ホーム最終戦で意地の勝利もHSVがクラブ史上初の降格…酒井と1A伊藤は試合後に涙…《ブンデスリーガ》2018.05.13 00:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ最終節、ハンブルガーSVvsボルシアMGが12日にフォルクスパルク・シュタディオンで行われ、ホームのHSVが2-1で勝利した。しかし、クラブ史上初の2部降格が決定した。HSVのDF酒井高徳とFW伊藤達哉は共にフル出場した。

▽1963-64シーズンのブンデスリーガ創設以来、一度も2部に落ちることなくトップディビジョンに在籍し続ける唯一のクラブであるHSV。昨シーズンも最終節での劇的残留を果たしてきたが、現在17位のHSV(勝ち点28)は今節の勝利且つ、同時刻開催の試合で16位ヴォルフスブルク(勝ち点30)が最下位ケルンに敗れる奇跡が必要となった。

▽来季のヨーロッパリーグ(EL)出場圏内浮上の可能性を残す9位ボルシアMG(勝ち点47)をホームに迎えた今回の一戦に向けては、キャプテンの酒井、伊藤ともに先発出場を果たした。

▽開始早々にコスティッチのミドルシュートでゴールを脅かすHSVは10分、左CKの場面でホルトビーのシュートがボックス内の相手MFザカリアの腕に当たる。主審は一度はプレーを流すも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行うと、先ほどのプレーでハンドを取りホームチームにPKが与えられる。これをキッカーのフントが冷静に決めてHSVが先制に成功する。

▽その後も危なげなく試合を運ぶHSVだったが、28分に敵陣深くからロングカウンターを許すと、相手のダイレクトパスに対して後手を踏み左サイドのドルミッチに独走を許し、最後はマークに付いたDFがあっさりとシュートフェイントでかわされてボックス左から豪快なシュートを決められた。

▽何とか前半のうちに勝ち越したいHSVは右サイドの伊藤が緩急自在のドリブルでボックス内への侵入を見せるなど、幾度か決定機を作るが、40分にボックス内でホルトビーの折り返しに反応したウッドのシュートは枠の左に外れ、前半を1-1のイーブンで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりの48分にボックス左の伊藤がカットインから鋭い右足のシュートでゴールに迫るが、ここはGKゾンマーのビッグセーブに遭う。逆に60分にはボックス左でラファエウのクロスをフリーで受けたヴェントに絶好機も、ここはDF酒井が決死のゴールカバーでチームを救った。

▽すると、酒井の身体を張ったビッグプレーに触発された伊藤は63分、ボックス左に抜け出してマイナスの折り返しを入れると、これを中央のホルトビーがワンタッチシュートで右隅に流し込み、伊藤のアシストから勝ち越しゴールが生まれる。

▽その後、71分にウッドがこの試合2枚目の警告を受けて退場となるも粘り強い守備でリードをキープするHSV。だが、試合終盤にかけては同時刻開催の試合でヴォルフスブルクが大量リードしているとの情報が入り、ホームゴール裏に不穏な空気が漂い始める。

▽すると、2分のアディショナルタイムではそのホームゴール裏から多くの発煙筒がピッチに投げ込まれ、スタジアムは物々しい雰囲気に。この騒動を予見していた警察や警備担当が多くの人員をピッチ内に投入。さらに、騎馬隊や警察犬までピッチに放たれる騒然とした空気の中で警察とゴール裏のウルトラスの睨み合いが15分ほど続くも、ブリッヒ主審は騒動がやや沈静化したタイミングで試合を再開させたと同時に試合終了のホイッスルを鳴らした。

▽フォルクスパルク・シュタディオン名物のブンデスリーガ残留の時を刻んできたスタンドの時計の針が止まると共に、キャプテンの酒井や伊藤は人目をはばからず涙を流す悲しみの光景の中でHSVのクラブ史上初の降格が決定した。

▽また、同時刻開催となったヴォルフスブルクvsケルンは、ホームのヴォルフスブルクが4-1で勝利した。この結果、ヴォルフスブルクの昇格・降格プレーオフ出場が決定した。なお、ケルンのFW大迫勇也は73分から途中出場した。

▽この試合、引き分け以上で昇格・降格プレーオフ行きが決定するホームのヴォルフスブルクは開始40秒で先制に成功する。左サイドを完璧に崩してマイナスの折り返しが入ると、ウィリアムがわずかに触ってコースを変えたボールをペナルティアーク付近に走り込んだギラヴォギが強烈なミドルシュートで突き刺した。

▽電光石火の先制弾で勢いづくホームチームはその後もオリギらのスピードを生かした縦に速い攻撃から再三の決定機を創出。だが、ボックス内でGKをかわしたブレカロのシュートが相手DFのスーパーブロックに阻まれるなど、追加点には至らず。すると32分、ボックス内でヨイッチから足下にパスを受けたヘクターに圧巻のルーレットでDF2枚が振り切られると、最後はゴール左に飛び出したGKカスティールスの頭上を越える左足のループシュートを流し込まれ、同点に追いつかれた。

▽1-1のイーブンで折り返した試合は後半も早い時間帯にスコアが動く。54分、カウンターから右サイド深くに抜け出したマリの折り返しをオリギが難なく流し込み、ホームチームが一歩前に出る。さらに71分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でブレカロのクロスをクノッヘが頭で流し込み、勝利を大きく近づけた。

▽一方、意地を見せたいケルンは72分にピサーロを下げて大迫をピッチに送り込むが、なかなか決定機を作れない。すると、試合終了間際にはブレカロにトドメの4点目を決められ、試合はこのままヴォルフスブルクの4-1でタイムアップ。苦しみ抜いたシーズンを勝利で終えたヴォルフスブルクは昇格・降格プレーオフで1部残留を目指すことになる。
コメント
関連ニュース
thumb

「キャリアは日本で終えたい」HSVのDF酒井高徳、将来について言及

ハンブルガーSVに所属する元日本代表DF酒井高徳(27)は、日本で現役生活を終えたいと考えているようだ。ドイツ『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えている。 アルビレックス新潟からドイツに渡り、シュツットガルトを経て、2015年7月にHSVへ完全移籍。2016-17シーズン途中からブンデスリーガ日本人選手初となるチームキャプテンを務めている。昨シーズンにチームはブンデスリーガ2部に降格したが、その後自身は2020年6月まで契約を延長した。 今シーズンドイツ8年目、HSV在籍4年目を迎えた酒井だが、HSV以外でプレーすることは考えていないとコメント。また、現役最後は日本でプレーすることを望んでいることを明かした。 「ハンブルガーSV以外でプレーすることは想像できない。(将来について)簡単なことではないし、多くの力が必要になる。僕のコンディションが1、2年でどうなるか見ていかなくてはならない」 「僕がこのチームに貢献できないと思ったら、おそらく日本に帰る。日本でキャリアを終えたいんだ」 2019.01.03 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井高徳フル出場のHSV、奥川雅也が不出場のキールに敗戦…辛くも首位はキープ

ブンデスリーガ2部第18節が23日に行われ、ホルシュタイン・キールとハンブルガーSV(HSV)は3-1でキールが勝利した。<br><br>ここまで7勝6分け4敗で5位のキールと、同11勝4分け2敗で首位を走るHSVが対戦。キールの奥川雅也はベンチスタート、HSVの酒井高徳は先発、伊藤達哉はベンチスタートとなった。<br><br>試合は7分、FKからシュミットが放ったヘディングシュートをGKが弾くと、これにセッラが詰めてキールが先制する。さらに15分にもシンドラーが際どいシュートを放ったキールは、18分に追加点。ショートコーナーからシンドラーがクロスを入れると、ファーサイドでの折り返しから最後は正面のキンソンビが押し込んで2-0とした。<br><br>ハーフタイムにかけては、徐々にHSVも反撃。右サイドバックの酒井高も積極的な攻め上がりからミドルシュートを放つ場面もあったが、これは枠に飛ばない。キールペースだった前半は、HSVが1点ビハインドで折り返す。<br><br>迎えた後半、HSVは48分に左サイドからドグラス・サントスのパスに抜け出したジャッタがそのままボックス左に進入してシュート。これが決まり、後半早い時間帯で1点を返す。<br><br>しかし、キールはすぐさま突き放す。53分、ボックス右のシュミットが折り返しのボールを入れると、DFがクリアしきれなかったところをキンソンビが押し込み、再び2点差とした。<br><br>終盤にかけてリスクを冒したHSVは、酒井高を中盤の底にコンバートする。HSVは酒井がボールをさばきつつ相手を押し込んだが、最後まで追加点を奪えずに試合終了。3ポイントを落としたHSVだが、2位のケルンも今節敗れたため、1ポイント差で辛くも首位をキープしている。なお、奥川と伊藤はそれぞれ出場機会がなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.24 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井高徳、ケガによる欠場は5年以上前の一戦「頑丈に産んでくれた母に感謝」

元日本代表DFの酒井高徳は、2015年夏にハンブルガーSV(HSV)に加わって以来、負傷で欠場した試合は「0」。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』で負傷しない体調管理の秘訣を明かした。<br><br>酒井は今シーズン、ワールドカップからクラブへの合流に遅れながらもHSVでの全公式戦に先発出場。『ハンブルガー・モルゲンポスト』によれば、最後に負傷のため離脱を強いられたのはシュトゥットガルト時代にあばら骨骨折により欠場した2013年10月に行われた1試合だという。そんな酒井だが、「まずは母に感謝しなければいけませんね。とても頑丈に産んでくれましたので」と切り出すと、次のように続けた。<br><br>「何を食べているのかや睡眠を十分とることを気にしています。それに加えて、回復や練習や試合に向けた準備にも注意を払っていますね。ちょうど今のような(低い)気温だと、すぐに何かが起き得ます。すべてを管理するのは不可能ですが、しっかりと準備していれば、多くのことは回避できます。そのためには規律が必要ですけど、それだけやり甲斐があるということです」<br><br>日本にいる栄養士と密に連絡し合っているとも明かす酒井。今シーズン、ブンデスリーガ2部で過ごすHSVだが、主に右サイドバックでプレーする同選手はよりフィジカルな戦いにも適応できていると感じているようだ。14日に対戦するデュイスブルクの本拠地MSVアレーナのピッチコンディションが悪いという情報に関しても触れている。<br><br>「テーピングをいつもの倍ほどきつく巻けば、問題ないでしょう(笑)。あちらでもたくさんのデュエルやハードワークが僕たちにとっての土台になります。そうであるべきですし、今後もそうであり続けることを信じています。だからこそ僕たちは相手に立ち向かい、今後も成功をつかんでいくと考えています」<br><br>1シーズンでの1部復帰を目指すHSVは現在2部の首位に位置。そのなかで&ldquo;鉄人&rdquo;酒井は不動のレギュラーとして出場を続ける。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.14 05:27 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸GK前川黛也がハンブルガーSVの練習参加…独誌は「ポドルスキ、イニエスタのチームメイト」と紹介

▽ブンデスリーガ2部のハンブルガーSVに3人目の日本人選手が誕生の可能性も。ハンブルガーSVは10日、クラブ公式ツイッター(@HSV)に1つの動画を投稿。日本人選手を紹介した。 ▽ハンブルガーSVが投稿した動画は、雪が降る中で選手たちがランニングするもの。そこに添えられたテキストには「今日のハンブルクは最高の天候に恵まれた。我々のGK陣は、日本人のGKダイヤマエカワを練習生として迎え、トレーニングした」と書かれていた。 ▽ダイヤマエカワとは、ヴィッセル神戸に所属するGK前川黛也(24)のこと。サンフレッチェ広島や大分トリニータで活躍した元日本代表GK前川和也氏を父に持つ大型GKだ。 ▽広島の下部組織で育った前川は、関西大学から2017年に神戸へと入団。1年目は韓国代表GKキム・スンギュの存在もあり公式戦出場はなかったものの、今シーズンはシーズン終盤に明治安田生命J1リーグで4試合に出場。ルヴァンカップで7試合、天皇杯でも1試合に出場していた。 ▽191cmと恵まれた体格の持ち主。DF酒井高徳、MF伊藤達哉が所属するハンブルガーSVにトレーニングで参加することとなる。ドイツ『ビルト』は、前川に関して「ルーカス・ポドルスキとアンドレス・イニエスタとJリーグのヴィッセル神戸でチームメイト」と紹介している。なお、トレーニングは10日間になるようだ。 ▽ハンブルガーSVは昨シーズンのブンデスリーガでクラブ史上初の2部に降格。今シーズンは、ここまで16試合を戦い10勝4分け2敗の勝ち点34で首位を走っている。 2018.12.11 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ホームで逃げ切ったHSVがリーグ戦10試合負けなしで首位をキープ!《ブンデスリーガ2部》

▽ハンブルガーSV(HSV)は7日、ブンデスリーガ2部第16節でパダーボルンと対戦し、1-0で勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場、MF伊藤達哉は67分からプレーした。 ▽現在リーグ戦9試合無敗で首位に立つHSVは、ホルトビーやジャッタ、ファン・ヒチャンに加え、酒井高が右サイドバックで先発。伊藤はベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりから攻勢に出るHSVは、11分に先制する。ドリブルで中央を切り裂いたマンガラが右サイドへ展開すると、これを受けたネイリーがボックス右から侵入し素早くシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。その後も主導権を握ったHSVだが、追加点は奪えずに前半は終了。 ▽迎えた後半、リードするHSVは54分に決定機。酒井高の右クロスをボックス中央のホルトビーが逆サイドの流すと、ボックス左のジャッタがダイレクトシュート。しかし、これは枠の上に外れる。さらに57分にも、フントのパスを受けたファン・ヒチャンがボックス左まで持ち込みシュートを狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 ▽追加点が遠いHSVは67分、ファン・ヒチャンに代えて伊藤を投入。すると71分、ジャッタのパスをボックス内で受けたネイリーが左足で狙うも、このシュートは相手GKのファインセーブに防がれた。 ▽結局、試合はそのまま1-0で終了。ネイリーのゴールで逃げ切ったHSVが、2018年最後のホームゲームを勝利で飾り、リーグ戦の無敗を10試合にのばしている。 2018.12.08 04:25 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース