一歩届かなかったレバークーゼン、CL出場権獲得ならず《ブンデスリーガ》2018.05.13 00:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは12日、ブンデスリーガ最終節でハノーファーをホームに迎え、3-2で勝利した。

▽前節ブレーメン戦を引き分け、3試合勝利のない5位レバークーゼン(勝ち点52)は同勝ち点で並ぶ4位ホッフェンハイムが3位ドルトムントと戦う中、勝利して逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指した。

▽何も懸かっていない13位ハノーファー(勝ち点39)に対し、レバークーゼンは3分にあっさり先制する。アランギスのロングフィードを受けたアラリオがボックス左に侵入して左足ボレー。意表を突いたシュートがゴールに吸い込まれた。

▽さらに2分後、バウムガルトリンガーがボックス左で仕掛けたところでマイアーに倒されPKを獲得。しかし、キッカーのヴェンデウはゴール右に外し、追加点とはならない。それでも攻勢を緩めないレバークーゼンは9分にアランギスが意表を突いたロングシュートを狙うと、18分に加点した。オストルツォレクのバックパスミスをカットしたアラリオがGKをかわしてシュートを流し込んだ。

▽2点をリードしたレバークーゼンは23分、バウムガルトリンガーが負傷してコールとの交代を強いられる。それでもハーフタイムにかけても主導権を握り続け、アランギスのミドルシュートやハフェルツのシュートで3点目に迫り、後半へ折り返した。

▽後半もアラリオのヘディングシュートでゴールに迫ったレバークーゼンは55分に3点目を決める。L・ベンダーのスルーパスを受けたブラントがGKとの一対一を決めた。

▽73分にはホッフェンハイムがドルトムントに2点差を付けたことから4位に滑り込むにはあと2点が必要となったレバークーゼンは、アランギスに代えてベララビを投入して攻勢に出る。

▽すると82分、ベララビがロングボールに抜け出してボックス右で相手DFに倒されてPKと判定される。しかし、VARの末に取り消されると、集中が切れてしまい、追加タイム1分にはフュルクルクにゴールを許して万事休す。5位でシーズンを終え、CL出場権獲得はならなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ベイリー獲得交渉が難航…レバークーゼンは63億円の移籍金を要求

▽ローマはレバークーゼンのU-23ジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)の獲得に乗り出しているが、交渉が難航しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『メディアセット』の報道をもとに伝えている。 ▽バルセロナにボルドーのブラジル人FWマウコム(21)を強奪されたローマは、新たな右ウイングを主戦場とする左利きのアタッカーの獲得候補としてベイリーをリストアップ。 ▽『メディアセット』によれば、ローマはベイリーの獲得に4000万ユーロ(約50億円)を用意しているが、レバークーゼン側はこの条件に満足しておらず、少なくとも5000万ユーロ(約63億円)を求めているそうだ。 ▽高い身体能力と足下のテクニックを武器とするベイリーは、2015年にヘンクでプロデビュー。昨夏加入したレバークーゼンでは、両ウイングを主戦場にブンデスリーガ30試合を含む公式戦34試合に出場し12ゴール6アシストを記録していた。 ▽なお、セリエAの移籍市場は現地時間17日までとなっている。 2018.08.17 02:47 Fri
twitterfacebook
thumb

チェフがレノの古巣レバークーゼン公式SNSに激怒…アーセナルの正GK争いから騒動に

アーセナルのGKペトル・チェフが、レバークーゼンの公式SNSアカウントに怒りを示すという状況となっている。<br><br>プレミアリーグ第1節、アーセナルvsマンチェスター・シティの一戦で、チェフは新加入GKベルント・レノを押しのけてスタメン起用された。0-2で敗れたこの試合で、チェフは味方DFからのバックパス処理をミスし、左足であわや相手に決定機献上いう場面もあった。<br><br>そのシーンの動画を投稿したとあるSNSアカウントに対し、レバークーゼンの公式SNSは「我々はその解決策を知っているかもしれない&hellip;&hellip;」とツイート。今夏、レバークーゼンからアーセナルにGKレノが加わったものの、チェフが正GKとして起用されたことから、レノの古巣が皮肉交じりにチェフのプレーをツイートした形になった。<br><br>レバークーゼンのSNSでのコメントにチェフ本人が反応し「アーセナルでは公平な競争が行われており、プロとしてみんな全力でプレーしている。それは我々に限らず、サッカー界における流れとして真っ当だと認識しているよ。他のクラブがこういった価値観を共有していないことに失望している」と返信。<br><br>チェフからのリアクションにレバークーゼンは「ペトル、我々の発信はジョークの面もあったのですが、気を悪くしたら申し訳ありません。ほんの少しの冗談だった。あなたのおっしゃる通り、すべてのチームが最良の判断を下していると我々も認識しています。そして、あなたが(セルヒオ)アグエロとの一対一で防いだセーブは素晴らしかった」とフォローするコメントを返している。<br><br>今季、ウナイ・エメリ新体制のアーセナルではGKのポジション争いが激化しており、チェフ、レノ、そしてコロンビア代表GKダビド・オスピナと、実績ある3人が正GK争いを展開している。ベテランとなったチェフの衰えを指摘する声がある一方、レノがスタメンで起用されなかったことで、レノの古巣レバークーゼンもついつい皮肉を発する側に加担してしまったようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.08.14 08:10 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、ケガで伸び悩みの大器ポヒャンパロと契約延長!

▽レバークーゼンは8日、フィンランド代表FWジョエル・ポヒャンパロ(23)と、2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽2013年にレバークーゼンに加入したポヒャンパロは、アーレンとデュッセルドルフへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンからレバークーゼンでプレー。 ▽そしてボルシアMGとの開幕戦では、途中出場から1ゴールをマーク。続く第2節ハンブルガーSV戦でも途中出場からハットトリックを決め、一時新たな逸材ストライカーの誕生と話題になった。 ▽しかし、同シーズンに右足中足骨の骨折で長期離脱を強いられると、昨シーズンも足首のケガに悩まされてリーグ戦7試合1ゴールという成績にとどまった。今季も足首のケガで数カ月の離脱が見込まれていたが、同選手のポテンシャルを高く評価するクラブが新たな契約をオファーした。 2018.08.09 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンがスウェーデン代表FWテリンを買取OP付きレンタルで獲得! 背番号はキースリンク背負った11番に

▽レバークーゼンは7日、アンデルレヒトからスウェーデン代表FWイサーク・キーセ・テリン(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定した。 ▽レバークーゼン加入が決定したテリンはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語っている。 「レバークーゼンは歴史ある大きなクラブだ。ヨーロッパのコンペティションの常連であり、新シーズンに向けて野心的な目標を掲げているクラブだ。その目標を果たすために、貢献していきたいと思う」 ▽また、クラブのレジェンドで昨季限りでチームを去った元ドイツ代表FWシュテファン・キースリンクが背負った11番を着用することに関しては、「背番号11を着てプレーすることは大きな誇りだよ。シュテファン・キースリンクのことはもちろんよく知っているし、彼はこのクラブのレジェンドだ。この番号を背負って良いパフォーマンスができることを願っている」と語った。 ▽母国のカールスランドでキャリアをスタートしたテリンはマルメやボルドーを経て2017年1月にレンタルで加入したアンデルレヒトに翌年完全移籍。昨シーズンはレンタル先のワースラント=ベフェレンで日本代表MF森岡亮太とコンビを組み、屈強なフィジカルを生かしたポストワークと決定力を武器にリーグ戦25試合に出場し16ゴールを挙げる活躍を見せた。 ▽また、U-21スウェーデン代表として2015年のUEFA欧州選手権制覇に貢献したテリンは、その前年にデビューしたフル代表でも通算24試合に出場し2ゴールを記録。ロシア・ワールドカップではベスト8進出を果したチームの中で4試合に途中出場していた。 2018.08.07 20:24 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリが新SB候補にヘンリクスをリストアップ!

▽ナポリがレバークーゼンに所属するドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス(21)の獲得に動き始めたようだ。ヨーロッパ屈指のジャーナリスト、ジャンルカ・ディマルツィオ氏が『gianlucadimarzio.com』で伝えている。 ▽今夏サイドバックの獲得を目指すナポリでは先日にボルドーのセネガル代表DFユスフ・サバリ(25)の獲得に迫っていたものの、メディカルチェックでヒザの問題を抱えていたことから今夏での獲得を断念。 ▽また、PSVのコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスに関しても、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(26)のインテル行きが濃厚となっているアトレティコ・マドリー移籍が有力視されており、現時点でターゲット変更の必要が出てきている。 ▽そして、ディマルツィオ氏が伝えるところによれば、ナポリはアリアスを獲得できない場合に備えて新たな獲得候補にヘンリクスを挙げているようだ。 ▽本職の右サイドバックに加えて左サイドバックやセンターバックもこなせるヘンリクスは、21歳ながらドイツのフル代表経験もある期待の若手だ。昨シーズンも公式戦28試合に出場するなどレバークーゼンの主力を務めてきたが、今夏のクラブ退団を望んでおり、先日にレバークーゼンとの会談を行ったことが伝えられている。 2018.07.29 15:39 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース