルでボックス内への侵入を見せるなど、幾度か決定機を作るが、40分にボックス内でホルトビーの折り返しに反応したウッドのシュートは枠の左に外れ、前半を1-1のイーブンで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりの48分にボックス左の伊藤がカットインから鋭い右足のシュートでゴールに迫るが、ここはGKゾンマーのビッグセーブに遭う。逆に60分にはボックス左でラファエウのクロスをフリーで受けたヴェントに絶好機も、ここはDF酒井が決死のゴールカバーでチームを救った。

▽すると、酒井の身体を張ったビッグプレーに触発された伊藤は63分、ボックス左に抜け出してマイナスの折り返しを入れると、これを中央のホルトビーがワンタッチシュートで右隅に流し込み、伊藤のアシストから勝ち越しゴールが生まれる。

▽その後、71分にウッドがこの試合2枚目の警告を受けて退場となるも粘り強い守備でリードをキープするHSV。だが、試合終盤にかけては同時刻開催の試合でヴォルフスブルクが大量リードしているとの情報が入り、ホームゴール裏に不穏な空気が漂い始める。

▽すると、2分のアディショナルタイムではそのホームゴール裏から多くの発煙筒がピッチに投げ込まれ、スタジアムは物々しい雰囲気に。この騒動を予見していた警察や警備担当が多くの人員をピッチ内に投入。さらに、騎馬隊や警察犬までピッチに放たれる騒然とした空気の中で警察とゴール裏のウルトラスの睨み合いが15分ほど続くも、ブリッヒ主審は騒動がやや沈静化したタイミングで試合を再開させたと同時に試合終了のホイッスルを鳴らした。

▽フォルクスパルク・シュタディオン名物のブンデスリーガ残留の時を刻んできたスタンドの時計の針が止まると共に、キャプテンの酒井や伊藤は人目をはばからず涙を流す悲しみの光景の中でHSVのクラブ史上初の降格が決定した。

▽また、同時刻開催となったヴォルフスブルクvsケルンは、ホームのヴォルフスブルクが4-1で勝利した。この結果、ヴォルフスブルクの昇格・降格プレーオフ出場が決定した。なお、ケルンのFW大迫勇也は73分から途中出場した。

▽この試合、引き分け以上で昇格・降格プレーオフ行きが決定するホームのヴォルフスブルクは開始40秒で先制に成功する。左サイドを完璧に崩してマイナスの折り返しが入ると、ウィリアムがわずかに触ってコースを変えたボールをペナルティアーク付近に走り込んだギラヴォギが強烈なミドルシュートで突き刺した。

▽電光石火の先制弾で勢いづくホームチームはその後もオリギらのスピードを生かした縦に速い攻撃から再三の決定機を創出。だが、ボックス内でGKをかわしたブレカロのシュートが相手DFのスーパーブロックに阻まれるなど、追加点には至らず。すると32分、ボックス内でヨイッチから足下にパスを受けたヘクターに圧巻のルーレットでDF2枚が振り切られると、最後はゴール左に飛び出したGKカスティールスの頭上を越える左足のループシュートを流し込まれ、同点に追いつかれた。

▽1-1のイーブンで折り返した試合は後半も早い時間帯にスコアが動く。54分、カウンターから右サイド深くに抜け出したマリの折り返しをオリギが難なく流し込み、ホームチームが一歩前に出る。さらに71分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でブレカロのクロスをクノッヘが頭で流し込み、勝利を大きく近づけた。

▽一方、意地を見せたいケルンは72分にピサーロを下げて大迫をピッチに送り込むが、なかなか決定機を作れない。すると、試合終了間際にはブレカロにトドメの4点目を決められ、試合はこのままヴォルフスブルクの4-1でタイムアップ。苦しみ抜いたシーズンを勝利で終えたヴォルフスブルクは昇格・降格プレーオフで1部残留を目指すことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井高徳、同僚MFの決心を称賛…ホルトビーは大幅減俸で2部降格HSVと合意との報道

MFルイス・ホルトビーは2部に降格のハンブルガーSV(HSV)との契約を延長した。その決心を主将のDF酒井高徳がたたえている。<br><br>HSVはブンデスリーガ最終節でボルシアMGに勝利を収めるも、クラブ史上初の2部降格が決定。ラスト8試合で5ゴールと絶好調だったホルトビーはFW伊藤達哉らとともに最後まで1部残留への望みをつなげるパフォーマンスを披露していた。<br><br>そして、ホルトビーは今シーズン限りで満了となっていた契約を1年延長することを決断。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によれば、これまで350万ユーロ(約4億5000万円)とチームでは高年俸を受け取っていた同選手は、5割減俸の条件で合意に至ったという。<br><br>そんなホルトビーの決断に主将の酒井も感銘を受けたようだ。ドイツメディア『spox』で、「2部に値する条件でしか成立しないことを彼も把握していたはず。HSVととても強い絆で結ばれるルイスは、素晴らしいメッセージを送りましたね」とその契約延長を喜んだ。<br><br>一方の酒井だが、降格決定直後にHSVとの契約延長を宣言していたが、まだ新契約の締結には至っていない状況。トルコ方面ではベシクタシュへの移籍の可能性が再び報じられるも、ホルトビーの決断に対するコメントから自身も残留を目指していることがうかがえる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.26 01:35 Sat
twitterfacebook
thumb

フライブルクが降格HSVからFWワルドシュミッドを獲得

▽フライブルクは24日、ハンブルガーSVのドイツ人FWルカ・ワルドシュミッド(22)の獲得を発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は500万ユーロ(約6億4000万円)とのことだ。 ▽前線の複数ポジションをこなせるアタッカーのワルドシュミッドは、フランクフルトの下部組織出身で2016年夏にHSVへ移籍。HSVではこれまで公式戦38試合に出場して3ゴール4アシストを記録している。また、ドイツ代表としてはU-16からU-21まで各カテゴリーで選出されていた。 ▽フライブルクへの移籍についてワルドシュミッドは次のように述べている。 「フライブルクからは比較的長い間コンタクトをもらっていた。そしてこれからの成長のために、正しい場所だと感じることができたよ」 2018.05.25 00:13 Fri
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉、ブンデス年間最優秀若手選手候補にノミネート!

▽ハンブルガーSV(HSV)に所属するFW伊藤達哉が、「ブンデスリーガ・ルーキー・アワード 2017/18」の最終候補にノミネートされた。リーグ公式サイトが伝えている。 ▽スイスの高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」協賛のもと、ユーザー投票によって毎月のベスト・ルーキーを選出しているルーキー・アワード。今回は、昨年9月からの各月で選出された若手選手の中から年間最優秀若手選手が選出される。また、伊藤は4月の月間最優秀若手選手に選ばれたことで、ノミネートされている。 ▽公式サイトで伊藤は、「1対1に強く高いクオリティを持っている。予測不能で止めることはほぼ不可能」と紹介されている。また、自身もインタビューで「ウイングで背が小さいことは不利にならない。小さくてもワールドクラスな選手が多くいる」とコメントしている。 2018.05.23 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯初戦コロンビアの“キーマン”ハメス…酒井高徳が印象語る《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がメディア陣の質疑に応対。ロシア・ワールドカップのグループステージ初戦で対戦するコロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)の印象や、西野朗監督が3バック採用時の対応について語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井高徳</span>(ハンブルガーSV/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──W杯グループステージ初戦の相手コロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲスについて</span> 「今シーズンの印象は、時間を与えれば素晴らしい選手である反面、ちょっとふわっとした感じもある。でも、他の選手もすごい。前を向かせる向かせないでコロンビア側の攻め手の1つを消すことになるので、時間を与えないことが大事になってくる」 <span style="font-weight:700;">──ハメス・ロドリゲスの封じ方について</span> 「場所が大事。入ってくるところが例えば、低い位置なら僕的にそこまで注意をする必要はないのかなと。むしろ、そっちの方が僕らにとって良いこと。そういう展開に持っていけるようなプレッシャーをかけていきたい。前回大会を見ていても、DFの前でターンができるような間合いやプレッシャーのかけ方をすると、クオリティのある前線にボールを入れられてしまう可能性がある。彼がどこに立つかによって、僕らの対応も変わってくる」 <span style="font-weight:700;">──4年前はグループステージ最終戦。今回は初戦で対戦となるが</span> 「今回の方が厳しい。初戦だけに、向こうも大事にしてフルメンバーで挑んでくる。僕らもそう。当時と違ったメンタリティを持って戦わないといけない。どっちも120%の力で戦うことが予想できる。僕らはその準備をして、彼らもその準備をしてくると思う」 <span style="font-weight:700;">──相手の変化に対応する術について</span> 「3バックになったら、両ワイドがより高い位置取りになって、数的不利になる局面が増えてくる。そういう場面を迎える前にプレッシャーをかけていくのか、限定してサイドに人数をかけていくのか、受け渡しの部分に関わる選手の間でのコミュニケーションが大事になってくると思う。フラットな布陣できたら、やらないといけないことが明確になってくる」 <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用したらどう対応するか</span> 「3バックのやり方にしても、監督個人で色々ある。その中でも、よりワイドの選手がどれだけ高い位置を取るのか、どれくらい絞るのか、3センターバックの開き具合だったりとか、色々なところが違ってくるので、やってみないとわからない」 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉、4月のブンデス月間最優秀若手選手に選出!

▽ハンブルガーSVに所属するFW伊藤達哉が、ブンデスリーガの4月月間最優秀若手選手(ルーキー・アワード)に輝いた。リーグ公式サイトが伝えている。 ▽スイスの高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」協賛のもと、ユーザー投票によって毎月のベスト・ルーキーを選出しているルーキー・アワード。伊藤は4月に入り、第29節以降の全試合に先発出場を果たし、PK獲得やアシストなど3ゴールをお膳立てしていた。 ▽また、伊藤の他には、レバークーゼンに所属するギリシャ代表DFパナギオティス・レトソス、ヴォルフスブルクに所属するブラジル人DFウィリアム・デ・アセベド・フルタードが候補にノミネートされていた。 ▽今回選出された伊藤は、今シーズン選出されてきたその他のベスト・ルーキーと共に、「ルーキー・アワード・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされる予定だ。 2018.05.16 09:40 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース