インテル加入濃厚のデ・フライ、CL出場アシストはなし…ラツィオ幹部が信頼2018.05.12 00:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオはオランダ代表DFステファン・デ・フライのプロ意識を疑っていない。スポーツ・ディレクターのイグリ・ターレ氏のコメントをイタリア『チッタチェレステ』が伝えている。

▽残り2節となったセリエAでラツィオは4位につけている。勝ち点2差で5位のインテルとは、チャンピオンズリーグ出場権を争っているところだ。

▽今季でラツィオとの契約が満了するデ・フライは、来季からインテルに加入するものとみられている。これが事実であれば、デ・フライにとってもインテルの順位は重要で、最終節はインテルとラツィオが直接対決を予定している。

▽それでもターレ氏は、「デ・フライは最後までプレーする。我々は彼のことを信じているよ」と宣言。ラツィオのためにベストを尽くすと確信している様子だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミリンコビッチ=サビッチ、ミランにシーズンローン?

▽ミランがラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の獲得に迫っているのかもしれない。 ▽今夏、ユベントスやレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンの関心が取り沙汰されるミリンコビッチ=サビッチ。ラツィオは最低でも1億2000万ユーロ(約151億3000万円)を求めているとされ、上記獲得希望クラブは1億5000万ユーロ(約189億2000万円)に及ぶ巨額を準備しているという。 ▽だが、セリエAの今夏移籍市場最終日(18日)に迫る中、ミランがミリンコビッチ=サビッチの獲得に近づいている模様だ。『フットボール・イタリア』が『Il Sole 24 Ore』を情報源に伝えたところによれば、ミランは4000万ユーロ(約50億4000万円)のシーズンローンでラツィオとの会談に決着。さらに、この契約には、シーズン終了後の買取オプションも含まれているという。 ▽一方で、『スカイ・スポーツ・イタリア』や『Sportitalia』によれば、ミランとラツィオの間にミリンコビッチ=サビッチを巡る交渉の事実は存在しないとも。兎にも角にもセリエAの今夏移籍市場閉幕を待ちたい。 2018.08.17 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがロイス弾でラツィオに勝利、香川は出場せず《プレシーズンマッチ》

▽プレシーズンマッチのドルトムントvsラツィオが12日に行われ、1-0でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ブンデスリーガとセリエAの強豪によるテストマッチ。ドルトムントはロイスやゲッツェ、プリシッチら主力組に、新戦力ではデラネイとディアロが、ラツィオはインモービレやミリンコビッチ=サビッチ、ルイス・アルベルトら主力組に、新戦力ではバデリやドゥルミジがスタメンとなった。 ▽ロイスを最前線で起用したドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると、6分に先制する。ボックス中央でパスを受けたロイスのシュートが相手DFに当たってディフレクトし、GKストラコシャの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽失点を受けて前がかったラツィオはミドルシュートで牽制。ポゼッションを高めて押し込みにかかるも、決定打は生まれない。 ▽凌いだドルトムントが引き続き攻勢に転じると、主導権を渡さずに前半を終えた。 ▽後半もドルトムントがポゼッションする展開となったがこう着状態が続き、互いにシュートに持ち込めない状況が続く。 ▽後半半ばを過ぎてラツィオが押し込む展開が続く中、終盤の85分にようやくホアキン・コレアのシュートでGKビュルキを強襲した。 ▽しかし、その後は攻め手なくドルトムントが1-0で逃げ切っている。 2018.08.13 02:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のミリンコビッチ=サビッチ「ラツィオでのプレーに集中している」

▽今夏の移籍市場で注目を集めているセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチだが、同選手はラツィオ残留を望んでいるようだ。イタリア『プレミアムスポーツ』が伝えている。 ▽現在、マンチェスター・ユナイテッドやユベントス、レアル・マドリーらから関心を集めているミリンコビッチ=サビッチだが、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長を納得させるオファーは未だに届いておらず、プレシーズンに入った今も去就が不透明になっている。 ▽『プレミアムスポーツ』によれば、そんな同選手に対してチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの獲得に失敗したインテルが、新たに7000万ユーロ(約90億円)の買取オプションが付随したレンタル料3000万ユーロ(約39億円)のレンタル移籍のオファーを提示したようだ。 ▽しかし、現時点でミリンコビッチ=サビッチ自身に移籍の考えはない。4日に行われたアーセナルとのプレシーズンマッチ後、同紙のインタビューで自身の将来について次のようにコメントしている。 「僕はラツィオに戻ってこれて満足している。サッカーの世界では何が起こるか分からないが、今はまだラツィオとの契約があり、ここでのプレーに集中しているよ」 2018.08.06 00:16 Mon
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン&ネルソン弾でアーセナルがラツィオに完勝《プレシーズンマッチ》

▽アーセナルは4日、プレシーズンマッチでラツィオと対戦し、2-0で勝利した。 ▽1日に行われたICC2018のチェルシー戦を1-1で終え、PK戦の末に6-5で勝利したアーセナルは、その一戦からスタメンを全員変更。GKに新加入のレノ、最終ラインは右からリヒトシュタイナー、チャンバース、ホールディングス、ナイルズと並べた。フラットな中盤は右からネルソン、トレイラ、ジャカ、イウォビと並べ、2トップにはラカゼットとエンケティアが起用された。 ▽試合はアーセナルが良い入りを見せると14分、中盤でボールを受けたリヒトシュタイナーのロングパスでボックス右に抜け出したラカゼットが、後方からのボールをダイレクトボレーで合わせたが、これは相手GKに防がれた。 ▽攻勢を続けるアーセナルは18分、ネルソンのパスをボックス左で受けたイウォビが縦に切り込み左足一閃。このシュートはポストに弾かれるも、こぼれ球をゴール前のネルソンが押し込んだ。 ▽先制を許したラツィオは30分、ボックス右でパスを受けたルイス・アルベルトが技ありのループシュートでアーセナルゴールに迫ったが、これはクロスバーを直撃した。 ▽迎えた後半、リードするアーセナルはエンケティアとネルソンを下げてオーバメヤンとグエンドウジを投入。さらに62分には、イウォビやジャカ、リヒトシュタイナーらを下げてエジルやムヒタリアン、エルネニーらをピッチに送り出した。すると、64分に追加点が生まれる。 ▽エルネニーがゴール前まで持ち上がると、ゴール前の混戦からボールを持ちだしたラカゼットが後方へパス。これを受けたオーバメヤンがカットインからシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽リードを広げたアーセナルは、80分にも決定機。エジルのパスをボックス右手前で受けたオーバメヤンがミドルシュート。相手GKの弾いたボールをムヒタリアンが詰めたが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。オーバメヤン&ネルソン弾を守り切ったアーセナルが、ラツィオに完勝した。 アーセナル 2-0 ラツィオ 【アーセナル】 ネルソン(前18) オーバメヤン(後19) 2018.08.05 06:02 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース